渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際紛争の元凶たるクサレマスゴミ

まさに日本マスゴミのゴミ以下たるべき所以がまた明らかになった。

毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信
6月20日20時45分配信 J-CASTニュース



「Mainichi Daily News」のなかにある「WaiWai」

 「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。

■幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピール??

  「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」

 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。

 例えば、07年9月に配信したニュースにはこんなものがある。

 「コックと野獣、ふしだらさとそれを愛する者」と題された記事では、東京・六本木に富裕層向けのレストランが登場したことを紹介。Mなる人物が「実話ナックルズ」という雑誌に語ったというその内容を参考にしているようなのだが、このレストランで、弁護士がメスの豚を獣姦し、のちにそれと同じメス豚が料理としてその後出てきた、という、おぞましい内容になっている。

 さらに、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、

  「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」

と紹介。そもそも「サイゾー」にこんな内容の記事が掲載されたとも思えない。

■「ご批判は謙虚に受け止め、削除しました」

 また「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」という記事では、ファーストフードを食べると神経の中枢のコントロールできなくなりセックス依存症になるなどという説を紹介し、日本の女子高生の性の乱れを指摘。「お母さんたちは墜ちていく、成績を上げるために!」では、息子の成績を上げるために息子と性的な関係を勉強前に持つ母親のエピソードが紹介されている。これらのすべてが外国人記者の署名入りで書かれていた。約5年近くこうした「変態ニュース」を世界に発信し続け、これが海外のブログなどにも転載されており、まさに「変態な日本人」を世界にアピールすることになってしまった。

 毎日新聞社長室広報担当はJ-CASTニュースに対し、

  「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」

と回答していている。

 一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。

  「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」


■関連記事
「キャバ嬢」は女性「憧れの職業」 ブログやテレビでアイドル扱い : 2008/05/21
ハリウッドスター「ウォシュレット」に感激 ディカプリオ、マドンナ、ウィル・スミス… : 2008/01/09
「ブリちゃんが死ぬのはいつ?」 トンデモ「サイト」に「投票」殺到 : 2008/01/21
エロかしこい系のタレントさん その発声法では…… : 2008/06/14
「無印らしさ」はどこにある? 「なるほど」と思わせる技と知恵 : 2008/06/19

最終更新:6月20日21時6分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000003-jct-sci

★「死に神」報道、朝日新聞「中傷意図ない」

鳩山法相は20日、朝日新聞が18日付夕刊のコラムで、宮崎勤元死刑囚らの
 死刑を執行した鳩山法相を「死に神」と表現したことについて、抗議の意向を示した。
 朝日新聞社は「鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くない」としている。

 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20080620/20080620-00000064-nnn-soci.html

※有志によるキャプチャ
★朝日新聞の18日夕刊1面のコラム「素粒子」
・永世死刑執行人 鳩山法相。
 「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。
 またの名、死に神。
 ttp://tv.dee.cc/jlab-maru/s/maru1213929598351.jpg

★朝日新聞の20日夕刊に連載 4コマ漫画 『地球防衛家のヒトビト』
・少年警察官がすぐ「死刑」っていう昔のマンガ…最近いるよね。それは鳩山法相
 http://up2.viploader.net/pic/src/viploader675028.jpg

※元ニューススレ
・【政治】 朝日新聞「鳩山法相、新記録達成。またの名を死に神」報道に、法相激怒…「死刑執行された方に対する侮辱」★7
 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1213963731/

NEWYORK TIMESのオーニシ記者と朝日新聞の”反日記事スプリンクラー・システム”の存在は有名だが、毎日新聞が似たようなこと(いやもっと悪質)を外人記者とつるんでやっていたことが分かった。毎日新聞には過去に訴訟沙汰になった100人斬り冤罪記事があったし、最近も拉致問題の記事でたびたび捏造報道を指弾されている。今度のこれはまさに侮日新聞と揶揄されるそのままではないか。

