渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 田母神論文

<<田母神・前空幕長の論文が最優秀賞になった経緯>>

花岡信昭(政治評論家)


田母神(たもがみ)俊雄・前空幕長が民間企業主催の論文募集に応じ、これが
最優秀賞となったことから、一大政治問題に発展した。筆者はこの選考過程に加
わった当事者の1人でもあり、あちこちでこの件を書いたり、取材するはずの側
が取材される立場になったりと、なんともあわただしい。

 重複を承知で、やはりこの「田母神論文」騒ぎに触れておかなくてはなるまい
。田母神氏の論文は「日本は侵略国家であったのか」というものであった。この
コラムのタイトル「我々の国家はどこに向かっているのか」を考えるためにも、
今回の騒動は格好の示唆を与えてくれるように思われる。

 そこで、まだこの論文をお読みでない方はぜひ一読されることをお勧めしたい
。ここからPDFファイルで見ることができる(アパグループ第一回「真の近現代史
観」懸賞論文募集)。
http://www.apa.co.jp/book_report/index.html

 これによって、田母神氏は空幕長を更迭され、空将の定年退職年齢に達してい
たため、これが適用されて民間人となった。田母神氏が辞表を提出せず、防衛省
も懲戒免職を避けて早期決着をはかったというところがポイントである。懲戒の
対象になるのかどうかがはっきりせず、田母神氏が聴取の場で反論したら収拾が
つかなくなる。
 とはいえ、現職の自衛隊トップがこれまでの政府見解に背反するような内容の
論文を公表したのだから、麻生首相は「立場上、きわめて不適切」と批判し、浜
田防衛相らは監督不十分で給与返上などの処分を受けることになった。

☆審査は筆者名を伏せて進んだ

 田母神氏の論文が最優秀賞となった経緯、これが政治の現実にもたらした影響
とその背景、そもそも田母神氏は何を主張しようとしたのか、といったあたりを
筆者なりの感覚でとりあえず総括してみたい。この件はいまだ進行中であって、
国会審議の焦点に一躍浮上した。解散時期を巡る攻防戦に新たなテーマが飛び込
んだのである。

 論文募集を行ったのは、全国にホテル・マンションを展開するアパグループ代
表の元谷外志雄氏である。石川県で小さな不動産屋から身を起こしたサクセスス
トーリーの持ち主だ。夫人の芙美子氏はホテル部門の代表で「帽子の女性社長」
で知られる。ちなみにAPAは「Always Pleasant Amenity」の頭文字を取って名づ
けたものだ。

 元谷氏は本業のかたわら「Apple Town」という雑誌を発行、「藤誠志」のペン
ネームで硬派の主張を重ねてきた。毎月、政財界やジャーナリズムなどから数人
を私邸に招いて懇談会を開き、その模様を「Apple Town」に掲載してきた。筆者
はその会に招かれたことが縁だ。元谷氏は、小松基地友の会の会長として地元の
自衛隊応援団のリーダー格であり、小松基地に勤務経験のある田母神氏との親交
もそこから始まった。

 この5月、元谷氏はこれまで書きためたものをまとめて「報道されない近現代
史」という著書を刊行、そこから今回の論文募集の話がスタートした。社会還元
活動の一環として総額500万円を投じた。

 筆者は渡部昇一氏を委員長とする審査委員(4人)の一員に指名された。ボラ
ンティアである。新聞や雑誌に告知広告は出したものの、「真の近現代史観」と
いう重いテーマだったため、どの程度集まるのか不安だったが、結果的に235点の
応募があった。このうち、社内で20数点に絞り、筆者名を削除してCDに収録した
ものが、まず送られてきた。手書きのものもあって、読み込むのは大変な労力を
必要としたが、これを踏まえて、2回の審査委員会が開かれ、応募作品の得点が
集計されていき、最終段階で初めて筆者名が明らかにされた。

 高得点となったのが、田母神氏の論文であった。元谷氏が論文を出すよう求め
たのではなく、一般の応募と同じように送られてきたため、驚いたという。元谷
氏が田母神氏の意向を再確認して最優秀賞に決まった。これが経緯である。

☆公務員として「脇の甘さ」はあるが‥‥

 いま思うと、そのとき、筆者は「これは大変なことになる」と直感した。内容
は正論であっても、現職の自衛隊トップが書いたとなれば、ただでは済まない。
政治取材の経験からとっさにそう思ったのだが、その時点で田母神氏に受賞辞退
を申し入れるなどという失敬なことはできない。田母神氏はそれなりの覚悟を持
って書いたのである。田母神氏自身もその後の記者会見で述べていたが、もうこ
ういう論議が許される時代になったのではないかという期待感もあった。

