渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 学者の日中韓経済共同体論

「日中韓アライアンス」で3国の競争力アップ
米国一辺倒からの離脱速度を高めるという選択
2008年7月4日 金曜日 宮田 秀明
アジア  視点  日中韓経済共同体  製造  米国依存  国際物流   20歳の時に東京大学に入学し、この3月に工学部を卒業した中国上海からの留学生Z君が、上海から日本に戻ってきて私の部屋に現れた。中国の医薬関係の貿易商社に就職を決めて報告しに来たというのだ。

 私は即座に答えた。「それはよかった。人口13億人の中国の医薬の世界は遅れている。この分野は大きく成長するだろう」。

 十数年前にも、同じ名前のZ君がいた。中国にいた時は数学オリンピックで中国国内10位くらいになった頭のいい学生だった。博士課程まで進み、東大助手になったが、助手の年限が来ても中国には戻らず、フランスの企業に転職し活躍している。その頃の中国からの留学生は日本企業への就職を希望する人が多かったが、障壁が高く、多くの中国からの留学生は米国や豪州、欧州に向かった。

 今では様子が随分変わった。日本の企業への就職を希望するケースも多いのだが、Z君のように中国企業を目指すケースも増えてきた。私の研究室には中国からの留学生が3人いるが、就職先には中国企業を薦めてしまう。場合によっては、中国企業の方が日本企業より経営が優れていることも1つの理由だ。


中国では「米国とどうつき合うか」の議論が盛ん

 私の研究室の助教(助手)の1人は天津出身の中国人だ。日本の情報システム企業に10年以上勤めてから、私の研究室でスキルアップして新しい仕事に向かおうとしている。この4月に中国への出張から帰ってきて、こんな報告をしに来た。

 「今、中国で一番議論されているのは、米国とのつき合い方です。中国や日本の製造業にとって米国は大きなお客さんですが、でも、両国がこんなにドルを買ってあげて、最近はその価値が15%減ったりしています。米国とのつき合い方はもっと考え直した方がいいのではないですか」

 中国からの留学生たちと話して考えたことは、早く米国一辺倒の経済関係から離脱することだった。日本の外務省の行う外交にはほとんど期待できないが、民間中心の経済活動のモデルの転換として、米国一辺倒からの離脱速度を高めることを真剣に考えるべき時期ではないだろうか。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080702/164206/?P=1&ST=sp_fl

「日中韓アライアンス」で3国の競争力アップ
米国一辺倒からの離脱速度を高めるという選択
2008年7月4日 金曜日 宮田 秀明
アジア  視点  日中韓経済共同体  製造  米国依存  国際物流 
 日中韓がアライアンスを結んで世界の製造業での北東アジア域の役割を確実なものにしたり、資源・エネルギー・食糧・環境戦略を共同で立案して実行するのだ。


オーストラリアやブラジルから鉄鉱石を買わない方法

 例えば産業のコメの1つである鉄鉱石の問題だ。現在、世界中で取引される鉄鉱石の80%は、3つの企業によって販売されている。オーストラリアの英豪系のBHPビリトンとリオ・ティントの2社とブラジルのリオドセである。寡占状態なので、完全な売り手市場だ。つい最近、販売価格が2倍に値上げされた。石炭もほぼ同じような状況にある。

 鉄鉱石がオーストラリアとブラジルにしかないわけではない。この2国の3社が算出する鉄鉱石の純度は70%もあり、高品質で、製品にする手間やコストが低いのが主な理由である。

 中国は鉄鉱石の資源は豊富だが、純度が35%ぐらいのものが多い。だから中国は自国の鉄鉱石だけでなくブラジルなどから輸入したものを使う。こんなに鉄鉱石の価格が高騰したのだから、中国やインドの低純度鉄鉱石を使った製鉄技術を日中韓共同で開発して産業化するプロジェクトを起動してはどうだろう。民間企業ベースでは既に行われているようだが、もっとペースを高めた研究開発を行うのだ。「日中韓による低純度鉱製錬プロジェクト」である。


日中韓沿海部の海運の物流速度を上げて、競争力を高める

 国際物流の世界では、アジア―北米、アジア―EU(欧州連合)には優れた海運輸送システムが構築されている。しかし、アジアの域内物流・輸送のレベルはかなり低い。九州から上海までの距離は、東京と九州の距離に近いのに、船による物流の時間は1~2週間になってしまう。国内の10倍の時間がかかるのが現状だ。

 アジアから北米までの輸送リードタイムは10~20日なのだから、現状の物流時間で言えば、中国にとって日本は、北米と同じくらい遠いとも言える。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080702/164206/?P=2&ST=sp_fl

「日中韓アライアンス」で3国の競争力アップ
米国一辺倒からの離脱速度を高めるという選択
2008年7月4日 金曜日 宮田 秀明
アジア  視点  日中韓経済共同体  製造  米国依存  国際物流 
 これを改めて、日中韓3国の沿海部なら、どこでも3日以内の物流時間を実現するプロジェクトを始動するのもいいだろう。今では情報は瞬時に国際間を伝わるようになっているが、その次に必要なのは、リードタイムを最小にする物流である。アジア域内の物流速度を上げることが、アジア諸国の競争力になるだろう。

 資源エネルギー、物流だけではない。日中韓のアライアンスによる新たなビジネスモデルによって、アジアが調和して発展する戦略が描けるのではないだろうか。

 中国、インド、ロシアのBRICs4国のうち3国は、日本の西側に大きな姿を現している。日本と韓国は今後GDP(国内総生産)規模もこれらの国の下になるのが大きなトレンドだ。その時しっかりした存在感を残すために、戦略性が極めて大切だ。日中韓3国の最大の問題が北朝鮮問題だと考えるのも間違いであろう。むしろ、資源・エネルギー・食料・環境問題を戦略的に解決するための協力関係を構築するのが最大のテーマだろう。


民間ベースの3国共同プロジェクトをたくさん立ち上げる

 日本企業にとって、韓国製造業と競い合う企業戦略、中国を単にマーケットと考えるだけの企業戦略には限界がある。中国の自動車マーケットがこのままの勢いで拡大していって、それがすべて内燃機関を搭載した車のままだとしたら、環境・資源・エネルギー問題に大きな負荷を与えることになるだろう。これを克服することを日中韓連合で協力して解決できれば、世界をリードする国の姿が現れるだろう。

 残念ながら政治や外務省、経済産業省の役割に期待することには限界がある。この15年ぐらいの間に、官僚の能力の劣化が進みすぎている。タクシー接待問題は霞が関の人材劣化を象徴的に示している。小事が大事を物語っていると考えてよいだろう。民間ベースの3国共同プロジェクトをたくさん立ち上げるのが正しい方法だろう。

 「LOOK WEST」「日中韓経済共同体」をキーワードにしたい。中国の首相と主席が相次いで来日するのは異例のことだ。振り向かれなくなる前に積極的なアクションを民間から始めるべきだろう。既にいろいろな動きがあることも事実だが、もっとスピードを高めなければ、取り残されかねない。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080702/164206/?P=3&ST=sp_fl

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/703-1ac2c8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。