渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気温は暑いニュースは寒い

米子で4月の最高気温更新 広範囲で30度以上(共同通信)
昨日はマジ暑かった(-_-;)。ああやだなぁ、これからヤナ季節が近づいてくるよ;;。暑いの嫌い。

中国と北朝鮮が強い反対 国連改革の非公式協議で(共同通信)
韓国が安保理拡大で代替案 日本の常任理入り阻止狙う(共同通信)
しっかし、国連負担金滞納・国際無貢献・人権抑圧・侵略主義・対日依存国家が何を偉そうにといつも思う。

同時多発テロに関する米女優の発言に非難集中、ファンサイトが閉鎖(ロイター)
そういえば、この事件に関するアメリカのマス・ヒステリーもけっこう酷いよな。イラク人質事件の時の日本も酷かった。インターネットの普及はそれを拡大させてる。たまに感情的になりすぎる時があるからその点反省しないとだめだな。自省をこめて;;。

岡崎公開練習、トリノで集大成(日刊スポーツ)
そういえば、夏季に比べてどちらかといえば少々地味な冬季は次はトリノだったな。うーむ、北京に比べてなんと極楽なのだらうw。来年はトリノ→ドイツ(W杯)と欧州の季節か。アテネも早遠し。

首相になっても靖国参拝 「指導者の義務」と安倍氏(共同通信)

 自民党の安倍晋三幹事長代理は28日午後、テレビ東京の番組収録で小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連し「私は今も参拝している。国の指導者が国のために殉じた方に尊崇の念を表すのは当然の義務だ」と述べ、将来、自らが首相になった場合でも参拝を継続する考えを示した。司会者の「首相になっても靖国神社に参拝するか」との質問に答えた。
 中国の反発には
「靖国参拝は内政の問題で、内政干渉をすることは日中平和友好条約に反している。信教の自由について互いに言わないことが先進国ではマナーになっている」と反論した。
(共同通信) - 4月28日19時53分更新

まいど豊(あまりに寒ギャグ;;)おなじみ安倍氏の正論。当たり前のことが当たり前として通じない奇形社会を断固矯正せんと。科嘲寒朝毎T系の奇形反日言論は徹底的に叩き潰さんといかん。


中国、人民元問題・・チャイナ・バッシングは止まらず(娘通信♪)
なるほどねぇ、鋭い。日米2プラス2のこと、脳内脇で眠ってました;;。北東アジアの情勢は刻一刻と変化してきてるんですねぇ。やっぱりこないだの見方は妄想でした(凍笑)。

マレーシア華僑を使った中国の対日情報戦略(Irregular Expression)
こちらも素晴らしい。マレーシアの反日といえば、またぞろ華僑かとは一応思っていたんだけど、毎日の記事ではいかにもマレー人らしい議員の主導っぽく見えて、少し新局面?とか考えちゃったけど、goriさんの面目躍如だね、こちとらこんな英長文なんか読んでたら頭痛が痛くなっちゃうよ(爆)、大昔は伊藤の英文解釈なんかをやったこともあったんだけど、今の劣化しまくった英語力ぢゃ調査どこじゃないわなw。。。

4/28 良識の呵責に苦しむ韓国(放浪癖さんあっちへふらふら日記)
(=^・^=)ちゃんカワイイ。韓国紙ってのはいったん読み出したら止められない止まらないカッパえびネタの宝庫なんですが、bouzuさんのこのエントリもオンパレードですね。ヒマラヤシダの「親日」(朝鮮日報)←こちらはマジで国ごと頭痛が痛いみたいだなぁ;;。
スポンサーサイト

底冷えのする時代反逆国家群を隣国にもつ不幸と恐怖

クライン孝子の日記から例によって勝手に引用。

その韓国ですが、ある方から

>新聞、ラジオ、PCのHP等を読んで、腹を立てながら毎日を送っています。
 勿論中国・韓国・北朝鮮の理不尽さに憤慨しているからです。
 今日は特に腹が立ってクラインさんにメールを書いています。
 
 それはソウルに住む韓国人の友人からの手紙の内容です。
 彼女は15年程前に日本の大学に留学、帰国してからも毎年5~6回は
 来日、私達夫婦とも電話や手紙で連絡、ソウルに遊びに行けば彼女に
 案内して貰ったりしていた仲なのですが、(彼女の性格から日本には
 多くの友人がいます)、ソウルから帰国した他の友人に託して手紙を
 渡されました。
 今までそんなことが無かったので???と嫌な予感がしたのですが、
 
「親日派」というレッテルを貼られ当局からマークをされたのです。 
 又、悪い事?に、彼女のご主人がアメリカ人で嫌米の韓国にとっては
 彼女は二重にマークされた?

 
電話は盗聴され、双方が出した手紙は届かない事があったり、日本からの
 手紙が配達された次の日には子供を幼稚園に送り迎えをしていると、
 後を付けられている等のことが今年になって頻繁にあったそうです

 当分連絡は出来ないし、日本からも連絡をしないで欲しいと言う内容です。
 気の強い彼女ですが、家族(特に子供)にもしもの事があっても困るからと
 いう配慮もあってこのようなに友人に手紙を託したのでしょう。
 
 
物書きの方たち等が、当局の圧力で活動が出来なくなり、
 海外に出ていることは知っていましたが、一般市民まで親日というだけで
 韓国は彼女のようなことがある国になったのですね

 慮大統領になってから北朝鮮のように市民が当局にご注進する事が、
 奨励されるようになり、市民は行動に制約されるようになったとも
 書いてありました。
 着々と韓国の北朝鮮化が進んでいる証拠ですね<
韓国の親日派弾圧はついにここまできたのか。今までも学者や作家・評論家レベルの弾圧(金完燮氏・韓昇助氏・呉善花女史・李栄薫氏等々)はあったけど、ついに市民レベルにまできたのかね;;。反民族親日行為糾弾法(親日派名簿晒し法)に親日家子孫の財産没収法・日韓条約破棄決議案提出、北の核容認発言、日米韓防衛体制からの脱退志向、韓国人拉致被害者への冷たすぎる対応、ドイツ人にナチスと戦前日本とをムリヤリ同一視させようとしたり等々、ノムヒョン政権、もう完全にイッちゃってるようだな。このメール内容の信憑性は知らないが、もしこれが本当のことなら、こういうことをきちんと調査・報道しないでひたすら韓流ブームを煽っているだけの国内マスコミも完全にイッちゃってる。狂人に政権をとらすな、そしてペンをもたすな。
一任せず議論継続を確認 人権法案で自民法務部会(共同通信) - 4月26日11時53分更新)

 自民党法務部会は26日午前の党本部で開いた会合で、人権擁護法案の取り扱いについて、党人権問題等調査会の古賀誠会長(元幹事長)に一任せず、今後も議論を続ける方針を確認した。
 同法案の今国会への早期提出を目指す古賀氏は21日の部会・調査会合同会議で反対派を押し切る形で一任取り付けを宣言。与謝野馨政調会長も古賀氏の主張を認める考えを示していた。
 
平沢勝栄部会長は記者団に「手続きに瑕疵(かし)がある。与謝野氏と会って部会の議論の内容を伝える」と述べ、党内手続きを拙速に進めないよう求める意向を明らかにした。

民主有志が「人権を守る会」(産経新聞) - 4月27日3時10分更新)

 政府の人権擁護法案に反対する民主党の有志議員が26日、「人権擁護法案から人権を守る会」を発足させた民主党内で検討されている対案に対しても「人権侵害を助長する」として反対の立場をとっている。「守る会」は5月中旬にも、人権擁護法案への対応について全国会議員で議論することを執行部に要請する。
この分野で一応避けては通れぬ小倉弁護士官僚?bewaad氏等の反対派批判をざーっと(未だざーっとだけしか読めてないの、汗)読んだけど、未だ疑念は払拭されないまま。今は拙速に法案を通すことに躍起となるより議論を尽くすこと、これ肝要。緊急に拙速推進派の出鼻を挫くこと、これ正当。電波系の反対論も精密高度な法案解析系も素人の普通人にはとりあえず縁がないこと、これ常識。このような問題法案は広範な社会的議論が巻き起こるまでは断じて成立させてはならぬこと、これ正論。
上海テレビ 反日デモの42人拘束 破壊行為を初放映(産経新聞:平成17(2005)年4月26日[火])

なにが「愛国無罪」だ。愛国有罪じゃねーか。あくまで中共の手駒・走狗として徹底的に利用される愚民化された科人民にほんの少しだけ憐憫の情を感じた。
ベッカム家政婦、暴露報酬は6266万円(日刊スポーツ[ 4月26日 9時58分 更新 ])

 RマドリードMF
デビッド・ベッカム(29)の元家政婦が、暴露話で大金を手にした。25日付タイムズ紙によると、前日付ニューズ・オブ・ザ・ワールド紙上でベッカム夫妻の離婚騒動を暴露した際、同紙から30万ポンド(約6266万7000円)の報酬を得たという。昨年末にビクトリア夫人から「デビッドが離婚したがっている」と相談されたことを明かしていた。
すげぇぇぇ、「家政婦」は見た;;。どこかに火田七瀬か砂姫明日香みたいな家政婦いないか~(爆。

新法王はバイエルンファンだった…会員証発行へ(夕刊フジ[ 4月26日 17時2分 更新 ])

 ドイツ生まれの新法王、ベネディクト16世に対し、バイエルンミュンヘンが会員証を発行すると発表した。

 マルクス・ホーネック広報によれば、現在の会員数は約9万7500人。「キリのいい10万番を法王のために捧げる方針」とビルド紙に語った。

 イタリア紙も、
前法王ヨハネパウロ2世はラツィオのファンだったが、現法王はバイエルンのファンと伝えている。「前イタリア代表のトラパットーニ監督がバイエルンの監督だった時、ドイツ語の本を贈ったことがある」(ジェノバ大司教のベルトーニ枢機卿)というから、かなり年季の入った熱烈ファンなのかもしれない?(夕刊フジ特電)
ヨハネパウロ2世って、ラツィアーレだったのか。

小泉総理の視線の先にあるのは?