 だが、そうはいかなかった。その後の展開は周知の通りである。30年前の故栗
栖弘臣・統幕議長(当時)が自衛隊法の欠陥を指摘した「超法規発言」の再現と
いえた。
 この騒ぎによって、麻生政権は厄介な問題を背負い込むことになり、防衛省に
も多大な迷惑をかけた。そうしたことを考えれば、田母神氏の公務員としての「
脇の甘さ」を非難するのはたやすい。だが、ここは田母神氏が訴えたかったこと
に真摯(しんし)に向かい合いたいと思う。

 田母神氏の論文は一言で言えば、いつまでも「自虐史観」「東京裁判史観」に
とらわれているような実態から脱却して、先の戦争をもっと多面的に見つめなお
そうではないか、日本が悪逆非道なことばかりしてきたとされるような一面的な
歴史観を克服しようではないか、といった点に尽きる。これは既に保守系論客の
多くが主張してきたことであった。

 論文の中で使われている歴史的事実などに異論をさしはさむ向きはある。正直
いって、審査の過程でもそのことは話題になった。だが、総体として、田母神氏
が真っ向から「日本は侵略国家の濡れ衣を着せられている」と問いかけたことを
重視したのであった。

☆かくして政治攻防の格好の材料に

 「村山談話」で日本は過去の「侵略」を反省し、謝罪の意思を表明した。これ
もあらゆる場面で重ねてきたことなのだが、半世紀以上も前のことをいまだに謝
罪し続けている国など、世界のどこにもない。戦争というのは、開戦に至る過程
で、国家としての判断、主権の尊厳など、あらゆる要素が存在するのであって、
「侵略戦争」の一言で片付けられるものではない。要は戦勝国が敗戦国を一方的
に裁いた「東京裁判」の呪縛から解き放たれていないということではないか。

 「村山談話」は、あれを出さなかったら中国、韓国がおさまらないという状況
下の政治的産物であった。今回、中国も韓国も、想像以上に抑制された反応であ
る。であるのに、日本の一部メディアのヒステリックな反応はどう理解すればい
いのか。朝日新聞の社説は「ぞっとする自衛官の暴走」という見出しであった。

 国家の過去をことさらあしざまに言いつのる状況がいつまでも続いていていい
はずはない。歴史は見る視点によってさまざまに解釈されていいのではないか。
朝鮮半島や台湾などで、日本があの当時、インフラ整備や教育環境の充実などに
努力したことはまぎれもない事実なのだ。
 田母神氏はそうした呪縛によって、いまだに集団的自衛権の行使が容認されな
い、自衛隊の武器使用も制約されている、といった安全保障体制の不備を指摘し
たのである。さらに、日本の伝統や文化を見直し、日本人としての誇りを取り戻
そうと呼びかけたのが趣旨である。

 審査対象となった論文の中には、いかにも学術論文スタイルのものや、自身の
戦争体験を手記風につづったものなどもあった。審査する側としては、田母神氏
の論文はすっと素直に読むことができて、「国家や国民への思い」があふれた内
容を高く評価したのだが、政治の世界や一部メディアはこれを許さなかった。
 だが、そこは政治である。野党にとっては、審議引き延ばしの批判をかわすた
めの格好の材料が飛び込んできたのである。自民、民主を問わず、田母神論文に
理解を示す議員も多いのだが、それはうかつに表には出せない。

 かくして、田母神氏の論文は解散攻防の中でもみくちゃにされることになる。
野党側は田母神氏の国会招致を求めているが、民間人になったのだから、もう何
を言っても平気だ。これが実現したらおもしろいことになるとひそかに期待して
いる。
  (花岡信昭メルマガより転載)
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月9日(日曜日)
         通巻第2378号

