渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のリンク元表示と朝鮮茶番劇

このブログに付けてるFC2のアクセス解析見たら1日のリンク元に”アジアの真実”さんの2006年06月29日のポスト、
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10014145037.html(・「私は拉致されていない。めぐみさんは自殺した。悪いのは日本」 ~台本通りに演じられた茶番劇~)
があったんだけど、ページ中どこにもウチのURLが貼り付けられてる所を全然確認できんかった;。なんでだろー(・_・?)。”アジアの真実”さんは有名ブログだから当然知ってるしなんどかROMしたことはあるけど、ふだんの巡回先には入ってないし、まして過去も含めて1回もカキコもしたことなけりゃトラバさえまだ1回もないはずなんだが;・・・。どういうことなん(・д・)?!誰かウチを騙って貼った奴おるんかいなヽ(`Д´)ノ。ほんと知らんけどワケワカラン……?(・_。)?(。_・)?。

ところで、今回の金英男氏の茶番劇について、あんなこといくらやっても仲間の中韓を除いた国際社会の風向きが少しでも北の方に有利に働く可能性なんてこれっぽっちも考えられないんだけど、なんでまた性懲りもなくやってしまうのかね。そしてまた、

英男さんの姉が“変心”「無理もないが」日本側複雑(2006年7月1日9時6分 読売新聞)
 【ソウル=石間俊充、中村勇一郎】横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)さん(44)の姉、金英子(キム・ヨンジャ)さん(48)が30日、北朝鮮・金剛山で韓国同行記者団に対し、29日の会見で英男さんが拉致を否定したことについて、「(北朝鮮に救助された)可能性がある。弟を信じる」などと、拉致被害の主張を改める発言をした。

 英子さんは韓国に戻った30日夕、読売新聞の取材に「横田夫妻に話したいことがたくさんある」と語ったが、訪朝後の英子さんら家族の姿勢や発言の変化が、今後、日韓の拉致被害者家族の連携に影響を与える可能性もある。

 英子さんと母親の崔桂月(チェ・ケウォル)さん(78)は30日午前も、英男さんと面会した。今回の再会事業では3回目となる面会は、冒頭から約10分で韓国同行記者団が退席を求められ、その後は家族だけで行われた。

 面会を終えた英子さんは記者団に対し、「弟から渡された」として、娘のキム・ヘギョン(ウンギョン)さんら家族の写真約10枚を公開。幼少時のヘギョンさんを抱いた英男さんの写真もあったが、めぐみさんの姿が写ったものは1枚もなかった。

 英子さんは、めぐみさんの写真も見せるよう英男さんに求めたが、「結婚式と娘が1歳を迎える誕生日の写真はあるが、持参しなかった」と答えたという。

 記者団から「写真を横田夫妻に渡すのか」と問われると、英子さんは
「その気はない。日本も(北朝鮮との間を)行き来できれば、そうなる(写真を渡される)のではないか」と横田夫妻に訪朝を促すような発言も。29日の会見で英男さんが拉致を否定したことには、「(北朝鮮に救助された)可能性があると思った」と理解を示した。英子さんらは、韓国の拉致被害者家族で作る「拉北者家族の会」の一員だが、「弟から聞いた通りに信じたい」と言い切り、突然、拉致被害の主張を引っ込めた。

 北朝鮮を出発後、英子さんらは、軍事境界線を越えた韓国北東部の高城(コソン)で、今回初めて日本メディアの取材に応じた。だが、訪朝前に比べ表情は硬く、感情を押し殺して「再会できたのはうれしかった」と述べるにとどまった。その後、読売新聞の取材に答えた英子さんは、
「横田夫妻に会えれば、話したいことはたくさんある」と話したが、具体的な内容を尋ねると、言葉を濁した。

 こうした英子さんらの変化について、めぐみさんの父親、横田滋さん(73)は
「肉親が北朝鮮に残る限り、不本意なことも言わなければならないのは無理もない」と受け止めていた。

 一方、英男さんが面会で、英子さんらに「(めぐみさんが)3歳で交通事故に遭ったと言っていた」と話したことに対し、母親の早紀江さん(70)は「交通事故は一度もない。車の接触すらない」と否定し、めぐみさんの「死」を巡る不自然な説明がまた一つ明らかになった。
こりゃまたなんともひどい話。英男氏とそのご家族が被害者で悲惨な境遇に置かれてることにまず同情の念を禁じえないのだけど、もうちょっと周りに与える影響を考えて対応を考えてもらわなきゃその他の拉致被害者とその家族に要らぬマイナスの影響を与えかねない。こうなることは最初から誰でも読めてたことで、金氏とその家族はたとえその後北のコントロール下に入ってもかまわないから今会いたいと会わなきゃならぬという覚悟でやったことなんだろうけど、その後に周りに与えるマイナスの影響をできるだけ最小限に抑えようとする意思を示さなければならないし、それが最低限の礼節だということをはっきり認識した上で万事取り計らうよう動く必要があるはずなのに、そういうデリケートな思慮を示してる様子が覗えないのがなんとも不味い上に非常に不快だ。横田夫妻に会って何を話すというのか、もしそれが密かに託された北の指示書通りの内容だったとしたら、結局自分の身内だけが救われればいいのかと全く不快を通り越して、怒り心頭に達する酷い話だろう。
この件について続報が入った。案の定もののみごとに敵の術策に嵌ってプロパガンダ要員と変化させられているなと。
<拉致問題>めぐみさんのこと「放っておいてくれ」と金さん
 【全州(韓国中西部)堀山明子】横田めぐみさんの夫とみられる韓国人拉致被害者、金英男(キムヨンナム)さんと先月末に再会した姉の金英子(ヨンジャ)さんが2日、全州市の全羅北道庁舎で記者会見をした。英子さんによると、めぐみさんの拉致問題について英男さんは「(日本側は)すべて真実を知っているのに勝手な対応をしている。もう放っておいてくれと、伝えてほしい」と強く主張したという。
 英子さんは、こうした英男さんの発言を横田滋さん・早紀江さん夫妻に直接伝える考え。英男さんのメッセージによって拉致問題を巡る日韓の連携は難しい局面を迎えそうだ。

 英子さんは会見で「(英男さんの)送還問題は本人が決める問題」とし、段階的な拉致問題解決を模索する韓国政府の姿勢を見守る立場を強調した。
 また英男さんが先月29日の会見で、英子さんらを8月に平壌に招待すると述べたことについて「(正式に)招待があれば行く」と語った。韓国政府は8月の再訪朝について反対しない方針。
 一方、会見に同席した「拉北者家族会」の崔成竜(チェソンヨン)代表は「拉致を北朝鮮に認めさせようとしたが、そうならなかった」と語った。また「我々の団体の目的はあくまで送還だ」と述べ、英男さんを拉致問題として扱い、韓国への帰国を求める方針を維持すると明らかにした。
 さらに離散家族再会事業と拉致被害者の再会は分けて推進するよう、韓国政府に要求する考えを示した。
(毎日新聞) - 7月2日21時43分更新
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/145-d79726b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。