渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小日本の証券会社なんて知らないアル

リーマン買収「ノムラ フー?」 中国で日本金融機関は「無名」
2008/10/19

野村ホールディングス(HD)が経営破綻した米証券大手リーマン・ブラザーズのアジア太平洋、欧州中東部門を買収したニュースは、中国で大々的に報道された。さらに、三菱UFJフィナンシャル・グループがモルガン・スタンレーを救済するために同社株を取得、中国の金融界を震撼させた。しかし、実のところ中国では日本の金融機関のプレゼンスは弱く、名前すら知られていないのである。
「アメリカ金融企業を底値で買う日本企業」


中国の経済エリートに影響を与える経済誌『財経』には、メリル・リンチ、モルガン・スタンレーなどのアメリカ系金融機関のエコノミストに常にコラムを書かせている。また、投資セミナーなどに行くと、基調演説を担当するのは全員アメリカ系金融機関の人間だ。一方、日本の銀行、証券会社のエコノミストは、ほとんど名前を知られていない。それどころか、日本のトップ金融機関の「社名」ですら「無名」なのだ。

そうした中で、アメリカ金融企業の救済に打って出たのは、中国ではほとんど名前を聞いたことがない野村證券、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行だった

「アメリカ金融企業を底値で買う日本企業」といったタイトルは、経済紙だけでなく、大衆の読むタブロイド紙にまで踊っていた

中国でもっとも発行部数の多い『環球時報』の経済担当のデスクは、

「日本の金融機関については、三菱銀行、住友銀行ぐらいは知っているが、証券会社については正直に言ってわからないし、記事にしてもあまり読者がぴんと来ない。今回のアメリカ金融危機の際、何で日本が救済に出たかよく理解できない」


とJ-CASTに明かす。経済のプロであるデスクさえもこんな状態なのだ。
日本の金融力をどう使うか、という点では注目

しかし、今回の金融危機の処理には、以前のアジア金融危機のような、中国の出番はなかった。加えて10月10日以降、平均株価指数が暴落。 1989年に三菱地所がロックフェラービルを買収し、その後撤退したように、野村HDのリーマン買収も、その二の舞を踏まないのか、さらに日本の証券企業、銀行は果たして実力があるのか。中国の代表的な経済紙である『21世紀経済報道』は、10月14日付けの記事で疑問を問いかけていた。日本金融の実態も先行きの行方も、中国にはまだよく分からないのだ。

もっとも、突然評価された日本の金融力をどう使うか、という点では注目が集まっている。中国社会科学院金融研究所の孟祥昇博士は、J-CASTの取材に答えて、

「世界金融が危機に直面しており、中国が以前のアジア通貨危機の時と同様、大国の責任を果たす場合、むしろ日本と協力して出て行くべきだ。われわれは内々それを議論した」

と、日本への期待を込めてこう話す。

(J-CAST北京支局)
http://www.j-cast.com/2008/10/19028755.html


   ∬   ホッホッホ          
   ∫     ∧_,._∧           
    ~━⊂(;`ハ´)つ-、  小日本の証券会社なんて知らないアル
     ///  ./_/::::::/       
     |:::|/⊂ヽノ|:::| /」       
   / ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄/| 

心配ない、日本人も知らないw。最近なんやわけ分からんカタカナ名証券とかぎょうさん増えとるしぃw。それにしても、最近国際金融業界にやっとこさ顔出してきたようなひょっ子が何をえらそうに言う天然って感じだが、まぁW杯でたとえるなら大昔に優勝経験のある古豪のウルグアイあたりが、アルゼンチンやイタリアを破って決勝戦に出てきたが選手の顔がいまいち売れてないみたいなもんだろうか。それでもほとんど知らない選手ばかりといってもアルバロ・レコバぐらいは知ってるだろう。それも知らんのかorzみたいな。しかし、仮にも世界経済・金融の”専門家”面しているのなら、少なくとも野村の名前ぐらいは過去にも聞いたことはあるんじゃないのか。日本人の自虐志向と支那人や欧米の反日マスゴミの自大志向・反日志向が歪に結びついた結果、日本の実力を過小評価した幻の”小日本”像が一人歩きして現実世界の客観的な認識能力をもてなくなってきてるんじゃないのかとも思える。まぁどこの国にもマスゴミにはロクな人間はおらんのだろう。あと、この記事には支那人のそろそろ自分とこの経済がヤバイ雲行きになってきた時期に、小日本が上手いことアメリカのオイシイ部分をもっていきそうになってるのがなんとも気に食わなくてしかたないみたいな心境が透けて見える気がする。
スポンサーサイト