朝日の今回のアサヒレーション(アサヒルの英語名詞化)は誹謗中傷。絶対的応報刑論を支持するものとして、死刑廃止論者の応報観念を完全に欠いた被害者捨象の加害者擁護思想はまったく理解の範疇外だ。前に鳩山大臣が死刑執行を機械的にやれるようなシステムを作ってはどうかと問題提起した時に死刑廃止論者の左巻き連中がいきり立って非難したことがあったが、逆に各法相の個性によって死刑囚各人の死への滑走路が恣意的に伸びたり縮んだりする状況の方が不平等の極みで、そっちの方がよけいに非難さるべきことだろう。

羽織ゴロ恥を知れ。

そして、他の特定アジアのマスゴミも相当のイカレポンチである。

(読者の声2)貴見、「共産党が狙うのは「愛国」ではなくて、じつは「愛党」
だけであり、人民解放軍は「国軍」ではなく、党のプライベート軍隊であり、」
というのが事実そのものであることを、日本人の中国認識で欠落しているところ
です。
 あらゆる機会に啓蒙を願う次第。
 ともあれ、愛国走狗はオリンピック後の何時、どのような事態で煮られるのか
、関心があります。
(SJ生)


(宮崎正弘のコメント)なるほど「愛国走狗」も、わかりやすい語彙ですね。台
北で尖閣諸島問題でうごめく反日カルト、あの信条も「愛国走狗」。北京や香港
の中華思想狂信主義に通じます。
 台湾のメディアは90%が国民党、しかも、そのうちの八割が中国からの資本
参加を得ていて、つまり台湾民衆の対日好感度と、台湾マスコミの反日姿勢とは
天と地ほどの開きがあります。

日本人の台湾旅行が危険などと馬鹿なことを言っている日本のマスコミは、台湾
のマスコミの表面的なコトバだけを拾っているのでしょう。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)6月20日(金曜日)
通巻第2224号 (6月19日発行)

台湾は日本よりもマスゴミの偏向ぶりは強烈のようだ。これでは尖閣問題についてマトモな報道など望むべくもない。

主要外国メディアは10日、ソウル市の通りを埋め尽くした大規模キャンドル集会について、
「デモが頻繁に起きる韓国でも異例のこと」と伝える一方、単なる李明博(イ・ミョンバク)
政権の危機にとどまらず、アジア4位の経済大国・韓国の先行きを懸念する見方も目立った。

11日のAP通信は、「人気が高いテレビのニュース番組によるセンセーショナルな報道が
米国産牛肉に対する懸念を高めた」と報道。
李大統領については、
「現代建設の最高経営責任者(CEO)時代にその実行力から『ブルドーザー』という
別名が付いたほど事業家としての強みを見せたが、数週間続いた
デモ参加者からはそこが弱点として批判されている」と書いた。

米ニューヨーク・タイムズは「対米関係について新たな実用的なアプローチを掲げ、
昨年12月の大統領選挙で勝利した李大統領にとって、デモは鋭い一撃となった。
一部専門家は李大統領が米政府の要求にたやすく応じないように圧力を受ける
可能性が高いとみている」と伝えた。ロイター通信は「韓国が約20年前に自由な
大統領選挙を導入して以来、最大の差をつけて当選した李大統領の支持率が
20%以下に落ち込んだのは、目まぐるしい運命の反転だ。
アジア4位の経済大国の運命に暗さが増すものでもある」とした。

ウォールストリート・ジャーナルも「韓国は民主化を成し遂げて20年になるが、
依然として街頭デモが政策形成に強い役割を担っている」との見方を示した。

日本経済新聞は1面のほか、国際面に問答形式の記事を掲載し、
事態が悪化した理由について、「韓国では前政権から貧富の差に根深い不満がある。
市民は経済再生を要求し、経済大統領と呼ばれる李大統領に期待したが、
世界的な原油価格の上昇などの影響を受け、貧富の差が拡大したと失望した。
そうした反政府感情はインターネット時代の情報ネットワークを通じ
急速に広まっていった」と分析した。

全炳根(チョン・ビョングン)記者 東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員
http://www.chosunonline.com/article/20080612000018
前スレ ★1の時刻 2008/06/12(木) 10:16:35
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1213240770/

韓国のマスゴミの偏向(反日カルト全体主義はいわずもがな)(それでも時に朝鮮日報などの報道姿勢はわが国の朝日毎日などよりだいぶマシなのではないかと思える場合もあったりする)はもとより、その過激化集団化しやすい民族性格がよけいに火を大きくし相互に煽り煽られてどんどん事態を悪化させて自爆してしまうことも多く、かなり深刻である。

