渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 胡錦濤来日

<毎日世論調査>「中国には今より厳しく臨め」が51%
5月4日21時3分配信 毎日新聞


 中国の胡錦濤国家主席来日を明日に控え、毎日新聞が1、2日の両日に実施した全国世論調査(電話)で、日本の中国に対する姿勢を変える必要があるか聞いたところ「今よりも厳しく臨むべきだ」とする回答が51%で最も多い結果となった。「今より友好的に臨むべきだ」は26%、「今のままでよい」は17%。無回答は6%だった。

 中国政府は4日、チベット問題でダライ・ラマ14世側と非公式の対話を始めたが、「内政問題であって人権問題ではない」との立場は依然変えていない。ギョーザ事件についても、毒物混入の経緯で日中の捜査当局の見解が食い違っている。

 関心が高いテーマで、中国政府の対応がいずれもかたくななままと受けとられていることが影響しているとみられる。こうした世論を踏まえ、福田首相が7日の首脳会談にどう臨むか注目される。

 対中姿勢に関しては、福田内閣を支持する人でも「厳しく」が53%で、「友好的に」の26%や「今のまま」の17%を大きく引き離した。支持政党別では、「厳しく」としたのが自民支持層で48%、民主支持層で52%だったのに対し、公明支持層では36%。反対に「友好的に」としたのは自民支持層27%、民主支持層29%に対し、公明支持層は38%で上回った。

 年齢別では「厳しく」が20代は37%なのに対し、30代は50%、40、50代はいずれも54%、60代は58%だった。【須藤孝】

最終更新:5月4日21時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000051-mai-pol

日中首脳会談 懸案置き去りの懸念
5月5日20時31分配信 産経新聞


 中国の胡錦濤国家主席は6日、国家元首として平成10年の江沢民国家主席(当時)以来、約10年ぶりに来日し、7日に福田康夫首相と会談する。会談では日中両国が理性的、現実的に協力・協調し、ともに利益を得る「戦略的互恵関係」の強化を図っていくことを確認する。ただ、4日に会見した胡主席が中国製ギョーザ中毒事件や東シナ海ガス田問題の長期化を示唆したように、会談は両国間の諸懸案の解決に直接結びつかず、「日中友好」を演出するセレモニーに終始する懸念もある。(阿比留瑠比)

■チベット問題

 中国当局者は4日、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世の特使と広東省深●(=土へんに川)で非公式協議を行い、対話継続で合意した。

 政府は胡主席に福田首相の親書を送るなど、中国にダライ・ラマ14世との対話を促した日本側の働きかけが功を奏したものとみている。このため、首脳会談で福田首相は、ダライ・ラマとの対話の行方について説明を求め、何らかの進展があった場合はこれを高く評価する方針とみられる。

 チベット問題に関して福田首相は、「率直な意見交換がもし必要ならばの話だが、必要ならば、そういうことを率直に言い合えるような関係にするべく努力をしてまいりたい」(3月24日の参院予算委員会)とあまり議題に取り上げたくない心情を吐露していた。このため、「首相が胡主席を追及することはない」(外務省筋)ようだ。

■ギョーザ中毒事件

 中国製ギョーザ中毒事件に関しては、4月の高村正彦外相と楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相との会談で「一日も早い真相解明のため日中双方で捜査協力をさらに進めていく」ことで合意したが、首脳会談でもこれ以上踏み込んだ議論はされない見通しだ。「すでに刑事事件として捜査中の問題に、外交が口を出すのは難しい」(外務省幹部)という事情もある。

 また、中国の公安省が2月28日の記者会見で、冷凍食品から検出された殺虫剤について、「中国国内で混入された可能性は極めて小さい」と発表したことに対し、福田首相が「非常に前向きですね」と評価したことも事態進展の足を引っ張っている。中国側に、日本は中国のやり方、対応を是認したと誤ったメッセージを送ったためだ。

 別の外務省幹部は、「早い段階で福田首相が自ら中国側に『そんな発表には納得できない。日中関係に影響が出るぞ』と言うべきだった。そうしていれば、中国側も少しは対応を変えただろうに」と悔やむ。

