渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 2ちゃん発のチベットデモ

2ちゃん発、素人たちのデモ 名古屋でチベット弾圧抗議
2008年04月19日

 「フリー・チベット(チベットに自由を)」――。インターネットを通じて知り合った会社員や大学生らによる「一緒にデモをつくろう」という呼びかけで、関東や関西からも集まった約500人が19日、名古屋市で、中国政府のチベット弾圧に対する抗議デモをした。デモに加わるのが初めての人も多く、手作りのプラカードなどを掲げながら、繁華街を1時間ほど行進した。


ネットでの呼びかけに集まった人たちが、繁華街をデモ行進した=19日、名古屋市中区、佐藤慈子撮影


 名古屋市東区の法律事務所事務員、内田隆さん(32)は妻とベビーカーに乗せた1歳8カ月の長男と参加した。「特定の政治色がないということで安心して来ました。ネットだけでは限界もあると感じていたが、思いを形にできた」

 定年を迎えたばかりの愛知県一宮市の男性(60)は先頭グループを歩いた。後ろに続く長い行列を振り返って「こんなに集まるなんて。数の力はいいアピールになる」。

 デモのきっかけは、弾圧問題に関心を持った岐阜県多治見市の会社員吉川由紀さん(29)が「各地で抗議デモが起きているのに、なぜ地元でないのか」と思ったことだった。3月末にネット掲示板「2ちゃんねる」や交流サイト「ミクシィ」で開催を呼びかけたところ、東海地方に住む20~30代の男女5人が集まった。吉川さんはデモ主催どころか、参加の経験もない。「素人」たちが警察への届け出などの準備を進めた。

 ネットの書き込みには過激な行動をあおる意見もあったが、吉川さんは「集まってみればいい人ばかり。人間の力を感じた」。

 沿道には、デモ行進に手を振ったり、拍手を送ったりする人も目立った。そのひとり、名古屋市の会社員女性(23)は「自分では何の抗議の声も上げられないうちに、北京五輪へ進んでいってしまうことに疑問を感じていた。声を上げることって大事ですね」と話していた。
http://www.asahi.com/digital/internet/NGY200804190010.html?ref=goo

チベット暴動:弾圧でデモ ネットで呼びかけ500人--名古屋・中区栄
 中国によるチベット自治区の暴動弾圧に抗議するデモが19日、名古屋市中区栄で行われた。インターネットの掲示板を介して知り合った若者らが企画。東海地方を中心に集まった約500人が「チベット人を見殺しにするな」と声を張り上げ、約2時間行進した。

 3月に東京と大阪で行われた抗議デモに触発され、岐阜県多治見市の女性会社員(29)が「2ちゃんねる」の掲示板で呼びかけたのが最初。別のサイトの掲示板にも広まった。

 デモ実行委員会代表の林英樹さん(34)=愛知県岡崎市=が「我々にできることは声を上げることだ。チベット人のために心を割いてください」とあいさつ。弾圧の犠牲者に黙とうをささげた後、「フリー、チベット(チベットに自由を)」などと書かれたプラカードや、チベット人が「国旗」とする旗などを掲げ行進した。

 名古屋市内に住むチベット人も数人参加した。「真実と正義は勝つ」と書かれたプラカードを首から下げた男性(44)は「日本人がチベットの問題に注目してくれるのはうれしい。しかし、五輪が近いという一時的な関心に終わってほしくない。チベット人が恐れるのは五輪後、弾圧がひどくなることだ」と話した。【中村かさね】

毎日新聞 2008年4月20日 中部朝刊
http://mainichi.jp/chubu/archive/news/2008/04/20/20080420ddq041030005000c.html


ネットから大きなうねり《名古屋のフリーチベットデモ》

 「中国政府によるチベット弾圧に抗議するデモ行進」が19日に名古屋市中区で行われた。インターネットで声が上がり約500人が集まり、学生からOL、クリスチャン、仏教僧などさまざまな職業・世代のスタッフと一般参加者が「チベットに自由を」と訴えた。これまでとは一味違うデモの形を追った―。(広)

