渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 朝日 特亜万歳 反日万歳

・日中間の防衛交流で、中国海軍「深セン」が東京港を訪れた。中国の軍艦が日本に来るのは
 中華人民共和国の建国以来、初めてのことだ。

 実現するまでには長い曲折があった。
 両国が海自と海軍の艦艇の相互訪問に合意したのは98年。02年春に中国軍艦の訪問が
 計画されたものの、小泉首相が靖国神社に参拝し、キャンセルされた。 合意以来、9年もの
 年月がかかったわけだ。
 関係修復の流れの、いわば象徴のような形である。約350人の乗組員を含め、今回の訪問を
 歓迎する。来年は海自の艦艇が訪中する番だ。これを弾みに防衛交流をさらに広げ、両国
 関係の安定化につなげてもらいたい。

 とはいえ、軍事に関する両国間の不信は、一度や二度の往来でぬぐえるものではない。
 結局、交流と対話を重ね、相互の信頼を培っていくしか方法はないのだ。艦船相互訪問は
 その一歩である。相手側の実情に触れることが、無用な緊張を解くことになる。

 大筋で合意されている当局間のホットラインも早く実現すべきだ。誤解による偶発的な
 事件を防げるし、日常的に意思疎通ができるようになればさらに相互理解は進むだろう。
 軍事の面での信頼醸成は、アジア全体の安定にも好影響を及ぼす。中国は積極的に
 国連の平和維持活動に参加しているが、要員の訓練などで日中が交流しアジア諸国
 にも広げていくことを考えたい。

 もう一つ望むのは、防衛交流を一般にも開いていくことだ。
 例えば、日本の研究者やメディアが中国軍を見学したり、取材したりする機会を増やす。
 国民レベルで少しでも理解が進めば、それだけ的はずれな推測は減ってくる。
 歴史好きの人なら、中国の軍艦と聞けば「定遠」「鎮遠」といった名前を思い出すに違いない。
 明治時代に日本の港を訪れ、その威容が日本人を驚かせた。 日本はこれに負けじと海軍力
 強化に突き進み、後年、日清戦争でぶつかることになる。
 もちろん、いま求められるのは軍拡競争ではなくて、平和のための協力だ。「深セン」の
 名前がそのスタートとして歴史に刻まれるよう努力していきたい。(一部略)
 http://www.asahi.com/paper/editorial20071130.html

※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196405076/

朝日新聞・牧野愛博特派員
■[weekly chosun]麗水万博、潘基文 … 日本は韓国の成功に嫉妬
   ~ 余裕を失った隣国に「韓国の余裕」を見せてあげれば

大韓民国・麗水(ヨス)77票、モロッコ・タンジール63票。11月27日未明にフランスのパリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で、2012年麗水万博開催が決まった。昨年夏に、2014年冬期五輪開催地に立候補した平昌(ピョンチャン)がロシアのソチに敗れているだけに、今回の決定は日本人である私としても大変嬉しい事件だ。<中略>

しかし私は、麗水万博誘致過程を取材する中で苦い経験もした。「麗水万博」誘致をめぐって韓日関係が軋轢を生じる姿を見たからだ。日本政府が麗水万博支持を韓国政府に伝えたのは、投票の僅か1週間前、シンガポールで開かれた韓日首脳会談の席上でのことだった。東アジアの中で一番遅い表明だった。どうしてこんなに遅くなったのか。<中略>

これには、麗水万博テーマが「海洋」であることも影響を及ぼしたようだ。「万博で日本海(東海の日本式表現)を『東海』と呼んで、竹島(独島の日本式表現)の領有権を主張する展示が続いたらどうするか?」 日本政府の中には、そう心配する声もあったようだ。しかし独島の領有権問題は戦後ずっと続いている問題であり、両国は1998年10月に過去を総括して未来志向を明示した「韓日共同宣言」を出している。

それでは、どうして今度はうまく行かなかったのか?私見を言えば、「韓日双方に責任がある」ということだと思う。日本政府で働く知人たちは、「最近の日本外交は余裕が無い」と歎息する。私も同感だ。誤解を恐れずに言えば、昔の日本外交はいわゆる「金持ちケンカせず」という外交だった。

かつて日本政府は、「世界第2位の経済力を誇る大国」という自負心とその経済力を重要な外交カードとして活用するという戦略を取った。だから相手の主張に比較的寛容な外交を展開してきた。「損して得とれ」という諺のとおり、「相手に理解を示すことが、日本の主張が耳を傾けられるようになることに繋がる」という考え方だ。欧米が嫌うミャンマーやイランにさえ積極的に経済協力をしてきた。もちろん、アジア各国に対しては過去の戦争責任を償おうとする雰囲気も強かった。

しかし、最近は余裕がない。2006年秋に潘基文(パン・ギムン)氏が国連事務総長に当選したときもそうだった。私は、アメリカのボルトン前国連大使の発言とは違って、最終的に日本は潘基文氏支持に転じたと思う。しかし途中には「潘基文支持」を嫌がる雰囲気があったことも事実だ。潘基文氏当選の半年ほど前、日本の外務省高官である友人が、同僚10人ほどと国連事務総長選を話題にしたときのエピソードを語ってくれたことがある。その友人は知韓派で、「潘氏を支持したらどうだろう」と提案した。しかし同意したのは、アジア関係の仕事をしていた高官だけ。それ以外の官僚は、「日本を攻撃ばかりしている盧武鉉政権をどうして手助けするのか」「潘氏支持だなんてとんでもない」と口をそろえて反対したという。