(読者の声2)田母神氏に批判的なコメントも散見されますが、私の見解は以下
です。
!)自衛隊員が職務に関連する意見などを公表するときには文書をもって承認を得
るべきだが、これに反した・・・。
実際の運用まで知りませんが、解釈の相違では?
核武装論、憲法9条改正論、軍備、戦術・戦略論ならともかく「歴史観」まで職
務と関係するとは思えない(もっとも田母神氏も行動に思慮が浅い気はする)。
!)反政府言動とも解される恐れのある主張を公表したことが問題・・・。
確かに反政府的である。米国(連合国)側は東京裁判史観による占領政策を続け
てきたのであるから、これに反すれば現体制から罷免されるのはやむを得ない(
田母神氏や論文を口を極めて罵倒するのはそちら側の人である)。
 しかしその現政府とは占領軍による傀儡政府である。
 逆にこれこそが検閲・報道統制・焚書によって封じ込められてきた「日本」の
民意である。
田母神氏に現体制の正統性を問うまでの覚悟があったとは思えないのが残念だが
、日本政府が傀儡政府であることによって生じる民意とのねじれこそが常に問題
の本質。
 現政府(占領軍)に対する日本や自衛隊の軍事的クーデターは不可能であるが
、思想的蜂起は可能。自衛官としての発意に意味があり、思想的にはクーデター
に等しいという自覚は必要であった。こうなった以上、せめて占領軍の洗脳から
目覚める人が増えることを望む。
実は田母神氏さえ完全には洗脳が解けていないのではないか。

●1000年単位の歴史の真実/占領軍による洗脳とは:
あの時、我々が戦った敵は何であったか。
欧米(白人)による人種差別、一極支配体制ではなかったか。
・「あの時、世界は白人の支配下にあり、有色人種は奴隷的立場にあった。」
・「これに抗する能力のある有色人種の国は日本だけであった。」
・「大いなる犠牲の結果、多くの植民地が独立を果たした。」
異論もあるでしょうが、1000年経っても争いなく残る歴史的事実はこの3点
だけです。
 枝葉の事(コミンテルンの浸透や策動、中国戦線の背景や軍の「暴走」、国内
・国外の金融資本による利権争い、各陣営の個々の戦争犯罪など)は、数百年も
経てば、本筋からはどうでもよくなってきます。
中国戦線などは内戦に日米ソが加担した(巻き込まれた)という程度で、世界史
上の意味はありません(他に数百年後でも残る事実は、原爆による大虐殺くらい
なので彼らにとっては真偽などどうでも「南京」が必要なのです)。
この「植民地の圧政と解放」は、欧米(白人)にとっては意地でも認められない
事実であり、だからこそジャップは許せません。
占領軍が徹底的に弾圧・統制した思想の本体です。

●田母神論文とは:
事実関係では争いようがないので、「彼ら」は枝葉にインネンをつけるでしょう
。「田母神論文」については、突っ込みどころもあるでしょうが、そもそも本職
の研究者による学術論文ではなく、一般向けの啓蒙書ととらえるべきもの。
 日本は今、経済・金融、軍事、政治、報道全てが占領下にありますが、彼らは
、日本人が「気付くこと」、「立ち上がること」を恐れています。田母神論文は
「彼ら」の逆鱗に触れたのです。「言っただけ」でも氏の立場上、彼らの封じ込
めに対する爆弾投下、クーデターに匹敵するはず。
内容の瑕疵や審査過程、企業との関係、シビリアンコントロール論などどうでも
よく、国民を洗脳から醒めさせてはならないのです。
 やはり、国会でも枝葉を攻撃したり、論点をすり替えたりして彼らにとってマ
ズい本旨には触れさせませんでした。議員や政党だけでなく、大マスコミは被支
配化にあるので、洗脳されたままの人、洗脳する側の人、洗脳が解けたくない(
洗脳を認めたくない)人、 便宜上洗脳された立場からコメントする人等しか出て
きません。期待しても無駄です。
誰もが口を極めて「田母神論文」を罵倒しています。
世界は真実や善意で動いているのではなく、悪意、ウソ、謀略、工作に満ちてい
ます。
日本人はお人よし過ぎます。
これは占領に対するレジスタンスなので、本来大きな犠牲を伴うもの。指摘する
側も覚悟が必要です。

●洗脳と仕掛け:
日本を支配・管理する「彼ら」の洗脳から脱却するには仕掛けを知らねばなりま
せん。
宗主国(占領者)は彼らに対して攻撃が向かわないよう、別に対立軸を設けるの
が常套手段。この方法は、周辺諸国においても対外的、国内的な反日世論として
利用されています。
日本ではこの対立軸が国内で形成されているようにみえます。
真の支配者に抵抗が向かわない巧妙な仕掛。もし意図的なものでなくても結果と
して「彼ら」の思惑通りになっています。
愛国的民族主義者の方、果たして敵は朝日新聞や、中国韓国北朝鮮でしょうか?
リベラルを自称する進歩的?マスコミの方、敵は「日本」や軍部でしょうか。
それで何が解決するのでしょうか?今、日本を実効支配しているのは誰でしょう
か?
反体制を自称する方、噛み付く相手が違うのではないですか?
日本人を言論封殺(核武装論など)するのは何の力でしょうか?
敗戦国内での内輪モメで喜ぶのは誰でしょうか?
あの時、我々の敵は何であったのでしょうか?