■国境なき祈り500人
 発端はインターネットだった。巨大掲示板「2ちゃんねる」やネットサービス「mixi」でチベット弾圧への強い思いを抱いた初期スタッフ5人が3月末に集合。代表を務める豊田市の自営業林英樹さん(34)を中心に、関西でのデモに一般参加したメンバーの意見やネットでの助言で打ち合わせを進めた。
 しかしデモまでの道のりは順調とはいえなかった。4月初旬にチベット人を含む10数人で集まった際、スタッフが「こういう表現はやめよう」と差別語や不快用語への注意を促すチラシを配布。するとチラシに対して「デモをよく知る市民」らが極度に反応。その場にいたチベット人に「こんなのを配る怖い人たちに頼める?」と説き始めた。スタッフは誤解を解こうと説得するが「デモをよく知る市民」らとは最後まで意見が合わずに分裂。口論の中で相手が放った「この素人が―」の言葉が、いつまでもスタッフの耳に残った。
 一方、様子を見ていたチベット人がおびえ始める。必死に事情を説明すると「ネットに対する不信感はあるが、今はあなたたちを信じる」と理解を得ることができた。林さんは「救われた気持ちでしたね」と振り返る。
 団結力が増し、デモに向けて急いで準備を進める。器物破損に対する保険はスタッフで参加していた専門家に一任、子ども連れやチベット人らの班分けも話し合った。中でもスタッフが頭を抱えたのが警察への届け出だった。
 林さんらは管轄の中署へ熱心に相談。「何かあった場合に1人が抑えられるのは10人が限度」(中署)とアドバイスをもらい、スタッフ数から最大約650人の規模を設定。やり取りはネットを通してほぼ公開。デモに参加した1人は「まるで警察がデモの仕方を教えているようだった」と笑顔で語る。中署は「手続きをしっかりして事故やけがの防止に努める体制は必須」と言い未経験者らによるデモの混乱を危ぶみ、スタッフ統制の重要さを語る。
 ネットでの召集は悪質な行為も予想される。署名やアンケートを募って個人情報を集めたり募金を行って私益とするケースが考えられるからだ。「最初に署名も募金もなし、すべてをオープンでいくことを表明した」と林さん。結果としてこの姿勢が大きな賛同を呼ぶ。ある日、4月初旬に分裂した最初期メンバーの1人が「純粋な気持ちで参加したい」と申し出。十分に話し合い、和解して共にデモへ臨んだ。
 当日は晴天に恵まれ、約500人が参加。名古屋市内を2キロにわたって声を上げ、事故やけが人もなく安全に終わることができた。「規制が多くてがんじがらめのデモ」とネット上での批判もあったが、代表補佐の学生(20)は「逆にシンプルで分かりやすくなったのが良かった」と話す。
 またネット発のデモならではの問題も。スタッフでさえ当日まで集客力を把握できなかった。中署は「実際現場に行くまで分からない部分はあった」と神経質になっていたことを明かす。
 デモ直後は自然に掛け声が上がるほどの熱気。女性スタッフは「わたしたちは声を上げるしか分からなかった。それを一生懸命やっただけ」と感慨深く話す。雑多なネットの世界から始まった一つの思いは、大きなうねりへつながっていく。



http://www.meitai.net/archives/20080423/2008042309.html

65 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2008/04/23(水) 23:07:12 ID:F6StHyCH
>>1
これガセ

118 名前:エージェント・774[] 投稿日:2008/04/23(水) 23:00:23 ID:UkaEO7Ra
>>112
了解。

整理すると、

・おばさんが事前オフで少々ヒステリックであり、2chでもミク経由でもなく出席してきた。
・おばさんは、チベット支援運動をすでに続けていて、それなりの自負があった。
・説明資料用の過激文言(チャンコロ等)が記されたビラを見て、拒絶反応を示した。が、これは誤解だった。
・「あなたたちのような素人では絶対無理」といったような表現で、デモに否定的意見を述べた。
・つまり「素人」という文言は確かにおばさんの口から出た。が、記事のニュアンスとは若干異なる。
・紛糾、分裂の一歩手前だったが、出席していたチベット人(2人)の発言で、双方クールダウンできた。
・そもそも、このおばさんを「プロ市民」とみなしたのは代表だが、後日いいすぎだったことを認め、謝罪した。

・名タイの記者はこのモメた現場にはいない。
・記者が過去ログやスレッドを見てたかどうかはわからない。
・このため事前知識として「おばさんトラブル」を知っていたかどうかは判断できない。
・スタッフの誰かから、おばさんエピソードを聞いた。

・記事の書き方から「この素人が!」と「デモに詳しい市民」の二つが一人歩きした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/516-ff4380f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。