■東シナ海ガス田

 共同開発の対象海域などをめぐり日中両国の主張が対立する東シナ海ガス田問題は、今回も目立った進展はみられそうにない。

 これまでの協議で日本側は、日中の海岸線から等距離にある「中間線」をまたぐ、日中双方の海域での共同開発を提案している。一方、中国は沖縄諸島のすぐ西にまで広がる大陸棚の東端「沖縄トラフ」が境界だと主張。その上で、中間線付近の日本側海域での共同開発ならば受け入れるという姿勢を示したが、交渉はまだ折り合っていない。

 交渉難航の理由は、問題がエネルギー資源の確保だけでなく、どこまでが自国の領域かという主権問題でもあるからだ。

 中国側には、「譲歩すれば、胡政権が軍部や対日強硬派から突き上げを受ける」(日本外務省幹部)との事情がある。昨年の自民党総裁選で靖国神社参拝の有無を聞かれ、「(中国などの)お友達がいやがることはしない」と発言するなど、中国への配慮が目立つ福田首相の足下をみて「ガス田問題で無理しておみやげを渡さなくても日本側は困らないだろう」(同)との読みもあるようだ。

【関連記事】
・ 五輪中の羽田-北京の直行便合意へ 日中首脳会談、コメ輸出も全面解禁
・ 首相の五輪開会式出席 官房長官「まだ決まっていない」
・ 「人権の改善 日中首脳会談で議題に」世界ウイグル会議の事務局長
・ 内憂外患の日中首脳 成果は? 7日会談
・ 特集「福田内閣」

最終更新:5月5日20時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000920-san-pol

胡主席来日 チベット問題などで日中の立場逆転
5月5日20時41分配信 産経新聞


 胡錦濤中国国家主席の6日からの日本訪問は、これまでの中国首脳の訪日とは異なる意味を持つ。江沢民前主席など従来の中国指導者は、歴史問題で日本側に謝罪を要求し、台湾問題で中国の立場への支持を求め、経済協力を引き出そうとするなど、日本に要求することが多かった。「氷を溶かす旅」と称して昨春訪日した温家宝首相も、あちこちに笑顔を振りまいたが、重要な目的は日本の首相による靖国神社参拝を牽制することだった。

 しかし、国際情勢や中国国内状況の変化により、今回は異なる様相を呈しそうだ。首脳会談にいたるこれまでの折衝で中国側は、日本側からチベット問題への真摯な対応や、ギョーザ中毒事件で日本国民が納得できる説明などを求められており、日中双方の立場が逆転したようだ。

 3月のチベット騒乱以後、中国当局による僧侶弾圧や報道統制などの問題により、国際社会で中国への不信が高まり、北京五輪の開会式をボイコットする動きも出てきている。四面楚歌ともいえる外交環境のなか、胡錦濤政権にとって今回の訪日は、外交の突破口を切り開く意味をもつといえよう。

 最近、胡主席は訪中する日本の政治家と頻繁に会い、そのたびに日中友好を強調、中国メディアも日本を好意的に紹介する特集記事を連日組むなど、国民の対日感情を軟化させようとしているふしがうかがえる。こうした配慮は、福田康夫首相との会談で友好関係を確認し、外交の成功を国内外にアピールしたいためとみられる。

 しかし、その一方で胡主席は、中国国内で高揚する民族主義にも配慮しなければならず、日本側から出された要望に、前向きに応えることは困難とみられる。対日外交の成功をアピールするという目的を達成することは難しそうだ。(矢板明夫)

【関連記事】
・ 日中首脳会談 懸案置き去りの懸念
・ 五輪中の羽田-北京の直行便合意へ 日中首脳会談、コメ輸出も全面解禁
・ 首相の五輪開会式出席 官房長官「まだ決まっていない」
・ 「チベット騒乱」特集
・ 「毒ギョーザ」特集

最終更新:5月5日20時41分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000922-san-pol

