渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 韓国外交 反米親中 反日反台

「後戻り」できない韓国(2007/11/26)

「従来の反米親中政策は、次期政権が改める」――。韓国の知識人が口々に言い
始めた。だが、大統領が代わったぐらいで韓国の外交が変わるのだろうか。

中道、右派が圧す大統領選

12月19日投開票の韓国の大統領選挙で有力候補は3人。どの世論調査でも似た
数字が出るが、支持率の高い順で言えば、1位が中道の李明博氏(支持率=40%
前後)、2位が右派の李会昌氏(20%前後)、3位が左派の鄭東泳氏(15%前後)
――だ。 

韓国人が「外交姿勢が変わる」とする理由は、盧武鉉大統領の反米親中政策を基本
的に継ぐとされる鄭東泳氏を、米中双方に等しくいい顔をしそうな李明博氏と、親米を
打ち出す右派の李会昌氏が支持率で圧しているからだ。

だが、本当に「新政権の韓国が反米親中を止める」かは疑わしい。韓国の「反米親中
政策」は盧武鉉大統領の個性によるものと見なされがちだが、それだけではない。
地政学的、あるいは歴史的な要因に因って突き動かされている部分が大きい。誰が
次の大統領になろうと、地すべりのように中国に向かって傾く韓国の姿勢を復元する
のは容易ではない。

韓国の外交姿勢の変化の象徴が、現政権下で弱体化の進んだ米韓軍事同盟だ。
盧武鉉政権は米国に対し韓国軍の戦時作戦統制権の返還を求め、両国は2012年
を期限とした返還に合意した。この結果、米韓連合司令部が解体される見通しで、
在韓米軍の規模縮小も予想されている。

中道、あるいは右派を自認する知識人らは統制権返還を不安な眼差しで見つめて
いる。「連合司令部解体により北朝鮮に対する抑止力が弱まる」と考えているからだ。
彼ら20人に聞いた。

「では、反米を改めるという次期政権は、戦時作戦統制権の回収(返還)を中止し、
かつ、連合司令部の維持を目指すのか」――。

返ってくる答は歯切れが悪いものばかりだ。ほぼ全員が「回収(返還)中止は難しい」
と答えた。そして、ほとんどの人が「個人的には、回収(返還)は少なくとも当分の間、
凍結すべきと思うのだが」と付け加えた。

では、なぜ、返還中止は難しいのか。

止らぬ「米韓安保形骸化」

韓国社会には「戦時作戦統制権の返還=対米従属からの独立」と見る空気が濃い。
さらに左派は「米韓安保こそは民族への裏切り」と、米国との同盟自体を非難して
おり、社会の一定の支持を集めている。

米国との返還交渉が終わっていなければその交渉を中断し、返還を棚上げする手も
あったろう。だが、いったん決まった返還をひっくり返すには一部の国民とはいえその
強い反対を押し切る信念と、それを実行に移す強力な政治力を備えた指導者が必要だ。
「大統領になれば回収を中止する」と保守層から期待される李会昌氏でも、
それをできるかは分からない。

ソース:日経ネットアイ
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/suzuoki/20071122n5abm000_22.html
◆前スレ:http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1196060717/
>>3-2へ


2 :ちゅら猫φ ★:2007/11/26(月) 21:25:03 ID:???
※3-2

知識人の中には「米韓連合司令部の代わりに置くことになるリエゾンオフィス(連絡官
事務所)を巨大なものにすることで、実質的には連合司令部を維持し返還の弊害を
減らせばいい」と主張する人もいる。

「連合司令部解体で韓国軍は米軍から得ていた情報を得られなくなる。この不利を
何とか補う必要がある」という危機感が根強いからで、「巨大なリエゾンオフィス」は
その処方箋だ。だが、司令部解体問題の本質は韓国軍の情報力低下ではなく、
「韓国軍の指揮権を失った在韓米軍司令官、ひいては米国が韓国防衛への意欲を
大きく減じる」(アジアの軍事専門家)ことにある。

企業組織と同様、軍も権限と責任は裏腹の関係にある。仮に、企業の最高経営責任者
が人事権や予算権を一部でも奪われたら、死に物狂いで好業績をあげようとは思わ
なくなり、小さくなった権限に見合う責任しかとらなくなるのが普通だ。部下に「死地に
赴け」と命令せざるを得ない軍の指揮官なら、それはなおさらだ。

在韓米軍の抑止力、つまり韓国の防衛力は連合司令部解体という「形式」によって
損なわれるのであって、“大きなリエゾンオフィス”という「実質」で補える問題ではない。

結局、米韓連合司令部の解体を通じ、韓国の米国離れは次期政権下でも着実に
進む可能性が大きい。そして、それを補うために韓国は中国に対しより神経を配ら
ざるをえないだろう。

