渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 慰安婦問題

平成3年8月11日付け朝日新聞は、社会面トップで「思い出すと今も涙」「元朝鮮人
従軍慰安婦戦後半世紀重い口開く」とのタイトルで、「日中戦争や第二次大戦の際、
女子挺身隊の戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍
慰安婦のうち、一人が」名乗り出たと報じた。

しかし、この女性、金学順さんは、「女子挺身隊」として連行 などされていない事を、
8月14日の記者会見で自ら語っている。 ある韓国紙はそれを次のように報じた。

 生活が苦しくなった母親によって14歳の時に平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)
に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の
義父 に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった」
「ハンギョレ新聞」'91年8月15日付

 当時、内地でもよくあった気の毒な「身売り」の話なのである。 国家による組織的な強制
連行とは関係ない。

 そもそも「女子挺身隊」とは、昭和18年9月に閣議決定されたもので、金学順さんが17歳で
あった昭和14年には存在していない制度である。さらに「女子挺身隊」とは、販売店員、改札係、
車掌、理髪師など、17職種の男子就業を禁止し、25歳未満の女子を動員したものであり、慰安
婦とは何の関係もない。

 さらに「従軍慰安婦」という言葉自体が、当時は存在しなかった。「従軍慰安婦」とは、従軍看護婦
などとの連想で、あたかも部隊の一部であると読者に思い込ませるために朝日新聞が作った造語
である。

金学順さんは、その後、日本国を相手とした訴訟の原告の一人となるが、それを支援しているのが
太平洋戦争犠牲者遺族会であり、この記事を書いた朝日の槙村記者は、会の常任理事の娘と結
婚している。当然、韓国語も達者であり、金学順さんの話した内 容はよく知っていたはずである。

金学順さんが「売られた」という事実を隠し、「女子挺身隊として連行された」というこの記事は槙村
記者による、意図的な捏造記事である。その後の訂正記事も出していない。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog106.html

慰安婦被害女性ら、6日に欧州議会で初証言


【ブリュッセル5日聯合】旧日本軍による慰安婦被害女性らが現地時間6日午後、欧州議会で初めて証言台に立つ。
 韓国、オランダ、フィリピン出身の3人の被害女性が、ブリュッセルの欧州議会で行われる証言を通じ、旧日本軍に受けた苦痛など日帝の蛮行を告発し、慰安婦支持決議案を採択するよう求める。また、慰安婦問題に対する日本政府の公式謝罪と補償の早期実現に向け、シンガポールで21日に開かれる第3回東アジア首脳会議など国際舞台で、欧州連合(EU)代表らが積極的に参与することを期待すると述べる予定だ。

 今回の欧州会議証言は、人権団体アムネスティ・インターナショナルの仲介により、旧日本軍慰安婦被害者らが欧州諸国を訪問し慰安婦問題の真実を語る、欧州地域「スピーキングツアー」日程の1つとして実現した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2007/11/06/0400000000AJP200711060

PKOのスリランカ軍108人、買春で本国送還
11月3日18時43分配信?読売新聞
 【ニューヨーク=白川義和】国連は2日、ハイチに展開している平和維持活動(PKO)部隊のスリランカ軍要員108人を、現地女性との買春行為の疑いで、3日に本国に送還すると発表した。
 国連の内部監査局とスリランカ当局の現地調査で疑惑が確認された。
 108人の中には、大隊副司令官や中隊司令官2人も含まれている。未成年の少女を相手にした事例もあった。スリランカ軍要員は計950人で、1割以上が送還されることになる。
 国連PKOは、コンゴ民主共和国(旧ザイール)やスーダンでも、要員による少女への性的虐待や買春が問題化している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000011-yom-int

(ハンギョレ新聞)日本の月刊誌〈世界〉には本面の一番前に読者投稿欄である‘読者談話室’があ
って毎回三人ほどの文が載せられる。この雑誌の2007年10月号に奈良市に住む82歳の老人で海事代理
会社だったという方の送った文が載せられた。

今年の夏、日本軍慰安婦強制動員に関するアメリカ下院の糾弾決意採択は日本社会に少なくないショ
ックを与えたようだが、日本政府はまともに謝罪して償いなさいという決意の勧告に沈黙で一貫した。
(中略=安倍前総理の対応)読者投稿の内容を要約する。

(米下院の)決議は「残虐性と規模で前例がない。20世紀最悪の人身売買事件の一つ」とまで指摘した。
私は戦時中に私が経験した事を思い出した。それは昭和18年(1943年)11月末の事だった。私は商船学
校を卒業してすぐに新米3等航海士として川崎汽船所属の輸送船に配属されていた。中国大連で関東軍
精鋭約2000人を載せて激戦地であるニューギニアの方に航路を決めてすぐ南に向かった。

あの時、兵士らとともに若い‘従軍’(日本軍)慰安婦も80人位乗っていた。心細い、何か恐ろしがっ
ているような恐れた表情だったし言葉もあまりなかったことを憶えている。事務長から乗船者名簿を
受けたら慰安婦の大多数が韓国籍で20代の娘たちだった。荒くて冷酷な軍曹(下士官)が率いて面倒を
見ていた。強制連行なのか任意同行なのか、口を固くつぐんだ彼女らからどんな話も聞くことができ
なかった。そんな雰囲気でもなかった。

アメリカ潜水艦の襲撃に震えながら約1ヵ月あまりの航海を終わらせて無事に目的地であるニューギニ
ア、サルミに入港した。彼女たちは追い立てられるように兵士らの後に従って船から降りた。多分
「萩の家」という軍隊用慰安所に行かされたはずだ。当時の事がまるで昨日の事のように脳裏に鮮か
に残っている。戦争遂行上必要だという判断の下、軍が業者に要請して慰安所を作るようにした。
慰安所は軍が監督した。これは政府の調査結果で認めたことなのでそれで十分だ。