昨夜はgooブログのメンテナンスのせいで、更新ができなかったわいな。にしても、以下今更の遅れすぎ感想。保守系の評価は真っ二つだな。微妙。

小泉総理大臣演説 アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ (平成17年4月22日)(外務省)
(過去50年の歩み)

 50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前で、我が国は、平和国家として、国家発展に努める決意を表明しましたが、現在も、この50年前の志にいささかの揺るぎもありません。
 
我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、我が国は第二次世界大戦後一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力に依らず平和的に解決するとの立場を堅持しています。今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることを、改めて表明します。

村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話)(平成7年8月15日)(外務省)
わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。
また自虐史観バリバリの復活かで大憤怒あり、プラグマティックな効果を期待しての微かな希望あり。個人的な感想ではこの演説自体は外交的一貫性もあることだしで、後者的に”消極的可”だったと思う。ただ、その後の日中首脳会談で謝罪と賠償を求めなかったのは理解不能で、結局全体的に”不可”判定。町村外相も最初の方は威勢が良かったのに、最後の方は官邸の意を受けてかトーン・ダウンしちゃったし、一番余計だったのはなんでわざわざテレビで台湾”独立”を否定するようなこというかね。こっちの方は北京の意を受けてたのかと。というか、結局小泉首相と官邸はホワイト・ハウスの方を向きっぱなしなのかなと。どうもホワイト・ハウスは現段階で東アジアが大荒れ状況になるのを望んでないみたいで、イラク中東政策に重点を置いてるこの時期に東アジアの緊張状態はひたすらウザいのか。ヘタを打った中共には米英マスコミ中心に一斉にブーイングしてその歪んだ角を引っ込めさせ同時に怒れる日本世論の溜飲を下げさせ、ついでにEUの対中武器輸出も先送りに向かわせ、小泉には早期の手打ちを促して譲歩させ、結局米国の国益に沿う形で早期収拾を図ったのかななんて、無根拠で妄想っちゃう次第。今までの売国政権の目は中韓の方向ばかりを見ていたのだが、親米ポチこと小泉総理の目はひたすら米国の方向を見ているみたいで、胡錦濤との握手の時のなんとも無責任な締まりのなさは日本国代表としてのプライドを除却したホワイト・ハウス代理人に徹してのものだったんじゃないかと解釈すれば非常に分かりやすかったと思うんだが、重ねて明確な根拠はない。対中朝韓売国は下の下だが、かといって対米売国も甚だ遺憾。日本国の尊厳と国益を最大限に護るにはいったいどうすれば良いのかまったく煩悶にたえない。リアリストかつ国士の総理候補っていないのか・・・安倍氏?まだ早いしな。迷走岡田なんて論外だし。いっそのこと魔界転生みたいに大久保利通とか陸奥宗光とかよみがえらせるってのは・・・はい、電波一丁。。。

フル・パワー、フル・エナジーで奪還を。

小泉首相の決断を求める国民大集会(救う会全国協議会:pdfファイル)
救う会全国協議会
電脳補完録

北朝鮮拉致事件 横田さん夫妻、心境語る 国民大集会前に(毎日新聞) - 4月21日17時17分更新)

北朝鮮による拉致事件で、小泉純一郎首相に経済制裁の即時発動を求める国民大集会が24日に東京・日比谷で開かれるのを前に、横田めぐみさんの父で家族会代表の滋さん(72)と母早紀江さん(69)が、毎日新聞に心境を語った「遺骨」が偽物と鑑定されて4カ月。日朝関係はこう着状態が続く。滋さんは「拉致問題を国連の安全保障理事会に付託するためにも、日本が厳しい姿勢を示すべきだ」と制裁発動を訴えた。
 
「遺骨」の鑑定結果が政府から横田さん夫妻に伝えられたのは昨年12月8日。それ以降、夫妻は以前にも増して各地の講演に招かれるようになった。現在は月10回以上、全国を飛び回っている。滋さんは「どこへ行っても参加者が多く、国民が北朝鮮の不誠実な態度に怒っているのが感じられる。最近は若い人の関心も高い」と話す。
 
「それなのに」と早紀江さんは続ける。拉致問題への対応を語る政府高官について、「何であんなに表情が穏やかなのか。あれでは北朝鮮に怒りのメッセージが伝わらない」と話し、不満は募るばかりだという。支援団体・救う会は拉致問題が国連安保理で取り上げられるよう国内外で訴えを強めていく考えだ。滋さんは「そのときに説得力を持たせるためにも日本が制裁に踏み切ることが必要だ」と思っている。
 早紀江さんは
「本当のことはまだ何も分かっていない。生きていると信じることで、私たちは頑張れる」と強調した。
   ×  ×
 
国民大集会は24日午後2時から日比谷公会堂で開かれる。ジャーナリストの桜井よしこさんが司会を務め、政府の拉致被害者・家族支援室を率いた元内閣官房参与の中山恭子さんや韓国の拉致被害者の家族らが来賓として参加する予定だ。【西脇真一】
ほんとに日本政府の対応は犯罪的に鈍いと思う。はからずも早紀江さんの疑念が表してるように政府高官連中のこの問題に対する怒りの感情の発露の乏しさはそのまま老衰して弱体化した政府の若々しい爆発力の乏しさのアナロジーのようである。成熟といえば聞こえはよいが、日本政府のそれは老人の錆びた諦念に堕しているだけなのではないか?宮澤元総理のあの虚弱で卑屈な青白きインテリの成れの果てみたいな、斜に構えて猫背の国民を舐めたようなあの慇懃無礼な風情に象徴されている姿である。そのような無感情っぽい、パワーレスでエナジーレス、重いフットワークで情報力も行動力も乏しい体たらくでは、あのケンカなれした野卑な若いヤクザみたいな北朝鮮政府とのケンカ外交には勝てっこないだろう。エネルギー無しにパワーは生まれない。感情はエネルギーの源である。その意味では国民レベルの感情エネルギーは満タン状態である。各層、十分な怒りに満ちている。明日はそのエネルギーをさらに倍増化・高純度化させる国民大会の日である。政府関係者、政治家や官僚官吏諸氏はこの怒れる国民のエネルギーをどうかその身体中に十二分に沁みこませていただきたい。全国民的な満タンのキレキレの怒りのエネルギーをその皮膚から発散させて真剣勝負で外交の修羅場に臨まない限り、この戦に勝てる訳はないことをどうか心得ていただきたい。ケンカは頭脳力や協調心だけでは勝てない、ほとばしる気合・闘気と鉄の意志力が必要なことぐらい分かっているはずである。この戦にぜひとも勝利して、無念にも理不尽にも北の地獄に連れ去られて青春や人生を奪われ、未だ祖国に帰ることを阻まれている悲しき同胞を救い出して欲しいと強く願う。自分は明日は残念ながら行くことはできないが、心は同じである。家族会・救う会・出席者諸氏に無限大のエールを送りたい。

say good bye toホリエモン

借り受けたフジ株、5月下旬めどに返還…SBI北尾氏(2005/4/22/03:01 読売新聞)

 ソフトバンク・インベストメント(SBI)の北尾吉孝・最高経営責任者(CEO)は21日、読売新聞社の単独インタビューに応じ、ニッポン放送を巡るフジテレビジョンとライブドアの和解を受け、ニッポン放送から借り受けたフジテレビ株(発行済み株式の13・88%)を、5月下旬をめどにニッポン放送に返還する方針を明らかにした。
今後のフジ・ニッポン・SBI提携ファンドの動向(SBI・孫氏の出方)にもよるが、これで結局ライブドア・ホリエモンの対フジサンケイG敗北が確定ということか。なんにせよ保守系言論機関の一角が崩れなくて良かったことだ。今考えるとホリエモンの言動の軽さ(江川紹子HP&アエラ等)が逆に幸いしたんだなと思う。あれで、ただなんとなく胡散臭いというレベルでの反対論を超えて、保守系言論機関を守るというより明確化された反対論を展開できた。もっとも、巨大な情報産業体としての同Gの実力による勝利ということで、そのような保守系応援団の小さな一助がどれほどの役に立ったのか疑問ではあるが。前にホリエモンはM&Aの素人、あんな風にペラペラペラペラしゃべることはありえないなんて皮肉を投げてたのは北尾氏であったか?当に然り。正直といえば正直で、こちらに完全に無害な状態で単にはたから見てるだけなら、それは面白い存在であろう。どこかの隣国みたいに。

ローマ教皇とオカルトネタ

新ローマ法王 ラッツィンガー枢機卿 ベネディクト16世誕生(産経新聞:共同:04/20 02:43)

ついに決まったのか。78歳のドイツ人で元軍人さん?(ドイツ正規軍でしょうかね?ナチスとの噂も聞くのだが;;)、10ヶ国語を解すという(CNNインターナショナル)。今回(第265代)と次(第266代)の教皇については一部に有名な聖マラキの予言別サイトによる解説)なる不吉なオカルト話が囁かれている。今回の教皇については”オリーブの栄光”という言葉によってその特徴が現されているとか。ちなみに先代のヨハネ・パウロ2世(第264代)まではその事跡とピタリ符号しているとの”話”で、なるほど”太陽の労働”とは、故郷ポーランドの”連帯”運動の支持者で、世界中を布教の旅で歩き回った教皇の名にふさわしい言葉かもしれない。新教皇の教皇名はベネディクトだそうだ。ちなみにその教皇名の先代ベネディクトゥス15世(第258代)は布教に熱心で、その在任中(1914-22)にサライェヴォ事件(1914年6月)~第一次世界大戦(1914年7月28日―18年11月11日)が勃発、ヴァチカンの中立維持に努め、平和に関する回勅を出した(世界史小辞典:山川出版社)。またジャンヌ・ダルクを1920年に聖人に列聖したのも先代ベネディクトゥス教皇だとか。聖マラキの予言によると、”絶やされた宗教”教皇だという。この神秘予言の核心は次の教皇にある・・・らしい。
112.In persecuetione extrema S.R.E. sedebit Petrus
  Rom. qui pascet oves in multis tribulationibus ;
  quibus transactis,civitas septicollis diruetur,et
  Judex tremendus judicabit populum suum.
                            FINIS
 ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、
ローマの人ペテロ
 法王の座に就く。ローマの人ペテロは多くの苦難のさなか、
 子羊を司牧する。この苦難が去ると七つの丘の町は崩壊し、
 
恐るべき審判が人びとに下される。
                            おわり
”恐るべき審判”とは、聖書の黙示録にいう最後の審判のことを指しているという”話”(解釈)だ。そういわれてみれば確かに昨今の世界情勢は非常にきな臭くて、何時無茶な戦争が起こっても不思議ではないような”気”もするのだが、1999年7の月のノストラダムスの大予言の盛大な外しっぷり(?)もあることだし、興味津々ではあるが、いつものごとく眉唾の1信9疑主義でとらえておこうと思っている(0信10疑主義はあまりに野暮天で面白くない)。そういえば、マヤ暦予言という別のオカルト予言では”その時”は2013年であるという。筆者は”自分は「ノストラダムスの大予言を気にしすぎて将来を棒にふった妄想における未来の(ちび)まる子(ちゃん)」状態にちかいよ”なんていう奴を身近で知っている(爆)(別にたま出版の韮沢氏のことではないw)。そういえば、フォトン・ベルトはどうなったの?

