渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾と駆け引き

<国連核決議>日本、イラン案に反対 (毎日新聞)
 国連総会第1委は30日、日本などが提出した核兵器全廃を目指す決議案を圧倒的賛成多数で採択した。イランが提出した核兵器保有国に核軍縮を求める決議案も賛成多数で採択されたが、日本は反対票を投じた。日本の姿勢は核兵器の全廃を主張する一方で、核保有国の軍縮には消極的とも受け取られかねず、議論を呼びそうだ。

[ 2007年10月31日15時2分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_un2__20071031_2/story/31mainichiF20071031p1500e030065/

核軍縮は核全廃の部分集合として包含されるものだろう。こうした明らかな馬鹿矛盾をやるくらいなら、最初からなにもやるな。核保有国の方はあくまで”軍縮”止まり、人類を何百回も絶滅可能な量の無駄な核兵器を何万発も保有しているのをあくまで非現実的な全廃ではなくただ軍縮させろというけして不可能とも思えない提案なんだから、反対票を投じる必要はない。子供でも分かる論理と条理を理解してない日本政府はとんでもない恥さらし・・・・・・とこれは、あくまでナイーブな視線による見方の話。平和を希求してやまない理想主義に燃える人々の誠心に訴求して反政府攻撃を煽らんとするブサヨマスゴミの小ネタ。現実の国際政治は必ずしも論理・条理・事実・哲学といった硬質な判断・行動基準(物理力・利権・経済力・情想・諜報工作・捏造・洗脳・・・といったあたりが軟質基準といえるか)では動かない。この場合前者は北朝鮮やイランに対する牽制、後者はイスラエルや英米等親イ国に対する牽制ということなんだろう。

別に日本政府の小賢しい駆け引きを支持しているものでもないのだが、このように書けばこないだ沖縄集会に寄せて自分でいったことと矛盾してるじゃないかとも思えるが、そうとは思わない。物事を処するあり方においてはそれぞれ原則的に適した対応法をとるべき必要があり、こと自国の国家と民族の尊厳を著しく損壊させるべく仕掛けられた敵性国家の軟質基準(捏造・洗脳・工作)に基づく攻撃に対しては、原則的に硬質基準(事実・論理・条理・哲学)に基づいた対応をとらないと、事態はますます混迷化長期化深刻化敵対化の泥沼の度合いを深めるばかりで、自国のみならず敵対国のためにもならないとの重苦い経験を踏まえた鉄の原則に基づくものだからだ。

しかし、日本は究極の駆け引き下手国家だからこういうことやっても上手いこといくのかどうか;。たとえばこないだの参院選でも、与党は社会保障・雇用・医療といった軟らかい分野の訴求では野党には勝てないことは分かってたんだから、安倍グループは外交・安全保障・教育といった硬い分野でガンガン強気で攻めていってたらよかったんじゃないかと思ってるのだが。
スポンサーサイト

反軍思想はSFもどき

自国の軍隊見て

>>「軍事行動を誇示し、市民生活を威圧するものだ」「平和な市民生活を脅かす」

って発想なかなか浮かばない。この人らはおそらく鎮台兵見て、自分らが威圧されたと感じてた西南戦争時の鹿児島県人みたいな明治時代の感覚をもっているんだろう。おそろしくアナクロな人たち。もしくはいまどき国軍=治安維持軍って、どこの内戦国家なんだ。いきすぎた反軍思想は時空をかるく超越する。

武装自衛官、商店街をパレード 長崎・佐世保

 長崎県佐世保市の中心部にあるアーケード街で20日、自動小銃や軽機関銃を携えた迷彩服姿の陸上自衛隊員約180人がパレードした。同市にある相浦駐屯地の創立記念行事の一環で、商店街での武装行進は05年以来2回目。労組などからは「軍事行動を誇示し、市民生活を威圧するものだ」という批判も出た。

 パレードは午前11時半に始まった。同駐屯地に司令部を置く西部方面普通科連隊の隊員が約1キロ行進した。

 パレードは同連隊創設直後の02年に始まったが、その時は武器は携行しなかった。しかし、03年から「陸自の真の姿を見てもらい、理解と信頼を深めたい」と近くの国道を武装して行進するようになり、05年に商店街に場所を移した。

 佐世保地区労や市民団体は集会を開き、「平和な市民生活を脅かす」と抗議した。一方で、パレードを見物していた市民からは手を振って激励する姿も見られた。

 一方、この日は鹿児島県薩摩川内市内の国道3号でも、戦車や装甲車など約60車両が約1キロをパレードした。陸自川内駐屯地の創立22周年の記念行事の一環という。

http://www.asahi.com/national/update/1020/SEB200710200002.html


緊急 外国人参政権問題 明後日の太田総理 中川昭一だせや(怒)