家の中に入って無理やり連れて行ったのかそうではないのか問う必要まではない。どうこういわなく
ても国家の責任を避けることはできない。慰安婦問題で日本軍を弁護することは、自由や人権抑圧を
肯定する、と受け入れられるだけだ。それは今の日本とアメリカが共有する価値観に反するというこ
とを安倍総理は知らなければならない。

投稿者は総理の沈黙は逆効果になるだけと言い、勧告を受け入れて談話を通じて国内外に強制動員の
事実を認めて謝罪せよと促した。今、生きていたら80歳をずっと過ぎるその80人の朝鮮娘のうち、何
人が生き残って故郷に帰っただろうか。日本の右派たちは恥辱を冒して軍隊慰安婦動員の実像を明ら
かにした被害者のお婆さんたちの公開証言の内容を立証する文書たちが残っていない、という理由で
証言の真正性を否認することで、彼女たちを再び侮辱した。

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)日本人の‘軍隊慰安婦証言’日本総理はこれ以上沈黙するな
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/247694.html


221 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/11/05(月) 17:21:50 ID:TxMBHPAb
従軍慰安婦は元々、日本の貧しい農村の子女だけを使ってたことを主張すべきだ。
「夏子の酒」戦時編や、「兵隊やくざ」見りゃ明らかだ。「夏子の酒」では小作人
の娘が慰安婦として大陸に渡る話が出てくる。勝新の「兵隊やくざ」に出てくる慰
安婦のほとんど全部が日本の着物を着ている。朝鮮女が着付出来る訳無い。

朝鮮人の売春婦はボロ儲けできることを知って、後から参入して来たに過ぎない。
在日が強制連行されて来た被害者とか、朝鮮人は本当にシラッとウソ付くよ。

それに付けても、ラントスやシーファーには本当に腹立つな。 調べもせずに
日本を悪者にしやがって! こんな奴等の為に給油なんかするな!

―――――――
米下院「公式謝罪要求」決議 ラントス外交委員長 日本の対応に「吐き気がする」と非難

 米下院は7月30日の本会議で、従軍慰安婦問題で安部首相に公式謝罪を求める決議案を採択した。

 AP電によれば、決議を支持したトム・ラントス議員(カリフォルニア、民主)は、「歴史を歪め、否定し、
犠牲者に非難を押し付けるゲームを行った」日本の一部の者たちの企てについて「吐き気がする」と
表現した。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/07/post_ec21.html

各党議員、慰安婦問題の賠償と謝罪求める決議案発議
【ソウル14日聯合】 大統合民主新党、ハンナラ党、民主労働党、民主党など各党の議員97人が14日、「日本軍性奴隷制の公式謝罪と法的賠償を求める決議案」を発議した。決議案は日本政府に対し、▼真相究明に向けた公式機関の設置▼慰安婦問題の公式認定と謝罪 ▼被害者に対する法的賠償――などを求めている。聯合ニュース11月14日付記事より参照のため引用/写真は「南北首相、中央博物館を参観」聯合ニュース11月15日付記事より参照のため引用)

41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/11/24(土) 20:35:22 ID:9z8+T4EC
ちょっと古くてリンクが切れてるけど…

米下院で偽証した嘘つき自称従軍慰安婦、李容洙(Lee Yong-soo)の証言。
矛盾点:年齢/家を出た状況
CNN:   14歳/兵隊に家から連れ出された。
米下院:  16歳/自分でこっそり家を出た。
朝日新聞: 15歳/拉致された。
共産党: 15歳/強制連行された。
中央日報:17歳/強制連行された
◆CNN:
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/03/japan.sexslaves.ap/
Lee Yong-soo, 78, a South Korean who was interviewed during a recent trip to Tokyo,
said she was 14 when Japanese soldiers took her from her home in 1944 to work
as a sex slave in Taiwan.
Lee Yong-soo(78歳韓国)は東京でのインタビューで、
◆U.S. House of Representatives: Statement of Lee Yong-soo
http://www.internationalrelations.house.gov/110/lee021507.htm
In the autumn of 1944, when I was 16 years old, my friend, Kim Punsun, and I were
collecting shellfish at the riverside when we noticed an elderly man and a Japanese man
looking down at us form the hillside......
A few days later, Punsun knocked on my window early in the morning,
and whispered to me to follow her quietly. I tip-toed out of the house after her.
◆朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0427/TKY200704270157.html
李さんは「私は15歳の時に拉致された。まわりの女性は誰も売春婦のようにはお金をもらっていなかった」と訴えた。
◆共産党
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-15/2007061514_02_0.html
李容洙(イ・ヨンス)さんは、十五歳のときに日本軍によって強制連行され性暴力を受けた実態を話し、
◆中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=89835&servcode=400§code=400
17歳という年齢で日本軍に強制連行されたイさん


(ソウル=聨合ニュース)1991年12月、金学順(キム・ハクスン)お婆さんが日本軍慰安婦問題を主張し
てから16年が経ったが、日本は相変らず強制動員の事実を証明する資料がないと一貫して沈黙してい
る。

しかし、7月アメリカ下院の慰安婦決議案採択に引き続き、オランダ下院も最近慰安婦決議案を通過さ
せたし、フィリピン、オーストラリア議会も慰安婦決議案採択を推進している。日本の沈黙に熱い視
線が集中している中、30日にソウルプレスセンターで韓国近現代史学会と北東アジア歴史財団主催で
「日帝植民支配の暴力性と日本軍慰安婦」を主題にした学術大会が開かれる。

