渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 日台関係 日韓関係 ニコ動

「日本人と仲良くなりたい」――「ニコ動」でアニソン歌う、韓国人の女の子 (ITmedia)
記事写真
写真1
 リールさんが投稿した動画「らき☆すた『もってけ!セーラーふく』Full ver 歌ってみました」 写真:ITmedia

 和製ネットサービス「ニコニコ動画」のユーザーが、海外に広がっている。日本語で利用するサービスだから、日本語に慣れていない外国人には使いにくいはずだが、アジア各国で特に人気だ。10月には一部を中国語化した台湾版をリリースしたほか、韓国人ユーザーも増えている。

 韓国人の女の子・リールさん(ハンドルネーム、18歳)も、ニコニコ動画ファンの1人。アニメ好きが高じて独学で日本語を身に付け、ニコニコ動画も日本語で楽しむ。

 「アニメが好きな日本の人と友達になりたくて」――動画を見るだけではなく、自分自身も日本語の歌を歌って投稿した。曲はアニメ「らき☆すた」のオープニング「もってけ!セーラー服」。猛練習して歌い、思い切ってアップした。

 かわいらしい声と自然な日本語に「うますぎる」「原曲に似ててかわいい」などたくさんのコメントが寄せられた一方、韓国嫌いの一部ユーザーが「アジアの恥」「国に帰れ」とひどい中傷を集中的に浴びせかけ、時に好意的なコメントを覆い隠した。

 「うん……傷つかなかったといったら嘘ですね……」。リールさんは振り返る。だがニコニコ動画も日本も、嫌いになったりはしない。「応援してくれた人も、たくさんいましたから」

●アニメ字幕なしで見て日本語独学

 リールさんは、ソウルの隣・オサン市に住む大学受験生。小学生のころテレビで「セーラームーン」や「スラムダンク」に出会ったのがきっかけでアニメにハマり、日本に留学したいと日本語を学び始めた。「日本語は下手で」と謙そんするが、日常会話は不自由しないし、漢字を交えたテキストチャットもお手の物だ。

 「子どものころ、『日本に留学するにはまず、何をすればいいんだろう』と考え、勉強を始めました。ネットでひらがなやカタカナの覚え方を探したり、親戚にもらった日本の子ども用の本を、分からなくても読んでみたり。ちょっとできるようになってからは、字幕なしで日本の映画やアニメを見たり、ドラマCDを聞いたりして勉強しました」

 日本に行ったことはないが、日本人の友人は何人もいる。Skypeの友人検索で日本人に話しかけ、友達になってもらったという。「電話(Skypeのボイスチャット)しながら、こなちゃん(「らき☆すた」の泉こなた)と(涼宮)ハルヒの物まねをしたり、歌ったりしてます。楽しいです!」

●アニメ好きの友だちがほしくて

 日本のアニメが好きな韓国人の間で「ニコニコ動画」は有名という。ユーザーがアニメソングなどを歌った動画を公開する「歌ってみた」のコーナーが特に人気。ニコニコ動画で生まれたアニメソングメドレー「組曲 ニコニコ動画」も、ブログの口コミなどで広がっているようだ。

 「歌ってみた」で人気の歌い手「Jさん」「いさじさん」「ゴムさん」のファンも、韓国にいるという。「どこかのブログでいさじさんのことをアニキって呼んでる人も見ました。みんなすごく上手でびっくり」

 ニコニコ動画に集まる日本人アニメファンと知り合いたくて、リールさんは自分でも歌を投稿し、コミュニケーションのきっかけにしようとした。最初にアップしたのは桃井はるこさんの「hide and seek」。でも「下手だったのか叩かれてしまって」取り下げた。

 次に選んだのが「らき☆すた」のオープニングテーマ「もってけ!セーラー服」だった。らき☆すたキャラ4人(泉こなた《こなちゃん》、柊かがみ《かがみん》、柊つかさ、高良みゆき)が歌う――という設定の曲だ。

 「あたしは本当はこなちゃん役をしたかったのですが、みんなにツンデレ役にされてかがみんになりました」。リールさんは、ネットで知り合った声優志望の友人3人と役割分担。1週間この曲ばかりを聴き続けて猛練習し、家で録音した。ほかの3人もそれぞれのパートを家で録音し、重ね合わせたという。

 せりふ入りのこの楽曲。CDに付いていた歌詞カードにせりふが載っておらず、何度も聞いては書き取った。「でも『はじめなさいよ』というせりふを『はじまりなさいよ』って間違って……恥ずかしいです」。間違いは、のちに動画に付いたコメントで教えてもらった。