ありえねぇ。国家の自殺行為。賛同者は国家自殺幇助罪でしょっ引かんといかん。

(読者の声3) 「外国人参政権に反対する会」から緊急のお願いです。
日本テレビの政治バラエティ番組「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中
」で今週、外国人参政権問題が議論され放映されます。この番組の中では参政権
の是非が討論され、その後番組内で投票され、結果が発表されます。
我が反対陣営から米田建三氏・金美齢氏・平沢勝栄氏・百地章氏が出演され弁舌
をふるっていただきますが、15日(月)の録画では投票は2対1で我がほうに不利
な結果になりました。
この番組は視聴者も携帯等を通じて投票に参加できます。
当然、推進陣営(主として創価学会と大韓民国民団)は猛烈な票集めを行うこと
は瞭かです。たかが政治バラエティ番組ですが、この時期に外国人参政権問題を
俎上にあげる企画が出てくることは、民団等の働きかけがあったことは推察でき
ます。この緒戦とも言うべき戦いに負けるわけには参りません。
緒戦の敗退はマスコミにとって好餌となり、世論調査でも不利に働きかねません

言うまでもなく、たとえ地方参政権と雖も認められてしまえば、日本は未来永劫
真の独立国になることは出来ません。愛国者である皆様のご投票を伏してお願い
申し上げます。

番組放映  10月19日(金)午後8時より
日本テレビ系列(関東地方では4チャンネル)
なお投票は、携帯電話番組開始1時間前から番組終了後24時間行えます。

投票ページ(番組1時間前に更新されるはずです)
http://www.ntv.co.jp/souri/manifesto/index.html
最新放送のところのテーマをクリックすると、投票ページに移ります。

その他 携帯・ワンセグ・データ放送等での投票方法
http://www.ntv.co.jp/souri/manifesto/howto.html

 ついでですが民団新聞10月10日(水)号に1面全部使っての参政権についてキャ
ンペーン記事が掲載されております。一部を下記に抜粋いたします(詳しくは外
国人参政権に反対する会のhpをご覧ください。)

地方参政権 世論を喚起し好機生かそう
11・7全国決起大会へ
政治決断を誘引も
韓日関係成熟化もにらみ
未来を真摯に問え
日本はアジアで範示せ

民団は来たる11月7日(水)永住外国人への地方参政権付与法案の早期成立を求め
て東京日比谷野外音楽堂で全国決起大会を開き街頭デモや国会陳情も行う。01年6
月以来となる大規模行動は運動を再構築するスタートとなる。11.7を前に地
方参政権問題をめぐる状況と焦点的な問題について本紙記者が語りあった。与野
党伯仲の緊迫した政局はプラスに作用するのは間違いない。
福田首相の考えはまだ明らかではないが少なくとも小泉福田両政権時よりは柔軟
だろう。
福田新政権は「自立と共生」を唱えている分期待が持てるのではないか。
「自立と共生」という言葉は80年代の指紋押捺制度撤廃運動の過程ででてきたも
ので在日同胞の運動内部で育まれたことばが首相・民主党の代表の標語にまでな
った。福田氏は昨年のアジア歴訪で東アジア共同体構想の実現を加速するために
政治的な決断の重要性を指摘している。
11・7決起集会の成功がもつ意味は大きい。しかしその一発だけでなく各政党
や国会議員、オピニオリーダーまた地域社会での地道な働きかけに注力したい。
市民団体の積極的な意思を引き出すとともに韓国サイドからの効果的なプッシュ
を呼び込むこともポイントになるだろう。 我々の切実な声を集約し支持世論の
大きなうねりを作り出そう。
        (ME生)