この学術大会で日本中央大学の吉見義明教授は、慰安婦問題を研究した成果を紹介する。北東アジア
歴史財団があらかじめ公開した吉見教授の発表文「日本の軍隊慰安婦問題研究の成果と課題」によれ
ば、慰安婦に強制動員された女性の数字は最低5万人で多くは20万名に達する。また1940年、日本の大
本営陸軍省研究組が整理した「日中戦争での軍紀、風紀の見地で観察した性病に関して」を土台に、
よく見る時、慰安婦の中の朝鮮人女性の割合は半分を越す51.8%にのぼった。

「日中戦争での…性病に関して」と言う戦争地域で性病にかかった日本軍兵士の'相手女'の割合を調
査し、これを土台に慰安婦の比率を推定した結果、朝鮮人51.8%、中国人36.0%、日本人12.2%であった。
吉見教授は「朝鮮人と中国人の比率が圧倒的に多い点は、植民地・占領地の女性が主に犠牲されたと
いうことを示し、露骨な人種差別があったことを示唆する。」と主張する。

オランダ、ユトレヒト大学のエステル・キャプテン教授は「オランダ領東インド諸島での1942-1945年
当時、慰安婦たちに行われた強制売春と現在オランダに生存する慰安婦たちが伝える戦後の証言」と
いう発表を通じて、オランダ慰安婦女性の被害事例を紹介する。キャプテン教授は「オランダ領東イ
ンド諸島で200-300人の女性が日本軍の売淫窟で働き、このうち約65人は強制的に連れて行かれた」と
主張する。

この他に「朝鮮人日本軍慰安婦徴集に現われる植民支配の暴力性(ユン・ミョンスク.真実仲直りのた
めの過去史整理委員会)」、「朝鮮人労動力動員に現われる植民支配の暴力性(ハン・ヒェイン、親日
反民族行為真相糾明委員会)」などの論文が発表される予定だ。

ソース:聨合ニュース(韓国語)<"慰安婦の中で52%が朝鮮人だった">日教授慰安婦学術会議で発表
http://www.yonhapnews.co.kr/culture/2007/11/28/0901000000AKR20071128171900005.HTML

関連スレ:
【慰安婦問題】 日本の心臓部で広がった慰安婦問題糾弾の声~吉見義明+林博史、在日特派員に記者
会見[04/17]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1176813419/
【慰安婦問題】吉見義明教授が韓国で講演、安倍首相を批判:「日本軍による強制は明白。判例もあ
るんです」[05/04]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1178292754/

いわゆる「ジュウグンイアンフ」関連 売国ベストイレブン


「従軍慰安婦」という言葉を「創造」したのは元毎日新聞記者で作家の       「千田夏光」(故人)

反韓から朝鮮統一工作の一環として、「初・親韓」捏造記事を出した         「朝日新聞」 (コレ以降韓国は朝日を「良心勢力」と呼ぶ)

書いた記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた     「植村 隆」(義母の朝鮮女が「自称・イアンフ」)

朝日の捏造「慰安婦」記事に検証なしで韓国に謝罪したのは            「宮沢喜一」  ← 先日死亡www

「強制連行の証拠はないが、慰安所には軍が関与した」とした            「加藤紘一」

その捏造を強化する「偽証」を法廷で行ったのが                    「吉田清治」

証人として吉田清治にその「偽証」をさせた弁護士が                 「高木健一」
 
政府の「証拠なし」という調査結果を無視して「事実だ」と談話を発表したのは   「河野洋平」

証言のたびに内容が変わることで有名な金学順をはじめて引っ張りだしてきた  「青柳敦子」(昨年本を出して復活)

金学順の証言を鵜呑みし法廷で「女性に対する性暴力、性差別であった」とした  「吉見義明」

吉見の口頭弁論を担当して印象操作を行ったのは、当時(1997年)弁護士だった 「福島瑞穂」


【慰安婦問題】「勤労挺身隊の学童を性奴隷と表示」北東アジア財団~ドイツ性奴隷展(国民日報)[07/11/18]

(クッキー社会)歴史を正しく立てるために設立された'北東アジア歴史財団'が基礎的な歴史的事実
と概念さえ区分することができない無知を現わして日帝の時強制動員された被害者たちの胸にもう一
度くぎを打ち込んでいる。

東北アジア歴史財団は慰安婦に加えられた蛮行を世界に知らせる、という主旨で展示会を開いている
が従軍慰安婦と女性勤労挺身隊を区分しない間違いをおかした。また確認できない写真を多数載せる
ばかりか説明も違って、被害者たちが大きく反発している。この財団は去る15日から30日までソウル
西大門刑務所歴史館でドイツラーベンスブリュック記念館の展示物を後援受けて「韓国-ドイツ性奴
隷」展示会を開いている。

でたらめな写真、事実確認もしない=北東アジア歴史財団が今回の展示会を準備しながら出した写真集
「韓独性奴隷展-日本軍慰安婦とナチスドイツ収容所の強制性労働」は出処もなく、事実と違う写真で
一杯だ。この本の36ページには「慰安婦の生活」という章がある。この章の最初に登場する写真には
「12歳から16歳まで韓国女性が動員されて作られた日本名古屋市の女性精神勤労隊が労動場所に移動
している」となっている。

しかし、この写真は労動場所に移動するのではなく、参拝のために移動する日本人学童の姿という事実が
専門家たちの指摘で一歩遅れて明かされた。もっとひどいのは41ページに登場した「日本軍に付いて中国
                            ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^  
戦線到着した慰安婦たち」という写真。しかし、写真の中の女性たちは慰安婦ではなく親日団体で知られた
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「愛国国防婦人会」のメンバーたちだった。東北アジア歴史財団は展示が始まった16日には事態を把握して
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
展示会で問題の写真を撤収させた。またホームページに載せられた写真を削除するなど大
騒ぎしたが、すでに千部も売れた写真集にはどのような対策もない状況だ。予算二億を投入した展示
が台無しになったのだ。

