渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 毎日新聞ヘンタイ事件

「変態ニュース」毎日新聞3ページに渡り謝罪 外部の警告放置「深刻な失態、痛恨の極み」
7月20日10時45分配信 J-CASTニュース


  毎日新聞社は2008年7月20日、同社の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」で過去に配信した記事に「低俗すぎる」との批判が相次いだことを受け、同日付けの紙面と同紙のインターネットサイトに検証記事を掲載した。「何度もあった外部からの警告も放置していました。いずれも深刻な失態であり、痛恨の極みです」と述べ、謝罪している。

■「性的な話題を取り上げるとユーザーの反応がよかった」

 7月20日付けの毎日新聞では、1面、22、23面に「お詫び」と内部調査結果を掲載、ウェブサイトでも同様の記事が掲載されている。問題となった記事を執筆していた外国人記者は、同サイトの「編集長」としてサイトを統括しており、チェック機能が働いていなかったことや、外部からの指摘が07年10月から寄せられていたのにもかかわらず、放置していたことが明らかにされた。

 J-CASTニュースの2008年6月20日の記事「毎日新聞英語版サイト 『変態ニュース』を世界発信」でも報じた通り、「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナーでは、「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」といった内容の記事を過去に配信。毎日新聞の検証記事では、「いずれも事実の裏づけもないまま翻訳して記事化していた」としている。「WaiWai」では、週刊誌などで書かれた内容を紹介するかたちをとっていたが、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、防衛省について「真珠湾攻撃と南京大虐殺で世界に名を知らしめた政府省庁」という表現を加筆したケースがあった。同社は、「WaiWai」で利用した雑誌の発行元の出版社と対応を協議しているという。

 「変態ニュース」が長年にわたり配信された背景について、同紙は「担当記者が性的な話題をおもしろがることを心配する声もあった」と明かしている。外国人記者は同サイトに関心が集まることを意識しており、「母国での就職難のため来日した。仕事を失うことに恐怖感があり、MDN(編注:Mainichi Daily News)を閉鎖する言い訳を誰にも与えたくない」などと述べた。また「性的な話題を取り上げるとユーザーの反応がよかったので、そういう話題を取り上げた」のだという。

■「不適切」「誤解を生む」といった指摘も放置

 取り上げた雑誌記事との照合もほとんど行われず、ほとんどの記事が外国人スタッフのあいだで完結。国内外から寄せられていた「不適切」「誤解を生む」といった指摘も放置された。

 同紙は「不適切な記事を掲載し続けたことは報道機関として許されないことでした。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など、国内外に発信するにはふさわしくない内容でした」として謝罪している。

 同社が設置した第三者委員会の委員・吉永みち子氏は、毎日新聞がこの問題にからんで「誹謗中傷の書き込みには法的措置を取る方針だ」と発表したことについても触れ、「まず謝罪すべき段階に、自分も被害者だと言ってしまうのでは納得を得られない」と同紙紙面上で述べている。

 同社は、総合メディア事業局長だった渡辺良行常務らを7月20日付けで追加処分し、新編集長の下で9月からニュース中心のサイトに刷新するとしている。


■関連記事
毎日新聞「低俗すぎる記事」騒動 新聞各紙、ネットメディアも報じる : 2008/06/24
毎日新聞社への抗議デモをネット中継 : 2008/07/02
毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信 : 2008/06/20
毎日「変態ニュース」記者の英文新書 「低俗すぎ」で出版中止になっていた : 2008/07/11
毎日新聞がネット書き込みに「法的措置」 騒動拡大、2ちゃんねるで「祭り」 : 2008/06/30

最終更新:7月20日12時25分

ソーシャルブックマークへ投稿 0件: (ソーシャルブックマークとは)


この話題に関するブログ 14件(ランキング上位) 関連トピックスマスコミ、出版

みんなの感想 この話題についてみんながどう感じたかわかります。

みんなの感想(話題ランキング)


