渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 ウリナラ考古学・古代史

【新刊】朴天秀(パク・チョンス)著『新しく書く古代韓日交渉史』(社会評論) 

韓日古代史を探る両国の考古学・歴史学者たちの視角は、大部分が自国中心的だ。
西暦4世紀中盤、百済・近肖古王代に日本へ伝わった七支刀がよい例だ。
全く同じ銘文を巡り、韓国の学者は「倭王に下賜したもの」と読み、
日本の学者は「倭王に捧げたもの」と解釈している。

慶北大と大阪大で考古学を専攻した慶北大の朴天秀(パク・チョンス)教授(考古学)が
この本で見せている態度は、「辺境人」あるいは「灰色人」といったものだ。
彼は、最大限客観的な姿勢で遺物と遺跡を探る。
彼は、百済の先進文物が倭に伝播し文化水準を高めたのだとしても、
6世紀前半に倭の軍事勢力が栄山江流域で活動していたという事実も認定する。
とはいえ、倭が韓半島(朝鮮半島)南部の一部を支配したという「任那日本府説」を支持することもない。
この本の第6章「栄山江流域の前方後円墳を通して見た百済と倭」は、
同書に一貫する著者の論拠を際立たせている。
前方後円墳とは、上から見る時、前は四角形で後は丸く見える、鍵穴の形をした巨大古墳のことを言う。
日本では4-6世紀に集中的に出現するが、韓国では主に栄山江流域で6世紀前半に現れ、すぐに消える。
この墳墓を巡り、任那日本府説を立証する遺跡だという主張が日本から起こったのは言うまでもない。
しかし韓国国内の考古学会では、「ある地域で前方後円墳が出たが、
(日本の学者が喜ぶかと心配で)埋め直した」という噂もあった。

著者は、前方後円墳の形態で見る時、倭人の墳墓だという事実を認定する。
しかし墳墓から出土した百済の威勢品は、百済に服属した「倭系官僚」だという事実をあぶり出す。
遺物や遺跡、そして歴史書などを総合すれば、こういう話になる。
西暦475年、百済はソウルを高句麗に奪われた後、韓半島南部に南下した。
その過程で、栄山江流域最大の土着勢力が居着いていた全羅南道羅州潘南面地域は
土着勢力を首長に据えて「間接支配」し、その外郭は前方後円墳を作った倭系軍事勢力を利用し
「直接支配」した、というものだ。
しかし、538年に熊津(現在の公州)から泗?(現在の扶余)への遷都と栄山江流域の直接支配、
そして倭系官僚の本土帰還や「百済化」により、前方後円墳は消えた。

慎亨浚(シン・ヒョンジュン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
http://www.chosunonline.com/article/20071118000001

韓国にある前方後円墳
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/nicchou/kofunkr.html

1972年7月17日、当時高麗大博物館主任で勤めていたユンセヨンの「韓国の中の古墳」
と称する寄稿文が新聞に記載された。当時慶煕大学のファングヨングフン教授とユンセヨンなど
が全羅南道の光州郊外と栄山江など平野地帯にある丘陵4ヶ所を共同調査した結果、前方後円墳
が発見されたのだ。
この墳墓が発見された当初韓国の新聞などは一斉に「古代朝鮮から日本へ前方後円墳が渡った証拠」
として報道していたのである。前方後円墳は世界的に見ても非常に珍しい形状であり、日本独自
の墳墓文化として世界に紹介されているからだ。
しかし、調査が進むと、この古墳に関する報道は一切外に出なくなった。
何が何でも日本のものは100%韓国起源との虚偽・捏造に熱心な韓国であるが、この古墳の年代
が5~6世紀に作られていたことがわかり、日本の古墳が作られた年代である3~5世紀よりも後
であり、常識的に考えれば、この韓国の前方後円墳が作られた当時に日本から有力な豪族がやって
きて、当地を治めたか、若しくは日本からの何らかの影響が古代朝鮮にあったと推察される。
だからこそ韓国ではこの古墳を黙殺しているのである。任那の日本府とともに、古代の朝鮮半島の
歴史から日本を消したい韓国が歴史捏造をしている証拠のひとつとして紹介する。