慰安婦と勤労隊の区分もできない=北東アジア歴史財団は慰安婦と女性勤労挺身隊を区分なしに使って
当事者たちの大きい反発を買っている。慰安婦と違い、女性勤労挺身隊は日帝が太平洋戦争末期に女
性労動力を搾取するために作った組職だ。しかし、女性勤労挺身隊を慰安婦として描いた。勤労挺身
隊として服務したという朴・ヘオク(78)さんは「(挺身隊を売春婦呼ばわりするなんて)頭に来て夜も眠れ
ない」とうっぷんをはき出した。

慰安婦出身女性たちに対する細心な配慮が不足なことも問題だ。写真集には未婚女性たちが軍人に連
れて行かれる慰安婦を描きながら「踏み付けられた純潔」と描いている。しかし、慰安婦女性の中に
は家庭がある奥さんもいたし、就職詐欺など多様な形態があった。慰安婦がすべて娘だったし、強制
的に連れて行かれなかったら被害者ではない、という誤った認識を反映するという指摘を受けた。

日帝強占下強制動員真相究明委慰安婦チーム関係者は「日本の右翼たちが'強制的に連れて行かなかっ
た'と主張する論理に同調するのと同じく情けない策略」と批判した。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195396778/

イアンフ捏造の流れ

・支那・大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「ジューグンイアンフ」という言葉を創造、1973年「従軍慰安婦」を出版
   ↓
・1983年 「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
 89年ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で「訴訟費用は負担します」とビラ配り
   ↓
・驚いた済州島で、地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、89年8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道

   (これで一旦終息、2年の空白が流れる)

・2年後の1991年8月11日、突如 「アサヒシンブン」 が、「元イアンフに聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
 記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」 。
 NHKが終戦記念日企画として「イアンフ」捏造番組を放送。
 「青柳敦子」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 。この後に東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述
 (ここまで朝日は、常に韓国を『軍事独裁国家』と呼んで蔑んでいた)
   ↓
・翌92年1月11日、 「アサヒシンブン」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
 (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
   ↓
・1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪、
   ↓
・1月23日、またしても「 アサヒシンブン」 が、夕刊コラムで「 吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
   ↓
・6~7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化

   (が、アサヒシンブン「イアンフ捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、これを機に朝日を『良心勢力』と呼ぶようになる)

・「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 が偽証、担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
 「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、1993年8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
 同日、NHK教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。
   ↓
・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
 中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「イアンフ」が記述される。
   ↓
・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
 3月、 「アサヒシンブン」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と報道、「吉田清治」 証言否定。
 12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
 「吉見義明」 が『朝生』での発言を撤回していない状態で「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」
   ↓
・2000年、バウネット&朝鮮総連による「国際戦犯法廷」
   ↓
・2001年、「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却

そして現在に繋がる。

フィリピンの元従軍慰安婦ら、苦悩伝える音楽を作成 (ロイター)

 [マニラ 3日 ロイター] 第2次世界大戦中に旧日本軍の従軍慰安婦にされた複数のフィリピン女性が、経験した苦しみを若い世代に伝えることを目的に、その苦悩を音楽に表現した。

 同国のパンパンガ州にある女性グループは、女性の社会的地位向上を支援する団体の援助を受け、音楽ビデオを制作。同ビデオでは、日本兵に性的暴行を受ける女性らの記録を生々しく描写した。

 女性グループの責任者を務め、自身も慰安婦だったイザベリタ・ビヌヤさんは「多くの女性は、高齢のために、過去に起きた真実について既に忘れかけている。彼女らの悲惨な経験を少なくとも思い出せるようにと、この曲を作った」と語った。

 公式文書の不足などで従軍慰安婦の総数は明らかになっていないが、歴史家の見方は1万人から20万人の間となっている。

[ 2007年12月4日12時22分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_philippine__20071204_6/story/04reutersJAPAN291841/


★慰安婦決議 欧州での連鎖反応が心配だ(12月15日付・読売社説)

日本の信用を貶(おとし)めるような決議がこれ以上広がらないよう、政府は各国政府に強く働きかけるべきである。

いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる対日批判決議が、欧州議会で採択された。旧日本軍が、アジアの女性たちを
強制的に「性的奴隷」にしたとして、日本政府に謝罪を求めている。

今年7月の米下院の慰安婦決議が、ヨーロッパに“飛び火”した形だ。既に同様の決議が、オランダやカナダの議会
でも採択されている。

慰安婦問題への関心が、ヨーロッパで特段に高まっているわけではない。欧州議会の決議は、少数会派の緑の党が
推進し、採決の際に出席した議員は全体の1割にも満たなかった。

しかし、国際人権擁護団体の「アムネスティ・インターナショナル」が、各地でオランダ人などの元慰安婦の証言を聞く
公聴会を開催し、慰安婦決議の採択を各国の議会に働きかけている。中国・韓国系の反日団体も背後で動いている。

第2次大戦中、日本がオランダ軍を追い払い軍政を敷いたインドネシアでは、収監されていたオランダ人女性が、
日本軍兵士によって連行され、強制的に「慰安婦」にされた事件もおきている。

事態を知ったジャカルタの軍司令部は問題の慰安所を直ちに閉鎖し、女性たちを解放した。
遺憾な事件であったが、軍が組織的に慰安婦を強制連行したのではないことを示す「反証」でもある。
事件に関与した将校らは、戦後、オランダの軍事法廷で「BC級戦犯」として裁かれている。