呼称・表記

人名・・・敬称につき、陛下、殿下、閣下、猊下、氏、女史、殿、様、君、先生等々を使用する。時にくだけて→さん、さま、くん、ちゃん、サン、サマ、クン、チャン、センセ等々を使用する。

国名・・・基本的に略式名称を使用する。時にどうにもこうにも腹立たしい反日国家については蔑称を使用する時もある。{例:朝鮮民主主義人民共和国=北朝鮮→来た超賎・汚嘲賎・北嘲賎等々。大韓民国=韓国→大寒・寒国・姦国・大姦民国等々。中華人民共和国=中国・支那・シナ→科・品等々}こうした蔑称の使用につき不愉快な思いを抱かれる皆様にはお詫び申し上げますと同時にどうぞお読み捨て願います。またどうしても我慢ならない皆様には以後拙愚ブログをお覗きになられませぬように伏してお頼み申し上げます次第に存じます。

※”支那”および”シナ”呼称について
はいろいろ議論されていますが、管理者はけして差別用語や蔑称とは考えません。
呼称
”支那(シナ)”呼称は地域を代表する大国のただの通称であると解しています。管理者は日本の中国地方との混同を避けるため(九州地方に住む人やその出身者=九州人、関西地方に住む人やその出身者=関西人、中国地方に住む人やその出身者=中国人)、主に”支那(シナ)”呼称を使用することが多いということを改めてここに記しておきます。

反日暴動、もうあきあき

ガッツ石松「ガッツワールドへようこそ」4 鈴木佑季 (ゲンダイネット[ 2005年4月17日10時0分 ])
 まあ、はやったといえば、《OK牧場》には、特別な思いがあるけどね。「カンバック」というボクシング映画をオレが作った時、子供の頃に憧れた西部劇「ララミー牧場」の主役、ロバート・フラーに出てもらった。最高の演技を引き出した感激で「OK!」とカットを告げる場面で、つい「OK牧場!」って言ったんだな。それ以来、何かいいことがあると、オレは「OK牧場」と。【2005年4月14日掲載記事】
「ガッツ石松のひとり言」を見ると、『ララミー牧場』『OK牧場の決斗』を混同マッチしてたみたいね(激古~”激”も古いし、爆。


TBSにトドメ刺す横浜ベイスターズの不人気 (ゲンダイネット[ 2005年4月11日10時0分 ])”巨人戦中継の不調をTBSがモロに食らっている。””そんな時に巨人戦で勝負に出たTBSのトンチンカンぶりは笑うしかない。”やっぱりTBSはバカ。いつものごとくまったく”風を読め”てないw。ベストテン・トミマツ・金妻e.t.c、昭和50年代くらいまでのTBSは輝いてたのに、嗚呼。


和田アキ子の余計なひと言 (ゲンダイネット[ 2005年4月14日10時0分 ])
「森昌子は芸能界に復帰しない」

 和田アキ子(54)が放ったこの一言が波紋を広げている。これは大騒ぎになっている森進一・昌子の離婚問題についての和田のコメントだ。
和田がこう言い切ったのは今月3日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS)

 かつて森昌子は和田が所属する「ホリプロ」に籍を置いていて、和田の後輩に当たる。そんな関係でこの日の放送では離婚でモメている昌子を擁護。今後の昌子の芸能活動にまで踏み込んで発言し、
「昌子はホリプロにカムバックして、本格的な歌手活動を再開する気はない」と断言したのだ。しかし、この発言が今、大問題になっているのだ。

 というのは、
昌子の活動再開は昌子の恩人でもあるホリプロの堀威夫前会長にとっての既定路線なのだ。昌子自身も機会を見てカムバックすることを堀氏に伝えたといわれている。それなのに「復帰はない」と断言されて周囲が困り果てているのだ

「昌子は所属する森音楽事務所との関係があるから、今すぐの復帰は無理という事情がある。だから、昌子サイドは復帰のタイミングを慎重に計っているのが実情です。そんな周囲の配慮を無視して和田がまるで経営者のように勝手に“復帰しない”と発言してしまった。もし堀前会長が昌子を復帰させれば和田の面目をつぶすことになる。
昌子にしてみれば和田の一言で身動きできなくなってしまっている。そこで、周囲は“アイツは何様のつもりであんなことを言ったのか”と憤慨しているのです」(事情通)

 和田はこれまでも
“ご意見番”と持ち上げられて傲慢な発言を繰り返してきた矛先も和田が個人的に嫌いなタレントに向けられることが多いため、視聴者の反発を買ってきた。だが、それでもだれも和田にストップをかけてこなかった。その結果が“身内”も持て余す事態になっているのだ。

 
もうアッコに任せるのはやめた方がいい

【2005年4月11日掲載記事】

また和田アキ子か。それにしても酷い。いかに事務所の後輩とはいえ他人様の今後の生活・人生を左右しかねない重要なことをよくもまぁ、傲慢にも軽々ににいいえたものだ。それで、逆に今度は同じ後輩でもこちらの方は先輩でなおかつ同人出演番組司会者の立場から何らかの言及もあってしかるべき、あびるについてはなぜかダンマリを決め込むこの不可解さ。小林幸子と演歌の批判をぶつだけぶって、大御所北島サブちゃん他の怒りを買い、尻尾を振って逃げ出したみっともない過去も記憶に新しい。最近ではホリエモン出演で話題を集めたそのすぐ後に興味無い発言、かと思ったらすぐまたニッポン放送に媚びた上ホリエモンを痛烈批判とその節操の無さは群を抜いている。芸能界のご意見番?ゴッドネエチャン?、片腹痛し。(※画像[週刊新潮050303]提供:某諜報部員様m(__)m)





フジとホリエモン和解へ(日刊スポーツ) - 4月17日10時0分更新)
ホリエモン嫌いな男1位「浅慮で軽薄」(日刊スポーツ) - 4月17日10時0分更新)

 隔週刊テレビ誌「テレビブロス」4月16日号の05年版「好きな男 嫌いな男」ランキングで、ライブドア堀江貴文社長(32)が「嫌いな男」1位になったことが分かった。「旧世代に挑む若者の代表みたいな図式に単純な男子はだまされちゃうんだろうけど、ようするに浅慮で軽薄な目立ちたがり屋」「一流の金持ちならもっと腰が低いし、大言壮語もしないもの」など手厳しい意見が載っている。このランキングは同誌の連載陣や編集スタッフ、読者ら672人の女性から意見を集め、複数回答可のポイント制で順位付けした。なお「好きな男」部門1位は俳優堺雅人(31)
前から分かってました、はい。しかし、これって連載陣だの編集スタッフだのの意見が強そうに見えるんだけど、とくにフジの女子アナの起用構想に鼻息荒いホリエモンにむかついた男性陣のやっかみが強そうに見えるんだけどw。個人的には女子アナつーか男子アナも含めてだけど、アナウンサーの偽善的良い子ちゃんぶりっ子スタイルが嫌いである。全部フリーで十分じゃん(-.-)。あと、アンアンの万年1位キムタク、いかにもうそっぽくて、いい加減止めたらどうだ。しかし、好きな1位が堺雅人?良い役者だとは思うけど(でもまーだなんか舞台臭いな。山口祐一郎と似たようなクドさがあるってゆーか;;)、まだ少しマイナーじゃないの。


上海反日デモ数万人 店舗破壊最大の規模 2邦人けが、放火情報 総領事館に投石(産経新聞:平成17(2005)年4月17日[日])
【上海=共同】上海市政府の報道官は十六日、反日デモについて「日本が侵略の歴史問題で、間違った態度を取ったことが人民の不満を招いた」と、日本側を批判する談話を発表した。
こないだウチの県の人員交流で、中国外務省職員と上海市職員他が派遣されてきたんだが、たまたま見たウチの県のTV局のニュース番組(見たのは一局のみ)のリポーターはスルーして反日暴動についての意見を全く聞いてなかった;;。直前にやってた全九州ネットの福岡の局のニュース番組ではしっかり聞いていたのにもかかわらず。いったいどこまで媚中なんだ。その福岡の番組でインタビューに答えていた中国の女性公務員?はいかにも苦しそうに曖昧な表現に終始してた感じだったなぁ。そういえば、その局だったかな?、たしか1月に放送予定だった『スパイ・ゲーム (2001)』も何時の間にか差し替えになってたし。

上海反日デモ 無法の国際都市 「日本」破壊の限り(産経新聞:平成17(2005)年4月17日[日])
 上海の日本総領事館によると十六日、上海在住の日本人男性二人がデモ参加者に取り囲まれ、逃げる途中に負傷した

 二人は上海で働いており、
友人と三人でデモで壊された日本食レストランを見にいったところ、デモ参加者に取り囲まれ、近くのパトカーに助けを求め逃げ込んだが、群衆が「日本人を殺せ」と追いかけ、パトカーの窓を割り、その破片で軽いけがをしたという。

 
四千五百社以上の企業が進出し、在留邦人の数も三万四千人と、経済的に日本と深く結びつく上海。そこでのデモの衝撃は「北京のデモと比べ物にならない」と在留邦人は口をそろえる。

 在上海十二年の日本人社長(48)は「
上海の国際都市としての評価はこれで大きく損なわれるし、投資も減る。こんなことして誰が得をするのか」と声をつまらせる。
しかし、何でワザワザ近くに見にいくのかと?あまりに浅はかじゃないのか。単純に外から見てたら、西北大学暴動やアジア杯暴動の展開過程や反日洗脳教育・プロパガンダの徹底性や多事多難な中国国内事情等から推察して、とくに上海で起きても何も衝撃なんて感じないんだが、一方で中国在住者の中には全く怖さなんて感じないなんて述べられる人もいて、非常に分かりにくい部分がある。瀋陽は涙を信じない ―瀋陽不相信眼涙―(電羊斎)さん、中隊長的日常(中隊長)さん等々。我々はひょっとしてネットやマスコミによる煽動にかなり踊らされていないのかと?反日狂気の点は確実に存在しているのだが、それがどれだけの規模濃淡で線となり面となっているのか、なかなか把み辛いものがある。外から見てるだけじゃ、中国全土の土壌に可燃性の反日オイルが滲み込んでいて、当局なり何なりが何なりと焚き付ければすぐに燃え広がるように見えちゃうんだが、なにしろ人口の多さが桁外れだからなぁ、その分のズレもまた半端じゃなく大きいのかもしれない。とはいえ、日本国在外公館が破壊行為を受けたのは厳然たる事実としてあるし、幾人かの日本人が傷害行為を受けたのも事実だ。

日系工場で数千人スト(産経新聞:平成17(2005)年4月17日[日])
もろにチャイナ・リスクだろう。

米、対中強硬姿勢に傾斜(産経新聞:平成17(2005)年4月17日[日])
面白くなってきた。70-80年代の日米経済摩擦の時よりもまだまだ甘すぎなんじゃないのか?だいたい大昔からアメリカは中国に甘すぎる。

