渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糞嫌悪するような民族性がまたまたでました

キチガイ国家。やはりかの国は大反日民国以外のなにものでもない。以前から韓国官民の親日派への弾圧脅迫運動は激しいものがあるが、母親の葬儀に参列の呉さんを入国拒否とはいやはやあきれた。反吐が出る。もしこれで日本国籍を取得してなかったら、いったいどうなっていたのだろうか。今頃はひょっとしたら無理やりな理由つけられて塀の中に押し込められていた可能性も高いのではないだろうか。日本人で日本国内でむちゃくちゃな反日活動やってる連中の安全ぶりをみたら、いかに隣国が反日キチガイの巣で日本がマトモな国家かがよく分かる。こないだ 「TVタックル番外編 愉快な海外視察in韓国」という番組で、大竹まこと、阿川佐和子、高田純次の面々が韓国は反日っていうけど全然ひどいことはなかったなんておめでたいこといってたけど、そういうレベルの問題じゃないんだな。それとこれは連中がいったん”敵”と見定めた相手には、家族の葬儀だろうが英霊への祭祀事だろうが、人間の礼儀として引いて見守るというような態度を示すなんて伝統文化をいっさいもっておらず、逆にそれがゆえによりいっそうの嫌がらせをやってくるという伝統文化をもった日本人が心底から嫌悪する民族性をもっているということがよくわかる事例の一つだろう。

呉善花さん 母の葬儀で“帰国”拒否される
2007.10.9 16:54

このニュースのトピックス:韓国

呉善花さん 『スカートの風』や『韓国併合への道』など日韓に関する多くの著書で知られる韓国人女性評論家、呉善花さん=拓殖大学教授=が先ごろ、済州島在住の、母の葬儀で帰国しようとしたところ、済州空港で一時、入国を拒否されるということがあった。理由は日本での「反韓国的な活動」で韓国当局から入国禁止措置が出ているためという。

 しかし呉さんは日本に帰化し日本国籍になっていたため、日本の済州総領事館に依頼し韓国当局と交渉した結果、「人道的配慮」としてやっと“帰国”を認められた。

 関係筋によると、呉さんは1日、済州空港の入管検査でいったん入国を拒否され、日本への帰国便を指定され数時間、空港内で足止めされたという。

 呉さんは済州島出身で1980年代以来、留学などで日本に在住し著作活動を続けているが、韓国に対する厳しい批判が多いことから韓国ではマスコミなどで終始、非難の対象になってきた。(ソウル 黒田勝弘)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/071009/kor0710091654001-n1.htm

【産経抄】10月11日
2007.10.11 03:56
このニュースのトピックス:福田内閣

 その発言を韓国の盧武鉉大統領が、どんな表情で受け止めたのかは、わからない。南北首脳会談に同行して訪朝した韓国の大学教授は、両首脳のやりとりを明らかにしただけだ。福田康夫首相のメッセージを伝えた盧大統領に対し、北朝鮮の金正日総書記は「拉致日本人はこれ以上いない」と述べたという。

 ▼もとより、受け入れられるはずがない。北が伝えてきた横田めぐみさんの「死亡」の状況は矛盾だらけ。その遺骨も真っ赤な偽物だった。今月5日、めぐみさんの43歳の誕生日を祝ったばかりのご両親、滋さんと早紀江さんの憤りを思うと、胸が痛くなる。

 ▼ それにしても、福田首相は、頼みがいのない人にメッセージを託したものだ。盧大統領という人は、拉致日本人どころか、韓国人拉致被害者の帰還にもそれほど熱意がみられない。首脳宣言には大型経済支援について、具体的な記述があるのに、拉致問題にはまったく触れていなかった。

 ▼折も折、日韓問題についての多くの著書がある韓国人女性評論家の呉善花(オソンファ)・拓殖大学教授が、韓国入国を一時拒否されたと、小紙の黒田勝弘ソウル特派員がきのう伝えていた。韓国で「親日派」の烙印(らくいん)を押されている呉さんは、これまでもさまざまないやがらせを受けてきた。

 ▼当局が、「反韓国的な活動」を理由に帰国を認めないとなると話が違う。北朝鮮並みの暴挙ではないか。その呉さんの著書のひとつ『「反日・親北」韓国の暴走』(小学館)にこんな一節がある。

 ▼「国内親日派の一掃と親北統一が、韓国現政権最大の政治課題である。その方向で南北国家連合が成立すれば、これまでになく強固な反日民族主義国家の登場となるのは明らかだ」。盧政権が、図星をつかれたからだろうか。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071011/plc0710110356001-n1.htm

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/261-ecfe489d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。