渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 『新 脱亜論』書評

東アジア共同体に背を向けて~『新 脱亜論』
渡辺利夫著(評:荻野進介)
文春新書、890円(税別)
2008年6月17日 火曜日 荻野 進介
本  脱亜論  中国  歴史  東アジア共同体  外交  4時間40分


『新 脱亜論』渡辺利夫著、文春新書、890円(税別)
 先日、中国・上海にある知人(中国人)の会社を訪ねた。部屋の一角に、かなり大きな中国の地図が貼ってあった。日本が真ん中にあり、海を隔てて左側にユーラシア大陸が広がる地図を見慣れている目には、その地図は奇異なものに映った。

 中国人によって、中国人のために描かれた地図だから、当然、中国が中心であり、その上にロシア、左下にインド、そして、朝鮮半島が小さく突き出て、右のはしっこに日本列島がある。その弓状にしなった、4つの島の連なりが、思いのほか小さかった。皇帝、中国につき従う家来のようにも見えた。

 政治現象と地理的条件の関係を研究する学問を地政学というが、本書はその地政学を下敷きにしている。

 著者の問題意識はこうだ。周辺国の敵対的行動(韓国・北朝鮮は反日、中国は侮日、ロシアは資源大国として復活し日本を圧迫する可能性が出てきた)が目立つ、日本を取り巻く昨今の東アジア情勢は、約100年前の日清・日露戦争期に先祖返りしたかのよう。改めて、その地域を巡る、当時の成功と失敗から学ぶ必要があるというのである。

 福沢諭吉が説いた「脱亜論」は、遅れたアジアを無視して進んだ欧米に目を向け、その文物を積極的に取り入れよう、という表面的な主張のように捉えられがちだが、それは間違っている。

 「脱亜論」には〈我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり〉という著名な文章があるのだが、その「悪友」こそが清と朝鮮。欧米列強による蚕食という危機的状況に対する認識が甘く、独立を維持する気概が欠如していたのがこの両国であった。

 アジア一般ではなく、これら2つの隣国と親しくするのを止め、自らのアイデンティティを東洋にではなく西洋に求める。それによって日本の自立が可能になると福沢は述べたのである。

 単なる歴史事実ではなく、当時の政治家やオピニオンリーダーの言行を詳しく紹介する本書は、この福沢と同じ時代認識で外交政策を展開した陸奥宗光と小村寿太郎を高く評価する。それぞれ日清戦争、日露戦争時に外務大臣を務め、日本の勝利に多大な貢献を果たした人物である。

 日清戦争とは朝鮮半島を巡る日清間の覇権争いであった。陸奥は、朝鮮が清の属国と化している関係を解消させ、朝鮮の自主独立を果たさなければ日本の将来は危うい、つまり日清戦争は日本の自衛にとって不可避のものと考えた。

 著者は、この戦争を二国間戦争に限定し、第三国に干渉の余地を与えては勝利できないことがわかっていた点で陸奥を賞賛する。

「外交とは国益の確保である」
 陸奥は、第三国の干渉を排除するために、清を戦争の「主導者」とし、一方の日本はやむを得ず戦端を開いた「被動者」であるように装う戦略をとった。どうやったか。

 日清戦争勃発の契機は、朝鮮半島で起こった農民反乱(東学党の乱)というのが教科書的な知識だが、その直後、陸奥が清に突きつけた「日清共同内政改革提案」なるものがあったという。

 東学党の乱は日清両国の派兵によって終息した。そこで陸奥は、「今後の朝鮮のあるべき改革について、両国がきちんと話し合いましょう」という同提案を、清に拒否されるのを見込んで提示し、日本が戦争に突き進まざるを得なかったという図式を演出したというのだ。

 しかも清の全権を握る李鴻章の意を受けたロシア、イギリス、アメリカが、日清間の抗争激化を食い止めようと、日本に働きかけたが、陸奥の決意は揺るがなかった。清は列強との交渉に時間を費やしたがために、戦争準備において日本の後塵を拝すことになり、それが敗戦につながったという。実は、海軍力という面では清が大きく日本を上回っていたにもかかわらず、である。

〈外交とは友好や善隣ではない。国益の確保そのものである。陸奥の思想と行動はこのこと、つまり外交の「原型」を示して余すところがない〉

 一方の小村寿太郎は、駐韓公使、駐露公使を歴任していた時代から、領土膨張というロシアの野心を粉砕することに専心してきた。彼が最も評価されるべきは日英同盟の足がかりを作った点にあるという。

 当時、日本国内では、満州の利権をロシアに譲る代わりに朝鮮半島における日本の支配権を認めさせようという「日露協商論」と、ロシアが満州を獲れば国境を接する朝鮮も必ず狙って来るから交戦は不可避であり、逆にできるだけ早く開戦すべきだという「対露強硬論」が並立していた。

 ここにおいて、日英同盟という卓抜なアイデアを付け加え、両者の利害得失を冷静に分析しながら、元老会議で首脳部の意見を後者に統一せしめたのが小村であった。

 しかも陸奥と同じく、第三国が干渉できないよう、清、アメリカ、ドイツといった国に働きかけ、外交努力を重ねた。これを「開戦外交」という。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080616/162205/
東アジア共同体に背を向けて~『新 脱亜論』
渡辺利夫著(評:荻野進介)
文春新書、890円(税別)
2008年6月17日 火曜日 荻野 進介
本  脱亜論  中国  歴史  東アジア共同体  外交  〈イギリスと同盟を結んで背後を固め、全力を対露戦に注ぎ込むことが可能であったのは、国際情勢に対する的確な判断と気概であった。機略、豪気、判断力、気概。これらは現在の日本の外交に欠けている精神そのものではないかと思うのである〉