大阪の中国総領事館に瓶投げた男、体に火を付け重傷(2005/4/17/09:54 読売新聞)
あんたほんとに日本人か~。こないだのどっかの国の反日さんにソックリすぎるで~。

ちょっと疲れてきた

治部少輔の筆誅亭日乗さん他経由情報。

独島をめぐる国際裁判での勝訴は不透明(中央日報:2005.04.10 18:40)
中には冷静な国際派韓国人も存在しているという一例。(通常の例1 通常の例2 通常の例3 そのおまけ

【記者手帳】日本から「シンドラー」が出るためには(朝鮮日報:2005/04/12 15:27)
おなじみウスラバ寒国人の一例。センポ・スギハラこと杉原千畝も知らんのかもしくは華麗にスルーかということ。大概酷い日本マスゴミ以上の寒国マスゴミの低脳ぶりが知れるいい一例。
「千畝」翻訳書、あとがきで遺族侮辱と慰謝料命じる(2005/4/14/03:02 読売新聞)
ちょっと調べたらものすごく複雑な問題が横たわってたので、とりあえず止めておくことにする;;。そういえば全く関係ないが人権擁護法案についての”論理的分析”とやらについても、いずれ深く調べたいなと思ってはいるのだが、なかなか時間と労力をとれないんだな;;。直感ではなく直観知的に天下の悪法であると分かってはいるんだが、推理による精密な批判の必要性も感じてはいる。ただし能力の程は保証の限りにあらず(はっきりいって全然無い)なので、当分足踏み状態だろう;;。

【噴水台】国連の滞納金(中央日報:2005.04.11 20:48)
これがこれこそが偉大な寒国といういい一例。よくウリナラの恥を晒すなという中傷がこなかったな。キテんのか。どっちだw。

邦人殴打、治安条例違反で処罰へ=中国(時事通信)-4月14日3時0分更新)
【上海13日時事】中国上海市当局は13日、同市内のバーで日本人留学生が殴られた事件で容疑者として拘束された中国人男性を、 刑法違反よりも軽い治安管理条例違反として処罰する方針を明らかにした。関係筋によると、公安当局は、被害者がバーの女性店員と親しくしていることに腹を立てた男性が起こした 感情的な犯行と断定したという。
 ただ、公安当局の見方と殴られた留学生の説明には食い違う点が多い。中国側は日中関係への影響を考慮し、「反日」とは無関係の事件として早期の幕引きを図っているとみられる。

昨日の続報。凶悪な殺人未遂事件もそれが反日なら刑法犯にさえならない国、それが科。

反日デモで中国批判=チベット独立は求めず-ダライ・ラマ(時事通信-4月13日19時2分更新)
 来日中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は13日、熊本県玉名市内で記者会見し、中国での反日デモについて「全体主義の中で情報の自由がないということが非常に困難な状況を生み出している」と述べ、中国の社会体制を批判した。
 ダライ・ラマはこの中で、亡命政権と中国との関係について「
わたしはチベットの独立を求めてはいない。求めているのは中国の一部としての自治権だ」と独立放棄を改めて明言。ただ、中国側との交渉に関しては「非常に時間がかかる」との認識を示した。
ここまでの血の譲歩を示しているダライ・ラマ猊下のチベット亡命政府に対して、あくまで盗人猛々しく黒道を貫く国、それが科。

季節はちょうど山桜

クライン孝子の日記に科寒系の反日プロパガンダに毒されてる外国の状況が報告されている。とくにイラン人においてもや騙されてるのかと暗澹たる思いだ。日本国も第三国対象の解毒対策を本気で練らなきゃいよいよだめだ。外国語に長けた憂国の士の存在価値はますます高まってゆく。残念ながら筆者にその能力はない;;。

中国警官「被害は当然」 領事館も対応せず 殴られた邦人留学生が証言(中日新聞20050412)
 【上海=豊田雄二郎】上海市内の飲食店で9日夜発生した中国人による日本人留学生傷害事件で、被害を受けた日本人の男子留学生(22)=滋賀県草津市=が11日、中日新聞の取材に応じ、犯人が日本に強い反感を持っていたと指摘。中国の警察当局や日本総領事館の対応に不満を述べた。

 犯人はともに20代前半で、中国東北部出身らしい
。犯行直後に「おれの先祖は戦時中に日本人に殺された。だから日本人は殺せ」と叫んだという。

 現場に警察官が駆けつけたが、店内にいた犯人を拘束しなかった。さらに事情聴取に向かう車内で、
警察官は「小日本(日本人の蔑称=べっしょう)がこういう被害に遭っても当然だ」などと口にしたという

 留学生は「頭が痛い」などと訴えたが、相手にされず、事件から2時間余が過ぎて病院に案内された。
この間、日本総領事館にも電話で被害を伝えたが、「土曜日で担当者がいない」などと対応してもらえなかったという

 留学生は2月に上海に来たばかり。「
中国に良い感情を持っていたが、今回の事件で完全に嫌いになった。彼らの犯行は殺人未遂だ。総領事館は全く邦人保護をしてくれない」と不満を訴えた。

 留学生は頭部の痛みが消えず、12日に再検査するという。
いかに暴動が様々な効果を狙った官製といっても、やりたくても出来ない政府批判の代替物の意味があっても、このようなキチガイ野郎を生み出す因となっている反日というより狂気な仇日意識が現に科中の地面にガソリンみたいに染み渡っている事実があるわけで、この事件や西安留学生寸劇事件はかなり危険な現実を指し示しているその証拠といえるだろう。歴史の教訓を現代の日本人はあまりに知らなさすぎるんじゃないか。不肖筆者も『戦争論』(小林よしのり)やインターネット情報で見るまでは全く知らなかったぐらいで、もちろん個人差はあるだろうが、科在住の邦人各位がどれほどの危機意識と危険情報に通じておられるのか分からないのだが、実際に事が起きた後では遅すぎるのだから、科進出企業とその邦人関係者(や留学生諸君)は自己や家族の生命をかけてまで対中ビジネス(や学業)に固執する意味があるのかどうか本当に真剣に考えなきゃいかんのじゃないか?もし筆者がその立場だとしたら、もちろん辞表持参で即刻帰国する道を択ぶ。何もかも分かってて、尚その上推し進める覚悟であるというなら、その場合はもう別段止める気はない、せいぜいがんばって商い(や学業)に励まれるがよろしかろうというしかないのだが。その上で、真の日中交流に力を尽くそうとなされる方々には大なる敬意を表する。しかし、外から全然精しく通じていない筆者のような浅愚が憚りながら質したいのは、いったいあの悪名轟く北朝鮮と中国とに一点邦人リスク的に明確な大きい差異というものがあるのかどうかということだ。広範な国民各層における狂気な仇日意識の存在、一党独裁の情報統制人権抑圧国家、自国民にさえ情け容赦の無い国民性、内外にいくつもの波乱要素を抱えていていつ暴発するかもしれない危うさ等と浅学故か区別を付けにくいのだが。今現在、そのような北朝鮮とのビジネスや留学を本気で考えてる日本人ているのだろうか?いた;;orz、もはや何もいうまい。そのような人々は守銭奴企業に身を置く不幸を嘆きつつ、それが私の生きる道として自分の身は自分で護って逞しく事を処していく他はないのだろう。臆病かつ小心な筆者についていえば金輪際そのような生き方はありえないだろう。今後とも北東アジア反日主義立国3カ国同盟に一歩たりとも足を踏み入れることはありえないだろう。そういえば10数年前、まだ日本古代史に興味を持ってたころ、その方面の研究者の道も面白いかもと少しだけ思ったことがあるのだけど、この分野の性格上どうしても中朝韓国の考古学にも通じる必要性があり、やる時は徹底的にやる以上どうしても当該国への研究旅行が必要になるだろうことが必然的に予想されて、しかし、その当時ニュースで当該国での反日デモや暴動を見聞きしたり、豊田有恒氏の『いい加減にしろ韓国』や悪名高い本田勝一『中国の旅』を読んだりして、そんな怖気のする土地に足を踏み入れるのは絶対に御免だとついにはその当時面白いと思っていた日本古代史の方の興味も失せてしまったというバカバカしといえばバカバカしい愚かな過去も思い出してしまった。

朝日のクソ社説屋山太郎氏の正論痛快な読売編集手帳グッタイミンなバウチャー報道官、同じくグッタイミンなマウントバッテン提督反日バカ数々。風雲、列島上空に渦巻く。『言悖而出者亦悖而入(ゲンモトリテイズレバマタモトリテイル)(道理に反したことをいえば、他人も同様に道理に反したことを自分に返す)』(大学)→悖りて返さぬ我が日本。<サクラ学会>日本の財産と、設立へ 11月メドに(毎日新聞) - 4月13日5時20分更新)→『敷島の 大和心を人問はば 朝日ににほふ山ざくら花』(本居宣長)。



強引キス、抗議で打ち切り テレビ大阪の番組コーナー(共同通信) - 4月13日9時44分更新)
 人気漫才コンビ「フットボールアワー」が出演する深夜番組の中で初対面の女性にキスを求めるコーナーを、制作局のテレビ大阪(大阪市)が「収録中に無理やりキスされそうになった」という抗議を受け、放送期間中に打ち切っていたことが13日分かった。
 同局によると、番組は昨年4月から今年3月まで水曜日深夜に放送された「
フットボール汗」の一コーナー。
 昨年12月、名古屋市内のロケで、同コンビが車に乗った女性(20)に「
キスさせて」と声を掛け、拒否された。しかし、コンビのうち岩尾望さん(29)が車に乗り込み、女性に覆いかぶさるように無理やりキスしようとしたという
吉本興業「ブサイク」ランキングで2年連続1位の岩尾の無理キスって、拷問に近いだろうなw。相手がせめてアンジャッシュ渡部あたりだったらここまでのことにはなってなかったのかもしれないなぁw。。。