シナトラマン(金甲戦士)

シナトラマン
デザインも設定もほとんど同じじゃねーか!巨大化しないつってもそれはそれでメタルダーのパクリっぽい。セブンの場合地球人サイズでも動いていたし。ナショナルヒーローのオリジナル創造は難しいがちゃんと生みの苦しみを経て自らやれって、でないとテコンVのどっかの国と変わんねぇじゃねーか。特撮がなんかスターウルフっぽい感じがして笑える。関係ないが、シナトラマンつってもフランクシナトラも支那虎一城も全く関係ない。

峰岸徹さん死去

峰岸徹さん死去に本木雅弘が追悼コメント「自然体で、誠実に取り組まれていた」

まだ若いのに実に惜しいと思う。峰岸徹といえばまず真っ先に思い浮かべるのが「ねらわれた学園」の魔王子・京極役である。原作のイメージはどちらかといえば原田知世主演のドラマ版の本田恭章(ロックスターっぽい感じだったが;)に近かったのだが、1981年の映画版の峰岸京極にはドギモを抜かれた。1979年NHK少年ドラマシリーズ版の「七瀬ふたたび」の”ゾンビー軍団”に勝るとも劣らない衝撃で、SFジュブナイル実写化史上に残る”偉業”(というか異形)だったといえる。お腹に大きな目があったり、子供時代に見たら夢に見てもおかしくはないものだった。
ねらわれた学園
http://blogs.yahoo.co.jp/isataisen/45332305.html

他にも、「水滸伝」の黄信、「風と雲と虹と」の源扶など個性的な役を数多くこなしていた。

1986年人気アイドル歌手だった岡田有希子自殺事件の時にその原因となった相手として芸能マスゴミの餌食になったことも有名である。この件については、当時のIプロの人気俳優K田の犠牲となったという噂の真相めいた話が出ているが、もとより真偽を確かめるすべはない。

ともあれまた一人貴重なバイプレイヤーを失った。
謹んで哀悼の意を表する。

おくんち中日に長大の大快挙

下村博士下村博士おくんち
昨日のノーベル物理学賞日本人独占の慶ばしいニュースに引き続いて、今度は化学賞も日本人である!おまけに下村博士は我が地元の大学出身者でもある!これは凄い。実にすばらしい快挙である。旧六医大の一角とはいえ旧帝大でさえない長大(旧長崎医科大学)からまさかノーベル賞学者が出ようとは思わなかった。昔の医科大時代の薬専の立地場所は知らないが(浦上の現医学部の地だったのか?)、現在の長大薬学部といえばちょうど某ミッション系女子校と長大をブリッジでつないだような感じの歩道橋からみえる付属の薬草園が魅力で、その昔そこを通るたびに薬学部もいいななんて思ったものである。ところが、実際問題として国立理系それも薬学部の敷居はものすごく高く、超が付く理数音痴の筆者はあっさり諦めざるをえなかったのであった。

ノーベル賞受賞者の出身大学

大学別(学部卒時点)受賞者数
東京大学(東京帝国大学含) - 6人(但し自然科学では3人)
京都大学(京都帝国大学含) - 5人
名古屋大学 - 2人
東北大学 - 1人
東京工業大学 - 1人
長崎大学(長崎医科大学含)- 1人

【ノーベル化学賞】「自分はアマチュア・サイエンティスト」下村脩氏
10月8日21時40分配信 産経新聞

 日本人として6年ぶりにノーベル化学賞を受賞した米マサチューセッツ州在住のボストン大医学校名誉教授、下村脩(おさむ)さん(80)は内外から「型破りの独創性の持ち主」と評されてきた。穏やかで謙虚な人柄だが、「『難しいからやらない』という発想が一番嫌い」と公言する強い意志の持ち主。物理学賞に続く、日本人の連続受賞に列島は驚きと祝福ムードに包まれた。

 京都府福知山市で生まれた。大変な時代だった。陸軍将校の長男で幼少期は満州、大阪で過ごした。中学生のとき長崎へ疎開し、転校初日に学徒動員で軍需工場へ駆り出された経験を持つ。16歳のとき、原爆が投下され、終戦後も中学の卒業証書がないため、高校に進学できなかった。