自国の文化さえ破壊する韓国人達 - 古代史捏造の顛末

全羅南道の光州郊外と栄山江の流域に奇妙な形をした古代の墓があるのを
知っているだろうか?その形は前部が四角錐、後部が円形となっている。
出土物から紀元5~6世紀頃の遺跡と確認されている。
ところが、この歴史的遺跡は韓国の考古学会では黙殺されている。その理由は
その古代の墓の形状にある。

日本人なら「前部が四角錐で後部が円形の墓」と言われれば直ぐにピンとくるはず
だ。そう、逆向きで表現されているが前方後円墳である。実はこの墳墓が発見され
た当初韓国の新聞などは一斉に「古代朝鮮から日本へ前方後円墳が渡った証拠」
として報道していたのである。

前方後円墳は世界的に見ても非常に珍しい形の墳墓で、日本独自の墳墓文化とし
て世界に紹介されているからだ。ところが、よくよく調べてみると、日本の前方後円
墳が3~5世紀に作られたのに対し、これらの韓国の前方後円墳は5~6世紀に作
られていたことが分かってきた。さらに韓国の前方後円墳の出土物に日本の埴輪に
酷似した土器類が発見されたのだ。

常識的に考えれば、この韓国の前方後円墳が作られた当時に日本から有力な豪族
がやってきて当地を治めたか、若しくは日本からの何らかの影響が古代朝鮮にあった
と推察される。

そう、だからこそ韓国ではこの古墳を黙殺しているのである。さらに驚くべき事にこの
発見が無かったことにするために国家による埋め戻し作業が行われたという話を聞い
ている。

もしこれが事実ならそれは国家による犯罪行為ではないのか?遺跡はその国の所有物
であるだけではなく人類の共有財産でもある。また埋戻し作業がデマであったとしてもも
、少なくとも、この発見に対し黙殺を続ける韓国人達は自らの古代の文化を否定している
のに他ならないではないか?

韓国人よ、お前たちは常に日本に文化を伝えたのは自分たちだと豪語してはばからない
が、その逆の可能性について証拠がでるとこうして隠蔽・黙殺を当然のごとく行っている。

文化を否定し破壊する韓国人に文化を語る資格も権利もない。

http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/bunka08.htm

こういう愚かな行為を平然と行う国家って、世界中探しても南北朝鮮くらいだろうなぁ..

【韓国】ソウルで日本式の前方後円墳発見 KBSが報道(聯合ニュース)05/10/31
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1130769150/



3日後 ↓↓ ↓↓ 

【韓国】KBS報道の「江東前方後円墳発見」なかった事にしましょう(聨合ニュース)05/11/02
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1130938466/

10月15日から国立中央博物観が日本の「吉野ヶ里遺跡展」を開催している。12月2日まで開かれる展示
は韓・日古代遺物の比較を通じて日本に私たちの古代文化が伝わった事実を見せてくる。しかし「
韓・日古代史比較年表」を見れば状況が変わる。吉野ヶ里遺跡年代をB.C.500年~紀元後300年までに
設定し、その始まりを200年も引き上げている。

一方、我が国の場合、歴史時代を前(Proto)三国時代に設定しているのだ。我が国の歴史文化を代表す
る国立中央博物観が、我が国の三国時代の歴史を原始三国時代に格下げさせているのだ。これは非常
に深刻な問題だ。

筆者は1989年9月、日本文化庁が後援して韓国の国立中央博物観が特別協力して開催された‘吉野ヶ里
展’を日本の奈良県橿原考古学研究所附属博物館で参観した事がある。ところでそこで朝日新聞が製
作した展示図緑を購入して広げて見ている途中、驚愕を禁じえなかった。当時の九州大、西谷正教授
の文のためだった。

彼は“帯水を漢江に、帯方郡をソウルの近くと見る見解がある。この場合ソウル江東区(今の松坡区)
に残っている風納土城が注目される」と述べた。これと共に写真説明では風納土城を中国漢の時、設
置された帯方郡土城と明示した。そして、本文に挿入された‘東アジアの地図’には韓半島の忠南北
部までを帯方郡と表示していた。

2001年版吉野ヶ里展の図緑年表には百済の建国を346年、新羅の建国を356年に記録した。そんな西谷
が定年後にはソウル峨嵯山‘堡塁’発掘に指導委員として招待されたこともあって、去年からは我が
国の某国立大碩座教授で在職中だ。俗称知韓派学者という名前で。