ヨーロッパでは、ほとんど問題とされていないが、第2次大戦中、ドイツ軍も東ヨーロッパなどの占領地に、
500か所以上の“慰安所”を持っていた。

「ナチスがユダヤ人の女性を兵士用の売春婦として連行した」とローマ法王に報告したカトリック関係者の文書を
はじめ、いくつもの文書が残されている。

慰安婦をめぐる対日批判決議を推進した欧州議会の緑の党には、ドイツ選出の議員も多い。自らの国の問題には
口をつぐむつもりなのだろうか。

日本が繰り返し批判される背景には、1993年の河野官房長官談話がある。日本の官憲が組織的、強制的に女性を
慰安婦にしたかのような記述があった。

そうした事実を裏づける資料はなく、「強制連行」を認めるよう迫る韓国側の圧力をかわすためだったことを、石原信雄
元官房副長官らが証言している。

国際社会の誤解の根元である河野談話を見直していくことも必要だろう。

(2007年12月15日1時47分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071214ig91.htm

(前スレ)★1のたった日時:2007/12/15(土) 02:47:20
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1197654440/

333 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/05/04(日) 17:03:15 ID:26inaoTr
イアンフ捏造の流れ

・支那・大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「ジューグンイアンフ」という言葉を創造、1973年「従軍慰安婦」を出版
   ↓
・1983年 「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
 89年ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で「訴訟費用は負担します」とビラ配り
   ↓
・驚いた済州島で、地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、89年8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道

   (これで一旦終息、2年の空白が流れる)

・2年後の1991年8月11日、突如 「アサヒシンブン」 が、「元イアンフに聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
 記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」 。
 NHKが終戦記念日企画として「イアンフ」捏造番組を放送。
 「青柳敦子」と「福島瑞穂」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 。この後に東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述
 (ここまで朝日は、常に韓国を『軍事独裁国家』と呼んで蔑んでいた)
   ↓
・翌92年1月11日、 「アサヒシンブン」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
 (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
   ↓
・1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪、
   ↓
・1月23日、またしても「 アサヒシンブン」 が、夕刊コラムで「 吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
   ↓
・6~7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化

   (が、アサヒシンブン「イアンフ捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、これを機に朝日を『良心勢力』と呼ぶようになる)

・「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 が偽証、担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
 「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、1993年8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
 同日、NHK教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。
   ↓
・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
 中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「イアンフ」が記述される。
   ↓
・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
 3月、 「アサヒシンブン」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と報道、「吉田清治」 証言否定。
 12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
 「吉見義明」 が『朝生』での発言を撤回していない状態で「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」
   ↓
・2000年、バウネット&朝鮮総連による「国際戦犯法廷」
   ↓
・2001年、「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却

そして現在に繋がる。

★敗戦後、慰安婦を看護婦に 旧軍の命令、文書で初確認

・第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病院の補助的な看護婦として雇用
 するよう命じた通達が19日までに、連合国側が暗号解読して作成した英公文書で判明した。
 研究者らは、慰安婦が看護婦に雇用された際の身分が軍属だった可能性が高いとみている。
 敗戦時に軍属雇用するという配慮から、軍が戦中に慰安婦管理に事実上深くかかわっていた
 とする見方を補強する貴重な史料としている。

 従軍慰安婦問題では、政府の謝罪や補償の根拠となる当局の関与の度合いが問題となっており、
 今後の議論に影響を与えそうだ。「看護婦」とすることで、当局が慰安婦の存在を連合国側から
 隠ぺいしようとした可能性も指摘されている。

 慰安婦を看護婦としたことは元兵士らの証言や、オーストラリア人ジャーナリストの著書の中で
 出典不明で紹介されたことがあったが、その命令が原文に近い形で確認されたのは初めてと
 みられる。関東学院大の林博史教授(現代史)が英国立公文書館で発見した。
 http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061901000625.html

※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1213886862/

第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病院の補助的な看護婦とし
て雇用するよう命じた通達が19日までに、連合国側が暗号解読して作成した英公文書で判
明した。
研究者らは、慰安婦が看護婦に雇用された際の身分が軍属だった可能性が高いとみている。
敗戦時に軍属雇用するという配慮から、軍が戦中に慰安婦管理に事実上深くかかわっていた
とする見方を補強する貴重な史料としている。

従軍慰安婦問題では、政府の謝罪や補償の根拠となる当局の関与の度合いが問題となって
おり、今後の議論に影響を与えそうだ。
「看護婦」とすることで、当局が慰安婦の存在を連合国側から隠ぺいしようとした可能性も指
摘されている。

慰安婦を看護婦としたことは元兵士らの証言や、オーストラリア人ジャーナリストの著書の中
で出典不明で紹介されたことがあったが、その命令が原文に近い形で確認されたのは初め
てとみられる。
関東学院大の林博史教授(現代史)が英国立公文書館で発見した。(共同)

http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061901000625.html

■8月23日、歴史の中の今日

日帝、女子挺身勤労令公布(1944年)

1944年の今日、日本の厚生省は「女子挺身勤労令」を公布・施行した。
12歳以上40歳未満の女子に令状を交付して、挺身隊として編成するという内容の法令だ。

日帝は既に1932年から軍隊慰安婦制度を導入し、その後1937年の南京大虐殺を契機に
本格化させて、ついに1944年に「女子挺身勤労令」で合法化したのだ。

この法令は、日本政府が組織的に挺身隊、すなわち軍慰安婦を徴発したという証拠だ。

第2次世界大戦の終わりまでに日帝が徴発していった韓国女性は約20万人と推定される。

▽ソース:YTNテレビ(韓国語)
http://www.ytn.co.kr/_comm/pop_mov.php?s_mcd=0422&s_hcd=&key=200808230253561977

▽前スレ: http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1219541272/l50

月) 02:02:32 ID:cz/1Qd8P
イアンフ捏造年表  改訂版2.2(2008/8/25)