このような背景には、日本政界の右傾化が考慮されなければならない。福田政権発足でこうした傾向に歯止めがかかったとは思うが、今の政界には「過去の戦争責任に対していつまでも謝罪する必要は無い」と叫ぶ人相当増えている。政治家の発言を無視できないのは日本も韓国も同じだろう。

より深刻なのは、官僚たちにこの空気がかなり伝染しているということだ。前述した外務省高官らの対話もそうだし、2006年4月に独島周辺での日本の測量調査をめぐって韓日関係が緊張したときもそうだった。当時、首相官邸記者団に属していた私の周りには、「韓国側が日本の測量船を沈没させるのではないか」という情報もあった。そうした中、日本政府高官から信じられない言葉を聞いた。「沈没させるつもりなら沈没させたほうが良い。全世界が韓国の間違った行為を知ることになるから良いではないか。」

日本は1990年代のバブル崩壊で、世界での地位が低下した。日本国内には、「我々もヨーロッパのオランダやポルトガルのように落日を受け入れて(国運が傾いたという意味)、それに相応しい生活を楽しめば良いではないか」という声もある。しかし多数の世論は、「もう一度過去の勢力を取り戻そう」という声を支持しているように見える。

もちろん「過去の勢力」というのは、盧武鉉大統領が心配する「大日本帝国時代」のものではない。日本人は、1970年代に経験した高度成長時代の再現を望んでいるのだ。日本人たちは「老後に年金がきちんと支払われるか」という漠然たる不安感を抱いている。不安を解消するために再び朝鮮半島を占領するつもりは全然ないが、引き続きアジアの最大経済大国でありたいという考えも持っている。そうした不安感が、隣で着実な経済成長を続ける韓国・中国への嫉妬に変化しているのだと思う。

この「嫉妬」をうまくコントロールして「健全な競争心」へ置き換えるのが政治家の仕事だ。政治家がおかしくなれば官僚が歯止めをかけなければならない。しかし現在の日本は、政治家にも官僚にも「嫉妬」がはびこっているようだ。

一方、韓国の人々にも指摘しておきたいことがある。今年11月初め、私は朝日新聞の一員として青瓦台(大統領府)で盧武鉉大統領のインタビューに陪席する機会を得た。間近で見た大統領は表情も口調も温厚で、大統領としての品格が漂っていた。

ただ、その発言には率直に言って首をかしげさせる点もあった。「日本の大部分の右派政治家は、過去の栄光を取り戻したいと主張している」として、日本に植民地時代への回帰を追い求める動きがあるかのように語った。しかし右派政治家たちにそれほどまで過激な目標があるとは思えない。

大統領は非公式な席でも、こうした過激な発言を繰り返していると聞く。どうして日本人をこれほど非難する発言をするのだろうか。

今年10月末に日本を訪問した金大中氏が、先ごろ発表された拉致事件報告書に関して「日本に失望させられた」と述べたこともある。韓日両政府に対して「真相糾明の責任がある」とも主張した。確かに日本は韓国と政治的決着を繰り返した。だが、そのように思うのならどうして自分の大統領在職中に真相糾明を徹底的に行なわなかったのか。こうした事件は時が経てば経つほど関係者が高齢化して解決が難しくなる。町村官房長官は「どうして大統領在職時に言わなかったのか」と不快感を表明した。金大中氏の発言が麗水万博支持をためらう日本政府の態度を一層頑固にさせた可能性もありはしなかっただろうか思う。

麗水万博は必ず成功してほしい。そして、独島問題に関する韓国側の主張を大きく展開する機会を得て、同時に日本にも反論の機会を与えれば良いだろう。そのように思うのは私だけだろうか?


http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2007/11/30/2007113001013.html

 2005年11月3日(木) 21:54~23:10 テレビ朝日 報道ステーション 
 ▽加藤千洋チベット紀行 絶景天に浮かんだ湖…極秘の横断鉄道撮った
 動画→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm697512

 ●加藤千洋「やあ。ここら辺の人は、もうすっかり漢民族ですね!(^^」
 ●加藤千洋「チベットは中国に“併合”されたわけですが・・・」
 ●加藤千洋「この店の主人も漢民族です。ニーハオ!(^^)」
 ●加藤千洋「ここポタラ宮は、今も中国政府がしっかり管理していますね」
 ●加藤千洋「中国化に拍車がかかり、軍事的にも大きな意味が出てくるんでしょう」
 ●加藤千洋「西部大開発はチベットにとって歴史的なチャンスなんです」
 ●加藤千洋「いや~、チベットの発展はめざましい。
       ポタラ宮が無かったら、中国の他の街と見分けがつかないんですけどね」

・・・そんな加藤千洋ですが、日韓併合の話になると「日本の侵略だ」と語気を荒げます、、、(爆

 ∧_∧    ビビビビ
/ 中\  。))))))))  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( `ハ´)/        (-@∀@)< 中国の虐殺はキレイな虐殺 !
( つ二/)         (φ 朝 )  \_________


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/435-240d4f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。