支那・北朝鮮のメディアは一党独裁専制国家ならではの統制されたもので、もとより自由かつ公正な報道を期待すべきものではないことは周知の事実。

毎日新聞「低俗過ぎ」英文記事問題で余波 “引用元”釈明、「hentai」メタタグも

「低俗過ぎる」と批判を受けて削除された毎日新聞英語ニュースの記事について、引用元のサイゾーが元記事を全文公開し、「記事にあったような表現はしていない」と釈明。サイトに「hentai」などのメタタグが設定されていたことも分かった。
2008年06月25日 20時04分 更新
 毎日新聞社の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」(MDN)が掲載した記事が「低俗すぎる」などと批判され、同社が記事を削除するなどした問題をめぐり、ネット上で余波が広がっている(毎日新聞が謝罪、関係者処分 「低俗過ぎ」英文記事への批判で)。

 問題となった記事の引用元とされた雑誌「サイゾー」は6月25日、該当する記事の全文をWebサイトに掲載し、「記事にあったような表現はしていない」と説明した。

 MDNのコーナー「WaiWai」は昨年7月、「Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self"」(防衛省は、内情を説明するためにロリータ漫画のキャラクターに頼る)という記事を掲載。「サイゾー8月号によると、パールハーバーと南京大虐殺を行った政府機関の後継が、テディベアを持ったぶりっこのメイド少女キャラに、日本の防衛政策を説明させているようだ。最近は多くの政府機関がきわどい幼児性愛漫画キャラを使って活動を紹介しているが、防衛省のキャラは日本のオタクを惹きつけていると同誌は報じている」──などとしていた。

 サイゾー編集部には「本当にこんなことを書いていたのか」などの問い合わせが多数寄せられたという。このため、編集部は記事の全文を掲載し、「少なくとも『パールハーバーと南京大虐殺の後継』といった表記が『サイゾー』記事内には存在しないことを、ここに明記しておきます」と釈明した。

 記事が取り上げた「まんがで読む防衛白書 平成17年度版」の作者・でこくーるさんは、ブログで「自分の仕事が内容改竄(かいざん)紹介含みで海外の恥さらしになってると思うと、防衛省さんに申し訳なすぎる…」などと胸の内を告白している。

 でこくーるさんが毎日新聞に問い合わせたところ、「でこくーる個人にどんな迷惑がかかったのか? 万一そういったことがあったら誠心誠意処置を取らせて頂くがブログに書くなと言われた」という。

 また、MDNのトップページのメタタグに「hentai」「japanese girls」「geisha」などが設定されていたことも判明。「hentai」は性的表現のある日本の漫画やアニメ全般を指す言葉として海外で使われている(Wikipediaの説明)。現在は削除されているが、「hentaiなどの検索キーワードで記事が上位に引っかかるようにする思惑があったのでは」と2ちゃんねるで議論になっている。

 問題となったのは、MDNのコーナー「WaiWai」が掲載していた一連の記事。国内の雑誌記事を引用しながら日本の風俗などを紹介していたが、「低俗過ぎる」「誤解を与える内容を世界に配信し日本をおとしめた」といった批判が2ちゃんねるなどで相次ぎ、同社は21日にWaiWaiを閉鎖。23日に謝罪文をネットに掲載し、デジタルメディア局長らを処分する方針を明らかにしていた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/25/news107.html

毎日新聞が引用したとされる『サイゾー』記事について


先日、Yahoo!ニュースに掲載された『毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信』の記事内に以下のような記述がありました。

 さらに、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、
  「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」

と紹介。そもそも「サイゾー」にこんな内容の記事が掲載されたとも思えない。

 これについて、編集部には「サイゾーは本当にこんなことを書いていたのか?」などの問い合わせが多数寄せられているため、サイゾーでは以下に当該記事の全文を掲載します。(記事全文はこちらから)
 『サイゾー』2007年8月号 p40より

萌え系オリジナルキャラが防衛賞企画で大活躍中!
 
