渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッサンと「・・・。」とモ娘。

小娘数人に破壊される日本文化とは(玄倉川の岸辺)
「モーニング娘。」が日本語を壊した(花岡信昭ウェブサイト - my weblog)

日テレアナ盗撮事件に絡む藪本ブログの炎上騒動では軽薄なマスコミ人(元”華の女子アナ”それもあのDORA)の世間知らずの軽薄な身内庇いに冷ややかな視線で傍観するのみだったが、今度の花岡氏のモーヲタ軍団に叩かれるの図については、生暖かくも微笑ましくて、こちらの眺める視線もつい穏やかなものになる。

花岡氏は(そこに半ば以上の嫌味な本音を練りこませてはいるが)親父ギャグでただ単に文脈にアクセントを付けたかっただけなのだろうが(まさか本気でモ娘。が日本語を破壊した元凶だと思い込んでる訳ではないだろう)、濃いアイドル(偶像)ファン(崇拝者)のもつその対象を傷つける者に対する強い憤怒感情を忘れてしまったのかまたは端から理解の埒外においてるのか、どちらにしても社会に影響力のある有名ジャーナリストとしては少し迂闊だったのかなと思う。昨今の巷間におけるマスコミ人士に向ける目はことのほか厳しいのだからなおさらだ。最初はわざと毒吐きやって撒きえを撒いたのかなとも思ったが、どうやらそうでもなさそうだ。

愚生は往年の某アイドル歌手のファンサイトを運営してる身でもあるし、我が精神生活の安定にとってその某アイドル歌手その他を含めて色々なアイドル・ミュージックというのは欠かせないアイテムになってるということもあって、モームスを含めたアイドルたちとそのファンたちについては、一定の理解とシンパシーを感じているものであるが、贔屓の女の子(もしくは男の子)を貶されたら単純素朴にムカツクというような分かりやすい感覚は、アイドルファンだからうんぬんかんぬんというレベルの話ではなく、誰でも理解できることなんじゃないだろうか。しかしながら、そのような感覚への理解可能性と外部への現実行動の妥当性とはまったく別の話ではある。「よくも大好きな○×ちゃんをけなしやがったな!コノヤロー」、十分その腹立たしい心理は理解できるのだが、客観的にみて礼節と冷静さを欠き度を越えた反発が累積されすぎてくると、それの中立的な第三者集団に与える印象はだんだん悪いものとなっていくので注意が必要なのではないだろうかと思う。見ると、冷やかし半分の面白がり祭り好きもけっこう多そうで、まぁ、色んな種類の人間が蝟集してブログの炎上に一役買ってるのだろう。だからといって、愚生この連中を軽々に”ネットイナゴ”などとイメージ操作付きのレッテル貼りをして纏めて蔑んでやろうなんて、さらさら思わないのだが。

ところで、アイドルとそのファンによる相互現象の心理的本質は双方に宿した”幼さ”にあると思われる。還元すればそれは”純心さ”に帰して、例えばラファエルロの聖母子像のごとき宗教的偶像の人を惹きつける力の本質もそれに通じるものがあるのじゃないだろうか。そして、その純度が高ければ高いほど時に外部の力によってあたかもよく磨かれた硝子の整美な表面に致命的な一本傷が入ってより深く傷つく如く、傷ついた分時にそれを超えた暴力性を伴った反発力を外部に返し送るということもあるのじゃないだろうか。時に世界を震撼させる宗教的な争いごとが脳裏に浮かんでくる。今回の花岡氏のブログの炎上事件とそれらを比べると、その世界に与える衝撃と影響はまったく比ぶべきもない軽重のレベルでてんでお話にならないが、宗教と芸能の本質を通底する親近性のある現象として、以上愚考におよんだ次第。

アイドル好きの愚生にとって、モームスについては個人的な位置づけとしては普通である。98年頃までの初期の曲はわりと好きなものが多い。とりわけ「真夏の光線」「Memory~青春の光~」「サマーナイトタウン「抱いてHOLD ON ME!」などはけっこう好きだ。花岡氏のいうように「歌もへただし、ダンスもひどい、とてもではないがエンターテインメントの領域には達していない」とは思わない。一般的なアイドルの実力でいったらそこそこ高いレベルで、過去にいたもっとひどい連中に比べたら(笑、こういう比較はそもそもアイドル評価にはナンセンスなのだ)、必要十分な条件を満たした立派なエンターテインメント集団だと思う。花岡氏のように全然カテゴリーの違うアーティスト連中の技術やセンスと比較して格付けして腐してみてもそれは無意味かつ野暮で益もなく、別にやってもいいが、愚生のようなたんなる市井の一狒々ふぜいならともかく(愚生などはそのような無責任な立場に胡坐をかいて、せこくチクチクやる時もある;)、花岡氏のような世間に名の通った有力者はまずやらない方が無難だろう。

それはそうと、今回の件で「・・・。」の勉強になった。最近改正された新会社法の法文にもこれが出てきて、少々面食らってた所だった。
「……。」と表記するのは古くからある正しい日本語です。
芥川龍之介も夏目漱石も「……。」と書いています。
(最近の新しい版では「。」が省略されたものが多いです)


現在は「。」を省略するのが一般的なので、学校でもそのように教えてもいいと思いますが、古くからある正しい日本語を乱れているかのように言われるのは大変違和感があります。

Comment by 池ちゃん ― 2006年6月3日(土曜日) @ 09時52分20秒
目から鱗が落ちた。「・・・。」の方が正統正則だったのか。全然知らなかった。花岡氏のごとく「・・・」の方が正しいとずっと信じていた;。ところで、花岡・玄倉川コンビには荒川日の丸ウィニングラン隠蔽事件以来ご無沙汰になっている。愚生は故意隠蔽説の方に信憑性があるんじゃないかと思って追究してたのだが、要の海外の映像物証が全然出ないからお手上げ状態のまま放置してきた。どうやら、国際制約説の方に分がありそうだ。ここは素直にシャッポを脱ぎたい。※加筆修正:060610
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://freezingpower.blog11.fc2.com/tb.php/139-72ffb8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。