渡辺恒雄
「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである」 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。・・・もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

膳所狒々新報

寒々冷え冷えとしたニュースコメントブログ:旧名「冷凍力の膳所狒々日記3」

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは戦国武将でいうと誰?

あなたは戦国武将でいうと誰?
武将
島津義弘だとォ~;・・・うーむ・・・島津義弘@ウィキ・・・イイ!「葵―徳川三代」の麿赤児か。関ヶ原の大胆不敵な敵中突破退却はしびれた。勇猛知慈義、そろいすぎてるな。文禄・慶長の役の大活躍も天晴れ。前からなんとなく無意識に薩摩贔屓なのは、そうかこれだったのか(チガウってw)。
スポンサーサイト

胆石

胆石

ある日突然10時間以上七転八倒のたうちまわる苦しみを味わい、胆石症と判明して、内科病棟で1週間の人生初入院初点滴初絶食を経験し、その約一ヵ月後激しい痛みがまたぶり返して覚悟を決め、同じく人生初の本格的な外科手術(腹腔鏡下胆摘術)を受けたあの時から、もう早既に1年が経ってしまった。光陰矢の如し。体内にはチタン・クリップが4個入ってるそうだ。最初の頃にあったなにかじくじくとした異物感も今はほとんど感じられない。人間健康に勝るものはないなと改めて実感。

去年のちょうどこの時期前後からこっち、妙に忙しい。人生の軌道修正をはかったせいだが、未だ忙しさは変わらず。とはいいつつ、このように更新できるようになったぐらいだから(と、気が付けば某詐欺疑惑事件の影響で前回更新するまで約1年も放置していたことになる嗚呼!)少しは余裕も出てきたのかもしれないが、来年冬または夏頃に1つの決着をみるまでは、まだまだ余裕のない生活に追いまくられる日々が続くだろう(哀)。

気分転換にブログのデザインも一新した。シックでクールなテンプレートを発見できて、うれしい。

常識人認定してくれる?

常識テスト成績
おなじみ玄倉川の岸辺さんのところで知った一般常識診断をやってみる。
あなたの一般常識の総合正解率は84.0 %です
たいへん優秀な成績です。就職試験などで課せられる一般常識テストでは良い結果を得られると思います。
これまでテストを受けた人の平均正解率(あなたの成績を含む)
53.6%
あなたのジャンル別の成績

ジャンル
正解率

政治
90.0%
経済
80.0%
法律
70.0%
歴史
90.0%
国語
90.0%
政治経済・歴史・国語は小学生時代からの得意科目・分野(逆に理数はずーっと捨て科目;)だから、なんで100%いかないのか逆に不思議なくらいだが、相変わらず数字問題が弱かった;、何が凹むって、ここ最近ずーっと法律学習中なのにもかかわらずたった70%しか取れなかったことOTL。オイラ今までいったい何を勉強してたんだろうか;;。また今年もダメポ(TдT)。

ゆうこりん@サライ♪

とりあえず、まだ先だな(´▽`)。1円玉貯めようーっと(今からかよっ!)。サクラ吹雪の~♪。英倫子タンとカラテカは県北か、佐藤アナ・ガオレッドと交換求ム。ガオレッドの地元ネタ炸裂必至だな。

豆乳とW杯準決勝

いきなり豆乳の話w。ここ最近の数年食後必ず身体が欲するようになって、なぜかやたらと牛乳ばかり飲んでた。とくにこれ、

まるで生乳飲んでるようで非常に美味しい。しかし、最近さすがに飽きてきて、代わりに豆乳を飲むようになった。とくにこれ、
めちゃ旨。クリーミーでまるで牛乳を飲んでるよう。それでいて、牛乳よりクセがなくアッサリとして美味しい。逆にこれ、

激不味;。まるで豆腐をそのままジュースにして飲んでるよう。結局、最後まで飲みきれずに捨てざるをえなかった;。そんなモッタイナイことめったにしないのに(T^T)@貧乏性。ちなみに、フランスVSポルトガルは1-0でフランスが勝った。得点はジズーのPK。PKゲッターはアンリ、PKサプライヤーはリカルド・カルヴァーリョ。しかし、今のフランス代表の主力ってほとんど黒人代表みたいなもんだな。影のアフリカ勢力といっていいだろう。あと、ムッシュ(トルシエ)の女好きにも困ったもんだw。

