渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゴグの地のゴグ

「次の標的はクリミア半島」 仏外相が警告
08/27 19:22更新
 フランスのクシュネル外相は27日、仏ラジオとの会見で、グルジア領アブハジア自治州と南オセチア自治共和国の独立を承認したロシアが今後、ウクライナ南部のクリミア半島や、モルドバの沿ドニエストル地方など、旧ソ連構成諸国のロシア系住民居住地域を次なる標的としてくる危険があると警告した。

 外相は、「ウクライナが8月13日に黒海でのロシア艦隊の動きを制限する行動に出たことでロシア・グルジア紛争に間接的に関与した」と述べ、ロシアが黒海の要所であるクリミア半島を重視していると示唆した。(パリ 山口昌子)

仏外相「戦争が恐ろしい」
08/27 10:44更新
 欧州連合(EU)議長国を務めるフランスのクシュネル外相は26日、ロシアが南オセチア自治州などのグルジアからの独立を承認したことを受け「われわれは戦争が恐ろしい。戦争は望んでいない」と述べ、ロシアと欧米諸国との間で緊張が高まっているとの認識を示した。フランスのテレビに述べた。
 EUは対ロシア関係を主要議題として9月1日に緊急首脳会議を開催する予定。クシュネル氏は25日「(ロシアに対する)制裁は協議しない」と明言したが、ポーランドや旧ソ連バルト3国が強硬な対応を求めており、首脳会議の行方が注目される。
 ロシアのメドベージェフ大統領が「われわれは(欧米との)冷戦を望んでいないが、恐れてもいない」と言い切ったことを念頭に、クシュネル氏は「冷たい(戦争)だけなら大したことはない。熱い戦争は望んでいない」と繰りf返した。(共同)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/173457/

■聖書に警告されたユーラシアの禁忌
”ハートランドのものはハートランドにリムランドのものはリムランドに”■(山本英祐)

"QUAE CAESARIS SUNT,CAESARI ET, QUAE DEI SUNT DEO"
”カエサルのものはカエサルに、神のものは神に”(ルカ書20章)

 仰る通り、ユーラシア大陸の外延部(西欧・地中海世界)リ
ムランドや島嶼部海洋国(米英アングロサクソン,日本)がハ
ートランド(ロシア・中央アジア・中国)に深入りすべきでは
ないことは古代から聖書にも表されている様です。

 地政学者ハルフォード・マッキンダー卿が定義した、欧州・
地中海世界などユーラシア外延部や島嶼部に対立する、ユーラ
シア大陸中央部の聖域『ハートランド』地域の脅威は、決して
近代に認識されたものではないようです。

 古代より、即ち旧約聖書の時代から当時の文明圏であった地
中海世界地域(小アジア、中東、欧州)で知られていたようで
す。

 キリスト教・ユダヤ教、イスラム教の3大一神教の経典であ
聖書には旧約と新約両方に『ユーラシアのハートランド地域
に相当する』最終的に世界を脅かし破滅させる『悪の軍勢』と
して、『ゴグ』と『マゴグ』というなぞめいた存在が執拗に登
場します。

 ゴグやマゴグは聖書考古学上では黒海、カスピ海のある、ロ
シア中央アジア地域を指すものと考えられています。
ちょうど
マッキンダーが定義したユーラシア大陸内陸部ハートランドに
まさに相当する地域です。

   ”人の子よ、マゴグの地のゴグ、すなわちメシュクとトバルの
   総首長に対して顔を向け、彼に預言してこう言いなさい。
   主なる神はこういわれる。
   「メシュクとトバルの総首長ゴグよ、私はおまえに立ち向かう。」(中略)
   ゴメルとその全ての軍隊、北の果てのベト・トガルマとその全ての軍隊。”
               (エゼキエル書38章)

   ”サタンはその牢から解放され、地上の四方にいる諸国の民、ゴグとマゴグを
   惑うわそうとして出て行き、彼等を集めて戦わせようとする。”(黙示録20章)

