渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 シナデモの特徴

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)4月21日(月曜日)弐
       通巻第2168号
 「愛国主義」なる中国ヤングらの抗議行動の実態とは?
   上海と広州ではなぜ起きていないか、背後に権力闘争があるのでは。。

 19日(土曜)から20日(日曜)にかけて中国の各都市で「愛国主義」とかを標
榜する中国人のデモが演出された。日頃取り締まりの厳しいインターネットや携
帯電話での呼びかけもあり、付和雷同の群衆が押しかけて遠巻きに見ていた。

西側でも欧米の数都市で、主として「西側マスコミの中国報道の偏向」に抗議す
る集会が行われた。「悪いのはダライ一味であり、中国は人権を尊ぶ国家である
」そうな。
 (言論の自由のない国で、よくそんなことを言うよな)と感じた読者が多いだ
ろう。

 中国全土には112店舗のフランス系「カルフール」(家福爾)が盛業中であ
る。
 品そろえ、店舗内の明るい雰囲気、設計の良さ、などが受けて中国人消費者に
人気が高い。イトーヨーカ堂と並ぶほど、買い物客でごった返す。

 そのカルフールの幹部がチベット支援に義援金をだした、という噂が流れ、攻
撃のターゲットとされた。

 もっとも過激な暴力行為、店舗破壊は安徽省の合肥市にあるカルフールで、毎
日新聞に依れば「千人が店舗に乱入し」、一部の店舗を破壊した(産経)。
 また瀋陽のカルフールでは「六人のデモ隊が、当局に連行された」(毎日)。

 NYタイムズは、反仏行動はほかに西安、ハルビン、済南、武漢でもおこなわ
れ、加えて、小規模な抗議行動は「天津、大連、洛陽、海口」(産経)でも。
読売は「広東省深せんでも抗議行動があった」と伝えた。

 まとめるとこうである。
 合肥のデモが暴力化した(朝日は抗議行動に一万人が参加した、と伝えている
)ほかは、穏健な抗議活動で、大連で1000人(読売)、青島も1000人(朝日)。
重慶でも不買を呼びかける抗議行動があった(日経)。


 ▲北京は厳戒態勢ゆえに抗議活動を許さず?


 肝心の北京では?
 「フランス大使館前に横断幕を掲げた50名」(NYタイムズ)、「車列がクラ
クションを鳴らしフランス大使館前を通過(日経)。
 上海と広州ではおこなわれた形跡が一切ない。

 もし「若者の自発的行為」であるとすれば、なぜ限定的な地域でしか抗議が起
きていないのか。
当局の背後の操作でもなければ得心できる説明にはならないだろう。

 穿った見方をすれば、胡錦濤派の反仏行動の消極的推進に反胡派が過激に応じ
たか、あるいは無視したか。
地方幹部が江沢民派、太子党、あるいは胡直系かによって、地域的特徴が浮かん
でくる。

 いずれにしてもデモ隊は巧妙に動員され、プラカード、国旗などが周到に用意
され、暴力化しないようにデモの中核を指揮したのは公安系であろう。
05年4月におきた「反日暴動」のように、大使館或いは領事館前に「生卵」や「ペ
ットボトル」の準備はされておらず、またフランス系とはいえ、フランスを象徴
するルイビュトンの店舗は一軒も対象になっていないのは奇妙というほかはない

カルフールは112店舗だが、ルイビュトンはそれ以上あるのに。

NYタイムズは、一部のデモ隊が「マックとケンタッキー・フライド・チキンに
も行こう」と呼びかけた」という。だが誰も米国系に抗議しに今回は向かってい
ない。(きっと上からの指示がないからだろう)。

 海外ではパリ、ロンドン、ベルリン、そしてロスアンジェルで同様な「愛国主
義」の抗議集会が行われ、大量の海外留学生が動員された。
 (おそらく出欠をとったのではないか)。

 パリは共和国広場では参加者が「そろいのTシャツ」、ベルリンのそれは「指
示書がまかれ、こまかな注意がなれていた。とくに西側の混入(中国人をよそお
い狼藉を働く)に注意せよ」などと書かれていた(毎日)。
 つまり、自分たちがデモを演出するときにそうするから、発想が防御的にもな
るわけだ。

 ロンドンではBBC前にマスクをかぶった中国人が「偏向報道」に抗議した。
この演出は沈黙を強いられるという西側左翼運動の真似。

 ハリウッドではCNN(キャスターが中国は小悪党と発言)前で抗議集会があ
った。
 しかい親中ラッド政権の豪州などでは「愛国主義」なるもののデモは起きてい
ない。海外でもまた地域限定なのである。
さて長野ではどういう中国側の演出があるか?

