渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 北京五輪・チベット・胡錦濤来日 論説

【緯度経度】ワシントン・古森義久 国を挙げて中国研究を
5月3日8時1分配信 産経新聞


 ロンドン、パリ、サンフランシスコ、そして長野-。

 北京オリンピックの聖火リレーが世界各地を走る。そのたびに騒ぎが起きる。中国当局のチベット弾圧への抗議とはいえ表面だけみれば、単に北京五輪や聖火への妨害とも映る。どなり合い、こづき合い、殴り合い、そして負傷、逮捕-。各地での情景をみて、強く感じた。いま国際舞台で展開されている現象は実は「中国問題」なのだ、と。

 私たちが現在、直面しているのは「聖火リレー問題」でも「オリンピック問題」でもない。「チベット問題」とか「人権弾圧問題」と呼ぶのも核心を外してしまう。中国という異質の大国の台頭にどう対応するかという新たな課題の劇的な提示こそが真実なのである。

 国際社会の主要な一員として共通の規範で共通の利害を目指し、円滑に活動する。だがどこかが他者と異なる。衣の下からエイリアン(異邦人)ふうのヨロイが露呈する。中国へのこんな錯綜(さくそう)した感想を一気に濃くさせられたのは4月27日、フジテレビの「報道2001」にワシントンから中継で参加し、長野の映像をじっくりみたときだった。

 いかなる事情にせよ、自国の国旗をこれほど多数、これほど傍若無人に、他の主権国家の内部で振り回す国や国民が他にあるだろうか。中国の異質性や特殊性はこの光景に凝縮されていると思った。同時に他国の国旗を自国領内でこれほど誇示されても黙したまま、という国も他にあるだろうか、といぶかった。同様の騒ぎがあった英仏米諸国では五星紅旗は長野よりずっと控えめだった。

 だからワシントンからみる長野の映像は中国の国際的な異質性だけでなく、日中関係の特殊性をも印象づけた。米国産の有害牛肉はすぐに輸入を禁じても、中国産の毒ギョーザにはなんの措置もとらない。度重なる反日デモの破壊行為で中国領内の自国関連施設が実害を受け、自国の国旗が何度も焼かれても、断固たる対応はとらない。

 日本のこんな対中態度は「友好」という虚(うつ)ろな標語に長年、隠され、抑えられてきたゆがみの集積でもあろう。いままた胡錦濤主席の来日で福田康夫首相は日中両国間には深刻な未解決案件はなにもないかのような「友好ごっこ」へと傾き、積年の虚構をただふくらませる気配をみせ始めた。

 世界各地での聖火リレーは国際社会に明らかに「中国とはなにか」という挑戦的な問いを突きつけた。とくに紅い旗が市内を覆った長野の情景は、「日本にとって中国とはなにか」を問いつめてくる。そこで必要となるのは、オール・ジャパンとしての体系的、政策的な中国研究だろう。国政の場での、そして官民あげての異質大国への現実的な理解や認識である。この点では米国の対応が指針となる。

 米国では中国との関与を強調しながらも、その異質性や不透明性を警戒し、政府が「中国の軍事力」や「中国のWTO(世界貿易機関)規則遵守状況」の報告書を毎年、公表する。中国の人権やテロ支援についても調査結果を発表する。

 議会の中国の調査・研究はさらに徹底している。上下両院の外交、軍事、財務などの各委員会が随時、中国の対外戦略や軍事増強、貿易慣行などを具体的かつ批判的に取り上げ、議論し、対策まで打ち出す。

 議会の常設機関では「米中経済安保調査委員会」が両国間の経済や安保のあらゆる課題を「米国の国家安全保障にとって」という観点から点検する。「中国に関する議会・政府委員会」は中国の社会や人権の諸問題を「米国にとっての意味」を基点に調査する。「中国議員連盟」は日本とは対照的に中国の軍拡を最大警戒対象として議論する。そのうえ民間では各種研究所や人権擁護団体が独自に中国動向に冷徹な目を向ける。

 日本もそろそろこの種の包括的かつ政策的な中国への取り組みが必要だろう。聖火リレーの騒動はそんなメッセージを発している、と強く思った。

最終更新:5月3日8時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080503-00000090-san-int

