渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 ウリスト教

35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/11/02(金) 20:12:29 ID:WJibHP2s
>>23
呉善花さんの書いたUSAニダー・レポートによると
ロスの韓国系の教会には韓国系だけしか集まらなくて
さらに牧師(神父)の説教の内容は反日ネタばかりだとか。

牧師「盆栽は韓国起源なのに、アメリカ人は日本文化だと思ってるニダー!」

牧師「われわれ在米韓国人は正しい認識をアメリカ人に伝えなければならないニダ~」

信者「そうニダ、そうニダ(熱狂)」

毎週のように教会に集まり、反日演説に熱狂することで、
連中は民族的な一体感を得るらしいよ。
しょせんキリスト教ではなくウリスト教ですから

7月19日、アフガニスタン(以下アフガン)で韓国人クリスチャン23人がタリバン武装勢力によって
拉致されるという事件が起こった。
韓国教会は、今この事件による深刻な後遺症に悩まされている。教会のした善意の行為が、
かえって社会的な糾弾の的になってしまったのだ。
甚だしくは、外国の言論においてまで韓国キリスト教の“攻撃的宣教”、“熱情主義”が招いた結果だと表現した。
日本の一部言論も批判的な視点で報道したようだ。
また、ある韓国教会の東京集会は日本の自尊心を傷つけたようだった。

しかし、今回の人質事件で韓国の言論は虚報を流した。
アフガンに行くなと言われていたにも関わらず、行った、と責めた。
しかし実は、政府の公文書はパキスタンのペシャワルからカブールまでの国道を利用するな、という内容だ。
彼らは命令どおりその道は避けた。甚だしくは日本の某新聞は袖ない服にブルカも着用せず、
アイスクリームを食べるなどして現地人たちの感情を刺激したと報道した。
それは事実と全く異なる。彼らは出発前の3カ月間、文化適応のための訓練を受けていたのだ。

その教会は、莫大な人質代金を返さなければならないという負担を抱えている。
韓国政府はあまりにも高額な身代金を支払ったとして非難を浴びた。
読売新聞は人質代金2000万ドルと報道したが、それが正確だという。

とにかく、韓国教会は誤った報道によっておびただしい試練にあっている。
韓国の教会にとって、それは重大な教訓と同時に、挑戦となった。
教訓とは、宣教がこのままではいけないという反省と批判である。これは当然のことだ。
これまでに、韓国教会は170カ国に1万7000人の宣教師を派遣してきた。
韓国教会が派遣した宣教師は、80年代の半ばまでは2000人も超えなかったが、
80年代後半から急成長した。急な量的成長は問題を引き起こすものである。

ところで今回の事件は、2つの宗教の宣教的衝突、もしくは文明の衝突とも言えよう。
イギリスの「エコノミスト」紙8月2日付の記事は重要な示唆を与えている。
「韓国クリスチャンとタリバン:信仰の衝突」というタイトル自体が意味深長である。
「韓国キリスト教は資本主義、民主主義とともに韓国社会の三位一体を形成している」と理念的に分析している。
「韓国は宗教的な熱情の結果と真剣に取り組まなければならない一方、
タリバンはアルカイダから学んだ死刑執行と自殺爆弾の方法を再考しなければならない」状況であり、
両者ともに神の業はいかなる代価を支払ってでも遂行されるべきとの意志を固めているという指摘であった。
韓国プロテスタントの宣教的熱情とタリバンの過激主義を比較する点で、
この記事は非常に正確な分析を行っていると言える。

韓国教会は社会的には左翼グループの深刻な挑戦を受けたが、幸いにもクリスチャン大統領が登場した。
韓国には「反キリスト教市民連帯」という社会団体が存在している。
会員は約1万人だと言う。今度のアフガン事件でもこれらが先頭に立ってキリスト教会の宣教を攻撃した。
このような社会団体は韓国にだけあると言う。

しかし、韓国教会は現在、何よりもイスラムの挑戦に直面している。
イスラムは2020年まで韓国をイスラム化するという目標を立てたという。
イスラムは今、韓国で攻撃的に宣教活動をしているために韓国教会の宣教と衝突している。
多くの教会がイスラム教徒たちを対象に奉仕と宣教を行う一方、
トルコとパキスタンから来た多くのイスラム宣教師たちは、教会の牧師や役員たちを対象に宣教を展開している。
すでに国内で多くのクリスチャン女性がイスラム教徒と結婚した。
イスラムの宣教の歴史は韓国より日本で古く、メッカに巡礼するイスラム教徒の数も韓国は約1千人、
日本では約3千人だと言う。
それにもかかわらず、イスラムは日本より韓国をイスラム化する戦略を立てたという。
この事実を日本教会にも知らせたい。
私たちは「聖なる公同の教会を信ず」と告白する。
日本と韓国教会はアジア福音化のためにお互いに協力しなければならない。
国際化の時代には閉鎖的民族主義は旧時代の遺物だ。
私たちは神の民であり、神の国と義のために手を握らなければならない。
~以下略~
ソース クリスチャントゥディ
http://christiantoday.co.jp/mission-news-888.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/340-d1d8b24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。