缶コーヒーのミュシャ



伊藤園の缶コーヒーに惹かれて、ミュシャに興味がわいてきた。ミュシャ展って、もう終わってる?っていうか、そもそもウチの県には来るのかな。アール・ヌーヴォーの世界って、少々気味の悪いイメージがあるんだが、ジャポニスムの影響を受けてもいる。広重北斎なんか見てると別にそういう感じはしないが、写楽国芳系の月岡芳年とか見るとなんとなく伝わってくる。ガレとか昆虫フェチだしな;。装飾や色彩が暗くて濃くて、ミュシャの画もずいぶん濃いのだが、それがより怪しげな幻想性を増す要素にもなってる。幻想性と美女がドッキングして華麗に洗練深化したら、惹く力もさらに増す。小生みたいな酷い美術音痴;にもその魅力が分かるぐらいに。こういう画を飾っててもおかしくない西洋風のアンティーク趣味の部屋が1つくらいウチにあってもいい。そんな中で高級なコーヒーやティーでブレイクタイムを過ごす・・・なんて良いんだろう。んが、そういう生活なんて夢また夢・・・嗚呼(-_-;)。

タイムトラベラー「過去へ旅した女」

愚生はタイムスリップ(トラベル)系のSFものが好きで、過去色々なものを嗜んできた。例えば、

  • 筒井康隆原作「時をかける少女」→ケン・ソゴルで有名なNHK少年ドラマシリーズや原田知世の角川映画で有名。美少女SFものの定番。

  • 石川英輔原作「大江戸神仙伝」→脱サラした中年の科学評論家・速見洋介がある日突然身に付いたタイムスリップ能力(航時力)で大江戸文化華やかりし文政時代と現代を行ったり来たり。辰巳芸者のいな吉と新妻流子の両天秤のたいへん羨ましい生活。

  • 井沢元彦原作「猿丸幻視行」→薬物力による精神憑依態(憑依霊みたいなものか?)というかなり変わったタイムスリップ法。しかも憑依先の身体は釈超空こと折口信夫!小説中に漂う空気がセピア色で懐かしいにおい。しかし、分類はどちらかといえば歴史推理に入る(第26回江戸川乱歩賞受賞)。

  • ロバート・ゼメキス監督「バック・トゥ・ザ・フューチャー」→ドク(クロストファー・ロイド)とマーティー(マイケル・J・フォックス)のキャラクターはひろく人口に膾炙。

  • カーク・ダグラス主演「ファイナル・カウントダウン」→最新鋭原子力空母ニミッツ、トムキャットVSゼロ戦の対決が見ものだったが、少し描写がアッサリ気味。日本兵の描写もいかにもあれ;。

  • 千葉真一主演「戦国自衛隊」→渡瀬恒彦達に連れて行かれた裸の女たちがどうみても男w。欲情した隊員たちが絵沢萠子に列を成して群がってたのも?だったw。

  • マイケル・パレ主演「フィラデルフィア・エクスペリメント」→先の「ファイナル・カウントダウン」と似てるが、こちらの方がSF人間ドラマ的に優れていた記憶がある。マイケル・パレとナンシー・アレンが特に良い。

  • W・D・リクター監督「レイト・フォー・ディナー」→メル・ギブソン主演の「フォーエヴァー・ヤング 時を超えた告白」みたいな冷凍過去人未来へみたいな内容。過去人の現代社会へのギャップと今や現代人の昔の妻子との時を超えた関係修復の過程が秀逸。非常に気持ちの良いエンディング。

  • 眉村卓原作「時空(とき)の旅人」→昔の題名は「とらえられたスクールバス」。萩尾望都のキャラクターデザインによるアニメ映画化時に題名変更。個人的にこの系統のSFジュブナイル小説の最高峰レベルだと思っている。現代の時間航行管理局駐在員になった主人公たちのその後の活躍が気になる。続編待望!

  • 半村良原作「講談 碑夜十郎」→NHKが阿部寛主演で「天晴れ夜十郎」としてドラマ化した。ドラマも原作もどちらも面白かった。悪茶坊主・河内山宗俊の痛快なキャラがたいへん好きになった。三千歳役の若村麻由美の艶やかさも最高だった。

  • クリストファー・リーヴ主演「ある日どこかで」→ロマンティックなタイムトラベルSFものの定番みたいな作品。元ボンドガールのジェーン・シーモアの優美なお姿にうっとり。その珍しいかつ少し強引なタイムトラベル方法と悲劇的かつ幻想的なラストはけっこう印象的。

まだまだ枚挙に暇がないくらいたくさん嗜んできたのだけども(実をいえばそんなでもない^^;)、最後の「ある日どこかで」について、もう20年くらい昔、「バイオニック・ジェミー」で有名なリンゼイ・ワグナー主演のアメリカの似たようなストーリーのテレビ映画をテレビで見た記憶があって(たしかNHK)、ずっとその題名を思い出せないでいたのだけど、最近その題名が分かって少し調べてみたら、やっぱりすごく似てた。これで、いつぞやの深夜の疑問が氷解した(呵。
  • 過去へ旅した女」→「ある日どこかで」の男女入れ違いみたいな内容。最後の肖像画のシーンは非常に印象に残ってる。こちらに画像や動画がある。向こうの英語版のビデオは出てるらしいのだけど(たしか?;)、残念ながら日本でのリリースはないみたい(-_-)。