 こ こ数年の「萌え」の流行と普及により、なんと行政機関や公的キャンペーンのマスコットとしても、萌え系美少女キャラが起用されるケースが散見されるようになっている。特に、警察・自衛隊関連の企画での美少女キャラクターが、その内容と絵柄のアンバランスさでオタクたちの間で話題だ。
 中でも注目なのが、防衛省の指導により、一般市民に防衛思想の普及を促す目的で発行されている「まんがで読む防衛白書」シリーズ。この平成17年度版が、「ロリータ服に身を包んだツインテールの少女が、ぬいぐるみのくまに向かって暴力を交えながらタカ派思想をぶちまける」というシュールな内容で、一部ブログで大変な反響を呼んだ(ちなみに、くまはハト派)。
 口コミで人気が広がり、秋葉原の書店でも平積みにされ、2刷、3刷と版を重ねた同書は、当然18年度版も同じ漫画家・同じ路線での続投かと思われたのだが……。冊子を発行した(財)防衛弘済会出版部の磯尾氏によると、「出版権を入札で他社に取られてしまったんです。しかし、人気の作品だったのでこのまま終わらせるのは惜しいということで、『17年版』の漫画家さんにお願いし、同じキャラクターで防衛理解に役立つ漫画本を描いてもらいました」。それが今年1月に発行された『平和の国のネバーランド』だ。こちらも順調に売り上げを伸ばしているという。
 「堅い内容だが、親しみやすいキャラクターで子どもや若者にアピールしたい」という至極まっとうな目的に、いま最も的確に応えられるのが、「萌えキャラ」なのかもしれない。 (越智灯子)

 「サイゾー」の記事は以上となります。毎日新聞内に掲載されたという英文記事の原文は削除されているため、サイゾーの記事がどのように引用されていたかは確認できませんが、少なくとも「パールハーバーと南京大虐殺の後継」といった表記が「サイゾー」記事内には存在しないことを、ここに明記しておきます。



From the successor of the government ministry that gave the world Pearl Harbor and the Rape of Nanking now comes a cutesy little girl cartoon character dressed as a maid with a hawkish stuffed teddy bear to give a simple explanation of Japan's defense policies, according to Cyzo (August).

Growing numbers of government agencies have used borderline pedophile manga characters to promote their activities in recent years, but it's the Defense Ministry's little girl character that is attracting attention among Japan's otaku, the monthly says.


サイゾー(8月号)によると、世界に対して真珠湾攻撃とレイプ・オブ・ナンキンを行った後継者の政府が、タカ派的なテディベアのぬいぐるみを持ったメイド服を着るかわいこぶった少女漫画キャラクターを使って、日本の防衛政策の簡単な説明をさせるという。近年、多くの政府機関が、彼らの活動を広報するために、ペドフィル(小児性愛)ギリギリのマンガキャラクタを使っている。しかし、日本のオタクの間で注目を集めているのは、防衛省の少女キャラクターであると月刊誌は言う。


http://s02.megalodon.jp/2008-0603-2104-04/www.aznmedia.net/forum/f139/defense-ministry-turns-to-lolita-manga-character-to-2416/
http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/17.html

「変態」記事に漫画家が抗議 毎日側の対応にネットで批判

 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」が多数の「変態」記事を世界に配信してたことが発覚したが、記事のネタに使われた漫画家が毎日新聞に抗議していたことが分かった。しかし、毎日側の回答があやふやだったばかりか、「ブログで書かないでほしい」などと言われたため、漫画家がそれをブログで暴露、ネットで毎日新聞に対する反発が拡大している。

■「海外の恥さらしは防衛省さんに申し訳なすぎる」

 記事が書かれたのは「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナー。ここには、「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」といった変態記事が紹介されていた。漫画家の「でこくーる」さんが毎日新聞に抗議したのは、「「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事だ。

 問題の記事には、

  「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった」

とある。「でこくーる」さんは「まんがで読む 平成17年版 防衛白書」の作者で、記事で書かれている内容はこの漫画を指していると思われる。

 08年6月24日付けの「でこくーる」さんのブログには、毎日新聞に抗議をした経緯が綴られている。まず友人からJ-CASTニュースの記事を知らされ仰天。「WaiWai」に書いてあることは全く事実でなく、自分が「HENTAIな漫画の作者」と思われるかもしれないと感じた。さらに、