(読者の声2)貴誌2168号を読んで、驚きました。フランスに抗議する中国人
の若者のデモですが、中国全土で吹き荒れていると思いましたが、なんと上海と
か広州は、デモがおこなわれていない。背後に権力闘争がある、などと。こうい
う発想をしたことがなかったので貴誌によって目から鱗でした。
 しかし上海は何故なのですか?
    (TY生、山梨)


(宮崎正弘のコメント)上海はもともと「呉越同舟」、「南船北馬」という地域
対立の伝統から言えば北京の敵です。
その上、上海は2010年上海万博、広州も2010年アジア大会を控えています。じつ
は北京五輪など、彼らにとって「どうでも良いこと」なのです。
  ですから五輪聖火が英独仏で邪魔されたのが中華の国威発揚の妨げ? とい
う愛国的発想は生まれない、すくなくともそういう発想をしません。小生は、こ
のたびの中華愛国ナショナリズムを、権力側の演出した底の浅いものと考えてい
ます。
 上海ならびに江蘇省、浙江省などでは、上海派のボス(陳良宇、18年の懲役刑
)をいじめた胡錦濤への怒りが渦巻いており、それなら胡錦濤の故郷である合肥
(安徽省)でも行って騒いでやろうか、という思惑も働いたのではありませんか
ね。
  広東で例外的に抗議デモが組織されたのは深センだけですが、あそこは広東
人気質はありません。広東人の気質は反中央です。
人工的な大都市、過去二十年で人口が二万人から800万人にふくれあがって、
流れ者が寄せ集まった俄造りの町で、小生は1996年の『諸君』に「まるでハリ
ウッドのロケのセット現場のような感じ」と書いたことを思い出しました(拙著
『チャンスとリスク』所載)。
この町の特色は広東語が通じないばかりか、普通語さえ通じにくい。独特の北京
語、英語で言うとコクニーとか、豪州のカングリッシュ的な流れ者の言葉です。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)4月22日(火曜日)
       通巻第2169号



チベット暴動:ベルリンの中国人デモ 指南書配り「組織化」
 ◇不法分子を撮影/ごみは持ち帰る/西側メディア警戒
 【ベルリン支局】「賛同者は歓迎し、意図しない人が入ってきたらすぐ警察に通報せよ」「ナチスを想起させる行為はするな」--。チベット問題での欧米諸国の対応に抗議し、ベルリンで19日行われたデモ行進は、参加した中国人留学生らに統一行動を指示する「指南書」が配られるなど組織化されていたことが分かった。26日に聖火リレーが行われる長野市にも数千人規模の中国人留学生が動員される予定で、同様の指示が発せられるとみられる。

 毎日新聞が入手したデモ集会ガイド(中国語)によると、「組織委員会」はデモ実施の理由として「独メディアが虚偽の材料で中国を陥れようとする行為への強い不満」などを指摘している。

 また「西側メディアはどんな衝突も必ず我々が悪いと報道する」として、参加者に暴力的な行為を慎むよう指示している。

 さらに「ビデオやカメラを持つ者は『行き過ぎた不法分子』に遭遇した場合、笑顔で撮影し、警察に通報する」「ごみを持ち帰り、ドイツ人に環境保護の模範を示す」ことなども求めている。

 ガイドに携帯電話番号を記した人物は電話取材に「組織委は全員ボランティアで、中国大使館は関係ない」と述べたが、詳細は答えなかった。ベルリンでのデモには中国人留学生ら数千人が参加した。

毎日新聞 2008年4月21日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/asia/archive/news/2008/04/21/20080421ddm001030028000c.html

聖火リレー:留学生動員「中国大使館が関与」 豪当局者
 【キャンベラ井田純】オーストラリアの首都キャンベラでの北京五輪聖火リレーに、1万人以上の中国系住民や留学生が集まったことについて、キャンベラのスタンホープ首都特別地域首席大臣は「中国大使館が関与していたことは明らかだ」と述べ、中国当局による組織的動員だったとの見方を明らかにした。25日付地元紙が伝えた。

 24日の聖火リレーでは、大型バスなどで1万人以上の中国系住民がキャンベラ入りし、スタート会場などに集結。チベット系のグループや人権団体に激しく抗議するなど、圧倒的多数による「北京五輪支持」デモを展開していた。

 スタンホープ氏は「中国大使は、シドニーやメルボルンの中国系団体代表と接触を重ねていることを示唆していた」と述べ、大使館の関与は「疑う余地がない」と明言。デモで使われた多数の中国国旗なども、「当局から提供されたものに違いない」と語った。

毎日新聞 2008年4月25日 20時20分
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20080426k0000m030064000c.html