異編有閑倶楽部

有閑倶楽部
異編有閑倶楽部
有閑ドラマ
松竹梅魅録・・・赤西仁 ×
菊正宗清四郎・・・横山裕 △
美童グランマニエ・・・田口淳之介 △
白鹿野梨子・・・香椎由宇 ◎
黄桜可憐・・・鈴木えみ ◎
剣菱悠理・・・美波 ◎◎
美波って以前CMでしか見たことなかったけど、現実最強の実写版悠理じゃないの。少し演技が舞台くさかったのが玉に瑕だけど、それもたいして気にならんくらいハマッてた。大発見じゃないの。これほどのは今後もなかなかでないんじゃないかな。野梨子役は以前デビュー時の仙道敦子とか良いんじゃないのと思ってたけど、香椎ちゃんもけっこう良かった。あの野梨子も好きだな。鈴木可憐は派手な雰囲気出そうとしてた頑張りは認める。横山・田口は相当甘いけど、一応キャラを出そうと少しは努力してたんだろうと思えるので、赤点はなんとか免れたといった感じ。できれば違うのに変えて欲しかったんだけども;。あと男山◎◎・万作◎・百合子◎・時宗◎・理事長◎、校長と教頭コンビの設定はムリないかい。大昔の穂積隆信・柳生博コンビを思い出した。えーと、ペロペロキャンデー?魅録?違うでしょ、魅録はどっかにフリップアウトされて新たな有閑メンバーとして”ペロキャン赤西”というオリジナルキャラが違和感たっぷりな異編主役としてスクリューインしてきたって感じ。奴だけ視界から消えてた。「花より男子」の成功で味占めたジャニーズが次の少女漫画物として有閑引っ張ってきた時から、すでに無茶で強引なスクリューインは既定路線だったんだろうがね。今後の展開で、有閑お約束の幽霊物もでるかな。一応期待しとこう。【注:なぜだかこのテンプレでは一重丸○が普通に表示されないので、代わりに二重丸◎を用いていますが、意味は一重丸○です】
漫画版公式サイト

TVジャパン一条ゆかり先生のインタビューより抜粋
「ビジュアル面に関しては、原作の髪型と同じとも考えましたが
 赤西君は恐らく今の髪型の方がカッコいいんですよね。
 主演が彼に決まった以上、一番素敵な赤西君に演じてもらったほうがいい。
 ですから、私も無理に髪を切ってもらう必要はないと判断しました。」
「脚本を読むと、原作の複数のエピソードをうまく融合させて1つの物語を作っていたりして
 お金がかかりすぎる話も無理なく仕上がっているんですよ。原作ファンの方がご覧になっても
 決してがっかりせず、楽しく見てもらえるんじゃないかと思っています。」

センセ?
(加筆修正:071205)

ノストラダムスの妖少女の幻視と今のマスコミ状況

ノストラダムス今はノストラダムスの大予言なんてお笑い種になってるが(著者の五島勉氏がけっこうアイドル好きであったり、そのユニークな文体も愉快だった^^)、そのシリーズ中に1987年”スペシャル日本編”っていうのがあって、その中で未来を透視したという妖少女なる人物が出てきて、世界のどん詰まりの時日本でクーデターが起こって、マスコミがタンク(戦車)でドーンと攻撃されるなんて描写があった。時はバブル前後の日本が一番輝いていた裕福で余裕たっぷりのまだまだマスコミをそれほど疑うことなんてほとんどしなかった時代、その時は日本でクーデター?マスコミがどうしてやられるのか?まったく理解できなかったのだけど、今なら少しは分かるような気もする。”幼少女の幻視”もクーデターも容認するわけじゃないが、日本にそのような意識を起こさせるような酷いマスコミ(他)状況が現にあるってことに、1999年をかなりすぎた今まさに実感できてることに驚いている。

バカなループの繰り返し

こないだの韓国人教授に寄せた誘い水(「拉致された人はもういない」発言)にさっそくホイホイ反応する福田。まったく”期待”を裏切らない男だな。オレオレ詐欺以上のボロイ商売再調査やるやる詐欺、あくまで再調査であって、拉致被害者の送還ではない。再調査約束→金→何も出ませんでした→小制裁→日本の政権交代→選挙→再調査約束→金→バックレ→日本の政権交代→・・・・・・オバかな永久ループしているうちに拉致被害者の方々もその親族の方々もみなどんどん年老いて弱ってゆくばかり。日本の威信は地に堕ち、血税の無駄遣いは已まぬばかり。外交は右手で握手しながら左手で殴り合う国際関係の修羅場だろう。日本の左手はまだまだヘナチョコパンチじゃないのか、安倍政権でいくらか殴りつけてやったとは思うが、まだまだ甘い。だから相手も徹底的に舐めてかかってきてる。だからまだまだ左手の圧力を強める必要がある。手始めに北戸籍の凶悪犯罪者グループでも一斉に強制送還するとかやればいい。不当な”朝鮮人差別”を已めて普通の外国人並に扱うだけでいいんだから、何も特別不当でおかしいことをやれっていうんじゃない。今までやってないことがかえって不順法で異常なだけだ。札束で顔張るだけじゃ相手は全くいうことをきかない。外交喧嘩の常識だろう。ま福田になにいったって無駄か。