「後輩」が青少年交流で盛り上げ=中国主席来日前に「原点」重視
5月5日16時0分配信 時事通信


 6日からの胡錦濤中国国家主席の訪日に合わせて来日した中国青年代表団(団長・張暁蘭中華全国青年連合会副主席)150人が5日、長野県軽井沢を訪れ、早大生ら日本の若者約120人と交流した。代表団は胡主席の出身母体である共産主義青年団(共青団)の幹部らで構成。ギョーザ中毒事件やチベット問題などで日本の対中感情が厳しい中、「後輩」が胡主席訪日を盛り上げる役割を担う。
 「二十数年にわたり日中友好事業に携わってきた」-。2003年の主席就任以来、胡氏がこう対日重視姿勢を示し続けた原点は、1984年に訪中した日本人青年3000人の受け入れ責任者を務めたことだった。胡氏は4日の日本人記者団との会見でも「(日中関係発展には)私自身の経験からも青少年交流が最も有効だ」と力説している。 

【関連記事】 食の安全で国際基準巡り議論=日本からイオン等60社参加のCIES臨時会合
【関連記事】 「餃子の王将」、ギョーザ値上げ=5月から1皿21円、11年ぶり
【関連記事】 味の素、値上げ響き経常減益に=ギョーザ事件も打撃
【関連記事】 「食の安全」衛生省に監督責任=エネルギーで新組織-政府が機構改革案・中国
【関連記事】 イオン、原材料産地などを全面開示=PB2400品対象-4月着手

最終更新:5月5日16時7分

「後輩」が青少年交流で盛り上げ=中国主席来日前に「原点」重視
5月5日16時0分配信 時事通信


 6日からの胡錦濤中国国家主席の訪日に合わせて来日した中国青年代表団(団長・張暁蘭中華全国青年連合会副主席)150人が5日、長野県軽井沢を訪れ、早大生ら日本の若者約120人と交流した。代表団は胡主席の出身母体である共産主義青年団(共青団)の幹部らで構成。ギョーザ中毒事件やチベット問題などで日本の対中感情が厳しい中、「後輩」が胡主席訪日を盛り上げる役割を担う。
 「二十数年にわたり日中友好事業に携わってきた」-。2003年の主席就任以来、胡氏がこう対日重視姿勢を示し続けた原点は、1984年に訪中した日本人青年3000人の受け入れ責任者を務めたことだった。胡氏は4日の日本人記者団との会見でも「(日中関係発展には)私自身の経験からも青少年交流が最も有効だ」と力説している。 

【関連記事】 食の安全で国際基準巡り議論=日本からイオン等60社参加のCIES臨時会合
【関連記事】 「餃子の王将」、ギョーザ値上げ=5月から1皿21円、11年ぶり
【関連記事】 味の素、値上げ響き経常減益に=ギョーザ事件も打撃
【関連記事】 「食の安全」衛生省に監督責任=エネルギーで新組織-政府が機構改革案・中国
【関連記事】 イオン、原材料産地などを全面開示=PB2400品対象-4月着手

最終更新:5月5日16時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000047-jij-int
互恵強化へ「第4の文書」=7日に日中首脳会談
5月5日19時1分配信 時事通信


 福田康夫首相と中国の胡錦濤国家主席は7日、首脳会談を行う。両首脳は、幅広い分野で双方の利益につながる「戦略的互恵関係」の強化で合意し、今後の関係発展の方向性を示す政治文書を発表する。ただ、懸案の東シナ海ガス田の共同開発問題は、対象海域で双方の溝は埋まっておらず、決着は厳しい情勢だ。
 今回交わすのは、1972年の日中共同声明、78年の日中平和友好条約、98年の日中共同宣言に続く「第4の政治文書」。靖国問題で一時冷却化した両国関係が改善しつつある現状を踏まえ、グローバルな問題での協力や、未来に向けた人的・文化的交流の強化などを前面に打ち出す見通しだ。
 中国国家主席の来日は98年の江沢民氏以来10年ぶりで、首相との会談は昨年12月に北京で行われて以来。胡主席は6日午後に到着。首相は同夜、非公式の歓迎夕食会を開き、7日午前に都内で首脳会談に臨む。終了後、両首脳はそろって記者会見し、会談の成果を発表する。 

【関連記事】 ダライ・ラマ側との対話に期待=戦略互恵推進、パンダ貸与前向き-中国主席
【関連記事】 青年代表団200人が訪日へ=中国
【関連記事】 小泉元首相、胡主席との朝食会欠席へ
【関連記事】 福田首相、3日から連休=つかの間の充電
【関連記事】 北京五輪開会式に出席検討=福田首相が表明

