渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 靖国

今年6月にドイツで開催された主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)
での安倍晋三首相(当時)と中国の胡錦濤国家主席との首脳会談をめぐり、
中国側がその直前の台湾の李登輝前総統の訪日を理由に会談を拒否
していたことが27日、複数の関係者の証言で分かった。

しかし、日本側が譲らず、中国側が全面的に折れるかたちで決着、
会談は行われた。こうした安倍政権の“遺産”をどう継承できるかが、
今後の対中外交の焦点になりそうだ。

 関係者によると、サミット開催に合わせた日中首脳会談は、日中間の
戦略的互恵関係の促進や北朝鮮問題などを話し合うため、早い段階
で日本側が呼びかけ、中国も応じる構えだった。

 ところが、中国側は、5月末になって会談中止を通告してきた。
理由は、5月30日の李氏来日だ。中国政府は、28日の日中外相
会談で楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が麻生太郎外相
(当時)に李氏訪日への懸念を表明していた。それにもかかわらず、
日本側が李氏の入国に何の制限も加えなかったことを問題視したのだ。

 これに対し、日本政府は、「サミット正式参加国は日本だ。
招待国の中国と無理して会談することはない」(当時の官邸筋)と
会談の提案そのものを引っ込めた。

 これにあわてたのが中国だった。すぐに「李氏は日本で講演を
予定している。これを(マスコミなどに)完全クローズにするなら
安倍氏と会談してもいい」とハードルを下げてきた。

 それでも日本側が「会談開催に李氏訪日の件を絡めるならば、
会う必要はない」という安倍氏の考えを伝えたところ、中国側は
6月3日になって「条件はつけない。ぜひ会談を行いたい」と全面的に譲歩。
8日の首脳会談が実現した。

(続きます)

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071027/plc0710272135004-n1.htm

2 :ニホン工作員モドキ ◆K2uaPy6hO. :2007/10/28(日) 18:55:58 ID:qHb7e2xh
つか、ビビッているのをおおっぴらに言うから…

3 :国際派φ ★:2007/10/28(日) 18:56:02 ID:???
李氏は7日に靖国神社参拝と講演を予定通り行い、講演では、
「多くの人々が中国経済の高度成長に惑わされ、危機の存在を
否定するが的外れだ」などとも語った。

 日本側は「首脳会談で胡主席が、李氏に靖国を参拝させた
日本を批判すると予想した」(官邸筋)。だが、胡主席は李氏の
靖国参拝にさえ触れなかった。

 中国側が強硬姿勢をあっさり転換したことについて、外務省幹部は
「それが中国の交渉術」とした上で、「これまで日本は中国の機嫌を
損ねることばかりを恐れ、相手の思惑通りに動いていた。
しかし、このときは日本がぶれず、譲歩を引き出した」と振り返る。

 外交筋は「安倍氏は靖国神社に行くとも行かないとも言わない
『あいまい戦術』というかたちで靖国カードを保持していたので、
中国も強く出られなかった」と解説する。

中国としては、あまり日本を刺激すると安倍氏が反中国の姿勢を
鮮明にし、結果的に、安倍氏の靖国参拝を招き、中国国内の
暴動や反政府活動を誘発しかねない状況になるのを恐れたというわけだ。

 政権交代後の今月11日に北京で開かれた東シナ海のガス田
開発に関する局長級協議で、中国側は、改めて強硬姿勢をみせている。

 こうした状況から、外務省内には「“親中派”の福田康夫首相に
花を持たせる考えはない」との見方も広がり始めた。
外交筋は、「福田首相は早々に『靖国には参拝しない』と述べ、
靖国カードを手放しており、くみしやすいとみている」と指摘している。

★日中合作の記録映画「靖国」、来年4月に日本で劇場公開

(画像)映画「靖国」の1シーン。国内外に波紋を広げそうだ
ttp://www.sanspo.com/shakai/top/sha200712/image/071210sha20071210081_MDE00264G071209T.jpg

日中合作のドキュメンタリー映画「靖国」が、来年4月に日本で劇場公開されることが9日、分かった。
靖国神社そのものに焦点を当てた初の記録映画で、小泉純一郎元首相(65)や東京都の石原慎太郎知事
(75)も“出演”。中国・韓国でも同時公開を目指すほか、ベルリンなど海外映画祭への出品も決まり、世界的
注目を集めそうだ。