  「自分の仕事が内容改竄紹介含みで海外の恥さらしになってると思うと、防衛省さんに申し訳なすぎる…。」

と悩んだ。しかも、「パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁」という表現は、あまりにも度が過ぎていて、防衛省に正式な謝罪があってしかるべきだ、と考え自身で毎日新聞とコンタクトを取った。

 「でこくーる」さんのもとに電話をかけてきた毎日新聞側の対応はこんな風だった。

  「『でこくーる個人にどんな迷惑がかかったのか?万一そういったことがあったら誠心誠意処置を取らせて頂くがブログに書くな』と言われました」

■「『ブログに書くな』なんて卑怯」

 「でこくーる」さんはJ-CASTニュースの取材に対し、毎日新聞の対応は、「とりあえずごめんなさい」という趣旨で、とにかく早く切り上げたい様子だったため、「この件はブログに書かせて頂いて構いませんか?」と断りを入れたところ、「毎日新聞社全体の問題ではないので、それはやめて下さい」と言われたそうだ。ブログを書くことを止められたことについて、

  「たかだか一漫画家のブログに対して何故、という感想以外には、想像がつきかねます」

と腹立たしそうだった。

 ネットでは毎日新聞側の「ブログに書くな」に強く反応。「mixi」の日記やブログ、「2ちゃんねる」にも複数のスレッドが立ち議論が起こっている。「でこくーる」さんのブログのコメント欄には、

  「『ブログに書くな』なんて、なんと卑怯なのでしょう」
  「毎日新聞社がジャーナリズムの名に値しないことが判りますね」
  「毎日に言われても書いてくれたでこくーるさん、素敵です」

といった毎日新聞批判が並んでいる。

 J-CASTニュースは毎日新聞に対し、「ブログに書くな」と言った理由について取材を申し込んでいるが、まだコメントはきていない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000003-jct-soci

「低俗過ぎる記事」で毎日新聞が謝罪 関係者を処分

毎日新聞社は2008年6月23日、同社の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」が過去に配信した記事に「低俗すぎる」「日本を貶めた」などの批判が相次いだとして、日本語と英語による「お詫び」を同サイトに掲載し、デジタルメディア局長などを厳重に処分すると発表した。

J-CASTニュースの2008年6月20日の記事「毎日新聞英語版サイト 『変態ニュース』を世界発信」でも報じた通り、「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナーでは、 「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」と題された記事や、「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」といった内容の記事を過去に配信していた。これに対し、同社には「このような記事を英語で世界に発信した影響をどう考えるのか」「日本が誤解される内容を広めているではないか」といった批判が08年5月下旬から寄せられていた。同社はこの時点で記事に問題があったと考え、これらの記事を削除したほか、検索サイトにも問題のある記事について非表示にするよう要請していたという。

デジタルメディア局長らを処分
同社は、

「毎日新聞社として、批判をいただきました記事へのおわびを申し上げます」
と謝罪。「Mainichi Daily Newsならびに発行元の毎日新聞社は、今回の読者の皆さまのご意見を真摯に受け止め、今後信頼される情報の編集、掲載に努めてまいります」と述べているほか、監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分するとしている。

meta name="keywords" content="japan news,mainichi,mainichi daily news,mainichi daily,daily mainichi,mdn,mainichi shimbun,shimbun,news,nikkei,yen,asia,asian,asians,japan,tokyo,japanese,osaka,japanese dictionary,nippon,japanese names,nihon,japan airlines,kanji,japanese translation,kyoto,japanese girls,geisha,japanese english dictionary,samurai,japanese symbols,ninja,haiku,waiwai,wai wai,wa,anime,animation,hentai,manga,comic,j-pop"

http://s01.megalodon.jp/2008-0621-1826-01/mdn.mainichi.jp/

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/664-2df1d9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南オセチア紛争 露が猛攻、州都制圧宣言

グルジアの親ロシア分離派地域、南オセチア自治州に軍事介入したロシアは9日、別の親露派地域であるアブハジア自治共和国のグルジア支配領域に激しい空爆を行うなど猛攻を続け、戦線が拡大している。ロシア軍は南オセチアでも先に進攻していたグルジア軍と激しく交戦、ロ... ブログ検索ニュースBLOG【2008/08/10 08:13】
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。