 あえて注文をつければ、気概ある政治家に恵まれ、うまく行っていたはずの日本が、どのあたりから坂を転げ落ちたのか、という分析が欲しかった。日英同盟が破棄されたワシントン会議からだ、と著者は答えるかもしれないが、そのきっかけを作ったのがアメリカだった。

 人間と同じように、国家にも嫉妬がある。アメリカの嫉妬を買ったことが、その端緒となったのではないか。恐らく、その最初の場面は、本書にも記されているのだが、満州における鉄道インフラを巡る日米間の確執だろう。日露戦争の勝利によって手に入れた南満州鉄道に関して、アメリカの鉄道王・ハリマンの共同経営提案を日本側が最終的に拒否したのだ。ハリマンは、日露戦争時の募債に協力してくれた日本の恩人でもあったのに、である。

 この申し出を最後に蹴ったのは誰か。何と小村であった。

 理由は、同鉄道は清の承諾のもとロシアから日本に譲渡されるものであり、未だ清の承諾を得ない段階でのアメリカからの提案など議論のテーブルに載せるべきではない、というものだった。

 確かに正論だが、リアリズムには欠ける。歴史に“if”はないが、ハリマンの提案を受け入れ、満州をアメリカに少しでも開放していたら、その後に訪れる泥沼の日中戦争、そして大東亜戦争へ、という流れが生まれたかどうか。日露戦争の勝利には不可欠だった小村の「豪気」が、ここでは裏目に出たのだろうか。

 本書後半は、小村が推進した日英同盟がキーワードとなる。その本質は海洋国家同盟だったというのが著者の見解である。ここからはできれば、地球儀を見ながら本書を読み進められたい。

 著者は、日本が四方を海に囲まれた海洋国家であることを再三、強調する。その日本が日露戦争終結後から先の大戦までの間、大陸志向になったことに悲劇があったというのである。日露戦争後も依然として日本の安全を保障してきた日英同盟は、日本の台頭を恐れたアメリカによって、1921年に開催されたワシントン会議で廃棄されてしまった。

梅棹忠夫の「文明の生態史観」が持ち出される
 こうした著者の歴史観のバックボーンになっているのが、民族学者、梅棹忠夫による「文明の生態史観」である。それは、アジアとヨーロッパという旧世界のうち、いずれも高度な文明国となった日本と、反対側に位置する西ヨーロッパ諸国を「第一地域」、中国、東南アジア、インド、ロシア、イスラーム諸国といった、前者とは顕著な発展格差がある地域を「第二地域」と呼んで区別する。

 第一地域はいくつかの動乱を経て封建制が成立し、文明国家が形成される傾向が強いのに対して、第二地域の多くでは、そうした段階を踏んだ発展が見られなかった。その原因と考えられるのが第二地域の中心に位置する巨大な乾燥地帯の存在である。そこから激しい破壊力をもった集団が次々に現われ、建設と破壊が絶えず繰り返されるからだという。それを梅棹は「中央アジア的暴力」と呼んだ。

 著者いわく、19世紀末の日本にとっての中央アジア的暴力とは、大清帝国やロシア帝国であり、それが朝鮮半島を通じて日本に及んだ。それに対する対応の結果が日清、日露の両戦役だった。2つの戦争に勝利した勢いで日本は大陸中国に深く攻め入った。同盟関係を維持すべき同じ海洋国家、イギリスとの関係が、もうひとつの巨大な海洋国家、アメリカによって放擲させられ、最後に当のアメリカと対決して自滅した、というのである。

 そんな著者は、昨今よく議論されている東アジア共同体論に疑念の目を向ける。すなわち、

各国の経済発展の度合いが違いすぎる
政治体制の相違も大きい
安全保障の枠組みもばらばら
中核をなす日中韓に政治的緊張関係がある
その本質は中国の地域覇権主義ではないか
 といった点を指摘し、〈東アジア共同体に日本が加わって、「大陸勢力」中国と連携し、日米の距離を遠くすることは、日本の近現代史の失敗を繰り返すことにならないか〉と危惧するのである。

 60年にわたる日本の近現代史の流れを丹念に追った前半に対して、著者の歴史観、政治観が述べられた、以上の後半部分は議論が分かれるところだろう。

 「大陸国家、中国との連携強化は、むしろ海洋国家、アメリカとうまく付き合うための外交カードにならないか」「冷戦真っ只中の半世紀前に発表された論文の枠組みが、現代の国際政治にそのまま適用できるのか」「中央アジア的暴力を現在、影で操っているのがアメリカではないのか」といった反論が予想されるが、「過去から学ぶ」という本書の立ち位置からすれば、「あなたは、歴史から学ぼうという気がないんだね」と著者に軽くいなされるかもしれない。

(文/荻野進介、企画・編集/須藤輝&連結社)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080616/162205/?P=2
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/654-d85fe37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。