2008年04月17日 上杉隆(ジャーナリスト)
チベットの声に耳を塞ぐ“親中”福田政権の過剰な配慮

 どうやら、北京には「西」からの強烈な逆風が吹き始めているようだ。胡錦濤国家主席は、西蔵(チベット)のみならず、さらにその先の西洋からの非難の嵐に直面している。北京の街も、ひどい黄砂以上に、そうした風に翻弄されている。

 聖火リレーへの妨害行為が世界中に広がっている。3月10日、チベットで発生した暴動に端を発した中国政府への批判は、世界各地に飛び火し、北京オリンピックの開催をも揺るがしている。

 先頭を切って中国批判の狼煙を上げたのは英国のチャールズ皇太子だ。ダライ・ラマ14世と長く交友関係にあるチャールズ皇太子は、中国からの招待状に明確に「ノー」を突きつけたのだ。

 以降、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏、アイスランドの国民的歌姫ビョーク氏らが続き、かねてよりチベットの人権活動を行ってきた米俳優のリチャード・ギア氏やブラッド・ピット氏らもその流れに与した。

 さらに、世界各国の首脳らも次々と五輪開会式へのボイコットを表明している。とりわけ人権問題に鈍感だというレッテル貼りを何よりも恐れる欧州の政治家たちは、先を争うようにして中国批判を展開している。

 大統領予備選の真っ只中にある米国も例外ではない。クリントン、オバマ、マケインの3候補がそろって、ブッシュ米大統領の開会式への欠席を求めている。

世界中で非難の嵐の中
日本だけは中国を擁護
 ところが、こうした動きの一方で、「東」からは、優しいそよ風が吹いているようだ。4月9日付の中国『人民日報』は次のように書いている。

〈日本の町村信孝官房長官は8日の記者会見で「北京五輪はスポーツの祭典であり、全世界の人々が北京五輪の成功を期待している。この意味から言って、暴力的活動を伴う抗議行動は断じて好ましいものではない」と述べた。

高村正彦外相も同日、別の会見で「暴力は良くない」「いかなる理由であれ、聖火リレーを暴力で阻止する行為には賛同できない」と述べた〉(『人民日報』電子版)

 5月に胡錦濤主席の訪日を控える福田政権の中国への気の遣いようは尋常ではない。
http://diamond.jp/series/uesugi/10025/
チベットの声に耳を塞ぐ“親中”福田政権の過剰な配慮

 首相官邸は、胡主席の来日時には、卓球の福原愛選手とともに「ピンポン外交」で歓待する準備も進めている。昨日(4月15日)には、伊吹文明自民党幹事長と北側一雄公明党幹事長が、福田首相の親書を持って訪中し、改めて北京五輪への支持を伝えたほどだ。

 当の胡主席も、対立するダライ・ラマ14世との対話の可能性について、次のように語ったという。

「中国中央政府のダライとの対話に向けた門は大きく開いている。双方が接触し交渉する上での障害はダライの側にある。もしもダライが誠意を持っているというのなら、行動で示さなければならない。ダライが祖国を分裂させる活動を停止し、暴力活動を画策し扇動する行為を停止し、北京五輪を妨害する活動を停止すれば、中国政府はいつでもダライと接触し協議する用意がある」

 だが、そう言いながらも、ダライ・ラマ側からの対話要求を拒み続けてきたのは、むしろ中国政府の方だ。福田首相はそうした現実には目を瞑り、世界各地で起きている聖火リレーの騒動などには他人事を決め込むのだろう。つまり、テーブルテニス(卓球)に興じる用意はあるが、チベット問題のテーブルを用意するつもりなど、さらさらないということなのだ。

日本では報道されない
ラサ暴動の発端となった事件
 だが、今回の一連のチベット騒動も、過去の例と同じように、「ダライの扇動」によって始まったのではなく、中国の卑劣な行為が発端となっている。

 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のラクパ・ツォコ代表が語る。

「日本ではまったく伝えられていませんが、今回のラサでの暴動のきっかけは、ある小さな事件が発端となっているのです」

 3月10日、中国のチベット侵略49周年を迎えたこの日、ラサの町は比較的静かであった。確かに、一部でデモが行われるという噂もあったが、中国当局の警戒により、そうした動きは未然に封じ込められていた。そうしたことは例年のことでもあり、ラサ市民もそれほど神経質にはなっていなかったという。

