渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川大地震後の支那世論の変化と靖国・歴史認識問題

四川大地震支援で、日本に好感持つ人が84%に上昇

5月22日13時12分配信 サーチナ・中国情報局



拡大写真

サーチナ、上海サーチナが中国の消費者を対象に調査したところ、四川大地震に対する義援金や救援隊派遣などで、日本に対する好感度が上昇していることが明らかになった。 イメージ検索:中国大地震 <サーチナ&CNSPHOTO>

四川大地震、日本の支援への中国人意識調査(4)

 株式会社サーチナの上海現地法人・新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ、サーチナ総合研究所)が行った中国現地の消費者調査(5月19-20日実施)で、四川大地震に対する日本の支援で中国人の対日好感度が上昇したことが明らかになった。【 そのほかの中国での地震に関する写真 】

 救援隊派遣や義援金拠出など、一連の支援により「親近感や友好感など、日本に対する感情が変化しましたか」との問いに対して「非常によくなった」は11.3%、「ある程度よくなった」は62.5%だった。


 「もともとよい感情を持っており、あまり変わらない」とした人は8.5%、同「全く変わらない」は1.3%だった。

 「好感度が上がった」とする人は73.8%、「これまでと同様、好感を持っている人と合わせると、現時点では83.6%の人が日本に対して好感を持っていることが明らかになった。


 一方、「日本にはもともと悪い感情を持っており、あまり変わらない」とした人は12.5%、同「まったく変わらない」とした人は3.9%だった。


 中国人の間に日本を嫌う感情や不信の念があるのは事実だが、今回の調査では「それでも日本は嫌い」とした人は15%程度で、5割以上の数値を示していた地震発生前の各調査とは、大きく異なる結果になった。

 「日本に対する感情が非常によくなった」とした人は、年齢とともに上昇する傾向がはっきりしており、10代で11.1%、20代で8.5%、30代で13.4%、40代で20.3%、50代以上で19.4%だった。


 1990年代に強化された「愛国主義教育」を、中国政府は「過去の歴史を学ばせるためで、反日が目的ではない」などと説明してきたが、低年齢層で日本に対する見方が大きく変わった人が少ないことには、教育が関係している可能性が指摘できる。
(編集担当:如月隼人)

【調査概要】
1.調査企画:サーチナ、上海サーチナ
2.調査方法:上海サーチナ「新秦調査」上のインターネット・アンケート画面での回答
3.調査地域:中国全土
4.対象性別:男性500人、女性500人
5.調査期間:2008年5月
6.回答者数:1000人

■関連ニュース
・ 四川地震:日本企業の義援金、認知度・評価とも8割 (2008/05/21)
・ 四川地震:日本の救援隊帰国、「涙の感謝」にも表情固く (2008/05/21)

■ 四川大地震(2008年5月) - 中国情報局ニュース特集

■関連トピックス <  社会>事件事故・問題>中国大地震  > <  政治>国際関係>日中関係  >

最終更新:5月22日13時12分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000037-scn-cn

とりあえず草の根レベルで親日感情が醸成されてくることはわるいことではないが、中共の洗脳的歴史教育と傲岸不遜な内政(内祀)干渉の問題が解消されない限り、いつでも振り出しに戻ることは確実だ。

431点
私は中国人です、まず 日本からの支援を感謝します。今度の支援がほんとに本意からの支援だと感じしました、政治的とかのぜんぜん無かったと感じしました。私の感覚が中国人のみんなも同じような感覚していると思います。ですから、中国人のみんなが心から日本を感謝したいです。共産党の思想教育、洗脳とかの言い方が聞きにくいですけど、やめてほしいですね。もし 今の首相がまだ靖国神社に参拝したら、また、変わるでしょう。これが共産党の思想教育、洗脳ではなく、人々の感情です。