しかし明らかなことは、彼が日本考古学会長を引き受けている‘極右学者’という点だ。西谷のこの
妄言は、日本の極右団体である‘新しい歴史教科書を作る会’が編纂した‘2006年版新しい歴史教科
書’(扶桑社)にそのまま移された。すなわち「帯方郡は中国の王朝が朝鮮半島に設置した郡で、その
中心地は現在のソウル近く」といったのだ。

ところでもっと驚くべき事実がある。韓・日両国の歴史教師が共同執筆した「仲直りと共存のため
のはじめの一歩-向かい合う日本と韓国・朝鮮の歴史I」(四季・2006)が日本扶桑社発行の教科書の帯
方郡地図をそのまま使っているという点だ。これのみではない。日本の韓国史歪曲が我が国に堂堂と、
それも国立中央博物観にまで侵透しているという事実だ。

今回吉野ヶ里特別展を迎え国立中央博物観が発行した「韓半島と日本九州」論文集を見よう。こちら
に収録された韓・中・日年表を見れば間違いなくB.C.に建国した百済と新羅が4世紀中葉に建国された
と記録されているた。今回‘吉野ヶ里韓国展’は日本政府が後援して佐賀県教育委が共同主催する形
式で開かれている。しかし、日本は表では親善を立てながら裏では歴史歪曲をほしいままにしている。

もっと大きな問題は、私たちの国立中央博物観や学界がこれを知らないまま容認しているという点だ。

イ・ヒョング|鮮文大教授・考古学

ソース:京郷新聞(韓国語)中央博物館にまで‘日歴史歪曲’浸透
http://news.media.daum.net/culture/art/200711/18/khan/v18900012.html

関連スレ:【日韓歴史】 古代日韓交流史の証「吉野ヶ里遺跡展」が韓国で大人気[11/07]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1194445976/

(ソウル=聨合ニュース)「高句麗は小樹林王の時の内政改革を土台に広開土大王の時に満州地方に対す
る大規模の征服事業を断行したし、引き続き新羅と倭.伽揶の間の勢力争いに介入して新羅に侵入した
倭を撃退することで韓半島南部にまで影響力を及ぼすようになった(高等学校国史教科書53ページ)」

現行高等学校国史教科書が任那日本府説の根拠に悪用されかねない、という主張が申し立てられた。
北東アジア歴史財団ヨン・ミンス研究員は北東アジア財団が15~16日、財団大会議室で「東アジア歴
史教科書の周辺国叙述とその特徴」を主題に開催した学術大会で、国史教科書53ページに載せられた
「新羅と倭、伽揶の間の勢力争いに介入して」という表現を問題視した。

「新羅と倭、伽揶の間の勢力争い」という表現は、新羅と争う勢力が「倭を主軸とする伽揶」という
誤解を生むかもしれないということだ。この部分は、広開土王陵碑文を根拠にしたもので、碑文に記
録された本来の国際関係は百済を中心に伽揶と倭が新羅と対立する構図として現われる。

ヨン研究員は「'倭主導の勢力争い'と言うのは韓半島(朝鮮半島)南部をめぐり高句麗と倭が対決し
たという日本学界の伝統的論理に巻き込まれる恐れがある。」と批判した。ヨン委員はまた「日本に
渡った韓国の文化」(260ページ)の中、「百済文化を土台に日本の世界的自慢である広隆寺弥勒半跏思
惟像と法隆寺の百済観音像が作られた」と言う叙述も論難の素地がある、と指摘した。

広隆寺の弥勒半跏思惟座像は、韓半島での完製品が伝わったとして製作地が議論になっているが、新
羅製である可能性が大きいという。ヨン委員は「広隆寺は新羅系の秦氏と関係が深く、日本書紀推古
紀31年の条に新羅の使者が持って来た仏像を秦寺=広隆寺に安置した、という記録をともかなうから、
百済よりは新羅とかかわる記述をした方が良いだろう」と主張した。

また中国の遼西、山東地方と日本の九州地方に進出した、と百済の対外征服活動を記述した部分は、
事実関係に問題が多いことが指摘された。ヨン委員は「百済の九州地方進出は日本書紀神功記と七支
刀銘文を根拠としているように見えるのに、これらの解釈は多くの問題点がある」「問題が多い日本
書紀にそのまま従ったら、日本の百済進出であって百済の日本進出にならない。史料を利用する時、
恣意的解釈は排除しなければならない」と主張した。