中国“官製”だけど…聖火リレー留学生集会は民主化の芽?
4月25日20時9分配信 産経新聞


 【北京=矢板明夫】北京五輪の聖火リレーへの抗議行動に対抗するため、世界各地で相次いで行われた中国人留学生の大規模な支援活動は、事前に行動指南書が配られるなど組織化されていたため、大きな衝突や混乱は起きなかった。中国メディアは「五輪の名誉が守られた」などと絶賛。一方、反体制活動家からは「排他的な民族主義は良くないが、集団的な支援活動の経験を多く積めば、やがて中国の民主化につながる」との意見も出ている。

 今月初めに聖火リレーが、パリで人権団体などによる妨害を受けて以後、「中国人が結束して聖火を守ろう」との呼びかけの下、留学生ら在外中国人が動員され、タイのバンコクやインドネシアのジャカルタなど各地で聖火リレーの支援活動が繰り広げられた。24日にオーストラリアのキャンベラで開かれた集会は最大規模で参加者は約2万人にのぼった。多くの中国メディアは「中国人の気迫が抗議者を圧倒した」などと集会の様子を伝えた。

 集会やデモなど一連の支援活動参加者に、行動指南書が配られていたことが話題となった。「聖火が奪われそうになったとき、体を使って相手の動きを封じ込めてもいいが、暴力を振るってはいけない」など法律の順守を強調する一方、ごみの持ち帰りを呼びかけるなど中国のイメージ向上にも配慮している。さらに、トラブルが発生すれば、速やかに地元の警察へ通報するよう呼びかけている。

 26日に長野で行われる聖火リレーでも、多数の中国人留学生が集まるといわれ、似たような状況になりそうだ。

 欧米メディアは、一連の集会が中国当局から資金援助を受けている可能性などを指摘し、自発的ではないと報じている。しかし、中国国内の民主化活動家の間では、「これらの留学生が将来帰国したとき、中国の民主化の担い手になってもらいたい」と期待する声もあがっている。

 著名な反体制活動家、劉暁波氏は産経新聞の取材に対し、「1989年の天安門事件以後、中国国民が政治の意見を表現する機会はほとんどない。2005年の反日デモは、投石や店舗襲撃など暴力的な傾向があった。今回の一連の集会は“やらせ”かもしれないが、中国人留学生にとって、欧米や日本での集会、言論の自由を体感するいい機会だと考えている」と語った。中国政府としては、聖火リレーへの留学生動員の成果を喜んでばかりはいられないようだ。

【関連記事】
・ 長野聖火リレー応援ツアー中止危機…中国人留学生企画
・ 在日中国人2000人が長野へ集結 聖火リレーで
・ チベット旗掲げようとした日本人3人、もみあいに マレーシア、聖火リレー前
・ 北京五輪の聖火、長野入り
・ ■写真で見る■特集「チベット騒乱」

最終更新:4月25日20時9分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000970-san-int

聖火リレー 集まった中国人5千人…黄色の腕章は統制役
4月27日17時26分配信 毎日新聞



拡大写真

聖火リレーを見るために集まった大勢の中国人たち=長野市で2008年4月26日午前6時19分、竹内幹撮影

 聖火リレーの沿道を埋めた在日中国人は「全日本中国留学生学友会」や社会人を含め、5000人以上が集結した模様だ。事前の打ち合わせには大使館員が同席し「安全、文明、平和」を基本に活動するよう要請されたといい、チベット支援グループとの小競り合いが一部であったものの、暴力的行動に結びつかないよう統制がとられた。5月6日からの胡錦濤国家主席の訪日を控えて対日関係の悪化を避けたい中国当局の意向も反映しているとみられる。

【写真特集】 聖火リレー:怒号、小競り合い…ピリピリムードの長野

 西日本の留学生約700人は、華僑団体から贈られた白いTシャツ姿でリレーの終着点を囲んだ。黄色い腕章をつけて参加者を統制していた「岡山県中国人留学生学友会」の王雪松会長(26)は「チベット支援グループと相対しても、興奮の気持ちを抑えられるように統制役を決めた。中国大使館や大阪の総領事館からも『何かあれば日本の警察に任せるように』と指導された」と説明。リレー終了後に行ったごみ拾いは「長野の人たちへの感謝の気持ちを示すため」と強調した。

 全日本学友会の役員は豪キャンベラでの聖火リレーで「中国当局が動員をかけた」との報道は長野のケースでは当たらないと指摘した。【成沢健一】

【写真特集】 聖火、日本を走る
【写真特集】 混乱する北京五輪聖火リレー
【特集】 2008北京五輪
【写真・図説】 チベット暴動

最終更新:4月27日17時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080427-00000013-maip-soci
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/525-85e4de42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。