日本が憎むべき「侵略者」であったというのは、支配者たる白人と一部の国では
今もその番頭である華僑の観点に過ぎず、彼らにそう言われるならむしろ名誉な
こと。彼らに虐げられた被支配者にとっては一時でも希望の星であったはず。少
なくともそういうプライドを取り戻し、将来は真に輝いて欲しい。思想的な蜂起
はいつでも可能なはずです。
 どうでしょうか。洗脳を解くにはこれくらいは言うべきでは? もちろん大マ
スコミには圧殺されます。しかし幸いなことに、中国様に占領されるのと異なり
、アメリカ様は民間人のこの程度の言論の息抜きは許してくれるようです。

●私の場合、洗脳を解くのに役立った書物の例:
「GHQ焚書図書開封」米占領軍に消された戦前の日本(西尾幹二)
「閉ざされた言語空間」占領軍の検閲と戦後日本(江藤淳)
「侵略の世界史」この500年白人は世界で何をしてきたか(清水馨八郎)
「秘密のファイルCIAの対日工作」(春名幹男)
    (神戸H生)。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月14日(金曜日)
         通巻第2385号  (11月13日発行)

〝舌禍〟という言葉がある。政治家や官界財界の要職にある人が不謹慎な発言などをして責任を問われる
ことを指している。「口は災いのもと」ということである。航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長(60)が
日本の過去の戦争をめぐって「わが国が侵略国家だったというのはぬれぎぬだ」と主張する論文を執筆して
クビになったのは、まさしく舌禍の名に値しよう。わが国の行った過去の戦争については、社会党政権の村
山内閣のとき植民地支配と侵略によって「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」との村山首相
談話を閣議決定し、以後の内閣はいずれもこの趣旨を受け継いできた。麻生首相も継承する考えを表明し
ている。

しかし、戦力部隊を指揮する立場の制服組の高官が、日本は過去の戦争で侵略行為はしていなかったとし、
これまでの政府見解を公然と否定したのだから麻生政権としては放置できなかった。文民統制(シビリアン
コントロール)の観点からも見逃しできないとして浜田防衛相は麻生首相の了解を得て問題の所在を知った
10月31日、直ちに田母神氏の更迭を決め即日発令した。「政府見解と明らかに異なる意見を公にすること
は、空幕長として不適切」というのがその理由である。問題になった論文は、ホテルチェーンなどを展開する
アパグループが主催する第1回「真の近現代史観」懸賞論文に応募して最優秀賞に選ばれたもので、同社
が31日、ホームページで公表したことで投稿の事実が明るみに出た。問題になったのは日中戦争のくだり
で、論文は日中戦争について、「わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」と主張、旧満
州、朝鮮半島での日本の植民地支配についても「現地の人々は圧政から解放され、生活水準も格段に向
上した」と賛美している。論文はさらに、日本の安全保障全般にも触れ、「いまのままでは集団的自衛権も行
使できない。武器使用も制約が多く、攻撃的兵器の保有も禁止されている。その原因は東京裁判にある。
そのマインドコントロールから解放されない限りわが国の自衛の道は閉ざされたままになる」と警鐘を鳴らし
ている。

村山談話については、一種の〝自虐史観〟だとの批判も強い。つまり、大東亜戦争が侵略戦争だったとの
認識が出発点になっているが、論文は「私たちは、多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価している
ことを認識しておく必要がある」と指摘し、日米戦争についても、「日本を戦争に引きずり込むために米国が
慎重に仕掛けたワナであった」と述べている。こういったことのすべてが麻生政権にとって好ましくないと見な
されたのであろう。実は麻生氏にとっては、今回の田母神氏の見解には同調すべき点もなきにしもあらずな
のだが、政権は今、テロ対策特別措置法の改正案について早期成立を目指して国会審議を急いでいる。そう
した時にこんな問題で野党との間で無用な摩擦を引き起こしたくはない。首相が早期更迭を防衛相に指示し
たのはそうした意味合いがあった。もっとも、野党の民主党は「これで政府・自民党を攻撃する材料が見つか
った」と本人のみならず、首相や防衛相の任命責任にまで言及して攻撃する方針だ。