この話題へのコメント数1106件
並び替え [ 投稿順 | 点数順 ]
コメントを書く | コメントを表示しない59:2008年7月20日 11時39分
4,237点
長年にわたって国民の名誉を大きく損ね続けた大事件。
そしてまた、国民への実害も疑われているにも関わらず、
毎日は紙面と自社のホームページでしか報告を行わない。
自らが引き起こした事件の重大性について広く国民に知らせることなく、
知っている者だけにメッセージを送り幕引きを図ろうとしている。
今回の事件で被害を蒙っているのは日本と言う国家、そして、
日本と言う国の民すべてであるにも関わらず、
毎日は、知っている人だけに謝ればよいと言う姿勢を崩さない。
また、日本と言う国家、そして、日本人すべてに対する、
名誉の回復、汚名の挽回について、具体的な話は何も書かれていない。
やっちゃったものは仕方がない、これからは真面目にやるから許してねと、
そんな態度で報道を続けるられるのは、たまったものではない。
かつても報道により冤罪を作り出してきた毎日は、
同じ行動で誤魔化そうとしている。
6:2008年7月20日 11時16分
3,142点
こんなの謝罪になってないだろ
自分たちが散々叩いた食品会社と比べてみろ

毎日は自分たちが作り上げた外人に襲われやすい日本人女性のイメージは
死んでも守るつもりなのはよく分かった
1:2008年7月20日 10時55分
2,709点
結局、現場レベルに責任押し付けて、上は知らなかったってことにするのか。社長まで直列で退陣した方がよくねーか。けっこう以前から騒がれてたのに「チェック機能が働かなかった」なんて言い訳になってない。
3:2008年7月20日 11時8分
2,376点
転載サイトに記事の削除を求めるのは「なかったことにしろ」ということですか?

ネットに情報が残る恐ろしさを毎日新聞社さんはご存知ですよね?

偽装や隠蔽した会社にどういう対応を求め、結果どうなったか、ご存知ですよね?
2:2008年7月20日 11時4分
1,813点
売れればいい。そんな方針がある会社は、こうなってしまう。
報道機関の役割を真剣に見直す事が必要なのか。紙媒体の未来も危ういというのに。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080720-00000000-jct-sci

・8月1日付で「毎日デイリーニューズ」を新体制に組み替え、9月1日からニュース中心のサイトに刷新します。
 新たに「時代の風」など著名人による評論を翻訳掲載し、海外の日本理解を深めるべく努めます。
 同時に西川恵専門編集委員を中心にベテラン国際記者らによるアドバイザリーグループを新設し、内容を
 チェックする体制をとります。(抜粋)

・毎日新聞社が「毎日デイリーニューズ」(MDN)上「WaiWai」に不適切な記事を掲載し続けたことは
 報道機関として許されないことでした。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など、
 国内外に発信するにはふさわしくない内容でした。多くの方々に不快感を与え、名誉を傷つけ、ご迷惑を
 おかけしたこと、毎日新聞への信頼を裏切ったことについて、深くおわびいたします。

 内部調査の結果、問題のコラムは掲載の際にほとんどチェックを受けず、社内でも問題の大きさに気づかずに
 いたことがわかりました。何度もあった外部からの警告も放置していました。

 今回、内部調査の結果や皆様からのご意見も踏まえて再発防止のための措置を決めました。
 今回のような配慮のないコラムが掲載され続けたのは、チェック体制の欠陥に加え、女性の視点が
 なかったことも一因という反省から、新たな編集長には女性を置くことにしました。

 「WaiWai」は既に閉鎖しておりますが、過去の記事を転載しているサイトなどが判明すれば、事情を説明し
 訂正や削除の要請を続けていきたいと思います。
 今回、毎日新聞社は、英文サイトをジャーナリズムとして位置づけていたのかという姿勢が問われました。
 この問題で失われた信頼を取り戻すため、全力を尽くす決意です。(抜粋)
 http://www.mainichi.co.jp/home.html

・6月27日に、担当記者に加え朝比奈豊社長(役員報酬10%返上・1カ月)、長谷川取締役(同20%
 返上・同)ら4人を処分しました。さらに、04年6月まで総合メディア事業局長だった渡辺良行常務に
 ついて役員報酬20%(1カ月)返上の追加処分を20日付で行いました(抜粋)
 http://www.mainichi.co.jp/20080720/0720_06.html

※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216564784/

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/736-7d510254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。