上記の投稿をその文法的つたなさ等からとりあえず本物の支那人の書き込みとして認めるとして、やはり問題の焦点は根深い支那人の中華思想にあると思わざるをえない。

高田勝巳(アクアビジネスコンサルティング代表取締役)のまとめ

中国人の「反日感情」


1)世界の大国中国が、列強の侵略により自信を失ったコンプレックスの中で、最も気に障る相手が小国日本

2)共産党政権の正統性の出発点は、抗日戦争に勝ったこと

3)日中国交回復の大前提は、現代日本は、過去の軍国主義、軍国主義者とは決別したものであるということ

4)日本はこれまでそうした大前提に対し、明確な説明をさけ、結果的に「黙示の承諾」と受け取られてしまっている節がある。また、日本人自身の歴史観の混乱が中国側からの批判に拍車をかけている面もある

5)中国側もこれまで日本から多額の経済援助を受けてきたこともあり、このような敏感な問題に対し、大目に見てきた節もある



 「靖国問題」中国が首相の靖国参拝を認めない理由


1.A級戦犯=軍国主義者

2.靖国参拝=軍国主義肯定

3. 軍国主義肯定=(日本軍国主義と戦って勝利した)中国共産党の正統性否定

4.中国共産党の正統性否定=中国共産党支配崩壊のおそれ


「国際政治の現実」と「心の問題」
日本人はどう折り合いをつけるか?
 ところが日本にとってはとても複雑なようです。



1.先の大戦に対する評価が日本国内で定まっていない。

2.日本の政治家にとって遺族会と言う大票田の意向を無視できない。

3.日本人の宗教観として、いかなる理由にせよすでに亡くなった人に対する批判はよしとしない。それに対し、中国から批判されることに対し、大いなる違和感がある。

4.日本の政治家、政府はこうした問題に対し、正面から取り上げることはせず、常に問題の先送りに徹してきたため、日本国内でもなんともいえない鬱積した感情が残っている。

 一方、私(高田勝巳)は、「日本の公職にある人がその公職の立場として参拝することには反対する立場」です。私(高田勝巳)が、こう考える理由は以下の通りです。

1.日本人として、東京裁判が勝者の裁きで必ずしも公正でないというのは理解できるが、日本の戦後は、サンフランシスコ条約でそうした体制を追認した上でスタートしている。

2.A級戦犯は、連合国にとってのA級であり、日本人にとってどうなのかは日本人が別途判断すべき問題であるが(本来この点において日本の姿勢を明確に示すべき)、日本人の判断が定まらない以上、対外的には今後のアジア外交の観点からも、A級戦犯ということは表立って否定しないほうがよい。

3.公職として訪問することと憲法が定めた政教分離が本当に矛盾しないのか分からない。

4.厚生省がA級戦犯の遺族に遺族年金を支給することの一環として、靖国神社にA級戦犯の名簿を奉納することが政教分離と矛盾しないのか分からない(年金を払うのであれば奉納しなくとも払えばいいのではと思うのはおかしいでしょうか)。
http://freezingpower.blog11.fc2.com/blog-entry-587.html

突っ込み所は色々あるが、とりあえずわかりやすくポイントが整理されているので、高田氏の論説文から抜いてみた。
問題の肝は支那側の勝手な情報処理―自国から他国へという方向のみ内政(内祀)干渉は当然と思っている、手前勝手な解釈による強引かつ無茶な思考過程(靖国参拝=軍国主義肯定)、他国の精神文化の徹底した無視、際限なき自己肯定とその強要・・・等々―つまり文化の押し付け=中華思想にあることは明白だろう。
しかし、これこそまさに”中国4千年”の伝統文化にして、中共イデオロギーの背骨をなし、彼らの厄介な民族性の柱をなす中心的基層意識であり、中華民族のレゾンデートルのごときそれを覆すことは神業に等しいのではないかと思われる。唯一の解決策は民主化されるなり国際情勢が激変するなり自己崩壊するなりして中共帝国が崩壊して、国民統合の共通幻想イデオロギーの新たな書き換えの機会にうまいこと付け込んで、日本側が有利なように変えさせる方向にもっていくことぐらいなんじゃないだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/600-2ab44add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。