   ”マゴグは黒海とカスピ海の間に位する地。なおラビ伝説においては、
    この二つの地名は常に神の敵の代表者として出てくる。”
               (フランシスコ会聖書研究所注釈より)


 古代イスラエルは地中海に位置する”一大海洋貿易国”でし
た。栄華を極めたソロモン神殿も、また世界に並ぶものの無い”
賢者ソロモン大王”の莫大な富も地中海海上貿易で蓄積された
ものです。ソロモン大王は隣国ティルス(フェニキア)と同盟
を結び、”タルシシュ船団”と呼ばれる貿易艦隊を組織し、ス
ペインやアラビア半島やアフリカ果てはインド方面まで交易を
行っていました。

 上記ユダヤのラビ伝承で明らかなように、海洋地域である地
中海世界にとって、ゴグやマゴグの地、ユーラシア内陸部は地
中海世界にとって、非常に対処が難しい地域であり、未来のあ
る時期あるいは、世界の終末において地中海世界に災いをもた
らせる悪の軍勢であるという認識を持たれていたようですね。


 実際、古代地中海世界全体を支配し覇権栄華を極めた『ロー
マ帝国』もユーラシア内部からのゲルマン族やフン族の民族大
移動により瓦解させられました。

 また歴史的にはユーラシア中央部を制覇したモンゴルのロシ
ア東欧への侵入なども白人にとって大きな脅威でした。

 印欧語族であるゲルマン族は、聖書創世記に登場するヤフェ
ト(白人の祖)の息子で、アシュケナズの兄弟であるゴメルと
の関連性を考古学的に指摘されています。

*ゴメル:Gomer(アッシリアの碑文ではギミライと記されて
いる)とキンメル(Kimmer)族の語音類似性等)

 ゴグに関連するメシュクとトバルというのもヤフェトの子供
であり、ロシア中央アジア地域に居住していた部族です。言語
学的にマゴグ(Magog)はモンゴル(Mongol)の語源ではないかと
う学説もあります。

 このように「ゴグ」と「マゴグ」は、考古学的に見てもロシ
アからモンゴル・中国に至る、ユーラシア中央のハートランド
地域に相当します。


 思うに、ハルフォード・マッキンダー卿の「ハートランドを
制するものがユーラシアを制し、ユーラシアを制するものが世
界を制する」という地政学的テーゼも、その思想的根源はこの
『聖書』から来ているのではないかと私は考えています。

 かつてレーガン大統領はユーラシア大陸に君臨したソビエト
帝国を『悪の帝国』と呼びましたが、「悪の帝国」(Evil
Empire)と言う概念もまた極めて聖書神学的用語で、ユーラシ
アに君臨した旧ソ連東欧諸国をゴグ・マゴグという終末的悪の
帝国に結びつけているようです。


 このように、ハートランドという言葉に象徴されるユーラシ
ア中央部とはまさにゴグとマゴグの聖域です。ハートランドへ
のマッキンダーの恐怖感も聖書にけるハートランドの終末的攻
勢に対する恐怖感を根底にしているのではないでしょうか。

 欧米人の思想や思索の根源は「聖書」です。日本人があまり
知らない秘密のひとつとして欧米人(カトリックせよプロテス
タントにせよ)エリートたちは聖書をベースに未来を見極め戦
略を立ています。良くも悪くも。

http://www.melma.com/backnumber_256_1361123/

おそらくキリスト教徒にちがいないクシュネル外相の脳裏に浮かんだ”戦争”というのは、単なる戦争ではないはずで、聖書に預言された世界最終戦争を思い描いた末の”恐ろしい”なのかもしれない。いよいよロスケの本性発揮で、世界情勢がますますきな臭くなってきた。間違いなく軍靴の足音が聞える・・・ね?アサピーさん。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/800-dfeb153a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。