また中国の宋書と梁書を基礎にした百済の中国遼西地方進出と百済郡設置に関する記述も学界で議論
があって、通説として受け入れるには多くの問題点があると指摘した。中国秦代に起きた事件が、宋
書と梁書には出ながら、いざ秦書には見えない点が変で、高句麗と絶えず戦争をした当時、百済の状
況を考慮する時、水軍抜きで遼西地方を攻略した、という事実も納得しにくい。

ヨン委員は「中国四書にある、とそのまま信じたら、倭国戦で記録された百済と新羅が倭国を大国と
して仕えた、という内容もそのまま信じるしかない」「韓半島内部の発展過程など多様な側面を考慮
して、史料の意味を把握する必要がある」と主張した。

ヨン委員はこれ以外にも▲中国と係わって戦争史記述が中心になった点▲日本と係わって韓国文化の
優越性が強く反映された点▲対外関係の記述が貧弱な点等を高等学校国史教科書の問題点と指摘した。

ソース:聨合ニュース(韓国語)
<"国史教科で任那日本府説根拠されるかも">北東アジア歴史財団学術大会で指摘
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2007/11/16/0200000000AKR20071116185000005.HTML

関連スレ:【韓国】 私たちの歴史教科書の間違い、偏見そして歪曲[11/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195134810/

http://www.newsprime.co.kr/news/photo/41490-2-15969.png
http://www.newsprime.co.kr/news/photo/41490-2-15970.png

[プライム経済]「奈良」にはあまりにも多くの我が国の趣が生きて呼吸しているようだ。

昔の百済人たちがここへ来てなつかしい故郷の山河に置いて来た親と子、愛する恋人を思って再び帰
る日を指折り数えて待つことにくたびれ、限りなくたくさんの涙を流したはずだ。彼らは置いて来た
家族をしのぶのに疲れ、こちらで新しい国を建てることになったはずだ。そのため「ナラ」(訳注:
韓国語で国の意味)になったという話だ。

上の写真を見れば、二人の男女が非常に美しくて可愛らしく見える。昔の百済の王子がこちらの王族
の王女と愛の話を交わしているようだ。二人の男女が立っている道は日本で一番古い道と言う。この
道をたどれば奈良盆地の東にある昔の古墳に続く。ここにしばらく立っていれば万葉集の伝説と神話
が生きて呼吸しているようで、旅人の心を長い間つかんで離さない。

下側の写真を見よう。山の周辺には幾多の古墳が散らばっており、長い方向に卵円形になっていて長
さが200~300メートルの大きな古墳がある。一つは第10代崇神天皇御陵で、もう一つは第12代景行天
皇御陵と言う。

日本の中には昔の私たちのご先祖の歴史と文化がたくさん残っている。百済最後の義慈王の妹で倭国
の第37代天皇だった斉明女帝は、百済の復興運動を積極的に助けたと言う。しかし、百済本国の指導
部の分裂で、周留城が陥落して復興運動は失敗に帰した。このような周留城陥落の消息に倭人たちは
「周留がすでに降伏した。仕方ない。百済の名前は今日に至って絶えた。これから先祖の墓所にも行
くことができない」(日本書紀の記録)と言ったと言う。それなら、ここで倭人たちの先祖は百済人だ
った、という事実をうかがうことができると言える。

以後、本国を失った倭人たちは新しい名前の国と伝統を裏付てくれる新しい歴史、そして新しい文化
の必要性を痛感する。義慈王の妹である斉明女帝が死ぬと、倭の指導層は義慈王の息子であるプヨヨ
ン(訳注:扶余豊璋のことか)を奉じて第3代天智天皇(訳注:第38代の誤り)とし、国の名前を
日本と付けた。

ソース:(韓国語)[日本の中韓国の趣]奈良県天理市を捜して
http://www.newsprime.co.kr/news/read.php?idxno=41490&rsec=MAIN§ion=MAIN

■百済時代の鉄製鎧兜公開 … 「日本原産地説」覆すか

<アンカー>
今から約1600年前の物と推定される百済時代の鉄製の鎧(よろい)と兜(かぶと)が発掘
されました。鉄製鎧兜の原産地は古代日本だという既存の学説を覆す可能性があるか、
関心を集めています。TJB(大田放送)のリュ・ジェイル記者が取材しました。

