渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 中共の資源漁り

日本と中国の資源外交、“風林火山”
資源確保に奔走する胡錦涛国家主席と温家宝首相
2008年5月13日 火曜日 谷口 正次
資源  外交  中国  レアメタル   “風林火山”といえば戦国武将の武田信玄の旗じるしであることはよく知られている。これは、中国古典の兵法書(春秋時代、紀元前480年頃)からとったものである。その「軍争編」の中の一節に、「疾(はや)きこと風の如く、徐(しずか)なること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如く」というくだりがある。ここから風林火山の4文字を抜き出したものだ。

 この風林火山になぞらえて、日本と中国の資源外交を比較してみるとその違いが説明しやすい。中国は風の如く疾く、火の如く侵略する。日本は林の如く徐で、山の如く動かない。日本の音なしの構えが兵法に基づくものならよいのだが・・・。

 中国は高度経済成長を続けるため、その膨大な資源需要を満たすことが、胡錦濤政権にとっての最重要課題の1つとして位置づけられている。そのため国家戦略として胡錦涛国家主席と温家宝首相が先頭に立って世界に向けて資源確保のための首脳外交を行っている。

 その資源囲い込みに狂奔しているありさまが、まさに“風の如く”そして“火の如く”というわけだ。

 特にアフリカにおける資源外交攻勢は、欧米系の資源メジャーたちをあわてさせ、アフリカは中国によって“強姦・掠奪”(raped and pillaged)されているとまで表現している。自分たちの庭先と思ってわがもの顔に振る舞ってきたアフリカ大陸に、札束を持って国家主席をはじめ首脳陣が乗り込んできては大盤振る舞いで資源を囲い込んでいく中国に対して、メジャーたちが反発と恐れと危機感を強めているのである。

 2007年1月末のこと、世界経済フォーラム(ダボス会議)に参加した資源メジャーの首脳たちが密かに会合を持ったのは、胡錦濤主席がアフリカ8カ国訪問に旅立つ数日前であった。議論の大半は中国問題であった。飢餓感を持った中国が資源豊富なアフリカ諸国へ外交的、経済的影響力を強化していった、そのあまりの速さについていけなかったことに対する危機感を共有した会議であった。

 6時間におよぶ会議の後、内容は「タイムズ」の記者を通じて公開された(Mining Journal Online)。中国の紐のつかない50億ドル規模の経済援助は、アフリカ各国の政府と指導者たちにしてみれば大変魅力的なアメであり、見返りに資源の探鉱・開発権益を与える。

 彼らは、「欧米の首脳が来ると、政治的なアジェンダを持ってきて、国連の改革と地域紛争のことしか言わない。しかし、中国は違う。それは経済だ。人権など政治的なことは一切言わずに援助をしてくれる」ということで歓迎しているのだ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080509/155899/

日本と中国の資源外交、“風林火山”
資源確保に奔走する胡錦涛国家主席と温家宝首相
2008年5月13日 火曜日 谷口 正次
資源  外交  中国  レアメタル   資源外交攻勢はアフリカばかりではない。中・南米ではチリ、ペルー、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、キューバ。東南アジア・太平洋地域はオーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、ベトナム、北朝鮮。中央アジアではカザフスタン、モンゴルといったところが目立つ。資源を確保していくやり方は、みな同じようなパターンである。

 まず、胡主席が経済・貿易協力協定、社会・文化交流、政治的連帯などによって「戦略的パートナーシップ」構築を呼びかける。そして、すかさず温首相がフォローする。続いて国際資源メジャー並みに育って巨龍になった、中国五鉱集団公司(China Minmetals corporation)や中国アルミ業公司(Aluminum corporation of China)など国営企業が乗り込んでいくわけだ。

 資源獲得ツアーなどの訪問外交ばかりではない。招待外交も活発である。2005年4月のバンドン(インドネシア)で開催されたアジア・アフリカ会議、2006年11月に北京で開催された中国-アフリカ・サミットそして、2008年4月に海南島で開催されたアジア・フォーラムでも、しっかり資源外交を行った。