「元祖!反日王決定戦」NOW ON AIR

元祖!大食い王決定戦:春満腹関八州食べまくりツアー(TV東京)
祝復活、やっぱりこの番組は面白い。毎度バカなTBSが筋肉番付みたいな無機質で味気無いフードバトル形式にしてそれに影響される形で不幸な事故が起こって、元祖のTV東京版も自粛せざるをえないことになっちゃったけど、復活を待ち望む視聴者の声が多かったからか、はたまた期首特番ネタにどうしても欲しかったTV東京サイドが急遽押し込んだ結果なのか、よく分からんけど、単なる1大食いファンからしてみればそんなこたどーでもいいのだ。今回の復活版も以前のように楽しい大食い旅で、景色素晴らしい中旨いものをたくさん気持ちよく食べて、個性あふれる出場者たちの爽やかな食闘合戦があり、TV東京特有のぬるい空気の中現場司会の中村有志が小気味良く場を盛り上げ、スタジオ司会がいつもの田中義剛&松本明子でなかったのはちと残念だったけど(急遽編成された特番でスケジュール調整がうまくいかなかったからかな?TVチャンピオンにしなかったのはあくまで世論?の反発?様子見のための特番って意味からなのか?)、本編はいつもの絶妙なバランスの”大食い”で(ささきいさおのナレーションはちと意外だったが)、非常に愉しめた。決勝ラウンドに残って熾烈なデッドヒートを演じた3人の個性派ぶりは正しくTVチャンピオン大食い王の伝統通りだったんじゃないか。泉君のグラサンはずしってシドニーでの高橋尚子を意識したのか?w。ちとキャラ作りすぎの感はあったけど、面白かったから良いよw。次は秋にチャンピオン大会も復活するかな?それにしてもシラス丼ウマそうだったな。。。


2005.04.11■「反日行動にひるむな」 教科書問題 つくる会がシンポ(産経新聞:教育を考える:教科書)
 新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の歴史・公民教科書に対し中韓両国が反発したり朝日新聞が社説で不採択を呼びかける中、同会のシンポジウムが十日、東京・春日の文京シビックホールで開かれ、約千六百人が集まった。

韓国人パネリスト、「脅迫」相次ぎ断念

 十日開かれた新しい歴史教科書をつくる会のシンポジウムには韓国人女性評論家の
呉善花さんがパネリストとして参加を予定していたが、韓国のインターネット上で「拉致しろ」「公開処刑しろ」「殺す方法はないのか」などの脅迫が相次いだため、主催者側の判断でパネリストとしての登壇をとりやめ、観客席で参加した

 会場は警視庁の私服警官やガードマンによる物々しい警備態勢がとられた。
主催者側は韓国メディアの入場を禁止したが、かばんにテレビカメラを隠して会場内に入り、盗撮している二組の韓国人取材クルーを発見し排除した
盗撮していた<ヽ`∀´>工作員を2匹摘み出したってかw。呉女史には専任SPをしばらく付けておいた方が良いのではないか。科大使館だの総領事館だのに要らぬ護衛警官なんぞを張り付かせてるよりよほど必要な措置なんじゃないのか。親日派→辛い対応、反日派→甘い対応の倒錯状態からいったいいつ抜け出せるんだこの国は。狂風1

日本を「冷静に説得」=韓国大統領(時事通信 2005/04/11-23:38)
 【ソウル11日時事】ドイツ訪問中の盧武鉉韓国大統領は11日、ケーラー大統領とベルリンで会談した。青瓦台(大統領官邸)によると、盧大統領は対日関係について「最近、芳しくないことがあったが、韓国は感情的対応をしないで冷静に説得していく」と述べ、未来志向の日韓関係構築に向け、竹島の領有権や教科書問題で日本への働き掛けを続ける考えを強調した。
冗談は整形顔だけにしておけ。

昼ドラにも韓流、ナンノが純愛人妻でメロメロ(サンケイスポーツ) - 4月11日8時3分更新)
主婦・葉子と青年ソンジェは偶然の出会いを重ね愛し合うようになるが、2人の前には厳しい現実が待ち受けている。幾多の障害を乗り越え、純愛を貫くスタイルが人気の“韓流ドラマ”のエキスがたっぷりだが、最も注目なのは韓国人俳優の出演だ。
 制作の
毎日放送、登坂琢磨プロデューサーは「韓流は意識していない」というが、「“冬ソナ”ファンはヨンさまが演じる役と疑似恋愛をしている。単なる年下ではなく韓国人を相手役にすることで、韓国ドラマに夢中になっている主婦に夢を見せてあげたい」と企画意図を説明した。
あほくさ。以前月9で吉田修一原作本を強引に在日ネタにすり替えて大失敗した仲間由紀恵の汚点となったドラマ知らんのか。


中国の「反日暴動」-情けない「中華民族」になり果てたものだ!(板垣 英憲(いたがき えいけん)ニュースにブログ)
気持ちよくまとまってる。この方、元海自マンにして元毎日記者ですか、珍しい経歴。

上海の留学生被害3人に 中国人に殴打(共同:2005年(平成17年) 4月12日)
 それによると、被害者はいずれも20代の留学生で、他の外国人留学生らとともに9日夜、同市の華東師範大付近の飲食店に入った直後、中国人客から「日本人か、韓国人か」と聞かれ、1人が「日本人だ」と答えたところ、ビールジョッキなどで頭部を殴打された
野蛮→( `ハ´)。コント用のすぐ割れて痛くないやつじゃないんだろ。そういえば、昨日のN23で反日紅衛兵組織幹部(中国民間保釣連合会会長:童増)の強弁をドウゾドウゾとそのまま垂れ流してたな。

しかし、中共がベタベタとはいえ着々とシナリオ通りに動いてるのに比べて、日本国はあまりに寒すぎなんじゃないのか。
中印国境紛争解決で合意(EPA=時事)20時14分更新)
<中国反日デモ>主催団体がネットで中断声明 暴徒化で(毎日新聞) - 4月12日0時40分更新
遺棄化学兵器、相次ぎ発見=日本に対応要求の声も-中国(時事通信-4月12日3時0分更新)
【北京11日時事】11日の新華社電によると、中国黒竜江省チチハル市、吉林省延辺朝鮮族自治州の竜井市で旧日本軍が遺棄したとみられる化学兵器が相次いで発見された。
 
チチハル市では9日、同市内の湖水周辺から遺棄された砲弾100個以上が発見された。この中には毒ガス弾も含まれているという。同市内では2003年8月、旧日本軍の遺棄化学兵器で1人が死亡、43人が負傷する事故が起きた。日本政府に迅速な対応を求める声が市民から上がっている 
また出たお約束。江之傭兵と洋平ジュニアにでも私費で処理させればいい。

狂風対策の補強材は強靭な愛国心のみ

昨日は一転強風に雨、寒さが戻ってきた。こないだまでの蒸し暑さはこれのせいか。


「日本、次第に孤立」=中国の反日デモ報道-韓国紙(時事通信:2005/04/10-20:17)
【ソウル10日時事】北京や広州など中国主要都市で相次いで行われた大規模な反日デモについて、11日付の韓国紙(早版)も1面などで詳しく報じた。ソウル新聞は社説で「日本は国際社会で次第に孤立しつつあると感じる」と指摘。「日本が国際社会の批判を直視し、北東アジアの善隣友好国に戻ることを望む」と主張した。
下らない。まったく下らない。”国際社会”ねえ(笑止)。長く続いた歴代の旧田中派系統=自民党左派による実質的政権支配体制(社会党・新進党時代も含む)による利権まみれの曲全主義奴隷外交路線が崩れ去って、今やっと本来のあるべき北東アジア4国関係状態に整流されてきただけでないの。国内外の反日工作分子群が手と手を結び構築していた国際的反日システムによって巧みにベールで覆い隠されていた日本VS周辺反日デフォルト3国冷戦構造体制がやっと露になったというだけのことで、それを周辺反日デフォルト3国の仲間内で”孤立”と呼びたければ呼べばいいだけの話。国連安保理非常任理事国選挙で堂々の自薦1票w得票国の素晴らしい鉄砲玉”大寒”のお兄ィ、新・悪の枢軸国群中の堂々たる若頭格”来た超賎”のお兄ィ、世界に冠たる人権抑圧侵略主義をモットーとする?代目大中華黒道会組長”科”の大親分さんとよくもまぁこんなに世界の鼻つまみ者が集まったもんだ(爆)。そのような世界の鼻つまみ者連中からいくら”孤立”だのなんのと難癖つけられたって、全く屁のツッパリにもならんのだが(嘲)。というか、時事通信の稚拙な反日洗脳工作もご苦労さん、数年前だったらまだしも一定の自虐効果を狙えたかもねw。

デモ拡大、広州で2万人 上海で日本人留学生2人殴られる(産経新聞:共同:04/11 01:10)
「中国側に責任ない」中国外務省報道官が談話(2005/4/11/00:24 読売新聞)

台湾、新華社と人民日報の取材禁止「民意ねじ曲げた」(2005/4/10/21:11 読売新聞)
 【台北=石井利尚】台湾の対中国政策を担当する行政院大陸委員会の呉燮(ご・しょうしょう)主任委員(閣僚)は10日、中国の国営新華社通信と中国共産党機関紙「人民日報」の2社の台湾での取材を当面禁止する方針を明らかにした。
日本もこんくらいやらんのかと。マキ子やポン子に比べればだいぶマシな町村外相だけど、まだまだ生ぬるくってイライラさせられるなと。小泉も失語症かと。冷静にというのも分かるけど、なんか1つ小気味良く巧みな皮肉の1つでも聞きたいなぁと。日本に文学者肌の宰相の不在久しく、菅原道真以来か(?_?)。

中国政府 なぜ暴力を止めないのか(朝日新聞【社説】2005年04月11日(月曜日)付 )
 昨年のサッカー・アジア杯の時の騒ぎに続き、このような暴力的な反日行動を見せつけられると、日本人の間の反中、嫌中感情もまた高まってしまう。 最後に危機は回避できると踏んでいるのかも知れないが、その間に傷ついた互いの国民感情は取り返しがつかない
両頬をぐにゅっとつかんで、どの口がいうかー(>_<)ィィィ~状態。

求ム!鼻ヒルバスターズ

最近、めちゃ暑くて少々グロッキー状態。ブログ日記付けるのもおっくうになちゃうよ;;。

ただの鼻血と思いきや…ヒルが鼻に住んでいた!(サンスポ)
 女性は、鼻に異変を感じる約1カ月前にハイキングへ出掛け、小川で泳いで川の水で顔を洗ったという。ヒルはその際に侵入したらしい。
怖すぎ(~_~;)。だから虫って大嫌い;;。

デモ隊、北京市中心部へ行進  日系企業看板に投石も(産経新聞:共同:04/09 16:08)
北京で1万人超す反日デモ 大使館に投石、窓ガラス割る(産経新聞:04/10 02:19)
北京で反日集会 1万人「打倒日本」叫ぶ(産経新聞:共同:04/09 12:49)
韓国大統領が厳しい対日批判 独紙とのインタビューで(産経新聞:共同:04/08 12:56)

これだけの気違いぶりを見せ付けられ、さんざん侮辱され踏みつけにされ足蹴にされて、尚まだ周辺反日国との”友好”だの”交流”だのに意欲を燃やし、また未だそのような国々に住み続けもしくは往還し続けているM系気質の人々の気が知れない。身の毛もよだつ気持ち悪さ。”鼻ヒル”状態ぐらいおぞましい;;。日本の陰になり日向になりの誠実な援助によって、あのような気違い国家でも高度成長を成し遂げられたのだから、インドやインドネシア、モンゴルにその分つぎ込んでれば東アジアを取り巻く環境も今頃少しはマシになってたんではなかろうかとふと思う。我々の血税の壮大なるドブ捨て史は本当に後世の大恥。