 行くあてもなく途方に暮れていたところ、原爆で破壊された長崎医科大付属薬学専門部(現長崎大薬学部)が、たまたま近所に移転してきた。

 「機械が好きで、船の設計をしたかった。薬なんて何の興味もなかったが、ほかに選択肢がなかった」

 不本意だったが、同専門部に入学、首席で卒業した。就職しようと、製薬会社の面接を受けたが、「君は会社には向かない」と忠告され、大学に残った。

 「上の人の話を素直に聞くような人間じゃない。そうかといって、人と争う気もないし、競争は嫌い」


 以前、産経新聞の取材に応じた下村さんは自分の性格について、そう語っていた。

 ホタルやクラゲ…。生物が作り出す光は神秘的で、多くの謎に包まれている。

 生物発光との出合いは名古屋大の研究員時代、教授の薦めで甲殻類のウミホタルを研究したのがきっかけ。米プリンストン大が20年かけてもできなかった発光成分の結晶化にわずか1年で成功、頭角を現した。

 「自分はアマチュア・サイエンティスト。それがかえって良かったのかも」と、穏やかな笑顔で謙虚に振り返る。

 趣味は美術鑑賞。対極にあるものが好きな理由は「科学者として正しいゆがみのない思考力を持つためには、科学とまったく違う趣味を持つのがよい」からだという。主に印象派のデッサンや水彩画、版画に興味があり、時間があれば、美術館や町のギャラリー、古本屋をのぞく。

 現在はマサチューセッツ州で妻と2人暮らし。子供は1男1女。米国での暮らしはもう45年になった。妻の明美さんは薬学部の後輩で、ともに渡米し、下村博士の“助手”としてクラゲの採集や実験を手伝った。

 ちょうど1年前、下村さんは“母校”の長崎大薬学部で講演した。熱のこもった話に学生らは聞き入った。帰り際に、同学部の中島憲一郎教授が「そろそろノーベル賞をとれるのでは」と水を向けると、下村さんは「そういうことは自分で言うものじゃないからね」と照れたように笑っていたという。「もう少し、若い学生とじっくり話したかったなあ」。長崎大を後にする際、名残惜しそうな様子だったという。

 下村さんは「『難しいからやらない』という発想が一番嫌い。物事は難しく見えても、できてしまえば簡単なものだ」と常々思っている。若手研究者には「研究をやり始めたら、できるまでやめるな。一度ギブアップすると、くせになる」とエールを送る。

 下村さんの受賞に、中島教授は「心の底から感激している。こんな地方の大学を出たノーベル賞受賞者は初めてではないか。ここで学ぶ生徒たちにも励みになる」と喜びの声をあげた。


最終更新:10月8日23時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000610-san-soci

 下村氏は「自分は(旧長崎医大という)小さな地方の大学の出身だが、それでもノーベル賞を取ることはできる」と語った。さらに自身の経歴に触れ、「学生時代は、戦争で十分勉強ができなかった。学校は原爆で壊滅して諫早にあった飛行機関連施設を改造して研究所にしていた。設備は本当にひどいものだった」と振り返った。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081009k0000m040149000c.html?inb=yt


巨星堕つ 名優緒形拳の急死

【緒形拳さん死去】密葬、次男の直人さんら参列し粛々と
10月7日14時2分配信 産経新聞

肉親らの手で運ばれる緒形拳さんのひつぎ=7日午後、東京都新宿区中井(瀧誠四郎撮影)(写真:産経新聞)

 5日に死去した俳優の緒形拳さんの密葬は7日、東京都内の法華宗系の寺院で営まれた。密葬には長男の幹太さんと次男の直人さんら近親者のほか、遺作となった「風のガーデン」の関係者、親しい芸能人ら数十人が参列、報道陣をシャットアウトし、粛々と進められた。

 会場では、幹太さんと直人さん兄弟が、沈痛な面持ちで緒形さんの棺を持つ姿が見られ、父であり、偉大な先輩俳優の死を悼む様子がしのばれた。

 幹太さんと直人さんは7日夕、都内で会見する。

最終更新:10月7日15時38分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000552-san-ent

まさに巨星堕つという感じだ。「名優」と問われればまず真っ先にこの人の名が浮かぶぐらいで、今朝一方を聞いたとき思わずえっと絶句してしまった。あの名優緒形拳と死というものがまったく結びつかなかった。それぐらい筆者にとって緒形拳という存在は映画やドラマというヴァーチャル・ワールドにいてあたかもその中でのみ生きて動いているようなかなり現実離れした存在だったのである。いわば役者という名の妖精みたいなものだ。彼の役者としての存在感は群を抜いていて、「必殺仕掛人」の梅安や「復讐するは我にあり」「鬼畜」の鉛のような凄みのある鬼気迫る演技は他を寄せ付けず、中でも「黄金の日々」の秀吉でみせた、素朴で暖かみのある軽快な藤吉郎~狷介不羈で狂気をはらんだ重厚な太閤までのキャラクターの変化を微妙に移り変わる演技で表現していたのは圧巻で、さすがに「太閤記」で世に頭角を現したといわれるだけのことはあると舌を巻いた記憶がある。以後どんな役者が秀吉役をやっても物足りないものを感じるようになってしまった。たとえ社会の底辺の下積みの生き馬の目を抜くようなどんな厳しい環境の中でも狂気をはらんだ爆発力と鋼のような精神力をもった強烈な個性で渡り抜いていけるような(「狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇怒濤篇」の中村半次郎のごとき)、そんな役柄がピッタリ合った剛の人というイメージ(現実の彼は柔らかい気さくな感じの優しく礼儀正しい人だったらしい)の彼がまさかこんなにあっさり突然逝くとは思いもしなかった。これでまた昭和の貴重な歩く文化遺産が消えてしまった。映画界やドラマ界にとってその損失は計り知れないだろう。

