渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 南京事件の周辺

 旧日本軍による南京(中国江蘇省)占領から70年の13日、
南京大虐殺記念館が面積を拡張して再オープン、開館記念式や
犠牲者の追悼式が行われる。対日関係に配慮する中国は
「歴史は歴史として淡々と対応」(日本外交筋)する方針だが、
南京の市民は日本アニメが好きな若者も含め、日本国内の一部にある
虐殺否定の動きに不信感を抱いており「親日」「反日」という
2つの矛盾した感情が混在している。
 「(日本以外)どこの国も、あれほどむごいことはしない」。
南京市内のある日本語学校。通信設備会社社員、孫瑞さん(24)は
先月末、授業中に教師から虐殺事件の感想を聞かれ、思わず感情的になった。
 テレビアニメ「名探偵コナン」を見て育ち、自宅のテレビや冷蔵庫も日本製。
日本の先端技術にあこがれ、日系企業への就職を目指しているが、
歴史問題となると対日評価が一変する。

■ソース(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007120801000290.html
■前スレ(1の立った日時 12/08(土) 17:01)
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197100874/

13日に新館のオープンを控えている「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」が10日、
新館建設中に建設予定地から19体の遺骸が発見されていたことを公表した。考古学の
発掘と史学、法医学の専門家らの鑑定を経て、南京事件の被害者であることが
確認されたという。

これらの遺骸は2006年4月21日に発見され、南京市公安局法医センターが鑑定。
遺骸の格好が曲がっていたり、折り重なるようになっていることから、非正常な死亡と
非正常な埋葬だったとした。
  
  同記念館の朱成山館長は「新たに発掘された遺骸は歴史的価値があり、
南京大虐殺を証明するとともに記念館がかつて虐殺の地であったことも証明された」と
述べた。写真は、新館に展示されている発掘現場の様子。

写真
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1213&f=national_1213_001.shtml&pt=large

サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1213&f=national_1213_001.shtml

270 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/12/14(金) 23:32:42 ID:aCHCgVxz
>同記念館の朱成山館長は「新たに発掘された遺骸は歴史的価値があり、
>南京大虐殺を証明するとともに記念館がかつて虐殺の地であったことも証明された」と

て、どれ・・・?

548年 東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的破壊され大虐殺。
589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。
十国五代時代 戦乱で南京(金陵)大虐殺続発。
1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺。
1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺。
1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺。
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。 
1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。
1949年 中共軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺。

【国際】『南京事件』追悼 厳かに 占領から70年
2007年12月14日 朝刊

13日、中国・南京で、南京事件から70年の追悼式典で花輪を持って行進する軍関係者=小坂井文彦撮影
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/images/PK2007121402172060_size0.jpg

【南京=小坂井文彦】旧日本軍の南京占領から七十年を迎えた十三日、拡張・新装工事を終えた
江蘇省南京市内の「南京大虐殺記念館」で、犠牲者追悼式と再オープンの記念式典が行われ、
入場者が長蛇の列をつくった。江蘇省、南京市両政府などの主催で、当時の生存者や
日本の民間団体ら過去最多の約八千人が参加。「平和施設」のイメージを強調、
日本に一定の配慮を示した。

防空警報が鳴る中、参列者が黙とう。南京市民代表の大学生の任潔さんが
「犠牲者が安眠できるよう平和な社会にしましょう」とあいさつした。
参列した中央政府関係者の最高位は共産党対外連絡部の劉洪才副部長。
式典を派手にしないよう気配りしたとみられる。

総工費は約三億二千八百万元(約五十億円)。敷地面積は約三・三倍の七・四ヘクタール、
館内の展示面積は約十一倍の約九千平方メートルに拡大。展示写真は約六倍の
約三千五百枚に増え、被害者の遺品や旧日本軍の遺留品なども約三千点となった。

中国が主張する死者数「三十万人」が各所に表示されているが、
朱成山館長が「恨みや憎しみではなく、平和を目指す施設にした」と話すように、
世界平和を祈念する公園も新設された。「日中関係の発展を願う」ための
「目玉」とされた日本の政府開発援助(ODA)の紹介は、パネル一枚が展示されただけ。

犠牲者追悼に訪れた日本人が中国人から小石を投げ付けられる場面もあった

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007121402072051.html


★南京事件70年―数字の争いを超えたい

70年前の12月、中国を侵略していた日本軍は、直前まで国民党政府の首都だった大都市、南京を陥落させた。
日本軍は中国兵士を捜し回り、その過程で多数の捕虜や一般市民も殺した。

南京事件である。南京大虐殺とも呼ばれる。その様子を記録し、展示する現地の大虐殺記念館が2年がかりで
改装され、一般に公開された。

大幅に拡張された展示スペースには、従来の約6倍にあたる3500枚もの写真が掲げられたという。むごい写真に
驚きの声が上がり、目をそむける人々も、食い入るように見る人々もいた。

今年は、日中が全面戦争に突入した1937年から70周年にあたる。中国ではさまざまな記念の催しが計画され、
南京大虐殺についても多くの映画が制作されると伝えられた。反日感情の再燃が心配されていた。

だが、中国当局もそれを意識していたのだろう。それらの映画は公開されず、記念館の開館式典にも、党や政府の
大物指導者は顔を見せなかった。

新しい記念館の壁などには「30万人」という犠牲者数が書き込まれている。中国での戦犯裁判で確定した数字、
というのが中国側の公式見解だ。しかし、これにはさまざまな見方があり、日中間の感情的な対立も招いている。

日本の専門家の間では、数万人説や「十数万から二十万人」説などがある。私たちも30万人はいくらなんでも
多すぎると思う。だが、一部では虐殺自体を否定する暴論まで語られている。新記念館に掲げられた数字は、
そうした日本の論議への怒りを表してもいるようだ。

事件から70年を経たが、日中相互の反発やわだかまりは縮まらない。和解へ歩み出すことの難しさを痛感する。

殺戮(さつりく)の状況は、現場にいた日本軍の兵士らも日記などに書き残している。日本政府も「南京入城後、
多くの非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できない」と認めている。

数字の探求は専門家に任せるべきだ。実は中国の学者の間にも、一つの数字にこだわらず、より実証的な研究
を求める声がある。冷静な学術研究を通じて、いずれ数字は変わっていくのではないか。

両国の政治にとっていま大事なのは、この事件を日中間の障害とせず、和解に向けて手立てを講じていくことだ。

過去にも、そんな取り組みはあった。村山、小泉首相は盧溝橋を、橋本首相は旧満州の瀋陽を訪ね、歴史を直視
する姿勢を見せようとした。橋本氏は南京訪問すら検討し、下見も行われたが、実現しなかった。中国側の数字を
正式に認める形になるのを懸念したのだろう。中国政府にはそうした実情も理解してほしい。

このまま放置するわけにはいかない。福田首相は70年の節目に、追悼と和解への思いを語ることはできるはずだ。
そうした積み重ねが、やがて数字の壁を越え、和解への扉を開くに違いない。

(asahi.com 2007年12月15日(土曜日)付)
http://www.asahi.com/paper/editorial.html ※URLは更新されるとリンク先がかわります

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/450-446e22ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。