<記者>
国立文化財研究所が公開した百済時代の鉄製鎧兜です。昨年3月に全羅南道の高興
(コフン)で発掘されたこの遺物は、保存処理過程で鉄製鎧の肩を守る肩甲が見つかったの
に続き、兜にもつばがあることが確認されました。特に、鎧の右側にある6枚の鉄板で構
成された肩甲に、学界の強い注目が集まっています。

また、つばを持つ兜は1cm間隔で多数の鉄板を鉄鋲で連結して作られており、百済時代
の鉄製品製造技術が繊細で精緻だったことを示しています。

5世紀中葉以後の遺物が日本で集中発掘されていることから、鉄製鎧は日本から輸入
されたものと推定されてきましたが、5世紀初頭の百済の鉄製鎧が発掘されたことで、学
界の分析も変わるようになりました。

<李ハンサン教授/大田(テジョン)大学歴史文化学科>
「(日本で出土している鉄製鎧の)原産地が百済である可能性が高いと思ってたんです
よ。百済の先進文化が日本列島へ伝えられた様子をはっきりと示す資料だと思います。」

<記者>
唐の太宗が百済の鉄製鎧を輸入して着たという記録があるように百済の鉄製品技術は
東アジア最高であるうえ、鉄製鎧兜が韓半島から日本に渡った可能性も立証されたこと
になります。

▽ソース:SBSニュース(韓国語)(2007-11-23 20:42)
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000341051

▽動画(●をはずしてください):
mms://news●vod.sbs.co.kr/nw/0123/nw0123c172540.asf

▽別ソース:朝鮮日報日本語版
<国立文化財研、1600年前の百済のよろいとかぶと公開>
http://www.chosunonline.com/article/20071123000032


http://www.newsprime.co.kr/news/photo/41490-2-15969.png
http://www.newsprime.co.kr/news/photo/41490-2-15970.png

[プライム経済]「奈良」にはあまりにも多くの我が国の趣が生きて呼吸しているようだ。

昔の百済人たちがここへ来てなつかしい故郷の山河において来た親と子、愛する恋人を思って再び帰
る日を指折り数えて待つことにくたびれ、限りなくたくさんの涙を流したはずだ。彼らはおいて来た
家族をしのぶのに疲れ、こちらで新しい国を建てることになったはずだ。そのため「ナラ」(訳注:
韓国語で国の意味)になったという話だ。

上の写真を見れば、二人の男女が非常に美しくて可愛らしく見える。昔の百済の王子がこちらの王族
の王女と愛の話を交わしているようだ。二人の男女が立っている道は日本で一番古い道と言う。この
道をたどれば奈良盆地の東にある昔の古墳に続く。ここにしばらく立っていれば万葉集の伝説と神話
が生きて呼吸しているようで、旅人の心を長い間つかんで離さない。

下側の写真を見よう。山の周辺には幾多の古墳が散らばっており、長い方向に卵円形になっていて長
さが200~300メートルの大きな古墳がある。一つは第10代崇神天皇御陵で、もう一つは第12代景行天
皇御陵と言う。

日本の中には昔の私たちのご先祖の歴史と文化がたくさん残っている。百済最後の義慈王の妹で倭国
の第37代天皇だった斉明女帝は、百済の復興運動を積極的に助けたと言う。しかし、百済本国の指導
部の分裂で、周留城が陥落して復興運動は失敗に帰した。このような周留城陥落の消息に倭人たちは
「周留がすでに降伏した。仕方ない。百済の名前は今日に至って絶えた。これから先祖の墓所にも行
くことができない」(日本書紀の記録)と言ったと言う。それなら、ここで倭人たちの先祖は百済人だ
った、という事実をうかがうことができると言える。

以後、本国を失った倭人たちは新しい名前の国と伝統を裏付てくれる新しい歴史、そして新しい文化
の必要性を痛感する。義慈王の妹である斉明女帝が死ぬと、倭の指導層は義慈王の息子であるプヨヨ
ン(訳注:扶余豊璋のことか)を奉じて第3代天智天皇(訳注:第38代の誤り)とし、国の名前を
日本と付けた。