(中略) >>2以降に

しかし、こうした問題が折にふれて起こるのは、村山談話そのものに問題が内在するためではなかったのか。
この談話の精神こそ、かの悪名高い〝東京裁判史観〟そのものだと思われるのだ。この東京裁判史観につ
いては今日各方面から批判の声が上がっている。なぜなら、この史観によって組み入れられた首相談話は
さまざまな形で各国に利用され、ことあるごとに外交上のカードに利用されてきたからである。そうしたことに
触れることを避けて、「閣議決定だから」の一点張りであらゆる批判を無視するのはどうかと思われる。この
態度は、「集団的自衛権の行使は憲法違反」とかたくなに主張する態度と一脈通じている。
思いなおす時ではないだろうか。(伊勢新聞社東京支社嘱託・河本 弘)

ソース:伊勢新聞 「解任で一件落着か ―  幕僚長論文は問題だが」
http://www.isenp.co.jp/rondan/rondan.htm

2 名前:芝蘭φ ★[] 投稿日:2008/11/13(木) 01:31:04 ID:???
>>1の中略部分

「過去の歴史認識」については、これまでも多くの閣僚や政府高官の発言が政治問題となり、更迭劇が繰り
返されてきた。一番記憶に残っているのは、何といっても自衛隊の最高幹部の栗栖弘臣・統合幕僚会議議長
が1978年、「現行の自衛隊法には不備な面が多く、奇襲攻撃を受けても法的に即応できない場合がある。
その際は、第一線の指揮官が独断で超法規的な行動を取ることになる」と述べ、シビリアンコントロールの基
本に反するとして解任されたことである。解任したのは、後に自民党の大ボスになった金丸信防衛庁長官で
ある。この時は、超法規的措置が憲法違反として非難され、解任やむなしとされたが、時の首相は福田赳夫
氏であった。その福田氏が同じ首相の77年9月、日航機がインド上空で日本赤軍にハイジャックされ、ダッカ
空港に強行着陸した際、政府は犯人の要求通り身代金を払い、日本で拘禁中の犯人ら9人を釈放した。その
とき政府が唱えた釈放理由が「人命は地球より重い。この際、超法規的措置を取るのもやむを得ない」という
ものだったのは、歴史の皮肉と言うほかない。あれから早くも30年がたったが、栗栖氏の唱えた〝超法規的
措置〟という言葉は今日まで営々と受け継がれ、現役自衛隊員のほとんどは、いざという場合に超法規的措
置を取ることに疑問を持っていない者が多いことを知るべきだ。田母神空幕長の論文は確かに村山談話の趣
旨に反してはいるが、世間では、むしろ村山談話の方が間違っていると信じている者が結構いるのである。

日本の過去についての歴史認識をめぐっては、これまでも閣僚はじめ多くの有名人の発言が問題となった。
最近20年ほどの期間に限定しても、一再にとどまらない。まず86年、藤尾正行文相が月刊誌の対談で、「日
韓併合は韓国側にも何らかの責任がある」と発言して更迭された。続く88年、奥野誠亮国土庁長官が記者会
見で、「第二次大戦は日本の安全のための戦いであって侵略ではない」と発言した末、辞任に追い込まれた。
94年には、永野茂門法相が「南京大虐殺はデッチアゲ」と発言し辞任。同じ年、桜井新環境庁長官が日本の
侵略戦争仕掛け説を否定して辞任。95年には江藤隆美総務庁長官が閣議後のオフレコ懇談で、「植民地時代
に日本は韓国にいいこともした」と発言したことが韓国に伝わり問題となり辞任。そして今回の田母神空幕長の
論文騒ぎと続く。

ここでこの際言いたいことは、歴史認識に関する一連の騒ぎの収拾のされ方が、問題の進展を恐れるあまり、
本人の辞任、解任で始末をつけるといった安易な手法に徹したことである。だから問題そのものは全然解決ど
ころか依然として深層に埋まったまま、事あるごとに噴き出して耳目を集めるのである。

村山談話にも問題がある。これは、戦後50年の節目に当たる1995年の終戦記念日に当時の村山首相に
よって発表された談話。「わが国は遠くない過去の一時期、国策を誤り、国民を存亡の危機に陥れ、植民地
支配と侵略によってアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた。ここに痛切な反省の意を表し、心から
のおわびの気持ちを表明する」との内容である。ただ、首相談話は閣議決定事項であるため、その後の内閣
をも拘束し、歴代首相はこの方針を踏襲してきた。これに対して田母神氏は真っ向から異論を唱えたのだから、
問題にされても一応当然だと言える。一国の首相が過去の戦争をはっきり侵略戦争と規定し、反省の意を表
したのだから、これに真正面から反対の意見を政府サイドの高官が発表するのはルール違反と言われても
当然であろう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/907-1f486ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。