渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 ビルマの特亜化

ビルマ(ミャンマー)の反軍政デモを取材中の映像ジャーナリスト、長井健司さんが治安部隊に
射殺された事件を、同国のメディアはどのように伝えているのだろうか。
国営紙「チェーモン(ミラー)」は13日、2ページにわたる長文の記事を掲載し、長井さんの「偶然」
の死に遺憾を表するとともに、虚偽の事実によって「日本-ミャンマー間の友好関係を壊そう、
支援を削減させよう、制裁を加えさせようという行い」をすべきではない、と主張している。
記事はまた、第二次大戦中の日本軍占領下で起きた日本の残忍な所業に対して、戦後ビルマ
国民が寛容な対応をしめしたことを忘れてはならないと釘を刺している。 
 
2007年10月13日付 チェーモン(ミラー)新聞第6- 7面 
「モクセンナは甘いのに塩が台無しにする*」ことがないようにしよう チョーミンル(シュエピーター)
                       (訳注*本来は順調なのに第3者によって妨害されること) 
 
国内で先月末から起こっている暴力騒動を、国家の安定・安寧のため、保安部隊が鎮めていた
ところ、日本のフォトジャーナリストである長井健司という人が偶然にも亡くなったことは、皆さん
既にご存知と思われる。本当に気の毒なことである。その日本人が死亡した後、日本の外務副
大臣の一行が訪れ、責任ある何人かの大臣と会ったことも、ニュースで流れているので、既に
我々の知るところである。我々の国家の責任者たちも、偶然の出来事であるため遺憾であると
いうことを、相応に説明していくであろう。元々の気質は穏やかで、思いやりがあり、慈悲の心を
もつミャンマー人にとって、自分の国に来た外国人がこのような目に遭って、どうして平気でいら
れよう。 
 (中略) 
今のように日本の報道機関をふくむ外国の報道機関が、ミャンマー保安部隊が長井氏を(訳注:
外国人と)知りながら至近距離で射撃したかのように、陰謀を働いて偽って放送しているのは、
堅く結ばれた2国間の友好関係を大なり小なり傷つけさせ得る。日本のある報道機関が、長井氏
のことにちなんで、「ミャンマーが平和と民主主義を得るために、日本政府はもっと努力しなけれ
ばならない。一民主主義国家として日本政府には責任がある。」という具合にまで、我が政府に
圧力をかけてきたのをみて、彼らの民主主義というものにすら私は正直なところ失望した。 
 
実際のところ、日本-ミャンマーの友好関係は長い間堅く結ばれてきた。互いの政府が友好を
深めてきたように、2国間の国民も相互に理解し合い、信頼関係を成就してきた。ミャンマー国と
して、ミャンマー国民として見るならば、日本占領時代を経験しなければならなかったように、日本
に関して、恨めしく腹立たしいことはたくさんある。日本の憲兵隊のこと、日本のファシズムのこと
に関する小説や映画は現在まで数多くある。本当に、日本の残忍で獰猛な所業のために、我々
国民は「トゥマナの背中に多くの傷」というようにあちこちにみみず腫れができ、たくさんの傷を負
った。しかし、我々の国民は、これらを歴史の中に置き残してきた。古傷を再び引っ掻くことはしな
い。中国や韓国が戦時中の残虐行為に対して謝罪を求めているような時にも、我々の国民が
日本を寛大に許すことができたというのは、並ならぬ純真さにあふれていたからこそであると
知って頂きたい。 
 (中略) 
現在も、日本-ミャンマー関係は友好によって支えられ、絆が壊れることなく、互いを尊重し続け
ている。日本は、政府も、NGOも、我々の国に対して、人道的配慮による支援を含め、社会福祉、
教育支援を行っている最中である。しかし、外国の報道機関はこの度の長井氏の出来事に基づ
いて、日本-ミャンマー間の友好関係を壊そう、支援を削減させよう、制裁を加えさせようと様々
なことを行い、事実・真相をしらなければ、虚偽を事実と思い込んでしまいそうにさせている。
したがって私は、事実を事実のとおり、実態をありのままに公表するのみである。真実に基づいて
2国の友好関係を末永く維持できるようにすることが必要であろう。「モクセンナは甘いのに、塩が
台無しにする」というようなことが無いようにすべきである。 

日刊ベリタ:http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200710181015334
関連:
【ミャンマー】「観光ビザが悲劇招いた」国営紙、長井さんを批判~「射殺は単なる事故」とも[10/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1192287885/l50
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/292-805ea4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。