ソース:(韓国語)[日本の中韓国の趣]奈良県天理市を捜して
http://www.newsprime.co.kr/news/read.php?idxno=41490&rsec=MAIN§ion=MAIN

前スレ:http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195741803/
★1のたった時間:2007/11/22(木) 23:30:03


日本の国宝に息づく新羅・百済文化 本紙・新韓銀行・GS共同企画「日本の中の韓民族史探訪」

「釜山‐対馬‐博多に通じる海の道は韓国文化が日本に伝えられた主な経路でした。
4‐6世紀ごろ、古代日本に花開いた飛鳥文化もこの道を通して形成されたのです」
檀国大学のチョン・ヨンホ碩座教授(大学が基金を財源に教授に迎え入れた、
学問的業績に優れた人物)が説明するように、九州・飛鳥・奈良・京都にかけて日本の各地には
約1500年前から伝えられてきた韓国文化の魂が今も深く息づいている。
長い歳月のうちに上塗りされてきた「日本らしさ」も、韓民族特有の文化を覆い隠すことはできなかった。

本紙が新韓銀行・GSと共に企画した「先生を海外へ-日本の中の韓民族史探訪」は今年で21回目を迎える。
1987年から毎年船に乗り、日本を訪れた参加者は1万人を超える。今月5日から6泊7日で行われた
今年の探訪には、538人(教師394人・一般人144人)が参加、2万3000トンの専用遊覧船「富士丸」に乗り、歴史に触れた。

8日、奈良・東大寺にて。檀国大学のチョン・ヨンホ碩座教授(右)の講義を聞く探訪団員たち。
http://file.chosunonline.com//article/2007/12/13/166782465537636584.jpg

昼は歴史ゆかりの地を訪れ、夜はチョン・ヨンホ教授、ソン・スンチョル江原大学教授による
船上講義が行われた。さらに、夜12時を過ぎても教師らの自発的なセミナーは続き、
船室の明かりは灯ったままだった。新羅の「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」そのものを思わせる
日本の国宝第1号である京都・広隆寺「弥勒菩薩半跏思惟像」、色とりどりのしま模様の
チマ(スカート状の衣服)が韓国のものと分かる奈良・明日香村高松塚古墳の壁画「飛鳥美人」、
手の先が美しく、名前からして由来が分かる奈良・法隆寺の「百済観音立像」など…。
ソウル市東北高校のチ・ミョンジュン教諭(49)は「日本の中に息づく韓国の歴史を体験できる、
本当にいい機会だった。わたしたちの祖先が日本文化に及ぼした影響について考えると、
誇らしく胸がいっぱいになる」と話す。

今年は朝鮮通信使400周年に当たるため、探訪団員たちの感慨は一層深い。ソン・スンチョ教授は
「朝鮮通信使により当時、日本では朝鮮の詩文に関する関心が非常に高かった」と説明する。
忠清南道青陽農業工業高校のイム・ミジャ教諭(43)は「より良い文化こそ伝わるものなのに、
今の韓流ブームが終わってしまったら、次に韓国は何を伝えられるのだろうかと悩む」と語った。

また一方では、反省する声もあった。釜山テピョン小学校のアン・ジェホン教諭(39)は
「“日本に文化を伝えた”と、韓国は過剰な優越感を抱いていたのではないかと反省させられる。
韓国から伝わったものを基に、独特の文化を生み出した日本の底力も認めるべきでは」
と語ったのが印象的だった。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 大阪=『少年朝鮮』ウ・スンボン記者
http://www.chosunonline.com/article/20071213000056
前スレ:★1の時刻:2007/12/13(木) 12:58:54
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1197518404/l50

朴天秀著『新しく書く古代韓日交渉史』



日本との交流の歴史を話せば韓国人たちはたいてい「ご先祖は日本の恩人」という自
負心がわく。「百済・新羅などが未開な日本に水準の高い文化と技術、制度を一方的に伝えた」と言うことが当たり前の事実として受け入れられている。これはすなわち日本が「恩を仇で返す」という論理でたびたび語られる。日本より優れていた、という民族主義史観のもと、多くの歴史書、甚だしくは教科書も一方的な文化伝播論を教えて来た。古代日本は一方的な受恵者だったのだろうか。侵略者だったのだろうか。紀元直後から新羅が三国を統一する7世紀中頃まで、日本列島と韓半島(朝鮮半島)の間に起こった交流の実像はどうだろう。