「チベットに高度な自治権を」 ダライ・ラマ14世(産経新聞:共同:04/09 15:29)

ノーベル平和賞受賞者、チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世法王猊下の来日について、メディアは異常な自己報道管制中。スタジオに呼んでこの世界的高僧から凶悪な科侵略軍や玄奥なチベット仏教のお話を伺おうなんて、これっぽっちも無いんだろう。ほんとに情けないねえ。そういえばウチの県にも小汚い科国総領事館があるんだけど、一昨日昼に近くを通りがかったら私服警官?らしき連中がいかにも眠そうな顔で数人出入り口付近で屯してるのを見かけた、公安警察?なのかね、分からんけどこの国ではお暇な任務だねw。そういえば科寒嘲の傲岸不遜無礼千万野蛮無比捏造偽造夜郎自大etc.超低民度人民どもをチベット密教の秘術によって密かに懲罰するなんてこと出来ないのかねえとふと思う。

旧任那地域も日本領・・・BUTいらんw

( ..)φメモメモ馬山市長、自国の各所からその無茶ぶりを指摘されて困惑してたようだけど、教科書検定の結果が判明して、竹島についての記述が増えて明確化されたこと等にファビョったのかついにやっちゃった。これで、連中の気違いぶりがまた1つ世界に再認識された。新検定教科書、改善された部分と偏向自虐史観が温存された部分となんだか馬鹿みたいな均衡を残してるけど、人生はワンツーパンチ一歩進んで二歩下がる(ォィォィ、さがるな~)。人権擁護法案、こないだの反対集会についてのこの冷淡極まりない報道ぶりはどうだ。その集会に参加して大なる国民の憤声を聞いて認識を再度改めて奮起したのか平沼議員を筆頭にした反対議連の結成につながったみたいだ。特に牽引車役の城内実、古川禎久両議員は素晴らしい。
「対馬の日」迫る公布期限 困惑深める馬山市当局 市議会「撤回あり得ぬ」(西日本新聞) - 4月5日14時38分更新)
 【ソウル5日原田正隆】「対馬の日」条例を三月十八日に成立させた韓国南部・慶尚南道の馬山市議会から、条例公布を求められた同市が困惑を深めている。「複雑で敏感な事案」(同市)のため、公布期限の七日を目前にしても態度を決めかねており、その行方に注目が集まっている

 馬山市議会の条例は、島根県議会の「竹島の日」条例に対抗。朝鮮が和寇(わこう)討伐を目的として対馬に大軍を送った一四一九年六月十九日(日本で言う「応永の外寇」)を根拠に、六月十九日を「対馬の日」にするもの。同市議会から条例成立通知を受けた市当局は、地方自治法の規定により、二十日以内に、公布または、議会に再審議を促す再議要求をしなければならない。

 しかし、条例成立翌日の十九日、
外交通商省が馬山市議会に条例撤回を要求。潘基文(バンキムン)外交通商相は「道徳的に望ましくなく、韓国が対馬の領有権を主張する国際法的な根拠もない」と表明した。

 馬山市が問い合わせた専門家も「
領土をめぐる自治体の条例制定は国際法上、何の効力もなく、歴史の一部をもって制定するには根拠が希薄」との意見。行政自治省や法務省など政府関係当局にも国内・国際法上、外交上の問題点をただしているが、回答・指示待ちの状態という。韓国の通信社・聯合ニュースによると、「条例公布は困難」「政府関連部署が近く市議会に再議を求める」との見方が強まっている。

 これに対し、市議会側は「
条例撤回はあり得ない」と強硬姿勢。地方自治法では、市側から再議を求められて、そこで条例を再成立(在籍議員の過半数の出席で三分二以上の賛成が条件)させれば、市側が五日以内に公布しない場合、市議会議長が職権で公布できる。馬山市議会議長は聯合ニュースに対し「職権を使ってでも公布する」と述べている。

 
「対馬の日」条例は出席議員二十九人全員の賛成で成立した。
「対馬の日」条例を公布 韓国・馬山市長が決裁(共同通信) - 4月6日13時32分更新
 【ソウル6日共同】韓国南部の慶尚南道馬山市の黄☆坤市長は6日記者会見し、市議会が島根県議会の「竹島の日」制定に対抗して「対馬の日」条例を公布する書類を決裁したことを明らかにした。近く公報に掲載し正式発効する
 馬山市議会は倭寇討伐を目的として対馬に大軍を送った1419年6月19日(日本でいう「応永の外寇」)を根拠に、6月19日を「対馬の日」とする条例を先月18日に可決。
韓国の外交通商省は「心情は十分理解するが、不必要な混乱を誘発する可能性がある」として条例撤回を求めていた
 馬山市は地方自治法の規定で、20日以内に公布するか議会に再審議を求めるかの選択を迫られていた。
(注)☆は吉を横に二つ並べる

中学教科書検定 「拉致」全社に記述 歴史なお自虐的傾向( 産経新聞:平成17(2005)年4月6日[水])
 来春から使われる中学教科書の検定結果が五日、文部科学省から発表された。北朝鮮による拉致事件を取り上げたのは平成十三年の前回検定発表時は公民の一社だけだったが、今回は歴史と公民の全社に登場した。歴史では、「慰安婦」という文言は本文から姿を消したものの慰安婦を意味する記述は残るなど、古代から近現代まで韓国など近隣諸国に配慮した自虐的傾向は変わっていない

                  ◆◇◆

 
拉致事件をめぐる記述は歴史八社、公民八社のすべてに登場。特に、新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の公民教科書は巻頭グラビア、人権問題、防衛問題、課題学習の四カ所で取り上げた。

 一方、帝国書院は、歴史、公民ともに年表だけで触れるなど記述量にはばらつきがある。扶桑社は五日、歴史でも拉致事件の記述を大幅に増やすため文科省に自主訂正を申請することを決めた。

 韓国が批判している
竹島(島根県隠岐の島町)の記述については大阪書籍、東京書籍と扶桑社が公民で、日本書籍と帝国書院が地理で取り上げた。

 平成八年の検定発表時に歴史の全社に登場した
「従軍慰安婦」「慰安婦」「慰安施設」の言葉は、本文では帝国書院の「慰安施設に送られた女性」だけになったものの関連記述は計四社に残った豊臣秀吉の朝鮮出兵や先の大戦を「侵略」とする一方で、元寇を「遠征」、ソ連の対日参戦を「進出」と書くなど自虐的な二重基準や、史実に反した記述も是正されていない

■【主張】中学教科書 記述の是正はまだ不十分(産経新聞:平成17(2005)年4月6日[水])
 来春から中学校で使用される教科書の検定結果が発表された。社会科では一部で改善傾向が見られるが、全体を通せば、バランスを欠いた記述が多く残っている

 今回、文部科学省の検定を受けた歴史・公民教科書は、四年前の前回検定に新規参入した扶桑社など八社だ。

 改善点は、
北朝鮮による日本人拉致事件が記述に濃淡はあるものの歴史と公民の全教科書に登場したことだ。前回は、扶桑社一社しか拉致事件を記述していなかった。その後、平成十四年九月の日朝首脳会談で金正日総書記が拉致について謝罪した。日本人の生命が危険にさらされ、日本の主権が侵害された事件を教科書が取り上げるのは当然で、遅すぎたくらいだ。

 十年前の検定で一斉に登場した
「従軍慰安婦」という言葉も今回はなくなり、慰安婦に関する記述も控えめになった。「従軍慰安婦」は戦後の造語で、日本の官憲による「強制連行」説も否定された。慰安婦問題は、戦場における性の問題である。将来は、中学校の教科書にあえて書く必要はなくなるのではないか。

 
南京事件の犠牲者数も、「二十万」「三十万」という誇大な数字を記述する教科書は一社だけになった。特定の歴史的事象に限れば、教科書の記述は少しずつ良くなっている。

 しかし、時代をさかのぼると、
元と高麗の連合軍が日本を襲った元寇(十三世紀)を「遠征」と書き、豊臣秀吉の朝鮮出兵(十六世紀)を「侵略」としている教科書が多い。現代史でも、日本が中国や朝鮮半島で行ったことを「侵略」としながら、旧ソ連の中立条約を破った満州侵攻を「進出」とするなど、記述のアンバランスが目立つ日本の過去だけを暗く、意地悪く描こうとする自虐史観が残っている証左であろう

 公民教科書でも、
定住外国人の地方参政権が制限されていることを、多くの教科書が差別問題ととらえ、参政権を与えるべきだとする書き方をしている。賛否両論の新聞社説を比較し、生徒に考えさせようとしている教科書は扶桑社だけだ。

 特定の政治勢力を助長するような記述は好ましくない。教科書執筆者に、より公正な記述を求めたい。

人権擁護法案で反対集会 拉致議連関係者や市民ら(共同通信) - 4月4日20時55分更新)
 人権侵害の定義や救済実務を担う人権擁護委員の選任方法などをめぐり、自民党内で調整が難航している人権擁護法案について、北朝鮮による拉致被害者の救出に取り組む国会議員や市民らが4日、東京都内で反対集会を開いた。
 
拉致救出議員連盟会長を務める平沼赳夫前経産相は「法案の一番の問題点は(人権擁護委員への外国人就任を制限する)国籍条項がないことだ」と主張。
 「
拉致問題解決のため、北朝鮮の不当さを問題にしようと議員連盟が行動を起こした場合、北朝鮮籍を持つ人々が人権侵害として、集団で議員の正当な議論を封殺する恐れがある」と述べた。
人権法案提出容認できない 自民反対派が初会合(共同通信) - 4月5日19時36分更新)
 政府が今国会に提出を目指す人権擁護法案に反対する自民党有志議員でつくる「真の人権擁護を考える懇談会」が5日午後、国会内で初会合を開いた。会合には約30人が出席。会長に選出された平沼赳夫前経産相は「人権擁護法案は吟味すればするほど問題点が出てくる。われわれの懸念を(解消する措置を)担保しないと到底容認できない」と強調した。
 出席者からは「
人権侵害の調査などを行う人権擁護委員に特定の目的意識を持った人が多数入ってくる可能性がある」「人権侵害は司法制度改革を進めて別の制度で対応するべきだ」などの意見や、法案で凍結となっているメディア規制について別個の法律やルールで対応すべきだとの指摘が出た。