最終更新:5月5日19時7分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000071-jij-pol
日中領事協定で合意=逮捕の通報義務付け
5月5日21時0分配信 時事通信


 日中両政府は5日、相手国の国民を逮捕・拘束した場合、本人の要請がなくても相手政府への通報を義務付けることを柱とする領事協定に合意した。7日の日中首脳会談後に発表される共同文書に盛り込まれる見通しだ。
 同協定ではまた、警察当局者の領事館への立ち入りについて、災害時も含め領事館の長の同意を条件とした。ウィーン領事関係条約では、火災などの非常時の立ち入りは例外扱いとされている。日本は既に米英など約40カ国と領事協定を締結済みだ。
 両国は、2002年に中国の武装警察官が脱北者を拘束しようと瀋陽総領事館に立ち入った事件を受け、03年4月から2国間協定の交渉を進めていた。 

【関連記事】 日中に「文化センター」=首脳会談で合意へ-日本映画も上映可
【関連記事】 日本案「セクター別」に中国が理解=温暖化防止で特別文書-首脳会談
【関連記事】 パンダ貸与、中国に要請=福田首相
【関連記事】 首脳会談での決着、厳しい情勢=日中ガス田問題-チベットなど影響
【関連記事】 日本大使館に男性駆け込み=脱北者か-ラオス

最終更新:5月5日21時7分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000087-jij-pol

2008/05/02-12:56 日中に「文化センター」=首脳会談で合意へ-日本映画も上映可
 日中両政府は2日、国際交流基金の北京事務所を「文化センター」に格上げするとともに、中国の文化センターを都内に新設することを決めた。7日の福田康夫首相と胡錦濤中国国家主席の首脳会談で合意する。
 北京事務所では現在、日本映画の上映は中国当局の許可が必要で、文化行事開催も中国側との共催が条件となっている。今回、「文化センター」に格上げされたことにより、原則的に映画上映や行事開催などが中国当局の許可なく自主的に行えるようになる。
 一方、中国側も、日本での広報文化を担っているのは在京の大使館しかなく、「日本政府のお墨付きを得て広報文化拠点を設けたい」と文化センター開設を求めていた。今後は用地を取得して開設準備に入る。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200805/2008050200413&rel=y&g=pol
小泉元首相は胡主席歓迎行事を欠席へ―日本
5月5日10時47分配信 Record China



拡大写真

5月2日、胡錦涛国家主席の訪日歓迎の朝・夕食会に小泉純一郎元首相が参加しないことが明らかとなった。写真は2001年、小泉元首相の靖国神社参拝に抗議する集会。

2008年5月2日、小泉純一郎元首相が訪日する胡錦涛(フー・ジンタオ)国家主席を歓迎する朝食会、夕食会に参加しないことが明らかとなった。環球時報が伝えた。

首相経験者らが招待されている歓迎行事は7日夜の宮中晩さん会、8日朝の中曽根康弘元首相主催の朝食会、同日夜の福田康夫首相主催の夕食会がある。森嘉朗元首相、村山富市元首相、安倍晋三元首相らが出席する。【 その他の写真 】

小泉元首相は在任期間中に靖国神社に参拝し、中国との関係悪化の要因となった。そのため友好ムードを壊さないよう小泉元首相サイドが配慮したと見られる。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
・胡錦濤国家主席の訪日日程発表、福田首相とは7日に会談―中国
・中曽根元首相と胡錦涛主席が会談=「一つの中国」支持に感謝―北京市
・今春に迫る胡錦涛主席の訪日、駐日大使が語るその意義は―中国

最終更新:5月5日10時47分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000008-rcdc-cn


ガス田問題、日本と努力 中国主席「解決案得られる」
5月5日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 【北京=野口東秀】中国の胡錦濤国家主席は4日、6日からの訪日を前に、北京の人民大会堂で日本人記者団と会見し、今回の訪日を「暖春の旅」と表現、長期的な信頼関係を増進する訪問にしたいとの考えを明らかにした。日中間の懸案となっている東シナ海ガス田開発問題については、話し合いにより解決が可能との認識を示した。

