渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 中共とアフリカ

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月1日(木曜日) 貳
通巻 第1985号  

 ついにアフリカ大陸は“中国の裏庭”になるのか?
   中国工商銀行が56億ドル(6200億円)の巨大投資を南ア「スタンダ
ード銀行」へ。
************************************
***

 中国工商銀行は時価発行総額(3300億ドル)で、いまやシティグループを
抜き去り世界最大級。
 それが南ア最大の有力銀行「スタンダード銀行」の株式20%取得を決めた。

 同行は南ア国内に713の支店網、アフリカ全土にもナイジェリア、ケニアな
ど十八カ国に支店もしくは現地法人。さらにアルゼンチン、台湾など海外21ヶ
国に支店、現地法人、駐在員事務所がある。

 アパルトヘイト政策を撤廃して(1994年)、欧米の経済制裁から解き放た
れ、ようやく普通選挙が行われ、マンデラ→ムベキと黒人政権が統治する南アは
、アフリカ最大の経済大国にして資源大国。
 ボタ白人政権のときまで、南アは核武装もしていた。金鉱などにオランダと英
国の利権が残り、化学産業から、兵器産業。金融も西側並みのサービスがあり、
嘗てはインド商人が金融と商業を席巻、ここへ台湾華僑が雪崩をうって、商圏を
拡大してきた。

 中国工商銀行の56億ドルもの投資は、94年以来最大のものとなる。これは
「アフリカへの中国の野心の劇的なシグナルである」(英紙フィナンシャルタイ
ムズ、10月25日付け)。

 中国がアフリカへ本格的に進出したのは資源絡みだ。
いまやアフリカ55ヶ国に、な、なんと200万人もの中国人が住み着き、また
中国のアフリカへの投資は年間100-150億ドルに達している。アフリカの
角といわれるソマリア、ジブチなどにも、今後五年間で250億ドル投資をぶち
揚げている。

 援助も天文学的で、スーダン、アンゴラ、ケニア、エチオピアなど資源リッチ
の国には集中的な資源関連インフラ建設のための援助がなされている。
 中国がアフリカ全土に広げた大使館の数は46ヶ国(ちなみに日本は22ヶ国
)。


 ▼エジプト、ナイジェリアとも巨大投資に合意

 先月末には、エジプトとのあいだで、経済特区(五キロ平方)の建設に合意、
中国はここに25億ドルの投資を決めている。エジプトにも最近海底油田が見つ
かっている。

 また「中国開発銀行」は、ナイジェリアのUBA(アフリカ・ユナイテッド銀
行)に触手をのばし、株式取得の話し合いが合意に達しつつある。
 為替取引で世界的に遅れをとってきた中国の銀行が、いきなりビジネスネット
ワークを広げる手段は、てっとりばやく株式を取得し、取締役会に中国人を送り
込むことである。

 さて中国工商銀行である。
これは中国の国有銀行であり、南アの有力銀行への投資は、国家意思であり、基
本的には中国の世界戦略から発想された投資行為だ。

 「政治的意図に基づき、アフリカ全体の足がかりを得るために、出資するスタ
ンダード銀行のアフリカ大陸全体での240のビジネス拠点を活用するのが戦略
デザインであろう」(ウィリアム・ペサク氏、ブルームバーグニュース、11月
1日付け)。

 また明らかに国家投資機構の「中国投資公司」が出資した米国のヘッジファン
ド「ブラックストーン」への投資形態とは異なっている。SITIC(中国投資
国際公司)の老舗「ベア・スターンズ」への出資条件とも基本的に異なる本格的
拠点確保の戦略なのである。


アフリカ支援 中国は南南協力 劉代表「日本と違う」
2008年5月31日(土)08:15

 横浜市で開催されていた第4回アフリカ開発会議(TICADIV)に参加した中国の劉貴今・アフリカ特別代表大使が29日、産経新聞と会見、中国のアフリカ支援の枠組みは「南南協力」であり日本のTICADとは補完しあう関係だと強調した。

 劉貴今大使は、日本のTICADと「中国アフリカ協力フォーラム」との関係について、「援助をてこに民主化を促すなどの条件をつける先進国が行う支援とは一線を画する」と説明。中国も政府開発援助(ODA)倍増などアフリカ支援を強化していることに言及し、「これは途上国が途上国に行う南南協力であり、(日本の援助と)性格が違う」と述べた。


 TICADにはアフリカ53カ国中51カ国が参加、40カ国の首脳が来日するなど最大規模となったことについて、「信頼性の水準をあげており、重要なプロセスだ」と評価。日本が、北京で06年に行われたフォーラムに35カ国の首脳が集まったことを意識していたとされることについては、「2つの支援枠組みは競争的なものではなく、アフリカの成長を促すという点で同じであり補完しあう」と語った。(杉浦美香)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/m20080531026.html

南アフリカ・プレトリア(Pretoria)の高等裁判所は18日、中国系住民を黒人に分類するという
画期的な裁定を下した。これにより、アパルトヘイト時代に差別を受けてきた黒人らに付与
される各種の優遇措置を、中国系住民も受けられることになる。

この裁判は、同国の中国人協会「Chinese Association of South Africa(CASA)」が起こした
もので、アパルトヘイトによる経済格差の是正を目指した法律で中国人が対象外とされて
いるのを不服としており、黒人経済権限付与計画や積極的差別是正措置で黒人、インド人、
カラード(混血)は恩恵を受けている一方、中国人は依然として社会から取り残されていると
主張している。

CASAのパトリック・チョン(Patrick Chong)会長は、今回の裁定を「勝利」と喜んだ。「アパルト
ヘイト時代には、わたしたちはカラードと呼ばれたが、(1994年にアパルトヘイトが撤廃されて)
民主主義国家が成立した後は、カラードとは見なされなくなり宙ぶらりんの存在になっていた」

CASAによると、同国の人口4700万人のうち中国系は1万人程度存在するという。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2407438/3053471

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/331-a070154d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。