ポーランドが生んだ偉大な聖職者たちと長崎・日本

ローマ教皇がご逝去されて、長崎の町も悲しみに包まれた。地元の報道番組でも特集が組まれた。

法王死去で長崎でも祈り(2005年 4月 3日のNIBニュース)
ローマ法王死去 被爆地悲しみ深く(長崎新聞[2005年4月4日(月)] )
81年に長崎訪問、ミサで平和祈る ローマ法王(長崎新聞[2005年4月4日(月)] )
「水や空」(長崎新聞[2005年4月4日(月)] )
ローマ法王歓迎集会 1981年2月26日 (長崎新聞)
教皇の日本滞在4日間(Laudate女子パウロ会(聖パウロ女子修道会))

ヨハネ・パウロ2世はポーランド出身で、日本と日本人に親和的な態度を示されたと聞く。日本とポーランドの関係史はたいへん友好的かつ感動的なエピソードが多い。

ポーランド・日本関係史(駐日ポーランド共和国大使館)
地球史探訪: 日本・ポーランド友好小史(国際派日本人養成講座)

中でも、同じポーランド出身のカトリックの宣教師で日本とはたいへんなじみ深いのがコルベ神父やゼノ修道士だ。この辺のエピソードは涙がちょちょぎれるほど感動する(T_T)。日本人がけして忘れてはならないものだ。後世に永遠に語り継がれなければならないものだ。

コルベ神父の生涯(Laudate女子パウロ会(聖パウロ女子修道会))
聖コルベ記念館(長崎の教会)
メダイとコルベ神父(不思議のメダイ差し上げます:聖母の騎士信心会会員マキシミリアノ沼田晃治)

コルベ神父のメダイに関しては、私事ながら忘れられないエピソードがある。その昔、長らく病床にあった父が命がけの大手術をすることになり、筆者ら姉弟は一縷の望みを託して、夜になって本河内にある聖母の騎士へ行きファティマの聖母像にお祈りを捧げ(※仏教徒です)、奇跡を起こすと評判のあったメダイを求めたのだった(※仏教徒です)。時に夜中だったので、メダイの方は入手できなかったのだけど、父はその後3ヶ月は命をつなぐことができたのだった。別に奇跡であったとは思わないが、気休めになったのは確かだった。

ゼノ-かぎりない愛に(Cinema Dist)
ゼノ-かぎりない愛に(Cinema Dist)
写真(聖コルベ記念館)(長崎の教会)
小説ワルシャワ物語(倉部 誠著)
同じ誓いを当時多くのポーランド人たちが立て、その意志は子供や孫達にまで引き継がれた。そして実際に沢山のポーランド人たちが色々な形で日本人に恩返しをしてくれた。 

それらの例を挙げれば日が暮れてしまうが、中でも一番有名な話が「
アリの町のゼノ神父」として多くの日本人に知られた、ゼノン・ジェブロフスキ修道士のことだ。

 
彼は一九三〇年に同じポーランド人のマクシミリアン・コルベ神父と共に来日した。コルベ神父は後にポーランドへ帰り、オシフェンチム(アウシビッツ)収容所で妻子のいるポーランド人を助ける為に身代わりとなって殺され、後にカソリック教会によって聖人に叙せられた著名な神父である。

ゼノ修道士はその後ずっと日本に残って日本で初めて設立された修道院を守り、日本の敗戦後はあちこちに溢れた戦災孤児たちを修道院に引き取って保護した

原子爆弾で破壊され廃墟と化した長崎の町で、
修道士特有の全身黒ずくめの粗末な衣服を着て、打ちのめされた人々を毎日見舞い、

希望を失わずに頑張って生きましょう

と語り続けたゼノ修道士に多くの日本人が勇気付けられた。

ゼノ修道士の孤児救済事業は日本が未曾有の好景気に沸き始める昭和四〇年初めまで続けられ、その間に戦争で身寄りを亡くして一人ぼっちとなった沢山の子供たちが救われ、そして巣立っていった。

神父となるための学校を出ていなかったため、ゼノ修道士の教会での身分は遂に“助手”でしかない修道士のままであったが、日本人が一番困っている時期に助けを差し伸べ、勇気付けてくれた彼の崇高な行いと暖かい心はどんな立派な聖人にも引けをとらない。
ゼノ修道士は一九八二年四月八日にその生涯を終えたが、今でも沢山の本や舞台などで、その業績が語り伝えられている。

平成十四年の天皇陛下東欧訪問でも、ポーランド大統領夫妻主催の晩餐会で、陛下は日本国民を代表してゼノ修道士への心からの感謝のお言葉を述べられてご挨拶の最後を締めくくられた。日本では著名であるがポーランドでは一般には知られていないこのゼノ修道士への、陛下のお気持ちが込められた感謝のお言葉はTV中継を通じて沢山のポーランド人達に伝わり、一度受けた恩を決して忘れないポーランド人達の心に強い共感の念を呼び起こしたのである。
このゼノ修道士の影響によって、「蟻の街のマリア」こと北原怜子女史の慈善活動も生まれた。

感動のアンビリバボー 蟻の街のマリア(奇跡体験!アンビリバボー:フジテレビ)
蟻の町のマリア(カトリック報恩寺教会へようこそ)
潮見教会

まだ子供の頃、浦上にある平和公園に遊びに行くと、たまにベンチに腰掛けたポーランド人と思われる外国人の老神父さんがいて、子供たち相手に使用済みのポーランドと思われる外国の切手を安い値段で売ったりしていた。当時筆者も切手コレクターだったので、若干購入した記憶がある。慈善事業の資金にするつもりのようだったのだが、あれでいくらかの足しになったのだろうかと今でも疑問だ。どちらかといえば、子供たちとのコミュニケーションのための小道具的役割を期待していたのかもしれない。あれがゼノ修道士だったのかどうかは分からないが、たぶん別人だと思う。

謹んでローマ教皇ヨハネ・パウロ2世のご逝去をお悼み申し上げますとともにご冥福をお祈り申し上げます。

知的生活の模倣 ― 知的生活のための私家版ポータルサイト様による読書案内
ポーランドのカトリック
コルベ神父

無知で申し訳ないが、蒙古を親日的な方向で大発展させて露中朝韓を牽制させることはでけんの?

長崎発/高校生1万人署名運動(核廃絶平和運動)(Kankoのみんなで楽しくEnglish♪)
高校生1万人署名実行委が26日から釜山で活動 (2005年3月17日長崎新聞掲載)
韓国や愛知万博での活動報告 高校生1万人署名実行委(2005年4月3日長崎新聞掲載)

ニュースプラス1 ながさき(NIB長崎国際放送)によると、結局、現地での街頭署名活動は、領土問題があり、日本人が街頭活動をやってるとトラブルの発生が予想されるという理由で、現地警察により中止にさせられたとか。この場合、領土問題と平和運動は全くの別物、平和を願う心には韓国人も日本人もない、自分ら(警察)が護るから断固挙行されたしなんて粋な展開は絶対ありえないんだろうな~。しかし、この喧騒の中今行こうとする方もする方だと思うけども。
中国 日系スーパー襲撃 「常任理」阻止デモ数千人(産経新聞:平成17(2005)年4月4日[月])
中国:日本製品「不売」運動の組織結成 日本の歴史問題で(毎日新聞 2005年4月4日 23時45分)
中国の日系スーパー襲撃 反日の潮流、政府が利用 当局の本音?不穏な状況も(産経新聞:平成17(2005)年4月4日[月])
「恩讐超え平和求める場所」 台湾独立派政党が靖国参拝(産経新聞:04/04 20:07)
いやはや、大陸の反日国家の理不尽な反日狂騒にはもうウンザリだな。全くいつまでたっても進歩しない民族だよ。何も考えなしで利益追求主義のみで、対中投資に突っ走ってるバカ企業もこれで少しは考え直すのかね。そういう意味でドンドンやってくれ。そんな中絶妙なタイミングで台湾団結連盟(台連)による靖国参拝GJ挙行。独り静かな日本に周りの野蛮で愚劣な3国反日同盟から吹き荒れる狂風の嵐。嗚呼、神様;;。そういえば、午前0時のNHKニュースでは『(靖国にお祀りされている)台湾の人』だって、なに?”台湾人”といえば台湾国人みたいに受け取られかねず中共様の御勘気を蒙る虞があるからなんていう理由つけるんじゃないだろね(嘲)。
φ(..)メモメモ
北朝鮮批判で安倍幹事長代理が訴えられる日 (夕刊フジ[ 2005年4月4日13時0分 ])
 「北朝鮮を批判することで在日朝鮮人に精神的ダメージを与え、人権を侵害した-」。対北外交の強硬派として知られる自民党の安倍晋三幹事長代理が、朝鮮総連関係者からこう“裁かれる”日が来るかもしれない。そう、政府が今国会提出を目指している人権擁護法案が、原案通り可決された場合の話だ。自民党内でも賛成、反対両派が激しいバトルを展開しているが、その恐るべき実態とは-。

【人権侵害って?】

 「
不法就労の外国人がマンション入居を申し入れ、それを理由に拒否すれば人権侵害となる恐れがあり、レディースマンションが“オカマ”の入居を拒否したり、レストランが犬の連れ込みを禁止したりした場合も、訴えられる可能性がある

 法曹関係者は法案が成立すればこんな事態が起こると解説する。

 法案は人権侵害を「
不当な差別、虐待その他の人権を侵害する行為」と規定しているが、その運用規定などがはっきりしておらず、恣意(しい)的な運用が可能なのだ。

 また「
不当な差別的取り扱いの助長、または誘発」も禁じているが、マスコミや安倍氏らが北朝鮮を批判し、右翼がそれに便乗して朝鮮総連に嫌がらせをすれば「助長」「誘発」に該当してしまう恐れもある。これでは自由な言論活動もできなくなる。

【人権擁護委員】

 さらに、大きな問題なのが、法律に基づいて活動を行う
人権擁護委員が、弁護士会や人権団体の構成員だけから市町村の推薦によって選ばれる点だ。

 
慎重派である城内実衆院議員(39)=自民党=は、この法案の危険性についてこう話す。

 「
例えば、性器を露出した等身大の女性の人形を使って性教育を行った東京都の養護学校の教員が、平成15年に都教委から厳重注意処分を受けたんです。しかし、東京弁護士会は今年1月、都教委に対して『教育の自由などを侵す人権侵害だ』と警告。また、養護学校が都教委に提出した人形など教材の返還なども求めたんです。こうした事例はいくつもあるわけです

 さらに、法案に詳しいジャーナリストは「
人権擁護委員には国籍条項がないため、朝鮮総連から在日朝鮮人を選ぶこともできる。朝鮮総連は拉致への関与が疑われる団体だが、その構成員が人権擁護委員に選ばれるのは、まさにブラックジョークではないでしょうか」と呆れるのだ。

 
この法案の旗振り役はあの野中広務元幹事長だったが、今は子分である古賀誠元幹事長らが推し進めており、つい先日、今国会への提出を確認したばかり。人権を守ることはとても大切だけど、なんかちょっとヘンじゃないですか?