 ・ソウル新聞が1970年8月14日号にて
  「挺身隊に動員された韓・日の女性はおよそ20万。そのうち韓国の女性は、5~7万名」と報道
   ↓
 ・支那・大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「ジューグンイアンフ」という言葉を創造、1973年「従軍慰安婦」を出版
  「『挺身隊』として動員された朝鮮人女性20万人のうち、5~7万人が『イアンフ』にさせられた」と捏造
   ↓
 ・1983年、「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
   ↓
 ・1989年、「私の戦争犯罪」ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で訴訟費用は負担しますとビラ配り
  驚いた済州島で地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道
   ↓
 ・梨花女子大学英文科教授 「尹貞玉」 が「挺身隊問題」を日本のサヨクと結託研究、
  1990年、ハンギョレ新聞に挺身隊とイアンフを混同させたルポを連載
  8月、このルポを読んで「ウリは『挺身隊』だったニダ」と 「金学順」 登場 (ここで韓国による挺身隊とイアンフの混同が確定)
   ↓
 ・1991年8月11日、突如 「アサヒシンブン」 が、「元イアンフに聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
  記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」
   「NHK」 が終戦記念日企画としてイアンフ捏造番組を放送 (2006年11月4日、池田信夫氏が捏造番組だったとブログで告白)
   「青柳敦子」 と 「福島瑞穂」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 (東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述)
   ↓
 ・1992年1月11日、 「アサヒシンブン」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
  (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
  1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪
  1月23日、またしても 「アサヒシンブン」 が、夕刊コラムで 「吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
  6~7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化
  (が、アサヒシンブン「イアンフ捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、アサヒを『良心勢力』と呼ぶようになる)
   ↓
 ・1993年、「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 偽証、担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
   「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
  同日、 「NHK」 教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。
   ↓
 ・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
  中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「イアンフ」が記述される。
   ↓
 ・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
  3月、 「アサヒシンブン」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と論点ずらしで 「吉田清治」 証言否定。
  12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
   「吉見義明」 が『朝生』での発言を撤回していない状態で「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」
   ↓
 ・2000年、バウネット&朝鮮総連による「国際戦犯法廷」
   ↓
 ・2001年、 「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却

そして現在に繋がる。

東京で連帯会議 9カ国・地域から参加、「慰安婦」問題の解決 「日本の責務」

立法府での法制定を要求

 既報のように、第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議が11月23~25日、東京都内で開催された。会議で朝鮮は日本軍「慰安婦」問題に関する立場を表明(代読)し、日本の責任を追及した。各国の参加者たちからも、謝罪と賠償を求める声が噴出し、問題の解決に向けてよりいっそう国際連帯を強化していくことが確認された。

朝鮮、文書で主張

 会議には南朝鮮、中国、インドネシア、フィリピン、台湾、東ティモール、カナダ、米国、日本から日本軍「慰安婦」被害者と活動家が参加。23日にアジア連帯会議(非公開)、24日に公開集会が催された。25日には日本政府と国会への要請活動と参議院議員会館前でのスタンディングデモ、院内集会が行われた。

 朝鮮日本軍「慰安婦」および強制連行被害者補償対策委員会(朝対委、女性同盟中央の丁煕子副委員長が代読)は、朝鮮国内の被害者の現況と同委員会の活動に言及し、日本は朝鮮が日本帝国主義の植民地支配から解放されて60年以上経った今日まで、過去の犯罪行為に対する清算を行っていないと非難した。

 そして、日本軍「慰安婦」問題をはじめ過去の反人倫的犯罪に対する清算は日本政府が必ず実行すべき法的責務であり、回避できない歴史的過程だと強調。日本政府に対し▼過去のあらゆる反人倫的犯罪に関する全資料の公開と真相究明▼国家名義の謝罪と賠償▼すべての反人倫的犯罪の教科書記述と教育などを求めた。

各国で決議採択

 会議では各国の活動家がそれぞれの活動と今後の課題などについて発言(別項参照)し、9人の日本軍「慰安婦」被害者が証言を行った。

 近年、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める国際的な世論が高まりを見せ、世界的な連帯が形成されつつある。

 10月には南朝鮮の国会で、11月には台湾立法院で公式謝罪と国家賠償を求める決議が採択された。オランダ議会、EU議会、カナダ議会、米国下院でもすでに同様の決議が採択されている。

 今回の会議に参加した南朝鮮・民主労働党の郭貞淑議員は、「この問題は被害者が生きているうちに終結させなければならない」と強調し、「日本が依然として事実を隠ぺいし、否定していることは、正常な国家としての尊厳を否定し、国際社会の不信と孤立を招く自滅の道」だと指摘した。

 また、カナダ、フィリピン、EUの議員がビデオ出演し、責任を回避し続ける日本政府に強い不満を示し、問題解決を訴えた。米下院のナンシー・ペロシ議長、マイク・ホンダ議員、台湾の議員も連帯のメッセージを寄せた。

「最悪の政治状況」

 公開集会では、日本軍「慰安婦」問題の解決を日本政府と国会に求める決議が採択された。

 決議は、日本政府が▼事実を認め謝罪し▼謝罪と賠償を実現するための行政的、立法的制度を整え▼日本軍「慰安婦」問題を否定する言論に反論し▼歴史教科書への正しい記述と教育を行い、国会が特別法を早期に制定することを求めた。

 日本軍「慰安婦」問題の加害当事国である日本では今年、宝塚(3月)、清瀬(6月)、札幌(11月)の3市議会が政府に日本軍「慰安婦」問題解決を求める意見書を採択した。

 しかし一方では、中学、高校教科書から「慰安婦」問題の記述が激減し、首相自ら「慰安婦」問題を否定する発言をするなど、逆行する動きが顕在化した。最近では「侵略国家は濡れ衣」だとの認識を航空幕僚長が論文で明らかにし、司法においては、日本軍「慰安婦」関連裁判10件中9件が最高裁で請求を棄却されている。