政府は11日、北朝鮮が日本人拉致被害者の再調査などに応じた場合、北朝鮮の水害被害に対する人道支援に踏み切る方向で検討に入った。南北首脳会談などで北朝鮮の金正日総書記が福田政権との交渉に前向きな姿勢を示す中で、「対話」のためのカードを確保する狙いがある。政府は北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の日朝国交正常化作業部会を早期に開催するよう求める方針だ。

水害への人道支援は、北朝鮮で水害被害が発生した8月末、安倍政権下で検討されたが、9月上旬にモンゴル・ウランバートルで開かれた日朝作業部会で拉致問題に具体的な進展がなく、実施を見送った経緯がある。

その後、北朝鮮との対話を重視する福田内閣が発足し、先の南北首脳会談で金総書記は「日本は福田康夫首相に代わったので、今後の日本の政策を見守る」と発言。政府内には「拉致問題は解決済みとしてきた北朝鮮の姿勢に微妙な変化がうかがえる」(外務省筋)との期待が高まっている。

政府は、北朝鮮の核実験に対する日本独自の制裁措置は継続する一方、人道支援を緊急措置として行う余地を残すことで、拉致問題での北朝鮮側の譲歩を引き出したい考えだ。

政府は平成16年5月の日朝首脳会談で、人道支援として北朝鮮への25万トンの食糧支援を表明、金総書記は安否不明の拉致被害者について再調査を行うことを約束した。しかし、北朝鮮側は再調査で生存者はいなかったと主張。同年末には北朝鮮が拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=のものとして提供した「遺骨」が偽物であることも判明し、政府は未実施分だった12・5万トンの支援を凍結した。

今回の人道支援は、日朝首脳会談の際に合意した食糧支援とは異なり、災害援助として行い、国連世界食糧計画(WFP)を通じて実施額などを調整する。北朝鮮側の再調査が前回同様、「ゼロ回答」で終わる可能性もあるが、北朝鮮側の環境変化に加え、「北が再調査を約束するなら、その中で、具体的なことを求めていける」(政府関係者)として、拉致問題を進展させる契機になりうるとの見方が浮上している。

(MSN産経 2007.10.12 01:40)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071012/plc0710120140000-n1.htm


糞嫌悪するような民族性がまたまたでました

キチガイ国家。やはりかの国は大反日民国以外のなにものでもない。以前から韓国官民の親日派への弾圧脅迫運動は激しいものがあるが、母親の葬儀に参列の呉さんを入国拒否とはいやはやあきれた。反吐が出る。もしこれで日本国籍を取得してなかったら、いったいどうなっていたのだろうか。今頃はひょっとしたら無理やりな理由つけられて塀の中に押し込められていた可能性も高いのではないだろうか。日本人で日本国内でむちゃくちゃな反日活動やってる連中の安全ぶりをみたら、いかに隣国が反日キチガイの巣で日本がマトモな国家かがよく分かる。こないだ 「TVタックル番外編 愉快な海外視察in韓国」という番組で、大竹まこと、阿川佐和子、高田純次の面々が韓国は反日っていうけど全然ひどいことはなかったなんておめでたいこといってたけど、そういうレベルの問題じゃないんだな。それとこれは連中がいったん”敵”と見定めた相手には、家族の葬儀だろうが英霊への祭祀事だろうが、人間の礼儀として引いて見守るというような態度を示すなんて伝統文化をいっさいもっておらず、逆にそれがゆえによりいっそうの嫌がらせをやってくるという伝統文化をもった日本人が心底から嫌悪する民族性をもっているということがよくわかる事例の一つだろう。

呉善花さん 母の葬儀で“帰国”拒否される
2007.10.9 16:54

このニュースのトピックス:韓国

呉善花さん 『スカートの風』や『韓国併合への道』など日韓に関する多くの著書で知られる韓国人女性評論家、呉善花さん=拓殖大学教授=が先ごろ、済州島在住の、母の葬儀で帰国しようとしたところ、済州空港で一時、入国を拒否されるということがあった。理由は日本での「反韓国的な活動」で韓国当局から入国禁止措置が出ているためという。