 【人権擁護法案】 法務省の外局として
人権委員会(仮称)を設置、差別や虐待をはじめとする人権侵害に対して相談や調停、勧告、公表などの救済措置を講じる法案。人権委は全国の2万人に人権擁護委員を委嘱、関係者への事情聴取や関係先への立ち入り検査など「特別調査権」も付与される。立ち入り検査には裁判所の令状は不要で、「警察より強権」との指摘もある。

TBSは余計事のTVチャンピオン

ローマ法王死去:東京、広島、長崎でも心から悼む声(毎日新聞 2005年4月3日 20時39分)
 ◆長崎

 来日時、長崎市営陸上競技場で開かれた「
教皇歓迎集会・ミサ」には吹雪の中、全国から約4万8000人が集まった。隠れキリシタンの子孫を含む76人が法王から直接洗礼を受け、法王は「長崎では2世紀にわたってひそかに信仰を守り続けた。私は巡礼者として長崎に来た」と呼びかけた。

 同市西坂町の「日本二十六聖人記念館」の元館長で、スペイン出身の結城了悟(ゆうきりょうご)神父(82)は「父を亡くしたような思い」と悲しみを押し殺すように静かに語った。記念館で法王を案内し、江戸時代に隠れキリシタンが祈りをささげるため近くの山に登ったエピソードを伝えた際、法王は「ローマに向かって祈った」という説明に強い感銘を受けた様子だったという。結城神父は「人々に出会うことを非常に楽しんでいらっしゃった」と振り返った。

 長崎市では3日、各地の教会でミサが開かれた。西坂町の聖フィリッポ教会のミサに参列した自営業、真浦オクノさんは「ニュースを聞いて涙が出た。パパ様のような素晴らしい方はなかなかいない。世の中が乱れる中で、大変な苦労をされたと思う。もっと長生きしてほしかった」と寂しそうに話した。
81年2月に来崎された時、確か見に行った記憶があるんだけど、そのお姿を実際に見た記憶がない;。当時10歳のアホガキにはイマイチピントきてなかったようで、その日凍えるように寒かった記憶しか残ってない。そもそも仏教徒だったし;。クリスチャンの友人宅にはその日ミサに参加した時の写真が飾ってあったのを思い出す。


「大食い」番組満腹ルポ、夕刊フジ大食漢記者参戦 (夕刊フジ)
[ 2005年4月2日()13時0分 ]

伝説の大食い番組再び-。中学生の死亡事故の影響で、3年間も自粛状態が続いた大食い番組が今月、テレビ東京で復活する。夕刊フジ上で牛丼代替メニュー全制覇など大食漢で鳴らした記者も、こっそり参戦してきた。スーパースターは不在の“新人戦”となった今回、ケタ違いの猛者たちと繰り広げた壮絶フードバトルをルポする。

 2月下旬、「
多くの視聴者から復活の希望が寄せられたため」(同局広報部)と大食い番組復活を宣言した同局。同時に番組やホームページで選手を募集したところ「応募者が殺到し、書類選考となった」(同局関係者)。選考で約100人が選ばれ、東西で予選が実施された。

 大食い番組は平成元年から「
TVチャンピオン」(木曜午後7時半)で放送。平均視聴率13.8%と、同局にしては高視聴率をたたき出した。その後、大食いムーブメントはTBSへ飛び火し、「フードバトルクラブ」では優勝賞金が1000万円にアップ。両番組を通じ、“ジャイアント”白田皇帝”岸“飢えたジャンヌダルク”赤坂“大食いのプリンス”小林といったスーパースターが次々と誕生してブームは最高潮となった。

 
その大食い番組がぱったりと放送中止になったのは14年4月。愛知県の中学3年生の男子生徒=当時(14)=が、テレビの影響を受けた友人との早食い競争で、のどにパンを詰まらせて3カ月後に死亡する事故が起きたためだ。

 テレビ東京は今回の収録に予選から
医師を同行させ、全員に保険証持参を要請。「妥当な範囲で自己責任で行っていただきます」という念書に判を押させる徹底した(?)安全対策に乗り出した。

 予選は3月13日、「TVチャンピオン時代からの定番」(常連参加者)という「桃太郎寿司」(東京都杉並区)で開催。当日集まったのは約80人、体重112キロの記者のような巨漢は少数派で、多くが普通の体格。結構かわいい女の子も複数参加していた。
スーパースターの姿はない。局関係者は「今回は新人戦」という。

 あえなく予選敗退となった記者。さらに激しいバトルが展開される注目の本選「
元祖!大食い王決定戦」は11日に放送される
待ってました。だいたいバカなTBSが無茶苦茶やりすぎたんだっての。TVチャンピオンでじみ~にまた~りゆる~くやってるのがちょうどえーんだって。野獣藤田は今何してんのかねw。

ぬるいのはタモリ倶楽部だけでけっこうですョ

物理学者、竹島に悩む 世界物理年の行事で思わぬ難題(朝日新聞2005年04月01日11時52分)
とにかく猫も杓子も何でもかんでも一切合財全部ひっくるめて、反日に利用できるものは利用しまくる・・・・・・・アインシュタインの日本賛美詩でも朗読して差し上げてください、日本の物理学者の先生方様。

アサヒ「つくる会」資金援助と中国で報道、不買の動き(2005/3/31/21:37 読売新聞)
そうそう、なぜに扶桑社以外にこのような少しでもマトモな教科書を作り出して世に送ろうとする出版社なり運動体なりが次々と出てこないわけ?

万引女性タレント活動を再開へ…ホリプロ表明(ZAKZAK 2005/04/01)
ひょっとして、警視庁きちんと捜査しなかった?はっきりいって、あびるなんかいらないのだが;;。窃盗以外にも何か才能あるのかねしかし、ルックスもイマイチだしねェ。

タモリ倶楽部のへや
長寿秘訣は「ぬるさ」…タモリ倶楽部23年に 低予算でロケは戸外ばかり(ZAKZAK 2005/04/01)
ホントによく続くな~w。86年か87年か88年ぐらいに見た(いったい何年なんだ、爆)泉麻人(だったっけ?)がB級映画を紹介するコーナーで見た『ミミズバーガー』の笑激(~_~;)。往年のグラビア・アイドルの原久美子やミステリー・ハンターの古参筆頭の竹内かなえ(竹内海南江)とかも出てたなぁ、そういえば。最近は鉄道だのコンクリートだのタモさん趣味全開みたいでより楽しそうだ。

川淵会長「女性副会長にヨ-コさん」…実はエイプリル(2005/4/1/19:36読売新聞)
もちろんゼッターランドさんの了承は得てるんですよね、キャプテン?しかし、最初リード見たときはあのヨーコ・オノ?合わね~なんて思ってしまった^_^;。こういうの楽しくて良いことだとは思うんだが、タイミングがね~^^;。。。

狂風2:補遺

メルマガ「台湾の声」より転載します。
「切腹」した許文龍先生に敬意を表する

(転送転載、歓迎)

                               台湾の声編集長 林 建良 (りん けんりょう)



 
奇美グループの元会長、許文龍先生が326百万人デモの前夜、新聞紙上で中国の反国家分裂法を支持するとの広告を掲載した件 について、3月29日の朝日新聞は「台湾独立派の大物、心変わり・商売絡みで『圧力』、憶測」と報じた



 
小林よしのり氏の『台湾論』にも登場し、日本でも尊敬を集めていた許先生 だが、この記事を読んで失望した人も多いのではないだろうか。だが台湾国内では、許氏への失望というより、同情の声が圧倒的に高い。中国に進出中の奇美グループが「人質」にされ、もはやこのようにせざるを得なかったというのが一般的な見方である。すでに江蘇省鎮江にある同グループの工場は、中国当局から稼動停止命令を受けたり、工場長が逮捕されるといった卑劣な圧力を受けている。反国家分裂法に引っかかり、その犠牲となった台独派第一号という見方が専らだが、正にその通りなのである。

 だが許先生は単なる憐れな犠牲者で終わるような人ではない。
問題の広告を見ると、確かに許先生のサインはあるものの、その文面は中国人が書いたような中国語なのである。これは非常に下品な言葉遣いであり、台湾人なら決して書けないものだ。特に日本教育を受けてきた許先生の世代は、このようなものは断じて書かない。しかも中国の国家指導者には敬称をつけ、陳総統を「総統」と呼んでおらず、台湾人から見れば、これは異常すぎてとても真意だとは思わない。さらには広告の中で許先生は「会長引退」を表明しているが、実際にはすでに昨年6月、とっくに引退しているのだ。つまり「自分で書いたものではない」「これは本意ではない」「すべてウソだ」といっているのに等しく、これは許氏の抵抗であろう。そして私はこれを読んで気がついた。この広告で許先生は、台湾人に対して「中国に関わればこのような目にあうぞ」と警告しているのだ。

 許先生は今回の広告を打ち出したことで、これまで台湾のために尽くしてきた自分の営みをすべて無にした。つまり自らの人格を否定したのである。だが敢えてそのような道を選んだのは、奇美グループの従業員のためだけではない。
台湾に警鐘を打ち鳴らすためなのだ。そして警鐘は最大限に鳴らした。つまり人格の「切腹」を通じて、対中投資を奨励する国家指導者陳総統に対しての諫言を行ったのだ。私はそうであったと断言できる。許先生とはそのような方だ。日本教育を受けた許先生のこの行動は、日本人ならよく理解できるはずだ

 私は許先生を気の毒だとは敢えて言わない。それよりむしろ台湾のために発揮した
勇気を讃えたい

 そして日本のメディアでありながら、
軽々と「心変わり」と報じた朝日新聞には軽蔑する。そもそも許先生が警戒を呼びかけるところの反国家分裂法は、何も台湾企業だけでなく、中国に進出する日本企業にとっても脅威である。だがそれすら書かないこの記事は、結局は許先生を見せしめにしようとする中国の行為を手伝っているだけである。

 許先生が中国から憎まれるのは、台独派だからというだけではない。中国から見れば
許先生は李登輝先生に次ぐ「親日派」の権化であり、日本人の尊敬の的であるということも大きいのだ。中国の対台湾戦略の重要な一つは日台関係に楔を打ち込むことであり、両国を接近させる許先生は何としてでも日台への裏切り者に仕立てる必要があった。

 
朝日新聞が台湾の統一派とともに、中国の「反台湾」「反日本」の駒であることは疑いないが、今回の記事も中国の意向を受けてのものだったのだろうか。

いずれにせよ、
許先生の真意を伝えてその名誉を守るため、そして敬意を表するため、この一文を書いた。


profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

03 ≪│2005/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。