A級戦犯合祀や首相ら政治家の参拝問題などで外交的にも物議を醸す靖国神社。ここが“主役”の初の
ドキュメンタリー映画が完成した。

しかも、靖国をめぐり何かと対立しがちな日本と中国の合作。監督も中国人で、日本在住が長く日本のテレビ
ドキュメンタリーを手掛けた経験が豊富な李纓(リ・イン)氏(44)。日本では文化庁が出資する異色作だ。

舞台は、ちょうど戦後60年目の平成17年の神社境内。軍服を着て闊歩し参拝する集団、首相の参拝を批判
する反対派、神社関係者に自身の先祖の廃祀を迫る人々…。靖国神社にそれぞれの思いを抱きながら境内を
行き交う姿を、「右」にも「左」にも偏らず中立的な立場でカメラで追っている。

賛成派と反対派の取っ組み合いや、星条旗を境内で掲げた米国人に対する周囲の反応などが赤裸々に映し出される。
当時の小泉首相が同年10月に参拝、会見で参拝の正当性を主張するシーンや、石原知事が境内で演説する場面もある。

こうした境内の喧噪とは別に、終戦まで境内で「靖国刀」と呼ばれる軍刀を作り、今も現役を続ける唯一の靖国刀匠の
男性(90)にも静かにスポットを当てる。

映画関係者によると、同作は日本で4月公開が決定。中国と韓国でも同時公開に向けて動いているという。
合祀をめぐる遺族の姿を追った記録映画は過去にあったが、靖国の存在そのものを中心とした映画は初めて。
日中韓で同時公開が実現すれば、風化も指摘される靖国問題がクローズアップされることは確実だ。

さらに来年1月にインディペンデント映画が対象の映画祭として有名な米サンダンス映画祭でコンペ部門に出品が決定。
2月には世界三大映画祭の1つ、独ベルリン国際映画祭でパノラマ部門で上映される。
アジアを越えて世界で「靖国」が議論の的となる。

■近年の首相の靖国参拝
小泉純一郎氏:総裁選時に「8月15日にいかなる批判があろうと参拝する」と公約。毎年1回参拝し、
18年には8月15日に参拝
安倍 晋三氏:「参拝するしないは申し上げない」として「あいまい戦略」を取る
福田 康夫氏:総裁選時に「相手の嫌がることをあえてする必要はない」と参拝見送りを明言

(SANSPO.COM 2007年12月10日 更新)
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200712/sha2007121008.html

(読者の声1)本日の産経新聞一面トップで、石原慎太郎東京都知事は、標題の
訴えを示唆する論考を提示している。
 昭和殉難者は、戦争期間中である占領下で、茶番劇ともいうべき「東京裁判」
で戦争犯罪人として処刑された。
 「日本よ」と題するコラムで石原慎太郎都知事は、まず古賀誠氏のTV発言(
おそらく下記の私のメールにある発言であろう)を絶賛する。
 曰く「先日家内が同席した婦人たちの集まりで、自民党の古賀誠氏の靖国神社
に関するテレビでの発言が大層話題になったそうな。集まりの中に家内を含めて
何人かの戦争遺児がいたという。古賀氏の発言に強く共感した彼女たちからの要
望で、古賀氏にそれを伝えて欲しいということで私もその発言のヴィデオを取り
寄せて見たが、私も、靖国についての日頃の思いからして共感させられ、早速彼
女たちのメッセイジを氏にとりついだ。 それは彼女たちの、そして戦争での戦
死者を身近に持つ者たちの、あの戦争の意味とか価値を超えた死者に対する情念
の問題だ。そうした個人の情念は決してたかがセンチメントとしてはくくれぬ、
人間にとっては絶対なもので、誰もそれを、何をかざしても否定できるものでは
ない。古賀氏は言葉少なではあるがそれをいい切っていた。そしてそれを全うす
る戦争犯罪人の分祀という術についても。」

 石原慎太郎氏は、「そうした個人の情念は決してたかがセンチメントとしては
くくれぬ、人間にとっては絶対なもので、誰もそれを、何をかざしても否定でき
るものではない。」と語る。そのことを私は否定しない。石原氏は、個人的には
、靖国神社に参拝する折は、昭和殉難者は除外して、参拝しているというような
ことを以前に語っておられた。 それは内心の自由というものもあろうから、私
は否定しない。どうぞ石原氏の心のままにお参りされますように。
だがしかし、政治的に、いわゆる「A級戦犯」(私どもは、「昭和殉難者」と呼
ばせて頂いておりますが・・・)の靖国分祀を支持していこうという意図で、標
題の訴えをしておられるのであれば、それは私も断固反対の立場を示さねばなり
ませぬ。 なぜなら、私も、「あの戦争の意味とか価値を超えた死者に対する情
念の問題だ。そうした個人の情念は決してたかがセンチメントとしてはくくれぬ
、人間にとっては絶対なもので、誰もそれを、何をかざしても否定できるもので
はない。」と石原氏が力説する立場を、私は私の立場で持っているからである。