韓国を眺める者は「米国から独立したい」という韓国人の強い願望が連合司令部解体
の根にあることを知る必要がある。それを見落とすと韓国の米国離れの本当の原因を
見失うことになる(「韓国の反米気分」 2007年5月9日参照)。

「中国への遠慮」増す

「反米親中政策の修正」を唱える韓国の知識人らに、もう一つ聞いた。

「では、ミサイル防衛や日米豪安保対話、海上対テロ共同訓練に韓国も参加するよう
方針を切り替えるのか」――。

作戦統制権の返還ほどには目立たないが、安全保障面で韓国がひそやかに米国と
距離をとり始めた「証拠」は多い。それが、米国が主導するミサイル防衛や太平洋
地域の民主国家による安保対話などへの不参加だ。

韓国の知識人は質問に対し皆、首を横に振った。

「次期政権も、ミサイル防衛などには参加しないだろう」。

明快に理由を語る人は少ないが、要するに「米国との関係強化は大事だが、
それ以上に、仮想敵扱いして中国に睨まれるようなことはすべきではない」からだ。

もちろん、公式には韓国政府はそうは言わない。せいぜい「北朝鮮を刺激すべきでは
ない」との“理由”がメディアに漏らされる程度だ。「本当は北朝鮮よりも中国への遠慮
の方が大きい」(韓国のシニア記者)と言う人もいるのだが。

今、韓国に働く最大の力は「巨大化する中国の巨大な引力」だ。左派は反米の反動
として親中を志向した。そして、中国への嫌悪感を強める右派や中道でさえ、中国への
恐怖から中国を怒らせそうな政策に踏み込む気はない
(「統一に背を向ける韓国――恐中論が加速」 2007年2月14日参照)。

ソース:日経ネットアイ
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/suzuoki/20071122n5abm000_22.html

>>3-3へ


3 :ちゅら猫φ ★:2007/11/26(月) 21:25:30 ID:???
※3-3

「保守あるいは中道に回帰した韓国」は、政府が反米ムードを煽る発展途上国型の
外交政策はやめるかもしれない。だが、そうだとしても、米中の間での立ち位置を
示す本質的な問題では“恐ろしい中国”を前に、もう後に戻れなくなっている。

ことに、台湾が絡む問題となると、保守や中道の人々の中でも、ことさらに親中姿勢を
明確にする韓国人が多い。台湾を経済的ライバルと考える空気があるうえに、「台湾
の親日振りが気に食わない」といった悪感情があるからだろう。

その象徴が、台湾海峡有事を念頭に置き韓国政府が米国に対し在韓米軍を他地域
に展開しないよう求めたことだ(「異なる道を歩き始めた日韓」=2005年11月7日
参照)。

この問題を巡っても「台湾のおかげでわが国と中国との関係が悪くされるのは迷惑
このうえもない」とはき捨てるように語る知識人が多い。韓国で「台湾の民主主義は
尊重されるべきだ」と語る人に出くわすのはまれで、一度会ったその韓国人も「ただ、
それは私の個人的意見に過ぎない。結局、台湾に関して韓国は中国の言うとおり
するしかない」との注釈を付けた。

2つの「歯止め」

中国への恐怖心。そして、米国から独立したいという願望。韓国の「反米親中」は
後戻りできないよう、2つの強力な「歯止め」がかかっている。韓国の知識人が語る
ように「次期政権は外交政策をがらりと転換する」ことにはなりそうもない。

では、なぜ、韓国人はそう語るのだろうか。

それは韓国人が外交を「好き嫌い」といった情緒でとらえているからだと思われる。
社会の反米ムードが薄れれば実際の政策には変化がなくても自分では政策を転換
した気分になるのだろう(「韓国の情緒の研究 2007年6月4日参照)。

でも、この点を突っ込んで聞いていくと「ムードが変わっても、実は政策は大きくは
変われない」ことをなんとなく分かっている人も、いるにはいた。では、なぜ、彼らは
分かっているのに「ありえないこと」を語るのだろうか。

「米国への回帰」を物語ることで母親の懐に抱かれ安心していた昔を思い出し、新たな
保護者にならんとする中国への恐怖感から目をそむけようとしているのだろうか。
それとも「恐ろしい中国」に近寄り、米国の不興を買うことが確実になった以上は、
「反米を止める」と語ることで少しでも米国の好意を得よう、という心情からだかろうか。

以上は、あくまで仮説であって断言するには至らない。でも、ひとつ確実に言えることが
ある。それは「これからは米国と中国の狭間で微妙な立ち位置を探って行くしかない」
という認識が、ようやく韓国社会に広がり始めたということだ。

ソース:日経ネットアイ
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/suzuoki/20071122n5abm000_22.html

関連スレ
【鈴置高史コラム】日本と縒りを戻したい韓国の不安…「一人で漂流するのは怖いから一緒に漂流してくれ」という溺者の誘い[10/1]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1191199279/

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/430-dfc34ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。