 しかし呉さんは日本に帰化し日本国籍になっていたため、日本の済州総領事館に依頼し韓国当局と交渉した結果、「人道的配慮」としてやっと“帰国”を認められた。

 関係筋によると、呉さんは1日、済州空港の入管検査でいったん入国を拒否され、日本への帰国便を指定され数時間、空港内で足止めされたという。

 呉さんは済州島出身で1980年代以来、留学などで日本に在住し著作活動を続けているが、韓国に対する厳しい批判が多いことから韓国ではマスコミなどで終始、非難の対象になってきた。(ソウル 黒田勝弘)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/071009/kor0710091654001-n1.htm

【産経抄】10月11日
2007.10.11 03:56
このニュースのトピックス:福田内閣

 その発言を韓国の盧武鉉大統領が、どんな表情で受け止めたのかは、わからない。南北首脳会談に同行して訪朝した韓国の大学教授は、両首脳のやりとりを明らかにしただけだ。福田康夫首相のメッセージを伝えた盧大統領に対し、北朝鮮の金正日総書記は「拉致日本人はこれ以上いない」と述べたという。

 ▼もとより、受け入れられるはずがない。北が伝えてきた横田めぐみさんの「死亡」の状況は矛盾だらけ。その遺骨も真っ赤な偽物だった。今月5日、めぐみさんの43歳の誕生日を祝ったばかりのご両親、滋さんと早紀江さんの憤りを思うと、胸が痛くなる。

 ▼ それにしても、福田首相は、頼みがいのない人にメッセージを託したものだ。盧大統領という人は、拉致日本人どころか、韓国人拉致被害者の帰還にもそれほど熱意がみられない。首脳宣言には大型経済支援について、具体的な記述があるのに、拉致問題にはまったく触れていなかった。

 ▼折も折、日韓問題についての多くの著書がある韓国人女性評論家の呉善花(オソンファ)・拓殖大学教授が、韓国入国を一時拒否されたと、小紙の黒田勝弘ソウル特派員がきのう伝えていた。韓国で「親日派」の烙印(らくいん)を押されている呉さんは、これまでもさまざまないやがらせを受けてきた。

 ▼当局が、「反韓国的な活動」を理由に帰国を認めないとなると話が違う。北朝鮮並みの暴挙ではないか。その呉さんの著書のひとつ『「反日・親北」韓国の暴走』(小学館)にこんな一節がある。

 ▼「国内親日派の一掃と親北統一が、韓国現政権最大の政治課題である。その方向で南北国家連合が成立すれば、これまでになく強固な反日民族主義国家の登場となるのは明らかだ」。盧政権が、図星をつかれたからだろうか。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071011/plc0710110356001-n1.htm


なんでも謝罪すればいいってもんじゃない

ゴルファー上田桃子ブログ炎上で謝罪「沢山の方に失礼なことを」
10月9日12時48分配信 産経新聞


 女子プロゴルファーの上田桃子さん(21)が8日、7日放送のTBS系「情熱大陸」での自身の発言を公式ブログで謝罪した。
 放送で上田さんは「同級生とかで、バレーとかバスケとかをしてる子がもう、不思議でしょうがなかったと言うか、先がないスポーツを何でできるんだろうと思って」とコメント。インタビュアーの「先がないスポーツ?」 の問いに対して、「プロっていうものがないじゃないですか? どうしてそこまで頑張れるのかなっと思って」と回答。
 この発言に対し、ブログには「他のスポーツを解りもしないのに語らないでほしい」「見てただただ腹が立つ。ゴルフだって稼げるの一部の人間だけ」「思ったことを何でもずばずば言えばいいというものではありません。昨年までの上田プロとは立場が違うということを認識しましょう」などといった批判的なコメントが多数、寄せられていた。
 上田さんは8日のエントリで「自分の発言には今からもっと注意すべきだと感じたし、沢山の方に失礼なことを言ってしまった事を心からお詫びします」と謝罪。さらに小学校4年生でゴルフをはじめ、バレーやバスケも学校でよくやってたことに触れ、「冗談抜きで私スポーツ界の中で一番バレーをよく観るんですよ」とバレー好きを語っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000921-san-spo