●傷つかなかったと言えば嘘だけど……

 「みんながんばって歌ったので、楽しくお聞きください」――8月16日、リールさんはそんな風に書き、動画をアップ(『ニコニコ動画』該当の動画へのリンク、要ログイン)。「うますぎる」「原曲に似てて驚いた」「かわいい」「韓国を身近に感じた」といった感想が寄せられた。

 だが同時に、韓国嫌いの一部ユーザーが、中傷コメントを浴びせかけた。「アジアの恥」「国に帰れ」「日本のパクり」「韓国じゃ『らき☆すた』放送してないはずだろ。犯罪者め」……次々に投稿される中傷。時に他ユーザーの好意的なコメントも覆い隠した。

 それに対するフォローもあった。「荒らしはごく少数」。動画にはそんなタグが付け加えられ、「荒らしは気にするな」「応援してるよ」「悪意のコメントを恥ずかしく思う。ごめんなさい」といったコメントが投稿されたが、それをかき消そうとまた、中傷コメントが投げつけられた。

 リールさんは振り返る。「うん……傷つかなかったといったら嘘ですね……。でも応援してくれたみんなには、ほんと、ありがとうって伝えたくて。ほめてくれたコメントもあったし、応援もうれしかった」

 そしてリールさんは、動画紹介を書き換えた。「らき☆すたは、日本の友人が教えてくれたんです。韓国にもCDやDVDを売っているサイトもあります。Amazonもそうですし……」――「パクり」「犯罪者」というコメントに対して、そんなふうに説明した。

 動画を投稿した理由と、フォローしてくれた人へのお礼も書き入れた。「日本のアニメが好きな人に会えるかなっと思ってうpしたんです……。もういいですから……。1人でも楽しく聴いてくれればいいんです。今日も1日、いい日になるように……。応援してくれたみんな、ありがとうございます」(表記など編集部で一部補足・修正)

●台湾人は歓迎・韓国人は叩く?

 アップから2カ月経った10月、この動画が急に日本で話題になった。台湾人258人がそろって日本のアニメソングを合唱したとする動画が人気を集めたことがきっかけだ。「台湾人は歓迎するのに韓国人を罵倒するニコニコユーザーはひどい」といった視点で紹介され、ブログや2ちゃんねるで取り上げられた。

 この騒動で初めてリールさんの動画を知ったユーザーは、動画にアクセスし、彼女をフォローするコメントを次々に投稿。10月に新たに入った「NG機能」で中傷コメントを投稿するユーザーIDをNG設定するよう、コメントを通じて教えたりもした。

 しばらくニコニコ動画を離れていたリールさん。ちょうどそのころ久しぶりにアクセスし、驚いたという。「たまたまアクセスしてみたら応援のコメントが増えてて。本当にいいタイミングでした。NG IDに、みんなが教えてくれたIDを追加しました。罵倒のコメントが消されてうれしかったです」

 その後「日本人のアニメファンと友達になりたい」と、SkypeのIDも一時的に公開した。「たくさんの人が話しかけてくれてほんとうに大喜びです」

●「人はもともと、1人では生きていけないですから」

 日本の一部のネットユーザーは韓国を敵視し、韓国人に対するひどい中傷を掲示板などに書き込むことがある。「韓国人も日本人が嫌いなんだろう」――「嫌韓」と呼ばれるユーザーは、そんなふうに言う。

 リールさんは言う。「『○○人だから嫌い』という考え方自体が間違ってると思います。人はみんな友だちになることができるのに、何でそんなふうに考えちゃうのでしょう。人はもともと、1人では生きていけないんですから」

 いつか日本に行きたいと思っている。「甘いものがすごく好きだから、ケーキバイキングに行ったり、『ハチクロ』(漫画『ハチミツとクローバー』)に出てきた観覧車に乗ったり、日本の友だちとカラオケに行きたいです」

 「次回作にも期待!」――ニコニコユーザーのそんな声に応えて11月4日、3曲目もアップした。「みんな応援してくれるから、勇気を出してまた歌ってみました。あたしの歌を聴いてもらって、仲良しになりたいです!」

リールさん画像が掲載された記事

台湾人が日本語アニソン大合唱 「ニコ動」が生む国際交流

YouTubeの“日米交流”――日本大好きメガネっ子、炎上から復活まで

【ニコニコ動画】に関連する最新記事はこちら

【アニメ】に関連する最新記事はこちら

ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/

[ 2007年11月5日7時48分 ]

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_nicovideo2__20071105_3/story/itmedia20071105017news/

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/361-1e52b9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。