 その時の胡主席と各国首脳との個別会談の状況がサンフランシスコの中国総領事館のウェブサイトに掲載されている。各国首脳とは、チリのバチェレ大統領、オーストラリアのラッド首相、モンゴルのエンフバヤル大統領、カザフスタンのマシモフ首相などである。

 いずれも資源大国。2008年3月には、ペルーのガルシア大統領を北京に赤絨毯で歓迎している。ペルーでは、中国は大規模銅・モリブデン鉱山の自主開発を行っている。

 これまで、中国のアフリカにおける活動が目立っていたが、最近は中・南米諸国に対する資源外交攻勢を一段と強めているように見える。それは、アフリカに比べて鉱業法などが整備されており、リスクが比較的小さいからか。

 中国が確保の対象としている主な資源を紹介しておこう。

 コンゴ民主共和国の銅・コバルト・タンタル。ザンビアの銅・ニッケル。南アフリカ共和国の鉄鉱石・銅・ニッケル・白金族。ナイジェリアとアンゴラの石油。チリの銅。ブラジルの鉄鉱石・ボーキサイト。ペルーの銅・モリブデン。キューバのニッケル。

 オーストラリアの鉄鉱石・石炭・ウラニウム・ニッケル・ボーキサイト。パプアニューギニアのニッケル。インドネシアのニッケル・マンガン・スズ。モンゴルの金・銅・ウラニウム。カザフスタンのウラニウム・クロム。北朝鮮の鉄鉱石・マグネシウム・タングステン。といったところである。

 さて、それでは世界で冠たる“ものづくり立国”を標榜する日本。国家戦略と資源外交はどうなっているのだろうか。冒頭に述べたように、徐(しず)かなる林と、動かざる山のようである。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080509/155899/?P=2

日本と中国の資源外交、“風林火山”
資源確保に奔走する胡錦涛国家主席と温家宝首相
2008年5月13日 火曜日 谷口 正次
資源  外交  中国  レアメタル   2005年4月、オーストラリアのハワード首相(当時)が自由貿易協定(FTA)締結交渉に来日、中川昭一経済産業大臣(当時)と会談したが国内農業への影響を懸念して見送られた。

 ハワード首相はその足で中国へ飛び、温家宝首相と会談、即座に資源と農業分野でFTA締結に向けた交渉を正式に合意した。これに呼応するかのように、1967年以来ずっと日本向けに輸出されていたニッケル鉱石が突然中国向けに振り向けられてしまった。

 ここ数年の日本の資源外交と言える動きを2~3紹介しておこう。2006年8月、小泉純一郎首相が資源大国カザフスタンを訪問、経済協力と資源をテーマに首脳会談を行った。2007年4月、世界的な原子力発電回帰に伴うウラン争奪戦の最中、カザフスタンへ甘利経済産業大臣ほか官民訪問団を送ってウランの権益を取得するなどの成果を上げた。

 2007年6月、レアメタルのスカイロケッティングと表現されるような価格高騰に対して経産省はニッケルなどの国家備蓄積み増しとともに資源外交の強化を訴えた。2007年11月、甘利明大臣に民間企業も同行してレアメタル確保のために南アフリカとボツワナを訪問した。

 2008年5月の大型連休中には甘利大臣が南米に資源外交に出発予定であったが、ガソリンにかかる暫定税率を復活させる法案の再可決のため6月に延期することになったとのこと。

 中国は既に2004年11月に、胡主席がチリで開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に出席した際、ブラジル、アルゼンチン、キューバも訪問している。ブラジルとは経済・貿易協力協定を締結し、2006年6月にエネルギーとメタル資源の開発に関する閣僚級の合意文書に調印した。

 日本と中国あまりの違い、“ものつくり日本”の将来を考えると寂しいかぎりである。わが国がこのようになってしまった理由は数々あるが、紙面の都合で割愛する。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080509/155899/?P=3

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/579-4a4a3e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。