渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライアン・コネル

今さらなんで!?昔から猥雑だった毎日新聞の英字コラム (ゲンダイネット)
 編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃった毎日新聞の英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネル氏だ。同氏が別のネットに書いていた自己紹介文には「職業=低俗なジャーナリスト、好きな食べ物=クリトリス」なんてくだりが出てくる。だもんで、すっかり、「変態コラムニスト」が日本に関する悪趣味な捏造(ねつぞう)をしたようにみられているのだが、それは違う。

「WAIWAIはもともと、毎日新聞の英語版のコラムで、歴史は古い。かつては10人くらいのメンバーが書いていて、中にはドクターもいました。新聞や通信社が報じない雑誌ネタを紹介することで、低俗な情報も含めて日本を伝えようとしたのです。だから、昔からセックスの話はいっぱい出ていましたよ。埼京線の痴漢リポートとか、全部、雑誌からの引用で出典も書いている。コネル氏が書いた記事もそうで、獣姦の話は実話誌、母親のフェラチオはアサヒ芸能からの引用です。アサ芸は97年の記事なのに、今回、クローズアップされた。ただ、毎日の英語版は2001年3月に廃刊になった。WAIWAIはウェブ上だけのコラムになり、以後、出典記事の信憑(しんぴょう)性などのチェックが甘くなった部分はありますけどね」(関係者)

 コネル氏は憎めないキャラだ。来日約10年の50代。結婚して家族もいるが毎晩のように歌舞伎町で飲み、語る日々。身長は170センチくらいだが、体重が小錦くらいあり、強制的な治療で半分くらいまで落としたという。

「日本語力にはビックリした。外国人のなまりがまったくなく、デーブ・スペクターくらいうまい。今回のことでめげずにもっと活躍して欲しい」(友人のジャーナリスト、マーク・シュライバー氏)

 読者だって、マユツバで読んでいたろうに……。

【2008年7月1日掲載記事】

[ 2008年7月4日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/04gendainet05018632/

友は友を知るという、ヘンタイ外人のことはヘンタイ新聞がよく知っているということか(嘲)。あのねゲンダイさん、
ゲンダイ=ヘンタイ、毎日新聞=侮日新聞
という認識は国内(の一部の有関心層)に限ってのことなんだよ。海外の日本通じゃない無知な外国人にとっては
ゲンダイ(33年)=毎日(138年)=日本の歴史のある報道機関
なんだよバカヤロ。マユツバ臭かろうがなんだろうが反日宣伝の燃料としていったん投下されたら、それを無制限に増幅させ尾ひれをつけ無限大に日本攻撃のネタとしていく勢力がいて、その影響力を無化していくのは並大抵の努力じゃないんだよ。無責任なヨゴレ記事の垂れ流しは多くの日本人の心を傷つけ、名誉を毀損してタイヘンな迷惑を蒙ってるんだよ。そこの所もうそろそろいい加減分かってくんないかしら、いくら低脳揃いのヨゴレメディアのクサレエリート記者諸君でもそのくらいの想像は簡単につくだろうよ。ああそうか、分かっててやってるんだっけ、なら今すぐ廃刊だろ。

つい最近まで、日本で活動している豪ジャーナリスト、ライアン・コネル氏は天職に恵まれて満足
していた。
しかし、先月来コネル氏は日本で最も罵倒される人物となった。各チャットサイトでは、意図的に
日本のイメージを世界に貶めた「低俗なオーストラリア人ジャーナリスト」と非難するビラが溢れ
かえった。

今回の事件は、非難を浴びている「WaiWai」に5月に掲載されたコラムの1つから沸き起った。
日本の週刊誌の記事を引用したもので、あるレストランでは食材の動物とセックスをしてから食べ
るといった内容だ。
この記事は「mozu」と称するブロガーの目に留まり、怒った彼はブログに書き記した。それは即座
に「2ちゃんねる」でも取り上げられることとなった。過熱気味な保守的傾向が見られる、曰くつき
人気巨大掲示板である。

そこでは多くの怒りが爆発して、コネル氏とその家族、毎日新聞およびそのスポンサーに対する
抗議行動に発展し、数百万円の広告スポンサーを降りる会社も出るに至った。
毎日新聞社(世界で4番目の販売量を誇る)は謝罪文を掲載し、当該コラムを閉鎖し担当責任者
たちの処罰とコネル氏には懲戒休職3ヶ月とする旨を明らかにした。
今週、本紙(ジ・エイジ紙)はコネル氏に接触したが、彼はコメントできないとの返答だった。
彼は殺害脅迫を受けていて騒ぎが沈静化するまで自宅でおとなしくしている様に、警察から厳しく
指示されているのだろうと本紙は見ている。

コネル氏は1998年から毎日新聞コラムに書くようになった。世界の英語圏の地域に向けて衝撃
的で有り得ないよう話で情報源も定かではないようなものばかりを日本の猥褻(わいせつ)記事
満載の週刊誌から漁(あさ)っては提供してきた。西欧の読者の人気を集めていたことが日本の
ブロガーたちをさらに激怒させた。「日本は淫らな国」と、世界中で評判になっているのだと彼らは
思っている。
「事実を知らない外人は真に受けるだろ、これ」、「ライアン・コネルはスカトロ愛好者だ。これが
オーストラリア人さ」、「もうオーストラリアに水爆を落としちまえよ」といった非難の書き込みが相次
いだ。 (抜粋)

http://www.theage.com.au/world/japanese-set-the-blogs-on-sleazy-australian-writer-20080704-31w7.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/708-509263ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竹島と毎日新聞

心震えるようなネタに出会えませんでした…。いきなり手抜き宣言かよw。質の低さは数 ぽんこつあんてな【2008/07/20 14:22】
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。