1990年代、大阪大学で学びながら韓日古代交流史の遺跡を一人で研究して来た朴天秀(パク・チョンス)慶北大教授は最近の著書『新しく書く古代韓日交渉史』(社会評論)を通じて避けることができない‘ファクト’(事実)を想起させる。日本の地に散らばった先祖たちの遺跡に劣らずこの地に倭人たちが残した遺跡・遺物も多く散らばっているということを。

80年代から3~6世紀、典型的な日本の貴族・王の墓であるチャンゴ(鼓)様古墳、いわゆる「前方後円墳」が全南栄山江(ヨンサンガン)流域のコフン・光栄・光州等の土地で13基も発見された。慶南海岸一帯でも倭式墓、銅鉾・鉄矛などの古代日本産武器、よろい、日本式弥生土器などが多く出土される。単純な貿易ではなく、定着して代々永住し、大きな墓で地方権力を誇示した兆候などが続々と現われた。国内学界はそっぽを向いたり、我田引水式で解釈して来た。ソウル江東地域で百済王朝が築いた最大規模の前方後円墳が発見され、これが日本の前方後円墳の原型だと報道した2005年、韓国放送の誤報波紋はこのうような考え方がもたらしたハプニングとして記憶される。

著者は関連リストだけ100ページに近い韓-日考古発掘資料を持って力をこめて言う。「古代韓日交流史に、近世や現代の葛藤関係を投映させてはいけない。実際、全くそうではなかった。発掘遺物が投げる声に聞き入って迷妄から脱しなければならない」<新しく書く古代韓日交渉史>は20年以上、韓日発掘現場を歩き回った専門家の視点から韓日交流史を初めて考古学的に再構成した。彼が見るに、鉄器時代であるB.C.300~400年頃から新羅の三国統一期の7世紀まで(日本の時代区分では弥生時代から飛鳥時代まで)韓半島と日本の考古学は境界がない。墓、住居などの遺跡と装身具、道具、武器類などは形式や外形がほとんど同じだ。

したがって近代民族主義の影を除き、考古遺物を土台にして韓日交流史を整理すれば、興味深いが当惑する何種類かの仮説が現われる。まず5~6世紀、全羅道一帯の南道地域は日本の九州の倭人貴族たちが治めたと考えられる。百済は統治権が弱かった南道地域を治めるために、彼らを官僚として連れて来て使ったというのだ。光州都心の前方後円墳が、彼らが享受した権勢を証明する。

それだけではない。南海岸と慶南・北の内陸に布陣した金冠伽揶、大伽揶などの伽揶連盟の国々は競争的に日本の大和政権は勿論、九州、四国、甚だしくは今日の東京近隣の関東地方勢力と同盟関係を結んで、鉄の輸出はもちろん武器類、装飾品などの威信財(身分や権威を示す品物)などを交易することに熱心だった。

倭と敵対関係に認識されている新羅も5世紀前半、金冠伽揶衰退以後と6世紀後半大伽揶滅亡後、日本各地の勢力と交易しながら対日交流の主導権を行使した、と朴教授は主張した。有名な慶州黄南大塚の出土品‘勾玉’(三日月様の飾り玉)が日本産という論争的主張と日本の中央、近畿地方の同時期、主要古墳に新羅製馬具と金銅装飾品を多数埋まっていたという事実などが根拠だ。(中略)

結論的に紀元前後から7世紀まで700年間、韓半島と日本の関係は今日よりずっと密接だったのみならず汎国民的な嫌韓・反日対立感情は事実上なかった。同じ生活圏・経済圏としてお互いに存立のために絶対的に必要な提携同盟の対象だった。彼の言葉どおりなら「韓半島三国の間の国境を出入りするより海で倭国と往き来するほうがずっと易しいほど」だった。
(後略)


http://news.empas.com/show.tsp/cp_hw/20071213n23782

http://ojsfile.ohmynews.com/STD_IMG_FILE/2008/0524/IE000913056_STD.jpg

中国吉林省に位置する広開土大王碑を実物大で修復した碑が京畿道九里市に雄大壮厳な姿を現わした。
去る23日午後5時行われた「広開土大王碑除幕式」で一般に公開された広開土大王複製碑は我が国で
6番目に建てられたもの。しかし、この碑はこれまで戦争記念館と独立記念館などに立てられた5個の
複製碑と比べる時、歴史的意味は勿論、学術的価値と完成度などで断然すぐれているということが複
製・建立過程に参加した専門家たちの一様な意見だ。