 胡主席は訪日の目的について、「友好を強化、協力を深め、将来を展望、戦略的互恵関係を全面的に推進することだ。良き成果を得たい」と指摘した。

 今後の日中関係については「両国には2000年以上の友好往来の歴史がある」と2度にわたり強調した上で、「さまざまな矛盾や問題が生じるのは避けられない」ことで、「正常なことだ」と指摘。重要なことは「双方が胸襟を開き、異を残し同を求め、両国関係の発展の大局を維持することだ」と力説した。

 東シナ海ガス田開発問題については「共同努力で双方が受け入れ可能な解決案が得られると信じている」と改めて強調。今回の訪日で合意を得るのは難しいことを示唆した。中国製冷凍ギョーザ中毒事件については、「(この事件を)高度に重視している。双方が引き続き調査と協力を強化、一日も早く真相が解明するよう望んでいる」と述べるにとどめ、解決が長期間に及ぶことを示唆した。

 東京の上野動物園のパンダ「リンリン」が死亡したことに関し、胡主席は「残念なこと」とし、日本側がパンダの提供に関心を持っていることに「パンダは両国民の友好のシンボルだ。留意している」と貸し出しに前向きに応じる姿勢を示した。

【関連記事】

・ 胡主席「本当の」長野聖火リレーご存じですか?

・ チベット支持で写真暴露 香港の女子大生に嫌がらせ

・ 胡主席、パンダ貸与に前向き 信頼関係増進の訪問に意欲

・ 聖火リレー、中国本土でスタート 強い政治色

・ 【主張】胡錦濤主席訪日 微笑で不信解消できぬ

最終更新:5月5日9時22分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000003-fsi-bus_all

懸案のギョーザ事件、ガス田 胡主席、長期化を示唆
5月5日8時1分配信 産経新聞


 ■日本には五輪協力期待

 【北京=野口東秀】中国の胡錦濤国家主席は4日、北京の人民大会堂で日本人記者団と会見し、6日からの訪日で、東シナ海ガス田開発問題や中国製冷凍ギョーザ中毒事件など両国間の懸案で新たな進展が得られないことを示唆した。

 胡主席は今回の訪日を「暖かい春の旅」と表現し、訪日の目的について、「友好を強化、協力を深め、戦略的互恵関係を全面的に推進することだ。良き成果を得たい」と述べた。

 しかしガス田開発問題について、「共同の努力で双方が受け入れ可能な解決案をみつけ適切に解決できると信じる」と改めて強調するにとどまった。この発言は、今回の訪日で合意を得るのは難しいことを示したものといえる。

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件に関しても、「(この事件を)高度に重視している。双方が引き続き調査と協力を強化、一日も早く真相を解明するよう望んでいる」と述べるにとどめ、解決まで長い期間がかかることをほのめかした。

 日中関係をめぐっては「両国には2000年以上の友好往来の歴史がある」と2度にわたって強調したうえで、「さまざまな矛盾や問題が生じるのは避けられない」とも指摘。重要なことは「双方が胸襟を開き、『異』を残して『同』を求めることだ」と力説した。

 また、北京五輪に関して「日本国民を含む世界の幅広い支持でレベルの高い五輪になると信じる」と述べ、訪日で日本側の強い協力を得たい意向を示した。

 胡主席は東京の上野動物園のパンダ「リンリン」が死んだことを「残念だ」とし、日本側が新たなパンダの貸与に関心を持っていることに対し、「パンダは両国民の友好のシンボルだ。関係部門で検討を急いでいる」と前向きに応じる姿勢を見せた。

【関連記事】
・ チベット支持で写真暴露 香港の女子大生に嫌がらせ
・ 聖火リレー、中国本土でスタート 強い政治色
・ 胡主席「本当の」長野聖火リレーご存じですか?
・ 中国人への違和感と落胆 聖火リレーから1週間の長野
・ 胡錦濤主席、パンダ貸与に前向き 信頼関係増進の訪問に意欲

最終更新:5月5日8時18分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000055-san-int



スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/558-2ddcbde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。