 私が懸念するのは、石原慎太郎氏のような考え方の「保守派」も相当数いらっ
しゃるのだろうなっということである。中曽根大勲位殿をはじめ自民党にも大勢
いそうである。

石原氏は、「戦後の総決算」も、このコラムで主張されている。

 曰く
「敗戦後に行われた裁判はパル判事の発言や、結果として削除されてしまったイ
ギリス人オーストラリア人将校の弁護士たちの冒頭陳述にも見られるように極め
て非合法性の高いものだったが、しからばあの裁判で断罪された者たちのすべて
に戦争に関する責任がなかったとは絶対にいえはしまい。」

 そう言って、東條英機陸軍大将の「戦陣訓」を挙げ、その影響を「アメリカ軍
が撮った、あの激戦地サイパンで米軍の捕虜になるのを恐れてバンザイ・クリフ
から身をなげて死んだ民間の女性の映像一つ見てもいえることだ。」と述べてい
る。
さらに辻政信をその論拠として挙げ、持論の正当性を訴えている。

 石原氏は、こう訴える。

「あの東京裁判に異議があるならば、その批判をも含めて日本人は国民が正当に
選んだ者たちによる、あの戦争の真の責任者たちの糾明を行ってこなかったのだ
ろうか。」「そうした怠慢が今日、靖国の存在の意味を悪化させ、戦争という過
酷な時代に、力ない者たちが肩よせあって生きて死んだ悲惨で美しい心の歴史を
も否定し、対外的にも日本人の心象を誤解に導き、日本人としての最も深いとこ
ろにある情念までも否定させつつある。」
 そして結論はこうだ。
「天皇陛下も含めてせめてすべて遺族、親族が晴れ晴れ参拝が出来るためにも、
遺族を代表して行われた古賀氏の発言はすみやか果断に実現されるべきに違いな
い。」

そのようなことは、断固として阻止せなばならない。

 君民一体で戦った大東亜戦争。 東條英機首相(陸軍大将)をはじめ国家指導
者も、国民も、「開戦の詔書」を受けて、あの「聖戦」を戦った。 「戦争責任
」というようなことを、軽々しく受け入れてはいけない。それでは、「戦争の犯
罪者は国家指導者で、国民はその犠牲者だった」という東京裁判やシナなど連合
国の主張そのままを受け入れることになる。 我が国の国体の否定でもある。 
それに、その議論の延長には、「政治指導者のみに、ほんとうに戦争責任を被せ
ていいのか、ほんとうの戦争責任者は天皇である」とするような議論の火種に、
逆に油を注ぐことにもなるからである。
 東條英機宣誓供述書が、「大東亜戦争の真実」として、東條由布子編、渡部昇
一解説 で、WACより出版されている。
 この東條陸軍大将の開戦に至る世界情勢の認識は、まさに当時の国民の認識で
もあり、また私の父の認識でもある。
 このような「日本を戦争へと追い込む」国際包囲網に、戦争責任ということを
言うのであれば、それこそ「他にも戦争責任者がいるのではないか。」

冗長になってしまったが、石原慎太郎東京都知事の極めて政治的な信念の吐露で
ある 「天皇陛下も含めてせめてすべて遺族、親族が晴れ晴れ参拝が出来るため
にも、遺族を代表して行われた古賀氏の発言はすみやか果断に実現されるべきに
違いない。」
については、断固、そのようなことを実現させてはならないことを、改めて訴え
ておきたい。
      (藤田裕行)


(宮崎正弘のコメント)馬脚が現れ始めた知事、頭の中は北京に土下座しても東
京五輪、北京になびく政治家にも近づこうという計算ですか。歴史観の信念より
、目先の政治的利益が大切だったのですね。
 この失言をきっかけに東京五輪反対運動が起きるのではありませんか。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月9日(火曜日)
通巻第2312号  (9月8日発行)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/312-2a1bcf0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。