渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 「侵略」の定義

(読者の声1)貴誌382号(読者の声5)MARU氏の帝国主義の提言から「
もし日本が侵略なら米ソ英国支那みな侵略国家です。日本の戦争は自衛戦争でし
た。「侵略」は左翼の反日宣伝用語に過ぎません。]と書かれました。

戦時国際法の権威、佐藤和男・青山学院大学名誉教授の講演会できき、またご著
書でも読ませていただきましたが、侵略という言葉の国際上の意味は以下のとお
りです。
1.国際法の用語に侵略という言葉はない。
2.侵略に対応する英語の用語はない。
3.日本語の侵略と意味の近い国際法の用語には、以下の2つがあるが、全く同
じ意味ではないので、紛らわしい。
(1)浸出(英語では、invasion): 境界を越えて進入すること。武力行使の
あるなしにはかかわらない。
(2)侵攻(英語ではaggression):相手側からの挑発行為なしに、武力行使を
ともない境界を越えて進入すること。
4.中国語の「略」には、略奪という意味がある。したがって、中国人が侵略と
聞くと、侵入しかつ略奪したという意味にとる。

以上を勘案すると、以下のことが言えます。
1.日本軍は中国で浸出は行ったが、侵略は行っていない。南京占領の時も、住
民が逃げて空き家になっていた家から食料品を調達する場合は、何をどれだけ持
って行ったかということと、あとで持参したら、市場価値の代価を支払う旨を書
いた紙を家に張っておいた。
住民が、食物を置いて逃げたのも日本軍のこの方針を知っていたからなのでしょ
う。そうでなければ、毒の入った食物をおいていったはずです。
また国民党軍をはじめ中国の各軍閥は、各地で侵略を行いました。
2.中国は、チベットや東トルキスタンを侵略した。
3.ドイツ占領下のノルマンディーに連合軍が攻め込んだのは、浸出「invasion
」である。なぜなら、境界(ドイツ軍の防衛線)を越えて侵入したから。
4.ノモンハでソ連軍は満州国領に侵攻したが、満州国軍及び日本軍は、侵攻し
たソ連軍を追い、モンゴル領に浸出した。しかし侵攻も侵略も行なっていない。
 なるべく「侵略」などという不明確かつ詐欺師の道具に使われやすい用語は使
わないことです。
   (ST生、神奈川)
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月13日(木曜日)弐
         通巻第2384号 

(読者の声3)貴誌通巻第2385号(読者の声1)でW氏が、[また語彙と宣
伝に関して「浸出」は、ノルマンディーは「侵入」とすべきでしょう。一般的に
言って「浸出」より「侵入」の方が、分かりやすいと思います。浸出なら「進出
」の方がイメージが湧きやすいですし。それから「浸出」は「侵出」の誤字では
ありませんか。「浸出」は液体に関することでしょう。侵略の「略」が、中国人
に「略奪」を印象させるなら、「侵略」は「侵攻」に改めるべきでしょう。たと
えば南京アトロシティなるものは、南京侵攻事件として、以前、小生は論文を書
いたことがあります。その点で私の表現はご指摘された内容とも一致していると
思いました]
と書かれました。
通巻第2384号(読者の声1)で私が書いたものに対してのご意見と思います
。誠に的を射たご指摘です。私のコメントを書かせていただきます。
1.「浸出」は「侵出」の入力ミスです。お詫び申しあげます。

2.国際法の分野での法律用語として、「invasion」に対応する語が「侵出」で
す。日常語として違和感があってもいたし方がありません。法律上の「善意」、
「悪意」は日常語とは全く違います。また、「位相」(phase)という語が物理学と
数学では全く違う意味(topology)に使われています。
以前ある著名な物理学者が物理学の方が先に位相という言葉を使い始めた。数学
者は別の言葉を使えと書いたのを読みましたが、既に時遅しです。

3.「進出」には境界線を越えるという意味が明確にはありません。この点が、
「invasion」という概念の根本的に重要な点です。また、「侵入」は、侵入され
る側から観ての表現です。
侵出する側のみならず、外から観ている第三者からも、「侵出」の方が的確に状
況を表しています。