 ところが、その朝、バルコルのアーケード近くのラモチェ寺で異変が起こった。5、6人の僧侶が道端に立ち、「フリー・チベット」と叫んだのだ。それが発端だった。
http://diamond.jp/series/uesugi/10025/?page=2
チベットの声に耳を塞ぐ“親中”福田政権の過剰な配慮

 警戒に当たっていた中国公安部の官憲が即座に僧侶たちを拘束すると、市民の目の前で暴行を加え始めたのだ。僧侶に対しては特別な敬意を抱くチベット人は、そうした光景には慣れていなかった。100人ほどの市民が集まり、固唾を呑んでその成り行きを見守っていたが、一向に暴行は止まない。

 ついに激しい懲戒の末、僧侶の2人が意識を失い、微動だにせず地面に臥してしまった。官憲が去った後、市民が抱き起こすとすでに息は絶えていた。

 ツォコ代表が続ける。

「この二人の僧侶の死がきっかけとなって、半世紀の間、ずっと我慢し続けていたラサ市民が、鬱憤を爆発させたのです。しかし、法王さま(ダライ・ラマ14世)は一貫して非暴力を訴え続けてきており、扇動など一度たりともしたことがありません。中国政府との関係では〈中道路線〉を採用し、対話を呼びかけ、『独立』ではなく『高度な自治』を求めているにすぎないのです。オリンピックに関しても、ずっと北京開催を支持してきています」

 果たして、福田首相はこうした背景を知っているのだろうか。

福田首相は胡主席との会談に
条件をつける覚悟を持て
 世界の国々のリーダーは、こうした事実を知っているからこそ、北京五輪への無条件参加を躊躇している。国際的世論からすれば、日本の姿勢は孤立している。いまやチベット問題を抜きにして、オリンピックを語れない。理想は別にして、世界の現実がそうなっているのだ。

 北京オリンピックは開幕前から汚れた祭典と化している。五輪と政治が無関係などといったい誰が信じるだろうか。そもそも、中国こそ、過去にオリンピックと政治を結び付けて、繰り返しボイコットをしてきた国ではないか。

 五輪競技自体のボイコットはすべきではない。4年間、鍛錬を積み、努力を続けてきた代表選手たちが国際政治の犠牲になるべきではない。過去のそうした悲劇をみるのはもうこりごりだ。

 だが、セレモニーにすぎない聖火リレーや開会式は別物だ。だとすると、それらを対話の材料に使うことは許されない話ではないだろう。福田首相には、ダライ・ラマとの対話、あるいはチベットへの自治権移譲などを条件に、胡主席との会談に臨むくらいの覚悟があってもいいのではないか。

 なぜなら、現在のチベットの姿は、あすのネパールのそれでもあり、将来の台湾、もしくは遠い未来の日本の姿かもしれないからだ。
http://diamond.jp/series/uesugi/10025/?page=3

【櫻井よしこ 福田首相に申す】「文化の虐殺」粛々と進行中
2008年5月8日(木)08:15

 日中首脳会談で、チベット問題にも人権にも全く触れない共同声明が出された。中国政府とダライ・ラマ法王の話し合いについて胡錦濤国家主席から説明をうけた福田康夫首相は、話し合い自体を評価した。が、中国の姿勢は真に評価に値するのか。共同記者会見で胡主席はこう語った。

 「ダライ側が、実際の行動をもって、誠意を示し、祖国分裂の活動を真に停止し、暴力活動や扇動行為の画策をやめ、また戦闘することを停止し、北京五輪の破壊を停止し、次のステップの話し合いのために、条件をつくりあげることを望んでおります」


 ダライ・ラマ法王が「北京五輪の破壊」を意図していると、相変わらず、事実に反する主張である。はたして、これで意味ある対話に進展するのか、率直に言って疑わしい。


 中国政府は昨年9月、チベット仏教の真髄である「活仏(生き仏)転生」を中国共産党の許可制とする法律を施行した。宗教を否定する共産党が、幾千年もの歴史を有するチベット仏教の活仏に許認可権を行使するのだそうだ。中国共産党はこの噴飯ものの法を掲げ、チベット文明を消し去ろうとする。そうした制度への、胡主席らの内省的な言及がない限り、中国共産党による話し合いはどこにも到達しない。したがって、対話開始をもって、チベット問題が解決に向かうかのように受けとめる福田首相は、未必の故意の罪を犯しているに等しい。


