渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 恐嫌韓流

(ソウル=ニューシース)韓流熱風に対する向かい風として日本国内「嫌韓流」を憂慮する意見が多い。

日本の大衆文化の一翼を占めた韓国コンテンツに日本の若者達が敏感に応じるというのだ。2005年韓国を卑下する内容を記したマンガ「嫌韓流」(山野車輪)が出版されて1,2冊合わせ65万部も売れた。これを基に‘韓流の危機’とする国内メディアの報道が続いた。しかし嫌韓流というものがメディアの誇張による虚像にすぎないという指摘も出ている。

日本の評論ウェブジン「ジャパン・フォーカス」は‘嫌韓流の実体’に関して意味ある論評を載せた。日本人サカモト・ルミとアメリカ人マット・アレンが文を書いた。「韓国に対する愛情と嫌悪は等しく商業主義のマーケティング戦略、そしてメディア効果によって起きた」と言う点を指摘した。嫌韓流を日本国内の‘インターネット運動’の一環と分析したのだ。

「特定運動の内容に対する現実的な参加ではなく、不条理で不合理な運動でもその娯楽価値として見ることができる」と言う説明だ。日本のネットを強打した「湘南ゴミ拾いオフ会」という運動を例えた。コミュニティサイト「2ちゃんねる」のネチズン数百人がフジテレビが進行した浜辺掃除イベントの直前、自分たちで先に掃除をしてしまった事件だ。主要メディアを荒てさせるという意図だった。

同評論は「インターネット運動というのは、このように消耗的で攻撃的で無意味な事だ」と解説した。「したがってインターネットに基盤を置いた嫌韓流もナショナリズムと見るには無理がある」と分析。「マンガ‘嫌韓流’をベストセラーにした運動も、真摯なナショナリズム賛同や反韓国宣言ではなく、単に現実世界をインターネット運動で一度振り回すことに興味があったのだろう」と言うのだ。

日本ネチズンたちは、書店に‘嫌韓流’がなかったとか、それをベストセラーリストに入れなかったと不満をあらわしたり、その本の流通に対して書店職員と話を交わすとか、あるいはマンガ喫茶に‘嫌韓流’を備えなさい、と要求して起きた話をネットに書き込んだりして楽しんだ。はなはだしく
は‘嫌韓流’を図書館に寄贈した後、また図書館でその本を捜してくれ、と要求した日本人もいる。こんな話はまめにネットに上って来て娯楽形態で消費された。

「こんな幼稚な楽しみは、民族主義を支持したり消費することとは違う。日本ネチズンたちの関心は‘嫌韓流’の内容に完全に一致しているとは思われず、ただ既存体制に対する反抗にすぎない」という主張だ。「結局、嫌韓流はその本のイデオロギー的、ナショナリズム的な内容によって売れたのではなく、エンターテイメントを与える商業的商品で、またはニュース価値という付加価値で売れただけだ。」と規定した。嫌韓流と軽はずみに考えて危機的状況と評した国内メディアが考えて見なければならない指摘に違いない。

http://news.media.daum.net/entertain/broadcast/200710/05/newsis/v18356841.html

http://img.khan.co.kr/newsmaker/747/asia-2.jpg

このごろ日本で歌手‘東方神起’の人気が上がっている。‘東方神起’が8月に日本で販売した
‘SUMMER~Summer Dream/Song for you/Love in the Ice’という歌は日本のオリコンで8月1日と3日に
販売1位を記録した。アジアのグループ歌手としては初めてだ。そしてこの歌は8月の月間順位でも3位
を占めた。‘東方神起’は続いて‘SHINE/Rideon’というCDを販売する予定だ。(中略)

‘東方神起’の所属企業は‘avex’という会社だ。芸能人の所属企業としては規模も大きくて有名な
会社だ。朝日新聞の報道によれば「‘東方神起’を日本で成長させるための‘avex’方針は韓流とは
一線を画す」と明らかにした。‘avex’はその理由を「日本で長く活動するため」と説明する。(中
略)‘avex’が韓流と一線を画そうとする理由はなにか。正確に分からないが、おそらく‘avex’側
には‘韓流はブーム’という視点があるからだろう。そして筆者が見るもう一つの理由は、このごろ
日本で急速に浮び上がったるまた違う‘ブーム’と関連があるだろう。

‘嫌韓流’というマンガ本がある。この本は2005年7月に初出版された。後続編である‘嫌韓流2’が2
006年2月に出版され、2007年8月には‘嫌韓流3’が販売された。この本の題名は二つの解釈ができる。
第一は「韓流を嫌やがる(嫌・韓流)」という意味だ。そして二番目は「韓国を嫌やがる流れ(嫌韓・
流)」だ。この本が扱う主要内容は韓・日関係で争点になった問題(歴史認識問題、独島問題、韓国の
反日感情、在日韓国人たちに対する差別など)を日本の極右的な立場で説明するもの。例えば日帝時代、
日帝がインフラを整備して良いことをしたとか、在日韓国人が日本社会で特権的な地位を持っている
という内容が載っている。そして‘韓流’特に‘ヨンサマブーム’にも疑問を投げる。

