渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 在日と社会保障

【在日】在日同胞が利用できない「福祉」はないが、提供者が日本人だと使用しにくい。民族の独自性が必要。[10/29]

1 :coq ◆OOOOOkCOQc @;y=-( ゜д゜)・∵.ターン φ ★:2007/10/30(火) 01:44:39 ID:??? ?2BP(100)
〈同胞法律・生活センターPART4 ④〉 高齢者福祉 ②-独自サービスの必要性

横たわる「参加しにくい状況」

 在日コリアンの福祉を考える学習会「連続講座 使いこなせ! How to社会福祉・
サービス」の第2回「高齢者福祉How to-介護保険、施設入所、老人医療、福祉
給付金etc…」が20日、NPO法人同胞生活・法律センターで行われた。太成学院大学で
人間学部講師を務める文鐘聲さんが高齢者の実態調査を踏まえ、同胞高齢者が
もとめる福祉サービスのあり方、支援者の役割について講演した。

 2006年現在、同胞社会における65歳以上の同胞高齢者の占める割合を計算すると
15.8%となっていることから日本同様、同胞社会もまた「高齢社会」を迎えている。
しかし、社会保障費削減のため、医療費の自己負担増、高齢者の療養型病床の削減など、
とりわけ高齢者への福祉は切り捨てられつつあるのが現状である。

 「高齢者の財布を政府は狙っているのです」

 講師は、病気になりやすく、療養が長引きがちであり、複数の病気を持つことが多いと
いった高齢者の健康状態の特徴について述べたうえで、制度上、当然として増える高齢者
医療費に対する単純な切捨てに警鐘を鳴らした。そして、壮年期における「生活習慣病」、
高齢期における「危険な老化」の予防として、早期発見、早期対処の必要性を挙げた。

 続いて講師は「在日コリアン高齢者の健康に関する比較研究」について言及した。

 大阪市生野区A地区在住の高齢者(65歳以上)494人(有効回答、日本人221人、
在日コリアン204人)を対象としたこの調査では、平均年齢、男女比での差はなかった
ものの、高血圧、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病など生活習慣病の罹患率、抑うつ、転倒の
割合及び「生きがいがない」と答えた高齢者が、在日コリアンに多いことが判明。また、
就学年数、識字率、年金受給率や基本的、手段的ADL(Activities of Daily Living、
日常生活動作または日常生活活動)、QOL(Quality of Life、生活の質)の各項目に
おいて日本人のそれより、有意に低い結果が出たと講師は述べた。

 このほか、日本人よりも罹患率などが高かったにも関わらず、介護保険や福祉、
介護サービスの利用状況が相応に高くなかったことから、まず制度を知ることが肝要で
あり、介護保険外からのアプローチ、つまり行政サービスの積極的利用などについて
強調した。

 まとめとして講師は、「福祉」という制度を考えた場合、基本的には在日同胞が利用
できない制度はないが、介護保険利用に際しては経済面の問題に加え、介護保険施設や
デイサービス、ヘルパーが日本人であることから利用を抑制している可能性を示唆。
介護保険制度以外の老人福祉のサービスに参加しにくい状況が横たわっていると
指摘した。そして、民族の独自性を持たせた高齢者福祉サービス、介護保険サービスの
必要性が浮かび上がってくると提言した。

 質疑応答での、「あまりにも介護保険制度が知られていない」「ほったらかしにされた
高齢者はどうすればよいのか」「なにをすればよいのか」という意見に講師は、高齢者で
あろうと必ずなんらかの役割があることから「社会的役割」を高めることと、長寿会などの
積極的な運営こそが一番の介護予防につながると答えた。

 組織的対策として、勉強会の質と量の向上、「前期高齢者」が「後期高齢者」を
ケアする体制の構築など、早急な対応が不可欠との意見が交わされた。

 同講座第3回は「こども家庭福祉How to」(11月10日、同センター)。(鄭尚丘記者)

 ※ NPO法人同胞法律・生活センターでは、暮らしをテーマにした各種の講座、学習会を
企画し、そこに適切な講師を派遣します。地域の同胞を対象にした講座等の開催を検討
されている総連本部、支部の担当者のみなさん、お気軽に事務局までお問い合わせください。

ソース::朝鮮新報
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/01/0701j1029-00002.htm

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/321-290a1392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。