別に謝罪する必要なんてないんじゃないの。過去自身がスポーツをやる際にゴルフを選んだ、その時バレーやバスケというプロのない将来稼げそうもないスポーツが消去の対象としてあって、それらを真面目あるいは真剣にやってる人々を理解できなかった。ということで、基本的に自分の打算的な俗物根性的な価値観と選択を自身のドキュメンタリーで述べたにすぎないわけで、これは現在のこの人の個性と成り立ちを良かれ悪しかれ表しているということで、ドキュメンタリー番組の内容としては別におかしいもんじゃない。しかし、バレーやバスケの純粋な愛好者や選手が不快に思ったり怒る気持ちも理解はできる。だから、別に彼らが批判したけりゃすればいいし、結果ブログが炎上してもそれが自身の発言の結果そうなったのだから、それを自己責任として淡々と受け止めておけばいいだけで、別に謝罪なんていらないでしょ。もし謝罪しなけりゃ、延々とキチガイみたいに粘着してくるバカがわいてでてきて、ブログの収拾がつかなくなって困るというのもあるんだろうけど、そういうバカは黙ってしばらく放置しておいてやらせるだけやらせればいい。しまいにゃ飽きて消えていくだろう。別に絶対的に謝罪が必要なくらいの重大事でもあるまいに、いつまでも粘着してくるようなのは畢竟社会の有害因子なんだから係わり合いになるだけ損だから、徹底的にシカト決め込んでればいいんだよ。それだけのことだと思う。


ご無沙汰していました。
2007年10月08日(月)
今回どうしてもブログを書きたくなって今日弟の部屋でパソコンを借りて今うっているんですが、昨日の「情熱大陸」。
撮影でずっと一緒だった中村さん。ありがとぅございました・・・。
楽しかったです。
番組の途中で私が発言した「バレーやバスケットをできる人がすごいな・・・。」
といった件に関してです・・・。
正直自分で見ていてビックリしました・・・。。
私は小3のときプロゴルファーになりたいと思い小4でゴルフをやりはじめました。
それまで、サッカー、水泳、習字やピアノなどいろんなことに興味があった私は勿論、バレーやバスケも学校でよくやっていました。
友達はバレー部やバスケ部に入っていて、その頃はその世界にプロの世界があると思ってなかったので、どうして、そこまで頑張れるんだろうと不思議でした。
取材中もそんな話をしてたつもりだったんですが・・・
今はゴルフだけじゃなく、色んなスポーツに興味があって色んなアスリートの方からお話を聞かせていただいたりして、凄く勉強にさせてもらっているし、スポーツだけじゃなく、自分も頑張って生きている一人として、同じ頑張って生きている人には凄く共感が持てると同時に尊敬しています。


でも・・・・・・冗談抜きで私スポーツ界の中で一番バレーをよく観るんですよ!!
そういったつもりでなくても、自分の発言には今からもっと注意すべきだと感じたし、沢山の方に失礼なことを言ってしまった事を心からお詫びします。
そこだけどうしも書きたくてブログをうたせていただきました。
私自身もっと大人になっていかないといけないと思うし、一つ一つの行動、言動には注意すべきだと思いました。
まだまだ、未熟者のわたしですが、これからも応援よろしくお願いします。

情熱大陸に出るなんて、夢にみていたことだったので、本当にうれしかったし楽しかったです。
これからももっと強くなっていきたいとおもいます。
本当にありがとうございました。
http://www.golblo.jp/momoko/archive/268


悪い噂2 てっく氏往生際が悪いね

まとめサイトによると動きがあったよう。
てっくブログhttp://tech.heteml.jp/閉鎖?おいおいこのままドロンかよ。お天道様が黙っちゃいないよ。
喜八さん報告。
現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ:「毒吐き@てっく」の閉鎖に関して

 実は、当方の前管理人である北岡記者が事務所から離脱した一番の原因が、この「てっく問題」にあったからです。つまり、責任をとって当事務所から離脱しました。

北岡氏、離脱したのか。罪深いねぇ、てっく氏、なんとかいったらどうだ?まぁねぇ、あの本出版の件も奴さんの箔付けに一役買ってた風もあるから、仕方ないことなんだろうけど。あんたてっく氏、少しは悪いことしたと思ってないのかね。このままいくと、将来取り返しの付かないことになるよ。分かってんの?っていうか、きっと確信犯なんだろうなぁ。マエ(前科)はあるのか?このままいくと刑事で立件なっちゃうかもよ。

現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ:ボスが当サイト閉鎖指示か・・・・
とうとう閉鎖フラグ立っちゃったみたい。
(追記:071006)
現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ:当面の対応に関して
とりあえず閉鎖は免れたらしい。
(再追記:071007)
てっくブログ復活したらしい。なにやってんだか。
(再々追記:071010)

イグノーベル賞 牛糞バニラ

イグ・ノーベル賞:化学賞に邦人女性 排泄物からバニラ香
動画
凄い;、想像するだけでも具合悪くなるような壮絶な研究をよくまぁこんなうら若き女性がやったもんだw。毎日毎回毎時ォヱ~ッッ?!の連続だったんじゃないのかと;、しまいにゃ慣れてきたりしてw。普通の状態でもキツイのに、温めたりとかしたらいったいどんな状況になるのかと(-_-;;;)/^^;。