実際今回の複製碑は多くの拓本などを綿密に分析して碑文の完成度を高めたことは勿論、実物と一番
一致した外形を持っており、また去る2002年我が国で最初に建てられた広開土大王の銅像とともに並
んで立っているなど歴史的価値もすぐれていると評価される。碑文の考証を担当したソ・ヨンス教授
は「碑文紹介」で「大王碑は19世紀末、再発見されて以後、世界学界の持続的な関心を受けて来たが
すべてが高句麗の栄光を歌ったものではなかった。日本の参謀本部によって碑文の一部が変造、歪曲
されて倭の韓半島進出の根拠に利用されたし、最近では中国の‘東北工程’によって高句麗が中国史
という歴史歪曲の象徴物になったりした。」と説明した。

ソ教授は続けて「今日立てた‘原型複製碑’は高句麗の歴史の栄光を再現したものであると同時に、
文化財の立て直しの道しるべになるはずで、ひいては高句麗の気象をいかして私たち未来の志向点を
知らせてくれる座標になるだろう。既存の複製碑は原型とは距離が遠かったが、今回の複製碑は韓中
日3国の代表的な原石拓本を土台に精緻に考証して芸術魂を刻んで活かしたもので、文化の再創造と言
える」と強調した。

パク・ヨンスン久里市長は式辞を通じて「中国は今、私たち国民が太王碑のそばに近付くことができ
ないように徹底的に見張るだけでなく、大王碑をガラス窓の中に閉じこめておいて一つの単純な観光
商品に転落させてしまった」と指摘し、「今回の複製碑の建立を契機に民族史上一番すぐれた帝国だ
った高句麗の気象がもう一度力強く雄飛できるように願う」と述べた。
(後略)
ソース:ohmynews(韓国語)広開土大王碑建立「高句麗の気象、雄飛しなさい」
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000908099&PAGE_CD=16

◆「辛卯年記事論争に終止符を打つ」
広開土大王陵碑の碑文中でいわゆる「辛卯年記事」は日本が任那日本府説を主張する主要な根拠にな
るなど論争が数十年間続いて来た。「而倭以辛卯年来渡海破百残○○新羅以為臣民」と言う部分で、
日本側は1980年代の末「日本が辛卯年に海を渡って百済と伽揶と新羅を破り臣民にした」と解釈して
波紋を投げかけた。これに対して九里市が複製碑を建立してこの部分をどのように処理するかに関心
が集まった。

ソ教授は辛卯年記事と関連、「元碑の字の形態をそのまま従って複製碑を作ったが、同時に日本の歪
曲された主張を覆す意味を盛った」と述べた。すなわち、大王陵碑の横に「百済と新羅は昔の属民な
のにいまだに朝貢を捧げないで、倭は辛卯年(391年)に(海を)渡って来た。そのため○は百残(新羅)と
○を攻破して、新羅は○して(服属させて)臣民にした」(訳注:よく分かりませんでした)と言う内
容の複製碑解説板を立てる事にしたのだ。

チョン・ホンギュ韓国金石文各自芸術研究院院長はこれと関連、「過去数十年間、論文数百が出て辛
卯年記事を扱ってきた。しかし、大王の功徳費に倭(日本)が百済などを臣民にした、という内容を書
く理由が常識的にはない。これ以上の議論は不必要だ。」と主張した。

建立委助言委員であるユン・ミンス北東アジア歴史財団委員も「辛卯年記事は高句麗が戦争の名分を
要約的に記述した部分。しかし、その名分と歴史的事実の可否は別個であり、したがって辛卯年記事
は任那日本府説の主張の論理的根拠にはなれない。」と強調した。

ソース:文化日報(韓国語)広開土大王陵碑 ‘完壁再現’[05/20]
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2008052001032330039005

関連スレ:【日韓】広開土太王碑の複製碑除幕式に出席、高麗文康さん[05/23]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1211514078/
【韓国/歴史】 「九里を高句麗の歴史都市に」…広開土大王碑も建設 [01/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169710335/

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/411-776970c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。