 このような日本国内の状況について、会議に参加した被害者や各国の活動家らは大きな憤りと憂慮を示していた。

 今会議実行委員会は麻生政権に対して、「戦前と変わらぬ思想の極右政権というべき内閣で、(「慰安婦」問題の解決を求める運動にとって)安倍内閣同様の最悪の政治状況」との認識も示した。

 同会議実行委員である坪川宏子さんは、10数年間の経験に基づき今後の運動について「司法による解決は困難であり、立法府での解決が主となる」と指摘する。そして、民主、共産、社民、新党日本の野党4党が推進している「戦時性的強制被害者補償の促進に関する法律案」を可決させるために議員などへの働きかけを強化していこうと訴えていた。(呉陽希記者)

会議参加者の発言(要旨)

尹美香氏(韓国挺身隊問題対策協議会)

 92年に始まった定期水曜デモはすでに840回(11月19日現在)を数える。日本軍「慰安婦」問題解決を求める国際社会の声を、日本政府と国会が受け入れるよう活動を繰り広げるべきだ。そのためには、世界各国の議会で関連決議案を採択させるために活動を繰り広げてきた団体などが、力を結集させなければならない。とくに来年7月、国連女性差別撤廃委員会で日本政府の報告書が審議されることから、これに向けた対応活動が必要だ。

康健氏(中国・弁護士)

 06年に中華全国弁護士協会と中国法律援助基金会が調査機関を設立し、08年1月までに44人の生存している中国人の「慰安婦」被害者を確認した。日本政府は「河野談話」を踏襲するのではなく、世界中の非難をかわすのに利用している。日本政府の詭弁を国際社会に暴露すべきだ。被害者の証言からより詳しく被害の実態を明らかにし、公的文書などの書類と資料を探し出し、日本軍の組織的な犯罪事実を証拠付けることに重点を置いて調査を進めていきたい。

頼采児氏(台湾・台北市婦女救援社会福利事業基金会)

 国際社会は、日本政府に対し、一丸となって圧力をかけなければならない。日本政府が解決を回避し続け、歴史教科書を書き換えていることから、日本の市民に事実を教育することが課題となっている。各国での抗議行動が世界的な流れとなり、それぞれのメディアに大きくとりあげられるよう活動していこう。

フローラ・チョン氏(カナダ・トロント・アルファ)

 被害国政府の声がさまざまな政治、経済的理由で封じられているのは悲しいことだ。約10年前までカナダには、第2次世界大戦時の日本軍の蛮行を記した書籍や教材がなかった。学習指導要領を独自で作成し、学校の教育課程に統合させるための活動を繰り広げた結果、正式に加えられた。現在、オーストラリア政府の教育担当者と交渉している。今年中に新しい指導要領を作成し同国で採用させるのが目標だ。

エカ・ヒンドラティ氏(インドネシア・作家)

 この問題に対するインドネシアでの運動は遅れており、正確な情報を把握できていない状態だ。今会議を契機に国際社会での解決に向けた闘いに加わっていきたい。

スーザン・マカブアグ氏(フィリピン・戦時性暴力被害者のためのロラ・マシン・ネットワーク)

 今年3月に日本軍「慰安婦」関連決議案がフィリピン下院で採択されたが、日本大使館がこれに意見したことによって、再採決を行うため再び差し戻された。日本の市民団体は、自らの責任として国会に関連法の制定を求めなければならない。さらに17年間におよぶ国際的な活動を総括し、国際的な枠組みのなかで法制定を実現するべきだ。

エディオ・サルダニャ・ボルジェス氏(東ティモール人権協会)

 日本軍「慰安婦」問題は女性だけではなく全人類の問題だ。今後、今なお苦しんでいる被害者たちに手を差し伸べるなんらかの方法が見出されることを期待している。言葉だけの連帯ではなく行動をともにしなければならない。日本政府に被害者に対する真の謝罪と補償を求めなければならない。

アナベル・パク氏(米国・121連合)

 米下院での決議をはじめ各国での決議採択は日本の市民にとって政府に圧力をかけるまたとないチャンスを与えている。日本が事実のわい曲に基づく独自の歴史認識を持ち続けることは不可能だ。この問題は地域的な問題ではなく、世界史的に重大な問題だ。これ以上待てない。世界中が日本の行動を注視している。

坪川宏子氏(第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議実行委員会)

 もはや時間は限られている。日本政府は被害者の要求、国際社会の勧告を無視し、「河野談話」に矛盾する暴言も放置している。日本社会には「アジア女性基金」の終了でこの問題が終了したかのような風潮が見られる。過去の事実に目をふさぎ、自国美化のナショナリズムを許してはいけない。参議院で野党が多数であること、国際連帯の力が存在することを踏まえ、立法府での法案制定を当面の目標にしたい。

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2008/05/0805j1205-00001.htm

◆「韓国」は在韓米軍に「慰安婦」を提供していた!