洗顔フォーム

今までダ○エーのSA○INGを使ってたんだけど、やっぱり安物はダメね~。
昨日から日本○ーバのポン○ダブルホワイトを使い始めたのだけど、肌になじむシットリ感があっていいわネ~。
やっぱりお肌の曲がり角の年齢の時は注意しないとね~(BYおすぎ。。。

パソコンとブログ

前にとある所でとある時に、ブログなんか面倒くさそうだから、やらない・・・とゆってたのに、新しいものの魅力に抗しきれず、始めちゃった、そのせいなのか、どうなのか知りませんけど、、、今日、パソコンをしようと思って電源ボタンを押しても、うんともすんともゆわない、、、もしかして、これが噂のソ○ータイマー?、買ってからちょうど2年が過ぎたころだし;;、と冷や汗もので、プラグやボタン、スイッチ、ケーブルと、色んなものを押したり引いたりくっ付けたりと、色んなことをやったけれども、うんともすんともゆわない・・・あぁ、ダメだあ~、もうこれきりかと諦め心で試した、Ctrl Shift Delete の同時押し、、、そしたら、電源つきました、ぁ~あいったいなんだったんだと(-_-;)。
しかし、これから電源切るのがこわいっす;;。
ホント、壊れてないのか?壊れてるのか?、頼むもうしばらくはもってくれ~(心の叫びムンク風;;。
profile

冷凍力

  • Author:冷凍力
  • ニュース・コメント・ブログ「膳所狒々新報」主筆。
    立ち位置は外交安保教育刑事分野で右、社会経済分野で左。
    一応貴族で爵位は猴爵およびシーランド公国男爵。
    膳所の某所山奥に在住の好色酒好き秘湯ヲタの絶倫狒々(冷凍力)が戯言を宣います。キーワードは是々非々(部分否定・部分肯定/全否定・全肯定)。
    別荘は西九州。
    最近のマイ・ブーム・・・リョーユーパンのマンハッタン、湖池屋のカラムーチョ・スティック、キリンのストロング・セブン、Wエンジン、COWCOW、鈴木Q太郎(ハイキング・ウォーキング)のヤマタイコク(ヒミコサマ)、神戸蘭子、寺田ちひろ、佐々木希、新妻聖子、喜屋武ちあき、浜田翔子、中村静香、杉原杏璃・・・等々。


hot topic
comment
trackback
category
calendarchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

notice



200712~200803および200812~200908中は超多忙につき新規アップを休んでます。後にこの時域も資料室ゾーンになるかもしれません。

この前間違って過去のトラック・バックをいくつか消してしまいました。送ってくれた方々様申し訳ございませんでしたm(__)m。

本ブログの200609~200707の間は資料室ゾーンとなっております。現実の日付に関係なくほとんどの資料(本来的には自分用)をこの辺の時域に適当に振り分けてあります。他の時域にも散発的に資料オンリーのエントリーはあります。200609以前のエントリーは客観的資料と主観的感想がない交ぜで分野超越の普通の時事エントリーとなっております。
ブログランキングバナー

featuring

大高未貴

大高未貴の世界見聞録
http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/
ジャーナリスト・ルポライター・キャスター
歯に衣着せぬ鋭い発言と体当たりの行動力、さらに1994年度ミス日本国際親善の美貌。現在国内最強クラスの若手国際ジャーナリスト。ところで、サイトバナー早く作ってくれろつか自分で勝手に作成したw。結婚して☆。
「世界エトランゼ街道 魔都の封印を解け! 」新発売!


アニメ「めぐみ」ダウンロード

assertion

今や朝日新聞を筆頭とする内外反日ファシストたちが協同して捏造した今世紀最大規模の対日歴史偽造ということが明白になってきた。このような反日プロパガンダを断じて許しておくわけにはいかない。
日本に”思想警察”を誕生させてはならない。この法案はそうなる可能性を秘めている戦後最悪の危険な法案である。
敵性傾向の濃厚な国内最大規模の一部外国人集団に国家統治権の一部たる地方統治権=外国人参政権を付与するという日本開闢以来最悪の愚挙を断じて許してはならない。これは正真正銘真正の売国行為であり、100%違憲行為である(某傍論のごときアタマノイカレタトンチキ理論は完全除外)。

特亜政府地方参政権保持特別永住者地方政府日本政府

search

link
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSfeed
show all articles
QRcode

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。