4.日本軍の南京占領は「侵攻」ではありません。北京の蘆溝橋において日本軍
に国民党軍を擬して発砲したのは中国共産党員であり、その後、停戦の機会があ
りながら、敢えて戦争を長引かせたのは、長引けば勝てると観た国民党軍幹部お
よび発行部数増加を目的として好戦記事で国民をあおった日本の新聞紙各紙であ
りました。
また停戦を求めず、南京城攻防戦に持ち込んだのは、上海での抵抗戦で善戦した
ことに自信を得た国民党軍が挑発誘導したものであり、日本軍が侵攻(挑発され
ないのに武力を持って侵出)したのではありません。停戦の機会をつかむためや
むなく侵出したのでした。
日本軍は南京城に侵出しました。これは、明確な事実であり、絶対に譲歩して別
の解釈をしてはなりません。
昭和2年の第一次南京事件で国民党軍は、南京市内の外国人居住地帯に侵攻し侵
略しました。これも明確な事実です。
なお国際法上の用語の詳細は佐藤和男先生やその他のその分野の専門家の著書に
あたってください。
私は大学理学部で代数的整数論を専攻した法律音痴です。
    (ST生、神奈川)
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月15日(土曜日)
         通巻第2387号 

(読者の声4)貴誌2388号(読者の声)で「W氏」が言われたことは慧眼で
す。
ただし一つ。私が貴誌に投書するときに気をつけていることがあります。
それは(1)もし英語等他の言語に訳されたものを人が読んだとき、あるいは、
(2)現代人の共通理解である正式な用語の意味から離れて使われる慣用表現を
知らない後世の人が読んだらどういう意味にとるか、そして(3)公的な場での
論争の材料に使われた場合、誤解を招かないようにする、ということです。
そこで「ただし侵攻の不適に関してですが、挑発されたか、されなかったかは主
観的な解釈にもよりますから、むしろこの際、侵出の大規模なものは侵攻とすれ
ば、侵出も侵攻も、同じ感じで使えますし、すっきりします」
という意見には納得しかねます。

1.大きな侵出は、「大きな侵出」であって「侵攻」と表現するのは、不正確で
す。

2.挑発された結果、つまり自衛目的の侵出か、自発的な侵攻かの区別は国際法
上明確です。より厳密にいえば、「曖昧さの程度」が明確です。
自衛か自衛でないかは、「autointepretation」によるとされています。
「auto」とは普通日本語では自動と訳されていますが、この場合は違います。「auto
」とはギリシャ語で「自身」(self)という意味です。
それが自身→自律→自動と意味が転化してきたのですが、外交上、国際法上「autointepretation
」の意味は、「自身」(self)が「(条約上定義がはっきりしないことに対して)
当該国が自衛か自衛でないかを判断すること」つまり、自衛目的の侵出か、攻撃
目的の侵出かは当該国の判断によるというものです。
ただし明らかに事前に準備して、武力を持って境界線を越えて軍事行動を行なっ
た場合、たとえばノモンハン事件におけるモンゴル軍・ソ連軍連合軍が行なった
のは侵攻でした。これにはautointerpretationの余地がありません。
また私には「日本軍擁護のお気持ち」はありません。公平、正確に見ることを旨
としています。
その結果、日本軍が大部分の場合歴史上稀なくらい真っ正直な軍隊であったと判
断しているだけです。
北部インドシナ進駐の時の富永恭次少将のような卑怯なだめ将軍も勿論いました

   (ST生)
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月16日(日曜日) 
         通巻第2389号  

(読者の声4)貴誌2389号の読者の声4、のST氏の、意図が分かってきま
した。
ただ「侵出」の「侵」は、身勝手を感じさせる語感がありますから、防衛目的の
場合は、防出(防衛出動の略)、攻撃目的の場合は、侵出、と区分けしていただ
けると有難いです。
また予め準備した上での計画的な侵出が、侵攻ということは理解できました。
さらに挑発され、それに受けて立った受動的な行動、すなわち、本来、侵出的な
行動とは区分けされるべき軍事行動は擬侵出(侵出もどき)、あるいは、正当防衛
的行動と考えれば、防出に組み入れるべきでしょう。
つまり防出、侵出、侵攻、の3種類で、すっきりします。基準は、受動、能動、
超能動。(すなわち、計画的な侵出が、侵攻なら、侵攻は、侵出の先鋭的行動と
いうことになります。)
よって南京アトロシティは、挑発されての侵出だということですから、南京防出
事件ということになります。これが使えるなら、南京侵出事件などというより、
イメージ改善の用語にもなります。
ところで貴誌を拝見していて、場の熱気のようなものを感じました。普通の読書
とは異なるネットの瑞々しい、今という時間性の共有ということでしょうか。ま
た貴重な情報に接することができます。
   (W生、武蔵野)


(宮崎正弘のコメント)佐藤和男先生の「侵略」「「進出」「侵攻」の区別を論
じた著作を是非およみ下さい。
http://www.meiseisha.com/katarogu/sekaigasabaku/tyosha.htm
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月17日(月曜日) 弐 
         通巻第2391号  (投書特集)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/915-31bbec50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。