ロクな調査もせずに発表された時の官房長官談話によって、今でも韓国から非難され、謝罪を要求され続けている旧日本軍の「従軍慰安婦」問題。が、ここにきて、その韓国政府自らが、かって在韓米軍に「慰安婦」を積極的に提供していたとの証言が飛び出した。

<元売春婦らが、韓国と米国が基地付近の売春を可能にしたと述べる>――。
今月8日、米紙『ニューヨーク・タイムズ』が、こんな見出しの記事を掲載した。同じ記事は同紙傘下の『ヘラルド・トリビューン』紙翌日付にも掲載されているが、いずれも国際面と1面で半分近くの分量を割いた記事だ。執筆者は、両紙のソウル特派員である崔相薫(チエ・サンフン)。

<韓国は長年にわたって、旧日本軍向け売春施設で韓国やその他の地域の女性が働かされていた戦時下の最も醜い歴史の一章、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府がその責任範囲を曖昧にしていることを厳しく批判してきた>という書き出しの後 、記事はこう続いている。

<そしていま、今度は、韓国の元売春婦グループが、北朝鮮から韓国を防衛していた
米軍兵士を相手に、自分たちにセックスをするよう奨励するという、別種の虐待を行なったとして、自国の元指導者を告発した。彼女たちはまた、韓国の歴代政権および米軍が、1960年代から1980年代にかけてセックスビジネスに直接かかわり米軍兵士が性病に罹らないように売春が行なわれるよう、性病検査および治療体制を共に構築したとして、利用者を告発している>
<これらの女性たちは、(中略)韓国自体の歴史を厳しい目で検証することをせずに日本からの賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している>

そして崔記者は実際に米兵士相手の「慰安婦」だったという金愛蘭(キム・エラン)さん(58)に取材し、<韓国政府は、米軍相手の大手売春斡旋業者でした>という指摘や
<政府はGI相手にできるだけたくさん商売するよう熱心に奨励し、私たちを“ドルを稼ぐ愛国者”として賞賛したのです>との悲痛な訴えを引き出し、さらに、他にも7名の元「慰安婦」らに取材した結果、
<米韓当局は、番号札を用いて女性を識別し、兵士達がセックスの相手をより容易に見分けられるよう、売春宿に番号札の着用を強要していたと女性たちは述べる>
<性病に感染していると見なされた売春婦たちを韓国警察が連行し、女性たちによれば、窓に鉄格子がはまったいわゆる“モンキーハウス”と呼ばれる監視施設に監禁したという。この施設で、売春婦らは性病が治癒するまで治療を受けることを強要されたという>などの証言も得られた。

同紙が独自に韓国および米国の公文書を調査した結果、
<これら公文書の中に、女性たちの主張の多くを裏付けるものが見つかった>
<韓国では売春は違法であるにもかかわらず、基地付近での売春を韓国も米軍も容認していた、何十年にもわたり明らかであった>とも指摘。この後、記事は元韓国政府の役人、内務省副大臣らの過去の証言、それに研究者らの解説も載せ、最後に、<名字だけを公表するという条件で取材に応じてくれたジョンさん(71)>の、こんな叫びで締め括っている。<自分の人生について考えれば考えるほど、私のような女性は、わが国と米国との同盟関係の最大の犠牲者だという気持ちが強くなってきます。振り返ってみれば、私の身体は私のものではなく、韓国政府、そして米軍のものであったと思います>当事者の証言や関係者の取材、そして独自調査も踏まえた、なかなか読み応えのあるスクープ記事なのだ。

■日本への非難は偽善

産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏によると、在韓米軍のために韓国政府が「慰安婦」を提供していたという問題は、韓国のマスコミで話題になったことはなく、なぜかこれまでタブー視されてきたのだという。

「確かに報道では触れられてきませんでしたが、これまで研究者による書籍や論文では書かれていたので、実は何も新しい話ではないのです」そう語るのは、記事の執筆者である崔記者だ。

「昨年末、慰安婦問題に関する集会があり、その際、近々国を相手に提訴する動きがあるという話を聞き、取材を続けていたのです。現在、ソウルには、元慰安婦の女性たちを支援する民間団体が3つありますが、今回はその1つが提訴することを決めたんです」

実際、その元慰安婦支援団体『セウント』の副委員長を務める申英淑(シン・ヨンスク)氏が、「我々の団体には、元慰安婦の女性が165名加入しており、このメンバーで集団訴訟を起こします。請求する金額や提訴の日付はこれから協議で詰めますが、在韓米軍の関与もあったわけですから、韓国政府だけではなく米国政府も被告とする方針です。我々以外の支援団体も今後、歩調を合わせることになれば、原告団はかなり大規模なものになるでしょう」と、提訴の経緯を説明する。

崔記者によれば、「60年代の韓国議会議事録には、米兵が休暇中にわざわざ日本に行って女性を買っている実態について議論され、これでは韓国にドルが落ちないから、外貨獲得の為に慰安施設を設置するべきと話し合われた内容が詳細に記録されている。韓国政府が積極的に米軍向け売春行為に関与したことは明らかです」

記事の冒頭にもある通り、これまで韓国は旧日本軍が慰安婦を強制的に連行していた
と決め付け、日本に謝罪を要求し続けてきた。しかも、平成5年8月、時の官房長官、河野洋平氏がそれを公式に認めるという誤った「河野談話」を発表したため、日本政府が今もその呪縛から逃れられずにいることもご存じの通りだ。

「談話に繋がる根拠とされ、朝日新聞が大々的に持ち上げたのが、吉田清治の著書『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』でした。しかし、あの本は小説。私が現地調査をした上で、吉田に“あれは嘘だろう”と詰め寄ったら、本人も認めていましたから。結局、朝日新聞を始め、あの本を政治的に利用した人たちがいたわけです」
(現代史家の泰郁彦氏)

ちなみに、その朝日新聞は『ニューヨーク・タイムズ』紙と提携しており、同紙の記事を独占的に紹介することも多い。が、何故か今回の“スクープ記事”は一行も紹介することなく、完全に黙殺している。

「元慰安婦たちは口々に“自国の問題を棚に上げ、韓国政府が日本を非難するのは偽善だ”と言ってましたが、私自身もまったく同感です」(崔記者)

今からでも遅くはない。
朝日新聞は、この崔記者に“正確な”慰安婦問題の原稿を依頼してみてはどうか。
ソース:週刊新潮1月22日号(P30~31)
http://kuyou.exblog.jp/7818651/


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/341-0582f710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。