しかし、この名誉ある大真面目なお笑い賞をやる方もやる方だが取る方も取る方で、過去に日本人もいろいろな方面でいろいろな方が受賞していた。どれもこれも伝説レベルの偉人たちによる奇天烈研究の数々。

1992年
医学賞:「足の匂いの原因となる化学物質の特定」という研究に対して - 神田不二宏(資生堂研究員)ら(参考文献 F. Kanda et al., "Elucidation of Chemical Compounds Responsible for Foot Malodour," British Journal of Dermatology, Vol. 122, No. 6, pp. 771-6 (1990).)
1995年
心理学賞:ハトを訓練してピカソの絵とモネの絵を区別させることに成功したことに対して - 渡辺茂(慶應義塾大学教授)ら(参考文献 S. Watanabe et al., "Pigeons' Discrimination of Paintings by Monet and Picasso," Journal of the Experimental Analysis of Behavior," Vol. 63, pp. 165-174 (1995).)
1996年
生物学的多様性賞:岩手県の岩石からミニ恐竜、ミニ馬、ミニドラゴン、ミニ王女など1000種類以上に及ぶ「ミニ種」の化石を発見したことに対して。「ミニ種」はいずれもすでに絶滅しており、体長は0.3mm以下であったという。 - 岡村長之助(岡村化石研究所)

1997年
生物学賞:「人がガムを噛んでいるときに、ガムの味によって脳波はどう変わるのか」という研究に対して - 柳生隆視(関西医科大学講師)ら(参考文献 T. Yagyu et al., "Chewing gum flavoraffects measures of global complexity of multichannel EEG," Neuropsychobiology, Vol. 35, pp. 46-50 (1997).)
経済学賞:「たまごっち」により、数百万人分の労働時間を仮想ペットの飼育に費やさせたことに対して - 横井昭宏(ウィズ)、真板亜紀(バンダイ)
1999年
化学賞:夫のパンツに吹きかけることで浮気を発見できるスプレー「Sチェック」を開発した功績に対して - 牧野武(セーフティ探偵社)
2002年
平和賞:犬語翻訳機「バウリンガル」の開発によって、ヒトとイヌに平和と調和をもたらした業績に対して - 佐藤慶太(タカラ)、鈴木松美(日本音響研究所)、小暮規夫(獣医師)
2003年
化学賞:「ハトに嫌われた銅像の化学的考察」。兼六園内にある日本武尊の銅像にハトが寄り付かないことをヒントに、カラス除けの合金を開発した。 - 廣瀬幸雄(金沢大学教授)
2004年
平和賞:「カラオケを発明し、人々に互いに寛容になる新しい手段を提供した」業績に対して - 井上大佑 (会社経営者、大阪府)
2005年
生物学賞:131種類の蛙がストレスを感じているときに出す特有のにおいを全部嗅ぎ分けてカタログ化した、骨の折れる研究『においを発するカエルの分泌物の機能と系統発生的意義についての調査』に対して - 早坂洋司(オーストラリアワイン研究所)(参考文献 B. P. C. Smith et al., "A Survey of Frog Odorous Secretions, Their Possible Functions and Phylogenetic Significance," Applied Herpetology, Vol. 2, No. 1-2, pp. 47-82 (2004).)

栄養学賞:34年間、自分の食事を撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析したことに対して - 中松義郎(ドクター中松)
2007年
化学賞:ウシの排泄物からバニラの香り成分「バニリン」を抽出した研究 - 山本麻由(国立国際医療センター研究所研究員(研究発表当時・2004年))

それにしても、”「ミニ種」の化石”ってなんなんだ;w。写真みてもB級の心霊写真みたいでいまいちハッキリしないし、でも”愛児を抱いて(不明)渉するミニ父子”ってのはわかりやすい。しかし、なんだこれは^_^;、まるっきり心霊写真じゃないか;。それもミニミニのシルル紀;w。つい5年前までずっと某オカルト雑誌をよくみてたけど、載ってたことあったかな;。

他のも凄い”Sチェック”はギザヤバス、でもこれが女性陣の間で流行ってるという噂はなぜか聞かない。”『においを発するカエルの分泌物の機能と系統発生的意義についての調査』”なんだかやってるうちに自分もカエルになったような錯覚覚えそう;。