日本の書店に行けば韓国や中国そして北朝鮮を嫌う人々が書いた本をよく見る。韓国を嫌う本の出た
こと自体は驚くべきことではない。しかし、このマンガ本は現在まで78万冊を超えるほど売れたし、
2006年ベストセラー本の一つだ。1990年代まで日本の立場では韓国や北朝鮮を考える時、歴史や政治
は切り離せなかった。

それほど韓・日や北・日は近くて、その近さから政治的な対立や葛藤が多かった。そしてまだ北・日
関係は政治的な対立や葛藤を乗り越えられない。日本の人々は北朝鮮の人々の文化に接しようとは思
わない。しかし、2000年代に入って始まった‘韓流’は日本の人々が政治や歴史を離れて韓国を考え
られるようにした初めての大きな流れだった。韓国の映画やドラマそして芸能人たちが政治や歴史を
乗り越えられる力を持っていたという話だ。

しかし今マンガ‘嫌韓流’が流行るのを見ても分かるように、韓国や北朝鮮に対する根深い蔑視感情、
嫌う感情がまだ日本社会には残っている。歴史と深い関係を持つこのような日本社会の雰囲気が‘韓
流’の成長に障害として作用するのが今の状況だ。‘韓流’が日本社会の中で持つ力はまだ大きい。
K-pop、韓国ドラマ、韓国映画が日本社会に根付いた。しかし、その根はまだ成長過程で、強い風が吹
けば倒れる可能性もある。‘韓流’の根が強くなるためにも、韓・日歴史葛藤を乗り越えられる方法
をもう一度深く考えてみなければならない時だ。

ソン・スンジェ〈在日コリアン青年聨合(KEY)共同代表〉

ソース:ニュースメーカー(韓国語)歌手‘東方神起’は韓流ではない?
http://newsmaker.khan.co.kr/khnm.html?mode=view&code=117&artid=15800&pt=nv

「韓流というものは存在したことがない。」

アメリカ芸能雑誌‘ハリウッドレポート’と‘ビルボード’の記者であるマーク・ラッセ
ルは韓流を‘ゾンビ・ウェーブ’と名付けた。最近の韓流は‘もう死んだ’と表現さえで
きない、最初から生きていた時もない虚像というのだ。

彼は慶煕大と米ペンシルバニア大が27日、慶煕大で共同主催する‘韓流の日’シンポジウ
ムで「ゾンビ・ウェーブ~すでに死んだものを殺すことはできない」を発表する予定だ。

22日、あらかじめ配布された発表文によれば、ラッセル記者は最近の韓流が「短期間の流
行、幼稚な民族主義、劣悪な財政支援」など否定的含意がもっと多く見えると言った。彼
は映画、ドラマ、音楽など韓国の大衆文化が過去10年間、アメリカを含めた西欧圏でただ
の一度も注目を受けたことがない、と言い切った。また、一部の歌手やドラマのアジア地
域での成功は、韓国だけが持った何か特別で独特のもののためではなく「大衆文化の世界
化の流れに韓国が素早く適応した結果であるだけ」と断言した。

彼は韓国大衆文化の中で、かろうじて西欧の気を引いたのは映画だけだったと述べた。し
かし、それも映画内容自体よりは「製作コストの5倍以上儲けた映画」式で紹介されるだけ
だ。映画「シュリ」の大成功とイ・チャンドン、キム・キドク監督などの相次ぐ国際映画
祭受賞は、国際社会で韓国映画の名声を高めたが、韓国音楽やドラマそのもので西欧メデ
ィアの激讃を受けた場合はただの一回もないと皮肉った。

韓国が代表的韓流歌手にあげるピ(Rain)やBoAの場合「アジアファンの心を捕らえるかは分
からないが、北米人たちに印象を与えるにはちょっと軽くて足りない音楽」に聞こえて北
米・ヨーロッパ進出は計画に止めるのが大部分だと彼は強調した。ドラマも同じだ。彼は
ドラマ‘CSI’や‘ソプラノ’などに慣れた西欧人たちに、別れた双子や死んで行く昔の恋
人の話はとても有り勝ちな素材だし、むしろ韓国テレビのパロディであるMadTVの‘態度’
がもっと大きな人気を呼んだと言った。

彼は韓国大衆文化がアジアで大きな人気を呼んだことは徐々に活性化している地域間の交
流で、韓国芸能事業が先に収益概念に目覚めたからであり、タイとベトナムなどが韓国の
成功戦略を競争的に取り入れていると分析した。「韓国に本来特別なものがあると勘違い
したら、非常にがっかりするようになるだろう」と言いながら「成長と発展のない者は、
貧しくて熱望が大きい相手に押されて消える危険にあうだろう」と警告した。

ソン・ミンソプ記者

ソース:世界日報(韓国語)“韓流は最初からなかった”
http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID=1052&PCode=0007&DataID=200707221503000063

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/251-e289be5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。