謹んで哀悼の意を表します。

他のやり方はなかったんかいな

バッファロー吾郎が『キングオブコント2008』制し、コント日本一に
10月5日20時46分配信 オリコン

コント日本一に輝いたバッファロー吾郎

 “コント日本一”を決めるお笑い界の新たな祭典『キングオブコント2008』(TBS系)の決勝大会が5日(日)行われ、計2146組の出場者の中から、バッファロー吾郎が初代王者に輝いた。結成19年目、遅咲きの実力派コンビが見事“コント日本一”の称号と優勝賞金1000万円を手にした。

 見事“初代コント王”の称号を手に入れたバファロー吾郎の竹若元博は「お笑いという素晴らしい世界を教えていただいたダウンタウンさん、コントの素晴らしさを教えてくれたリットン(調査団)さんに感謝したい」と喜びを語り、相方の木村明浩は喜びのあまり大号泣で言葉にならなかった。

 決勝大会にはバッファロー吾郎のほかに、TKO、ロバート、バナナマン、天竺鼠、チョコレートプラネット、ザ・ギース、2700の計8組が進出。惜しくも決勝を逃したセミファイナリスト100名が各自5点の500満点で採点し、最終決勝にはバファロー吾郎とバナナマンというコンビ結成10年以上のベテランコンビが選ばれた。

 進出した2コンビは、ネタ披露後に自分たちを含めてどちらが面白いかを口頭で発表し、引き分けならば残りのファイナリスト6組の口頭で決定。緊張が高まる中、多数票を獲得したバッファロー吾郎が、見事に初代“コント日本一”の栄冠を手にした。


 バッファロー吾郎は、1989年に結成された木村明浩と竹若元博からなる吉本興業所属のお笑いコンビ。91年にはナインティナイン、雨上がり決死隊などと結成した若手ユニット・吉本印天然素材のメンバーとして人気を博す。ユニット解散後も関西を中心に精力的にライブ活動を行ってきた彼らは、テレビでの露出が少ないため知名度は低いが、お笑いタレントの間でその実力は高く評価されてきた。彼らが主催する、年に1回の大喜利トーナメント「ダイナマイト関西」は、お笑いファンの中で驚異的な人気を誇っている。

最終更新:10月5日21時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000001-oric-ent

審査方法が明らかにおかしいだろ。こんなやりかたじゃ芸歴長いやつ程有利にきまってんじゃん。
ただでさえ厳しい縦社会なんだから。それに最後のなんだよ、違う事務所の2組が残って審査を
芸人にやらすってそりゃ自分とこの先輩に投票するしかないじゃん。そうなると吉本が有利に
決まってるし。かわいそホリプロのバナナマン。それに本人達にどっちがよかったとか言わす余計な
演出いらん。
TBSほんとばっかじゃねーの。裏方がでしゃばんな。
結局浜ちゃんに「中学生か!」って言われちゃうようなコントが優勝しちゃうし。
ほんと中学生レベルでくだらないネタだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20081005-00000001-oric-ent&s=points&o=desc

誰がどう考えても審査方式の欠陥。しかしそんなことは百も承知でそれでも四十路間近のバッファローを東京のテレビ界になんとしても送り込みたかったんだろう。友近やケンコバなどダイナマイト関西経由で旅立っていった後輩連中も多く、ナイナイや雨上がりなどの天素の仲間のバックアップも期待できるのだろうが、R-1のほっしゃんとかなだぎのような東京での全面展開を望んでる吉本の商魂が透けて見えてイヤらしいことこのうえない。しかしながら同世代だし、マニアックなネタも気に入ってるし、天素時代から個人的にはバッファローは好きな芸人なので、もっと他に(たとえば宮川大輔のやったような徐々に浸透していくやり方)良いやり方がなかったものかと思う。
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。