それにしてももし近未来牛糞バニリン入りアイスが一般化されたら、大のバニラアイス好きの愚生はいったいどうすればよいのだろうか;w。

演出も凝っててかなり面白い。さすがに綺羅星のごとくノーベル賞学者がそろっているハーバードだけのことはある。王者の余裕を感じる。粋だね。パックンはこんな大学でてるんだね、凄いね。

授賞式は毎年10月、ハーバード大学のサンダーズ・シアターでおこなわれており、「本物の」ノーベル賞受賞者らも出席する。本物のノーベル賞では、式の初めにスウェーデン王室に敬意を払うのに対して、イグノーベル賞では、スウェーデン風ミートボールに敬意を払う。受賞者の旅費、滞在費は自己負担で、式のスピーチでは聴衆から笑いをとることが要求される。制限時間が近づくとヌイグルミを抱えた少女が受賞者の裾を引っ張り壇上から下ろそうとするが、この少女を買収することによってスピーチを続けることが許される。授賞式の間、観客が舞台に向かって投げ続ける紙飛行機の掃除夫は、例年ハーバード大学の物理学者ロイ・グラウバー(2005年のノーベル物理学賞受賞者)が勤めている。


沖縄と会津

「沖縄集団自決」検定見直し 国会決議案提出へ、民主党
沖縄住民集団自決削除 文科相、書き換え容認へ 「申請あれば教科書審も」
教科書検定 公明・太田代表 共同研究を提案

集団自決“日本軍の強制”が高校教科書に復活?:ぼやきくっくり
狼魔人日記

先史時代からの根っこは日本人と同祖の民族なんだろうが、元々琉球王国として支那の柵邦下にもあったような土地柄、親日派を魔女狩りして排除するようなどこぞの民国風の民族性格に似たもの(両極端に振れる強すぎる同調圧力や大和民族と異質な民族美学)が歴史的に醸成されてても、不思議とは思わない。そこが、会津とは違うんだろう。日本人なら白虎隊や西郷頼母家の悲劇は悲劇として、殿様(天皇陛下)や藩(国家)や藩兵(国軍)に”強制された”だの”命令された”だのまず言わない。愚生は長崎人だが、原爆や沖縄地上戦の悲劇は悲劇としてその悲痛な情想を誠心より理解するが、あくまで事実・条理・哲学を基準として物事を処していきたい。ましていわんや政府においてをやだ。そうでなければ特定反日ファシスト国にそれと呼応する内外反日ファシストメディア・”市民”グループが日々捏造膨張誇張歪曲煽動する反日宣伝とそれを鵜呑みにする人々、逆に猛反発する人々の織り成す怒りと悲しみの紅蓮地獄の無限ループにいつまでも脂汗を流して右往左往する羽目に陥ることになるだろう。

現代史家 秦郁彦  「沖縄集団自決をめぐる理と情」

県議会では「集団自決の軍命令はあったはず」と主張する野党と「なかったらしい」と主張する与党の議員が対立、
妥協のすえ意見書は「日本軍による関与なしに起こり得なかった」という争点を外した表現におちついたとのこと。

 「関与」とは一部で日本軍の手投げ弾が自決用に使われたのを指しているらしいが、
兵器不足に悩み、兵士に竹槍まで持たせていた日本軍にとって、手投げ弾は貴重な攻撃用武器だった。
現地召集の防衛隊員(軍人)に持たせていたものが家族の自決に流用されたのに、
16歳だった語り部の元短大学長が「手投げ弾は自決命令を現実化したものだ」と語るのを、
朝日が社説(6月23日付)で「悲惨な証言」と信じ込み、引用しているのはいかがなものか。
(中略)
 牛島軍は、県当局と協議して住民を予想戦場から遠ざけるため本土や本島北部への疎開を命じ、
戦闘末期には米軍の保護に委ねるふくみで戦場外の知念半島への避難を指示している。
 その結果、米軍記録によると28万余人の住民が投降した。
そのなかには日本軍陣地へ投降勧告に出向く志願者がいて、
スパイと疑われ処刑された例もあったが、例外的事件にすぎない。
(中略)
研究者でも集団自決や慰安婦の強制連行を証する軍命令が見つからないのは、終戦時に焼却したからだとか、
個々の命令はなくても戦前期の天皇制や軍国主義教育に起因すると強弁する人が少なくない。

 集団自決が起きたのに「いまさら『日本軍は無関係』と言うのなら、それは沖縄をもう一度裏切ることになる」
としめくくった朝日社説も同類項なのだろうか。

(はた いくひこ) (2007/07/06 05:04)


http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-1.html
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。