渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラクで邦人人質事件、又・・・

イラク政府と米軍に協力要請 「邦人拘束」安否確認難航(産経新聞:共同:05/10 19:52)

去年さんざやって時間とエネルギー費やすわ、友人関係壊すわ、もうえーわって感じ。
それでも敢えて纏めると、

他国戦場という特殊条件下における自発的渡航自国民拉致監禁人質事件救出問題について

自国政府が積極政策(表裏一体の関与保護主義)を採っている場合において

政府は世論の一時的かつ感情的な反応に一々周章狼狽せずに政策の妥当性を訴えろ。政府が犯罪者脅迫者の要求を呑むなんて論外。政府は粛々とミッションを成功させることに没頭しろ。政府要人はミッション遂行過程で余計なみっともない愚痴めいた非難などするな、大国の政府要人として品格の劣る言動は厳に慎め。政府は世論が過激化した場合には大人の対応で沈静化させる方向に努めろ、逆に煽るな。他者の自己責任に言及する場合同時に自己の自己責任についても言及されることを自覚しろ。政府は仮にそのミッションが不幸な結果に終わってそれによって世論の非難を蒙ろうとも積極政策を採っている政府自身の自己責任として甘んじてそれを受けろ。本人とその家族及びその取り巻きをとりあえず峻別しろ。本人のもってる思想と現にやった行為をとりあえず峻別しろ。本人個々を別人格としてとりあえず峻別しろ。常識知らずは腹が立つだの反日バカサヨク憎し等は分かるがマス・ヒステリーで調子に乗って弱い個人の血祭りは異様かつ有害。命知らずにも行くバカはちゃんと一筆書いて行け。バカはバカでも命知らずなバカには一定の敬意を表すべき。現地戦場報道をフリーランスや下請け会社に頼っている卑怯かつ怯懦なメジャー・マスゴミが厚顔無恥な誹謗中傷をするな。

というかね、アメリカみたいに消極政策(表での非関与放任主義)を例外的に採用しろと、筆者の立場はむしろこちらの側。戦地での報道やヴォランティアの幅を狭めてはいけない。自由な個人の情報や行動をご都合主義的に統制しようとするな。情報量や行動量の減少、そちらの方がよけい”社会迷惑”だ。自己責任論を主張するなら最後まで徹底的に自己責任を貫徹させろと。そもそもやれ危険だ迷惑だなんだかんだといってばかりいたんじゃ、どうやって戦場報道やヴォランティアが成り立つんだと。放っておけ、勝手に”報道”やら”調査”やら”ヴォランティア”やらやらせておけ。もしそれをもとにしてサヨクのメジャー・マスゴミやら勘違い野党がヘンな偏向捏造策動などやってきた時には、思いっきり叩き潰せばいいだけのこと。アドベンチュラーな個人の活動を一々政府やその支持者やらが統制やら規制やら圧力やらを加えて止めさせていってたら、その内冒険者などこの世にいなくなるだろうが。まぁ、なんにしてもいつも最初だけ大騒ぎだなこの国は。しかし、もし仮に最初の事件がサヨク臭の漂ってたあの3人+2人ではなくて自分探しの末に亡くなられた香田青年や今回の屈強なヴェテラン傭兵氏だったとして、順番入れ替わってその後にあの3人+2人の事件があったとしたら、その時の世論のリアクションはどうだったんだろうかとふと思う。

翻って、今度の事件の被害者は完全に傭兵のよう。平和主義だ侵略主義だといった青臭い書生論を抜きにして、一人のアドベンチュラーとして単純に敬意を表する。その武勇談の数々を聞いてみたい気もする。まずは無事の帰還を祈念するのみ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/28-4e4d371c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。