 中国共産党はいかに異民族を弾圧してきたか。たとえば、ウイグル族だ。チベット族と彼らの体験は著しく似通っており、彼らの体験に深い考慮を払えば、さらなる悲劇を抑制することができるはずだ。


 中華人民共和国は1955年、新疆ウイグル自治区をつくった。60年代には鉄道を開き、人民解放軍と漢民族がなだれ込んだ。中国当局の統計では、50年に30万人だった新疆の漢民族は、99年には約690万へと、23倍増した。東トルキスタン(ウイグル)亡命政権の統計ではウイグル族1500万に対し漢民族2000万である。いずれにしても漢民族が新疆を席巻しているのだ。


 自らの国土で少数派に転落したウイグル族は、さらなる人口減少へと誘導されつつある。ウイグル族の15歳から22歳の結婚適齢期の女性に都市への移住・就労が強制され始めたからだ。2006年からの5年間で、40万人が天津、青島、上海などの大都市に移される予定で、信じ難い低賃金で働かされる。


 一人っ子政策のために、中国の親たちは堕胎や産み分けで男児を選びがちだ。結果、20年には適齢期の男性4000万人が結婚できない事態に陥る。ウイグル女性は、安価な労働力と漢人男性の伴侶(はんりょ)の供給源になるわけだ。


 中国共産党政権はさらにウイグル族の中華民族化に力を入れる。貧しいウイグル族の幼児(おさなご)たちを親元から離し、集団生活で学ばせる。言葉は中国語、学習内容は社会主義イデオロギーだ。中国共産党の指導に従順であれば優秀とされ、小学、中学、少数だが、高校、大学にも進学させてもらえる。こうして子供たちの心は漢人になっていく。


                   ◇


 ダライ・ラマ法王が訴える「文化の虐殺」は、新疆においても粛々と進行中なのである。


 中国共産党はウイグル族の土地で、過去46回も核実験を行った。その一方で、同地区の豊かな天然資源や希少金属を持ち去っていく。弾圧と搾取の構造はチベット族に対しても同じである。


 異民族を力で抑え込む中国共産党は、北京五輪を成功に導き、近い将来、台湾制覇のため南進すると思われる。そうなれば、日本にとっても深刻な危機が到来する。


 だが、彼らの目標は多くの深刻な犠牲を生み出すことなしには達成不可能だ。環境保全と経済成長、民主化と共産党一党支配、人権など普遍的価値観の尊重と漢民族中心の愛国主義、軍事力膨張と国際調和。どれをとっても厳しい二者択一となる。前進するには、常に片方を切り捨てなければならないという異形の国家体制を作り上げた中国は、先の読みにくい不確実の時代に突入しているのだ。切り捨てられる側の不満はすさまじく、暴発すれば中国共産党の基盤が大きく揺らぐ。華やかな舞台となる北京五輪は、皮肉にも中国共産党の衰退を加速させかねない。


 日本が備えるべきは、実は、そのような近未来の危機である。福田首相が念頭に置くべきは、自国民も含めておよそ誰も幸福にしてこなかった中国共産党独裁政権の基盤が揺らぐとき、漢民族も異民族も含めた中国の人々、そして国際社会に向かって、いかなる普遍的価値観に基づいた言葉を発することができるかという点である。


 この種の危機に際して、日本はなによりもまず、道義によって立つ国であることを明言しなければならないだろう。であれば、福田首相は、いま、中国共産党の常軌を逸した価値観を丸ごと呑(の)み込む卑屈な微笑を、胡主席に見せるのは慎むことだ。そのうえで、価値観を同じくする同盟国、米国との関係重視の姿勢を常に明らかにすることを忘れてはならない。日中関係を大切にしながらも、日米関係が現在の日本の戦略の基盤をなすことを肝に銘じてほしい。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20080508011.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/555-ffc414d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。