渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料 慰安婦と日系人日系新聞 在米中共工作員の批判

慰安婦問題で日系米人コラムニストの正論に中国系団体が圧力
2007/10/07 13:51

慰安婦問題では、アメリカ側にも、マイク・ホンダ下院議員が中国系団体の強力な支援で推進した日本糾弾決議案に反対する識者や政治家が存在することは、ダニエル・イノウエ上院議員の繰り返しの反対表明でも裏づけられました。

いまやまたカリフォルニア州で日系アメリカ人のジャーナリストが慰安婦に関して歴史的事実に沿った正論を書いたところ、中国系のその同じ団体から強硬な抗議を受けるという騒ぎが展開されています。その舞台はロスアンジェルスで長年、発行されている日系新聞の「羅府新報」です。

慰安婦問題について正しい記述をして、いま中国系団体から攻撃されている日系米人のジャーナリストも、攻撃をする中国系米人の活動家も、メールアドレスを明らかにしています。日本側からでも、その両者に自由に意見を送ることができます。

さて、その経緯を産経新聞10月7日付に出た私の記事を土台にして報告しましょう。


カリフォルニア州の伝統ある日系新聞が慰安婦問題について「日本軍の強制徴用ではない」という日本側の主張を紹介したところ、在米中国系団体代表から抗議の投書が寄せられました。
10月3日に同紙に掲載されたその投書は「日本軍は中国や朝鮮半島で12歳から14歳の少女多数を慰安婦にするため拉致した」と述べ、アジア系社会でも日系と中国系ではこの問題への姿勢が大きく異なることを印象づけています。

アメリカの日系米人社会の新聞では最大手の「ラフシンポウ(羅府新報)」(ロサンゼルスで発行)9月29日付の英文コラムでジョージ・ヨシナガ記者が慰安婦問題を取り上げ、同問題がカリフォルニアでも「慰安婦決議を推進したマイク・ホンダ下院議員の見解を支持する側と反対する側とに分裂している」と書きました。

ヨシナガ記者はさらに読者からの投書に基づくとして
(1)日本側歴史学者によると、慰安所は戦地の住民への乱暴をなくす目的で軍のために民間業者によって設置された売春宿であり、募集された慰安婦たちは囚人ではなく究極的には帰還を許された
(2)韓国側の苦情に取り込まれて、日本を疎外することは現在の米国の利益に合わない
-などと論評しました。

ところが、このコラムに対しホンダ議員の慰安婦決議案を過去数年、一貫して推進してきた在米中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会」のイグナシアス・ディン副会長が羅府新報への投書で抗議したのです。
3日の同紙に載った同投書は「ヨシナガ氏の慰安婦に関する意見は根拠がない」として、「日本軍による性的奴隷化の犠牲者たちに実際に会った人間は、それら犠牲者たちが単に商業活動への参加者だったなどという言明はできないはずだ」と反論しています。

ディン氏はさらにヨシナガ氏は日本政府が1994年以来、公表してきた慰安婦関連資料もみていないとして、「私は今年7月にもアメリカの高校教員たちと中国を訪れ、元性的奴隷だった人たちと会った。高齢の犠牲者たちはみな60年が過ぎてもなお暴行を受けた症候を示していた」と述べる一方、「マニラ出身の一女性は若い法科学生だったとき、日本軍の犯罪的行為により明るい将来を完全に壊され、その他の多数の女性は12歳から14歳なのに中国、朝鮮、フィリピン、その他の諸国で家庭、農場、あるいは街路から日本軍により拉致され、慰安婦にさせられた」と断言していました。

ヨシナガ氏はディン氏のこの投書が羅府新報に掲載される前日の10月2日の自分のコラムで先に再反論をしていました。
そのなかでヨシナガ氏はディン氏がこの投書を単に同紙の編集長や投書係に送るだけでなく、わざわざ発行人(社主)にまで送った事実を指摘し、「ディン氏が社主が私をクビにすることを希望しているのだろう」と皮肉っています。露骨な圧力を批判しているわけです。
またディン氏が「ヨシナガ氏が慰安婦問題についての調査や研究をしていない」と断じているけれども、とんでもない、この問題を調査や研究している多数の人たちから資料をたくさん得た結果、その資料はディン氏の主張には反していた、とヨシナガ氏は毅然と反撃をしています。

さあ、ヨシナガ氏とディン氏のメールアドレスは下記のとおりです。

Mr. George Yoshinaga
horsemouth2000@hotmail.com

Mr. Ignatius Y. Ding
ignatius@sbcglobal.net
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/329253/

「日本軍は12歳から14歳の少女を慰安婦として拉致した」――在米中国系団体が主張する
2007/10/08 12:17

さて前回の慰安婦問題と在アメリカ中国系団体の主張に関するエントリーの続きです。
慰安婦問題で日本を攻撃し続けている「世界抗日戦争史実維護連合会」という中国系の人たちによる組織がどんな主張を続けているのか、日本側としても、いつも正確に認識しておく必要があります。

同連合会のイグナシアス・ディン副会長が日系新聞の羅府新報に送った投書で、
「日本軍は12歳から14歳の少女たちを中国、朝鮮、フィリピン、その他の諸国で、
家庭から、農場から、あるいは街路から拉致していた」と断言しているのです。

ディン氏はつい最近の今年7月、アメリカ人の高校教師たちと中国を訪れ、元慰安婦だった女性たちと会い、そんな断言をしているのです。
この投書は羅府新報に掲載されました。

しかし抗議の標的である同紙コラムニストのジョージ・ヨシナガ氏は断固として反論しています。

資料として、ディン氏の英文の投書を以下に紹介しましょう。
この投書は同氏の所属する世界抗日戦争史実維護連合会のサイトからコピーさせてもらいました。同文が羅府新報にも乗っています。


Letter to Editor (Rafu Shimpo)



--------------------------------------------------------------------------------



View of a typical room in a "Comfort Station"




Directive issued to govern the brothels and sexual slaves by the Japanese military high command in Shanghai, China



Rules to "regulate" and "charge for services rendered" posted at "Comfort Stations" by the "Mama-San's"

While George Yoshinaga boldly calls Los Angeles Times "all wet," I found his opinion on the so-called "Comfort Women" issues apparently to be truly "all wet" ("Horse's Mouth," 9/29/07) and a baseless assessment likely formed in an air-tight closet.

He or anyone who has actually met a victim of Japanese military sexual slavery wouldn't make such an outrageous claim. The victims were simply volunteers or opportunists for hire at business establishments run by Japanese pimps?

Obviously, Yoshinaga did not do any research or read any related materials, including those official documents released by the Japanese Government since 1994.

I have met numerous victims from different countries. As recent as July this year, a group of American high school teachers and I traveled to China and we met another group of former sexual slaves. Each of the aging victims clearly demonstrated the symptoms of rape victims even after six decades has passed since the end of their horrible ordeal.

Each of their heart-wrenching story is equally shocking and real. For example, one was a young law student from Manila whose bright future was totally destroyed by the Japanese criminal act. Many others were abducted by the Japanese military at the tender age of 12 to 14 from their homes, farms or streets in China, Korea, The Philippines, or other countries.

Yoshinaga ought to apologize to these victims if he has any conscience or professionalism left in him at all.


Ignatius Y. Ding
Executive Vice President, Global Alliance for Preserving the History of WW II in Asia
Cupertino, California (http://www.global- alliance. net)
e-mail: ignatius@sbcglobal. net
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/330526/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/246-58ee23d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。